にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。85歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

生きるということ

親が亡くなっても微笑んでいなければならない。

昨夜のNHKの歌番組「うたコン」に女優安藤サクラさんがご出演

27日原発不明がんでお亡くなりになられた角替和枝さんは、彼女のお姑

角替和枝さん、安藤サクラさん。お二人の女優としてのご活躍には、

正直詳しくはありませんが、ひな壇の安藤さんは微笑まれていました

仕事とはいえ、親族が亡くなっても微笑えんでいなければならない

辛いですね


神戸に住む、あたしの妹のお姑さんは若年性アルツハイマー型認知症で長く

闘病されていました

9年前、父の葬儀に参列頂いたときには、妹婿である息子の顔も覚えて

いない様子でした

昨年お亡くなりになり、母の名代として葬儀に参列した際、甥・姪は笑って

いました

涙ひとつもこぼしてはいませんでした

祖母の死を悲しまないはずはないと思いますが、壊れていく姿・辛い

闘病から解放されたことを、「ほっ」としているかのようでした

死を悼む気持ちは大切だと思いますが、それも生き様によるので

しょうか


角替さんは64歳での旅立ち

人は、何歳で亡くなったら、どのような亡くなり方をしたら「早すぎる」

と言われないのでしょう


お墓の形や、墓参りの仕方が、変わってきている・・・?

盆にて帰省中。

【今日は迎え盆】

そこで、お墓やお参りの仕方について記してみました。

 1. 増えているデザイン墓

 2. 選ばれる理由

 3. 地域で異なるお参り

 4. おまけのスリーショットと墓じまい


昼前にお墓参りしてきました。
お墓の掃除は、先週むすめ達が済ませてくれています。

お墓は曹洞宗のお寺の敷地内。

【増えているデザイン墓】
墓石店を経営する友人がいたので、最近の流行などを訊き、
お洒落で新しもの好きな父のために、白い洋型墓(デザイン模)を建立しています。

「〇〇家」とか、「先祖代々の墓」ではなく
『感謝』の言葉を刻んでいます。

最近は我が家のような洋型墓に『永遠に』『ありがとう』
などの言葉や『花の絵』を入れる墓が増えつつあるようです。

父には感謝してもしきれないほどの想いがあり、妹夫婦を始め家族全員の許可を得てこの墓と言葉を選びました。

【選ばれる理由】
デザイン墓は、故人の好きだったスポーツや嗜好品などの形にしたり、好きな言葉を自由に入れることができるからのようです。

例えばサッカー好きなら、ボールを脇に添える。
お酒が好きなら、瓶やグラスを模ったものを添える。
そして、我が家のように「言葉」を入れる。などです。

これも時代の流れとは思いますが、お墓は永久に残るものなので、故人の想いはもちろんですが親族の方々でのしっかりとした話し合いをされることが必要かと思われます。

ところで、あたしの車ですがガソリンメーターの所に
外気温度計がついているのです。

家を出た際の温度は34℃だったのですが、
お墓の駐車場に着いた歳の温度は37℃になりました。

毎年お墓に来ると何故こんなにも暑く感じるのだろうと
思っていましたが、
お線香やろうそくの火を灯すことで3℃も上がるようなのです。

【地域で異なるお参り】
お墓参りも、地方や地域によって作法や流儀があると思います。

あたしの地域では、13日の迎え盆から16日の
送り盆までの4日間、毎日お参りします。

迎え盆の13日と、送り盆の16日は分かるのですが、中2日については、母に訊いても「昔からの慣わしだから」との理由で詳しくは知り得ませんでした。

ただ、それも生きている人が優先されることで、強制ではないようです。
現に、長女は仕事で15日のみのお参りでした。

そしてお供え物は必ず持ち帰ります。
カラスが餌とし、食べ散らかしを防ぐためです。

でも、皆さんが守るわけではないようで、中には綺麗にそのまま残
しておかれる方もいらっしゃるのです。
故人がひもじい思いをしないようにとのお気持ちは分かるのですが、
お盆行事のバラエティー番組の中で、各宗派の住職様方も、
【お墓参りでのお供え物は持ち帰る】ことを勧めているようです。

これも、環境問題の一環としてのことなのでしょう。


【おまけのスリーショットと墓じまい】
お孫ちゃまとにゃんズの、ほのぼのスリーショット写真が撮れました。
3人でお昼寝中です。
桐ちゃんは、ちゃっかり孫の足を枕にしています。


DSC_0457-2


お孫ちゃま、只今2歳7ヶ月。
あたしは、プチストーカーされています。
たまにやって来る、派手なばーちゃんが珍しいのかもしれません。
言葉の数も増え会話が成り立ち、楽しいです。

この子が成人し結婚する頃、我が家のお墓は次女により、
【墓じまい】の準備をすることになるのでしょう。

関連記事 
(守り人がいなくなることに因る墓じまいこちらからどうぞ)

これもまた、時代の流れなのだと思います。

墓石、お墓事情、土地や守り人などいろいろと考える年代となりました。

スポンサーリンク

墓守人がいなくなることに因る「墓じまい」

母は(美代さん)男児を産めなかった。
長女のあたしが婿取り。が、あたしも娘ふたり。

二十歳で産んだ長女は、独身
(いづれ、結婚するだろうと思ってはいるが)
我が家には『跡取り』がいない(女系家族の宿命だろう)

次女の言葉から【墓じまい】【お墓事情】を考えてみました。

スポンサーリンク



3年前に嫁いだ次女が言う
「おかぁ、おかぁが祖母ちゃんの面倒見るのは当然だよね!でも、あたしはおかぁの事はみれないし、お姉だって、独身のまま終わるかもしれないんだよ。自分の事は自分でなんとかしてよね。

順番で言えばお姉が先に逝くよね?その時点でお墓を守る者は居なくなるよね。まぁ、暫くはあたしが守るけど、あたしの子供に墓守をさせることは考えていないよ、何れは『墓じまい』するからね」

現代は、そういう時代なのかもしれない。
30代の頃に、岩手日報(地方新聞)の『声欄』という投稿コーナーに載ったある方の言葉が今も忘れられない。

~妻の家名を継ぐため婿入りし、心ない者から満座の面前で「婿」「ばか婿」と言われたこともあった。妻は自分と結婚したためにこんな辛い思いをさせて申し訳ないと謝ったものである。私も娘二人だけである。娘には家名の存続を考えなくとも自分たちの将来を託せる男性だったら迷わず結婚するようにと教えてそのようにした。〇〇家は自分の代で断絶することになったが、娘の幸せのためにあの世で甘んじて先祖の懲罰を受けるつもりでいる~

と言う内容だった。
読んでいて、立場は違うが自分と似たような境遇なのだと、つくづく実感し熟読したことを憶えている。

更に次女が言う。
「祖母ちゃんもおかぁも男児を産めなかったでしょ。お姉が嫁いで産んだら男児かもしれない。でも、婿取りしたら、男児は生まれないと思う。うちはそういう家系なんだよ!

あたしは男児を産めたよ。でも、婿取りしてたら違ってたと思う。そういう運命なんだよ・・・」


どこに根拠があっての発言なのかは定かではないが、独身の姉と嫁いだ自分により跡取りがいなくなることへの、覚悟を持つようにとの次女なりの言葉だったのだろう。

母は、長女が婿取りをしてくれることを諦めてはいない。
「〇〇はいづ結婚するんだ。はやぐしないど、産めねぐなるべ」

bb27a76b7169ca6cab18786466703314_s


両親には話していなかったが、次女が生まれた時点であたしの代でこの家は終わるのだと・・・婿二代は考えられなかった。

【墓じまいとは】
墓を撤去したり処分したりすること。墓参りをするのが困難、墓参りをする人がいなくなるといった場合に、墓の管理者(近親者など)が行うこと。墓じまいをした後は、近所に新しい墓を購入するか、納骨堂を購入する(永代供養)、散骨・自然葬をする、自宅供養をするなど、様々な供養の方法がある。
(参照 知恵蔵mini)

長男に 嫁いだ次女は、子供に我が家の墓守の面倒は掛けさせたくない。と考えている。

長女は独身。次女は跡取り息子に嫁ぎ、何れ墓守人はいなくなる。
我が家の場合は、墓参りをする人がいなくなるに相当するのだと思う。

【お墓事情に関すれば】
樹木葬、海洋葬。最近では宇宙葬などもあり、お骨を納めない様式もあるようだが、最後に残った者は誰に弔ってもらうのか。

あたしは幸せなのだろう・・・弔ってくれる娘がいるのだから。
そして、『声欄』の方のように、父・夫からのお叱りの言葉を受ける覚悟でいる。


スポンサーリンク

笑いはガンに効く? NK細胞の効果(男性看護師の言葉)


9年前、夫が癌で入院していた病院には、 男性の看護師さんがいらっしゃいました。
今日はその看護師から頂いた、【NK細胞の効果】についてを記します。

当時のあたしにとっては、男性看護師は珍しい存在で、どうしてもその看護師と話がしたく、思い切って話しかけてみました。
一瞬、驚いた顔をされたのですが、
「実は私、この仕事に就いてまだ数年なのです」

お見かけするに、30代後半くらい?。
「以前は、建設関係の仕事をしていたのですが、不況のあおりで生活が苦しくなり資格のある職業に就くことにしたのです。丁度、看護師と言う言葉が出てきた頃で体力には自信がありましたし、一生の仕事になると判断できたことが、きっかけですね」

ご結婚されているのかも聞いてみた。
「子供がふたりいます。学校に通っていた頃は妻にも随分と苦労も掛けましたが、一番のサポーターでしたね」

素敵な奥様と感心しました。
「今は、専業主婦で家のことをしっかり守ってくれています。まぁ、当時の苦労もチャラになっているはずですよ」

はにかんだような笑顔で応えてくれました。

数日後、
どんどんやせ細っていく夫の傍で、何もしてあげられないわたしに、
「〇〇さん、笑うって良いことなんですよ。感情の起伏が癌細胞にダメージを与えるみたいですから、泣いてもいいんですけど、どうせならなら笑う方が楽しいでしょ。お笑いのTV番組、お勧めしますよ」

看護師が病室から出て行ってから、夫とふたり半信半疑ながらも、TVのスイッチを入れました。

医学的なことは当時のあたしにはわかりませんでしたから、もしかしたら手術も受けられず抗がん剤の副作用で滅入っている夫への、慰めの言葉だったのかもしれません。
それでも、当時のあたしたち夫婦には有難い言葉でした。

【NK細胞とは】
~~人間の体には、NK(ナチュラルキラー)細胞というガンをやっつける細胞がある。
笑うことで免疫力が高まり、NK細胞が増えることで結果としてガン細胞を殺すことになる。~~

(参照 サワイ健康推進課)

あの看護師の言葉に嘘はなかったようです。そして、心からのお言葉だったのです。
顔もお名前も忘れてしまいましたこと、お詫びいたします。

美代さんはTVを観て、身体を揺らすほど大笑いします。
内蔵はピンピンしています。
あたしも、大笑いを心掛けます。
たまに、口角上げて作り笑いで「べー」

もちろん、母には見えないように・・・です。


スポンサーリンク

人は亡くなると美化される?生きている今の自分を大切に


亡くなった者たちへ想いを馳せるのは 、昔も今も変わりはないと思います。

夫の思い出話をすると、娘たちが「えっ!」と言います。
「人って死ぬと美化されるんだね・・・おとぅ(父親)て、まぁまぁのいい加減な人だったよね?!」
「おかぁ、散々苦労してきたよね?悪いことって思い出さないの?」

そうなんです。
あたしの夫、前のブログにも記しているように、ホントに自由奔放な生き方をした人で、良いこと悪いこと含めけっこう苦労してきました。
故人の名誉のため詳しくは記せませんが、時に警察にお世話になることもありました・・・。

事実は小説より奇なりと申しますが、ほんにその通りで夫と一緒になっていなければ、一生無縁であろうことも経験しています。

でもね~、亡くなって9年もすると嫌な思い出さえも愛しくなるんですよ・・・。

「俺はやりたいことは何でもやってきた」の夫の言葉。
日が経つにつれそれは、能力的なこともありますが、生きていくためにはできるだけ多方面にアンテナを張ることが大事・・・そんな風に解釈するようになってきたんです。

【日本の平均寿命】は、男性:80,98歳
           女性:87,14歳
        (参照:2017年日本経済新聞)

生きている「今」を大切にしたいです。だって、必ずお迎えが来るんですから(自分)。

美代さんとの日々のバトル、愚痴を言いつつ嫌な気分になりながらも、生きているからこそできることなので、もうしばらくはお付き合いして行きますわ。

でも、自分のできる範疇を超えそうになったときは、公的機関にお世話になることも考えています。
それも美代さん次第ですね・・・。

あたしは根暗ではありません・・・でも、時に落ち込むことや冷めた考えに陥ることもあります。
だって、生きているんですもの!

西の方では梅雨入りしたようですね。関東もそろそろでしょうか・・・?



プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • ぬりかべ~、つつくとポロポロ剥がれる化粧・・・?
  • 認知症は、いきなり進行するのでしょうか?母の様子が変。
  • 軽度認知症、日付と曜日が分からなくなる。今日は何曜日?
  • 「老いては子に従え」100均で見つけたピルケースを購入
  • 「老いては子に従え」100均で見つけたピルケースを購入
  • 軽度認知症の母、薬の種類が増えパニックになる。
  • 炬燵は、お猫様専用スペース。
  • 炬燵は、お猫様専用スペース。
  • 炬燵は、お猫様専用スペース。