にゃんズの母(しがらみと生きる)

「老猫、桐ちゃん20歳(2023.7.14没)、青(せい)くん18歳。琴ちゃん・常くん3歳。連くん1歳」「わたし、お洒落大好き還暦過ぎたおんな」「母、91歳。認知症要介護5で、完全車椅子生活。地域密着型の特養に入所」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、愚痴満載(苦笑) 今生は一度だけ、前向きに生きるためのブログです。

母娘関係

出産後は自宅?それとも実家?育児も家事も夫次第…?

2024.6.12(水)

やったー!
残っていた部分の草取り終了。
これで、ひと月くらいは保つかも。


次女の出産予定日が近づいている。
予定日は24日なのでもう少し先だけれど、長男の時は10日早かったこともあり、もう、いつでもいいから早く出ておいで…と言っていた(お腹が重くてしんどいと)。

経産婦ということもあり、後陣痛を心配している。
わたしにも経験があるけれど、かなり…痛い!!

陣痛の痛みを男性が経験したら、気絶するんじゃないかと言われてるけれど、わたしの経験では後陣痛の方が辛かった。

陣痛は出産のために必要な痛みだとしたなら、後陣痛は子宮を収縮するための痛さだけれど、いずれにしても辛いことに変わりはない(苦笑)。

4488878_l


出産後はわが家で過ごすことにしている次女。
もれなくマナくんも付いて来る。

母美代さんの在宅介護の頃は、普通に食事の支度をしていたけれど、現在は長女とふたり暮らしで、朝・昼は各々。
食事の支度は夜のみなので、楽をしている(笑)。

産後の1ヶ月間(入院中含み)は、マナくんもここで過ごすわけで、わたしの家事量も増える。
今よりも、1時間早く起きなければならないけれど、美代さんのときはやっていたのだから、まぁ何とかなるね。

問題はにゃんズ。
人馴れしている青くんと常くんは、マナくんがいても平気だけれど、琴ちゃんと連くんは、ドキドキ・ビクビクしながらの1ヶ月間に…Σ(=゚ω゚=;)

もう一つの懸念は、3にゃんズの夜中の大運動会。
授乳のために睡眠時間が少なくなるのに、にゃんズの大騒ぎで更に奪われるのではないかと不安視。

あまり酷い時は自宅に帰ると言っているけれど、婿殿は昭和気質で家事等は一切しない。
自宅に戻り家事をしながら育児をするか、睡眠不足になりながらも家事をせずに実家で過ごすか。

決めるのは次女。
たとえ親でも口出しできないこともあるのです。

DSC_1872


出産は命がけ。
今は、無事に身二つになることを願うだけです。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

臨月を迎えて、結局マタニティウェアは必要ない…?

2024.6.3(月)

今どきの妊婦は、俗に言うマタニティドレスを着ないのね?

次女は臨月に入った。
長男のマナくんのときは妊娠6ヶ月くらいまでは目立たず、8ヶ月に入った辺りで入院したので、本格的なマタニティルックの経験はない。

今回の妊娠でも、マタニティとは関係のないワンピは着ていたけれど、本格的なマタニティウェアは一度も着ていない。と言うか、持っていない。

では何を着ているかと言うと、大きめなシャツブラウスを羽織り、腰ゴム製のパンツスタイルで通している。

次女が言うには「スーパーに行くとすごく視線を感じるんだよね。そんなにこのお腹が気になるのかな…」と。

「マタニティドレスじゃないから、妊娠?それとも単に太っているの?なんて感覚で観るんじゃない?」

「だってさ、お腹以外のどこが太って見える?」


1017239

わたしの時代はマタニティドレスなるものがあり、誰が観ても妊婦だとわかってもらえた…はず。
マタニティドレスを買えば?と助言したことがあったけれど「用済みになることがわかっているので勿体ないから要らない」と言っていた。

確かにね、3~4ヶ月くらいしか着ない服だものね。
再利用をするにしてもリメイクの手間を考えると、持っている服で何とかなるのであれば買うまではないかぁと思ったりして。


固定観念。
わたしの時代は、こうでなければならない…の考えが強かった。妊娠したら妊婦服で過ごすが当たり前の考えだった。

でも、想うに。
洋服を着るようになるまでの時代では、妊婦だからと言ってそれ用の着物があった訳ではないだろうから、ある物で工夫をしていたはず。
それを考えると、次女の考えはあながち間違いではない。

1715170823234

  琴ちゃんはわが家に来てからかなり太った…(マズいかも)


お腹にスイカが入っている?くらいにまで大きくなった。
どっこいしょ。と掛け声をして動いている(ガンバ)。

動くのが辛いので早く生まれてほしいと言っているけれど、身二つになってからの方がもっと大変になるよね。
そう、マナくんのときで経験済みだけれど、ついついその言葉が出るのよね(わかるよ)。

臨月に入り、いつ陣痛がきてもおかしくない。
産後は実家(わが家)で過ごすことにしているので、わたしも、沐浴の動画をみて勉強のし直しね。

無事に身二つになることを祈っている、バァバです(⌒∇⌒)


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

髪型の変化を家族は気づいてくれる?

2024.5.14(火)

先週の土曜日、髪を切りパーマをかけてきた。

バッサリと15センチほどをカット。
パーマについては、女優の大塚寧々さんの写真を見せ、ふんわりとしたイメージでとお願いした。
仕上がりは、大塚寧々さんの雰囲気とは全く違うけれど、まぁ悪くはないと思っている(笑)。

髪を切ることと、大塚さん風にパーマをかけることは長女に相談。「いいんじゃない」と言われていた。


土曜日の夜。
仕事から帰宅した長女は、わたしを見て、

「あ、切ってきたんだ」

「うん(切るって言ってたよね?)でも、大塚寧々さんの髪型とは全く違うけれどね」

「え?いんじゃない。似合ってるよ」

切ることは伝えていた。そして切ったことに気付いてくれた。
おかしいと言われなかっただけでも善よね。


日曜日の昼過ぎ、次女親子が母の日のプレゼントとして、ケーキを持ってくてくれた。
孫のマナくんから「母の日、おめでとう。はい、ケーキ」と。

DSC_1935


DSC_1936

           1個は長女の分


これはこれで嬉しかったけれど、次女も婿殿も、そしてマナくんも髪を切ったことには全く触れてくれず、婿殿が作ってくれた目隠し用の柵の出来栄えに自画自賛。


「サキはね、切ったことを気づいてくれなかったよ」

「まぁまぁ…笑」

夜、長女に少しだけ愚痴ってみた(苦笑)。


日頃から、髪、切れば?と言われていたけれど、いざ切ったら気付いてくれない?
娘たちが髪型を変えたときなどは、なるべく褒めるようにしている。ちょっとした気遣いが、嬉しいと感じるはずだから。

親が想うほど、子は親をおもわない?
でも、母美代さんもわたしが髪を切っても気づいてくれなかったから、一概には言えないのかもね。

DSC_1930


因みに、施術が終わりに近づいた頃に、美容師さんから言われた。
大塚寧々さんのようなウェーブにしたいのであれば、デジタルパーマを薦めると。そして、うちにはその機械がないので、それがある美容室に行ってみては?と。

「最近はパーマをかけるお客さんはあまり来ず、たまにかけるのは年配のご婦人くらいです」

お会計は、前髪をカットしていないので、千円値引きしてくれた(嬉し)。


かなり短くなったので、次に訪れるのは暫く先になりそう。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

母娘関係は良好なの?時には三猿の精神で(苦笑)

2024.4.21(日)

「木、なくなったね。おかぁとサキは、要らない物は何でも捨てるタイプだから特に想いはないんだろうけどさ、あたしは寂しいよ」

帰宅した長女から言われた。

わたしだって寂しさはあるよ。
でもね、自分たちで何とかしようにもできなことってあるよね?
いくら気のいい婿殿でも、いちいち注文されてはやる気も失せるよね?
それに、高所の枝払いをしてもらうには、脚立どころか梯子が必要だし、万が一倒れて怪我をしてしまったらどうする?そこまで考えるよ。

と、言おうと思ったけど、これを言ったら「じゃぁ、切らなくても良かったじゃない!」て、絶対言うはず。
少しの間、冷たい空気が流れた母娘間。(苦笑)

DSC_1871


DSC_1872

  末っ子連くん。おもちゃで遊ぶ姿は、まだまだおこちゃま


時々思う。
わたし、なんで子どもにまで気を遣うんだろう…。
言い争うのが嫌だから?

40前後の立派な大人の娘たち。
それなりの想いはあるだろうけれど、その想いに対して、親とは言えどもどこまで口を挟められるのかな。


人生には岐路がある。
自分のこれまでの人生で、どうしても答えを出せなかった際に、母美代さんに相談したことは数えるほどしかない。
美代さんは相談ごとに乗ってくれるタイプではなく…と言うか、相談したところで思っているような答えを出してくれる人ではなかったから、初めから無意味だと思っていた。


28896828_s


「おかぁって、良くも悪くも自分のことは自分で決めるタイプだよね!?」


まぁ、誰に相談したところで、最終的な決断は自分でするしかないのだから。その想いで生きてきたんだけれどね。


杉の木伐採が、大きな決断・岐路になるのかは別として、今後も一大決心をしなければならないという局面は出てくるはず。
思ったような答えを出せなかった際には、娘たちに頼ることもあるはず。


母娘関係は、良好であることが望ましいけれど。
【触らぬ神に祟りなし】【口は禍の元】そして、【見ざる聞かざる言わざる】の精神も、時には必要かもしれないね。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

子どもを褒める?褒めて伸びるのならいいよね

2024.3.19(火)

女三人寄れば姦しい。

わたしには43歳と38歳の娘がいる。
娘たちの会話には、あまり入らないようにしているけれど、振られた際にはちゃんと応えるようにしている。
ファッションの話になると中々入りづらいけれど、その内容には興味があり耳はダンボに(笑)

DSC_1747

    暑かったらしく、ミニ炬燵から出た琴ちゃん


次女がマナくんを連れ遊びに来た。
丁度よかったと、自分が買い揃えていた服でファッションショーを始めた長女。

長女の身長は168センチ。
世界レベルのモデルには及ばないけれど、一般的な身長で言えばそこそこある方だと思う。
身長があることで、見栄えする。それはとても好ましいことだけれど、難点もある。

難点…。
それは足が長いことで、パンツの丈が短くなること。


ネット購入品は、自分と同じくらいの身長のモデルが着用していることを確認している。
モデルが穿いていたパンツは裾が床につきそうだったのに、届いた物は寸足らずで、くるぶし辺りまでしかない。
店舗で買う時も必ず試着しているが、いつも裾丈には苦労している。

次女と二人で「おねぇの体型は羨ましいけれど、わたしら普通体型にはわからない苦労があるみたいだね」と。

買い揃えていた服のファッションショーは、都合30分ほどで終わったけれど、上下の組み合わせをいかに上手くするかで、寸足らずも何とかなるか…で、終わった。


「身長があることを嫌だと思ったことはないけれど、服選びがね…」

「服選びは大変かもしれないけれど、その体型に産んでもらったことを感謝してww」

「そうですねw」

DSC_1745

       新調したベッドでお昼寝連くん


他人様がなんと想おうと、自分の子は可愛い。
手前味噌?でいいじゃない。どんどん褒めてあげなきゃ。

何歳になっても、子は子。
でも、何れはわたしの方が子ども化してしまうのだろうから、それまでは母親としての意見を述べさせてもらいましょ。


母美代さんも、わたしのような気持でいたのかな…?
そう言えば若い頃には「おめは、何着ても似合うな」と言われたことがあった(苦笑)

親って、こんなものなのかもしれないね。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2009年に夫を亡くし、現在は独身の長女と4にゃんズとの6人暮らし。 人生も残り三分の一となり、イマを精一杯生きている60代です。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 時間を短く感じるのは、楽しいことが多いから…?
  • 時間を短く感じるのは、楽しいことが多いから…?
  • 人前で、ねこらしい鳴き声を発した。これは人馴れの一歩?
  • 人前で、ねこらしい鳴き声を発した。これは人馴れの一歩?
  • お喋り好きの母を、鬱陶しいと思っていた日々
  • お喋り好きの母を、鬱陶しいと思っていた日々
  • 一進一退の記憶…今日は悪い日だったのかもしれない
  • 一進一退の記憶…今日は悪い日だったのかもしれない
  • 断捨離で、沢山出てきた帽子 お気に入りはどれ…?