にゃんズの母

「老猫、桐ちゃん18歳、青(せい)くん16歳」「あたし、お洒落大好き還暦過ぎたおんな」「母、88歳。方言と訛り×認知症要介護3で、田んぼの観える特別養護老人ホームに入居」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして・・・なのですが、母が特養に入所しケンカ相手が居なくなり少々寂しくも感じています。 人生一度きり。前向きに生きるためのブログです。

雑記、諸々な想い

子ども達の笑顔が、一日でも早く取り戻せることを願って

2021.9.17(金)

次女サキからライン電話が。

孫であるハヤブサくんは、保育園の年長児。

今年の運動会は、行われるのかが判らない・・・。
この様に話していたのは、お盆帰省のとき。

岩手県のコロナ感染者数は、関東に比べたら桁が一桁・二桁少ない。
それでも達増知事は、岩手県独自の緊急事態宣言を出したそうで、これにより保育園では、運動会の日程をどの様にするかを検討することにしていたそうです。

「今年の運動会は、10月1日になった。でも、家族の参加は同居する者がふたりまで。加えて、年長さんのクラスだけは祖父母の参加は認められたけど、他のクラスはダメだって」

密を避けるための、人数制限での運動会。
10月1日は金曜日で、一般的には休みではない。
ハヤブサくのお父さんも仕事で、休みを取るのは難しいらしく、参加できるのは母親のサキのみ。

「この状態、いつまで続くんだろう・・・子どもが可哀想」

今年の運動会は保育園最後になる。
ジジ・ババの参加や、大きな声を張り上げての応援は、控えながらの運動会になってしまうようだ。

「家族はあたしだけになってしまうけど、おかぁもそうだったんでしょ?」

思い起こせば30年前。夫は仕事で参加せず。
サキの記憶には残っていないようだったが、ジジ・ババ・ユカが参加してくれていた。

わたしが帰省して参加しようか・・・と、想ったが、同居の家族ではなく、茨城県は緊急事態宣言下で、保育園でも、サキの母親であるわたしが県外に居ることを知っている。
この案は即刻却下。

このコロナ禍で、我慢を強いられているのは大人たちばかりではない。
年長さんのハヤブサくんは何とな~く解ってくれても、その下の児たちはどこまで理解できているのだろう。

「マスクだって初めはちゃんと着けているけど、ちょっと目を離すと外してしまう」

2361546_s

            イメージです

昨日の情報番組で、コロナ対策室の尾身会長の言葉に、収束までには2~3年かかるだろうとあった。

「ワクチン接種が進められ、コロナを治す薬も開発されているようだから、待つしかないよね」

納得するもしないも、待つしかない。
次の自民党総裁が誰になるのか=総理大臣になる政治家には、今後のコロナ対策をしっかりと、判りやすく迅速に進めてほしいと願う。
(衆院選で、政権交代になるのかなぁ・・・)

一番大事なのは、大人たちの意識だと想うのです。

子ども達が「ワーワー・キャーキャー」と、笑顔で声を張り上げることができる日が、一日でも早く来ますように。


ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


「ボリボリ」(キノコ)って、共通語だったの・・・?

2021.9.13(月)

内職の連絡が入らず、お払い箱かと沈んでいます(泣)
本来なら先週辺りに連絡が入るはずでしたが、単に仕事が入って来ないだけなのか、それともマジで見捨てられたのか・・・ハァー。


昨夜、長女からラインが。

「ボリ買ってきたんだけど、味噌汁の作り方教えて」

キャーッ!
なんて懐かしい言葉。
もう何年も使っていない言葉だけど、瞬時に解った。
文章にするよりも電話の方が早いと思い速攻で電話。

何処で買ったのかと訊くと、職場の近くにある精肉店とか。
お弁当やお惣菜もあり、顔なじみになっているらしい。

「水から煮るの?」

だよねー。
ボリを最後に食べたのは何年前?
わたしが岩手に居た頃だから、20年以上前になるわね。
当時、ユカが台所に立つことなどなかったものね。

ユカはネット検索もしたようで、有名な料理サイトでも「ボリボリ」と表現されているらしい。
それにしても、「ボリ」という言葉が普通に使われていることに驚き。
てっきり方言だと思っていたから。

1631444742459


ボリボリ。正式名称は「ナラタケ」

亡き父は山菜取りやキノコ採り・栗拾いが得意で、わたしも連れて行ってもらっていた。
特に勉強をした訳ではないらしいが、食べられるキノコについて、とてもよく知っていた。なかでもボリボリは見分けがつきやすく、わたしでも見つけることができていた。

時効になると想うのですが、今から40年以上前は、申し訳ないですが他人様の山に普通に入り、山菜やキノコ採りができた居た時代でした。


「そう言えばタラの芽採りにも行ったよね」


小学生くらいの時に、一緒に採りに言ったことを憶えていた。
あの頃は、どちら様の山林かも判らずに収穫を楽しんでいた。

「じいちゃん、松茸も採ってきていたよね。どこの山だったのか訊いておけばよかった」

「いやいや、他人の山に入るのは今はダメでしょ。それに松茸なんて早々見つかる物じゃないから」

「・・・だよね」

精肉店の店主・おばあちゃんから、汚れはないと想うが軽く洗うようにと言われたらしい。
わたしも同じことを言い、沸騰してから入れるようにと。


キノコ大好きなわたし。
送ってあげると言われ、とても懐かしく食べたいと思ったけれど、送料の方が高くつくでしょうから断念。
岩手に・実家のある街に居たら普通に食べられるボリボリ。山のない古河ではたぶん売られてもいないでしょうね。

今夜はマッシュルームとシーフードミックスのアヒージョで、我慢ですヮ。
舞茸も入れてみようかしら(笑)

※ アヒージョを作った際には、味のついたオリーブオイルが余ります。
わたしの場合は、翌日に鮭のムニエルに利用します。味がついているのでソースなしでもイケるのです。


ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


ワクチン接種の予約が取れない娘を気遣う、おバカな母親

2021.9.9(木)

緊急事態宣言が今月いっぱいまで続くことになり、母美代さんの面会ができる日が来るのかを、変に気にしている鬼と悪魔と時々天使?のわたしです。

DSC_1604

岩手に住む長女と次女の夫・婿殿の、ワクチン接種の予約がなかなか取れないようです。
県のホームページを見ると、毎週予約日と予約時間、接種日が決まっており、娘曰く「秒で予約不可」になるのだそうです。

47都道府県で、感染者0を最後まで頑張った県ですが、今では住む街にも感染者が出ているようです。
自治体により、やり方は違うのでしょうけれど、親としてはなんとかならないものかと心配になり、県をまたいで越境接種ができないものか・・・などと、おバカな考えを持ってしまいます(苦笑)

2回の接種が完了しても感染リスクが0になる訳ではないですが、重症化は防げるようです。
だとしても、肺炎を経験しているわたしとしては、あの辛さの何倍・何十倍もの辛さ・苦しさになることを想像すると、一日でも早く接種してもらえることを願うばかりです。

DSC_1605

後遺症に関してTVで色いろと観ますが、中には頭髪の脱毛で悩んでいる若い女性もいました。
髪は女の命(古いか)などと言われた頃もありますが、哀しいことだと思います。

最近ではミュー株なる物が話題になっていますが、ウイルスは今後も変異を繰り返しながら生き続けるのでしょうか。だとしたら完全に封じ込めることはできなくなり、インフルエンザの様なワクチン接種のやり方になるのでしょうか。
コロナワクチン接種の副反応を経験している者にとっては、毎年あの辛さを経験することになるのかと想うと、気持が萎えます。

TVの情報番組で、日本製のワクチンやコロナ自体に効く薬も開発されているいるという内容も観ましたが、願わくば副反応のない(少ない)薬が開発されてほしいと想ってしまいます(苦笑)

一人ひとりが、感染しない・させないを心掛け、
自分を・大切な人を守る行動を、これからも続けていきましょう。


お読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


ワクチン接種後に感染した方の、症状が知りたい・・・

2021.8.28(土)

1週間が経つのって早いですよね~。
先週の土曜日は、帰省先の岩手からのロングドライブをしていましたヮ。

また内職が始まりましたが、今回は納期が短くとても少ない量を頂いたので、部品に不足がなけれが明日には終わりそうです。

コロナワクチン接種の2回目が終わっていますが、1回目とは打って変わって発熱で二日半は動きの取れない状態でした。
接種部位も痛みや腫れ・痒みも出ていましたが、1回目に比べて腫れの引きが早いように感じています。それは痒みも同じで、今日は全く痒くないのです。

となると、3回目の際は発熱が今回よりも高熱(40度越え?)になり、腕の痛みや腫れ・痒みはない状態になる?
う~ん・・・1回目の痛みと痒みにはかなり悩まされたけれど、発熱よりはマシなのかしら。

DSC_1466

昼頃にTVを点け、チャンネルを変えていたら元スマップの中居さんのお姿が。
コロナの内容だったので暫く観ていたのですが、解説をなさっていたお医者様かな?が、来年の2月頃には3回目のワクチン接種が始まるのではないかと。で、その時期辺りにコロナの治療薬も出てくるのではないかと。

治療薬が出るのならば、2回目接種後の発熱の苦しさと同じものを、敢えて味わう必要はないのではないか・・・と想ったけれど、まだ正式な発表がされた訳ではなですし、来年の話で鬼に笑われるかも。
鬼・・・わたしも鬼娘の一人なので、これは一緒に笑うしかないのかしらね。

それにしても、症状が全く出ない人もいらっしゃるようで、何の違いなのでしょうね。
ある人は、症状が強く出る方が良く効いていると言うけれど、じゃぁ出ていない人は何を信用すればいいのでしょう。

インフルエンザワクチン接種を受けても、普通に罹ったわたし。
お医者様は、重症にならないためのワクチン接種だと仰っていましたが、熱は40度を越えかなり辛かったですよ。
もし受けていなかったら、あの辛さ以上ということ?
キャーッ!恐ろしですヮ。

コロナワクチンも、重症にならないためのもの。
感染しない訳ではないということで、わたしのインフルエンザと同じだと思います。
そう言えば、ワクチン接種が済んだ方が感染したというニュースを聞きますが、どの程度の症状だったのでしょうか・・・。
一日の感染者数も重要かもしれませんが、わたしとしてはワクチン接種後に感染した方の症状の方が気になるし、そこの所が知りたいですヮ。

DSC_1232

23日~25日まで、とっても貴重な休肝日(苦笑)で、26日・27日は軽めのお酒でした。
肝臓が寂しがっているかもしれないので、今日はしっかりと頂きましょうか(笑)
とは言っても、昔ほどは飲めなくなりましたけれどね。


ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


コロナ感染の恐怖よりも、オリンピック観戦が大事?

2021.8.6(金)

内職の納品が終わりました。
倉庫には新しい品が入荷していましたが、・・・あの仕事、もらえるのかなぁ・・・と尻目に。

「モデルナのワクチンはファイザーよりも強いんですって、だから副反応が強く出るみたいよ。体調が良かったら、連絡ください」

夫人から言われましたが、モデルナ社製のワクチン接種後は、2回目の発熱がファイザーの2倍なのだそうで、冷蔵庫のスポーツ飲料をもう少し増やそうかとか、寝るのは2階の自室ではなく居間に布団を敷こうか・・・などと、色いろと思案しています。
そうそう、腕の腫れはまだ少し残っていますが、痒みはほとんどなくなりました。痛みと痒み、どちらが辛かったかな(苦笑)


それにしても、都内の5,000人を超す感染者数には驚きです。
茨城県も、まん延防止等重点措置の適用になりました。
20代の女性がインタビューを受け「夏休みだし、オリンピックだし」と。
感染者の割合は、20代・30代が圧倒的に多いようですね。
ある男性は「緊急事態宣言は、1回だから効果があるのでは?2回・3回では意味がないと想う」と。

昨日の札幌での競歩。
沿道には多くの人・ひと・ヒトで、三蜜どころではない状態。
応援をしていた皆さんは、声を出さずに応援をしていたのでしょうかね。
明日・明後日はマラソンがありますが、沿道にはまた多くの人たちが応援に出るのでしょうね。

DSC_1466

在宅介護をしていた時、感染しない・させないは母美代さんの為でした。
デイケアやデイサービスを利用していたので、わたしが感染し万が一美代さんに移してしまったら、施設に多大な迷惑をお掛けすることなる。そうならないために一生懸命でした。

自分を守ることは誰かを守ることにも繋がると想うのです。
今一度、基本に戻ってみることが必要なのではないでしょうか。


ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 肩こりには、孫の手よりも娘の手?
  • お墓と仏壇 必要なのは?
  • 負担限度額の変更で、年金では賄えなくなる?
  • 長寿の秘訣・・・ウーン、難しい
  • 子ども達の笑顔が、一日でも早く取り戻せることを願って
  • 骨粗鬆症の薬、いつまで必要・・・?
  • 施設に面会に行くのは家族の義務?
  • ポジティブに生きるために、底まで落ち込む
  • 孤独感・疎外感・・小心者・・・がんじがらめ