にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん17歳、青(せい)くん14歳」「あたし。お洒落大好き還暦」「母。87歳、方言と訛り×認知症要介護1」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

雑記、諸々な想い

半額?・・・問題は元値よね!

今日の朝刊に入っていた広告に目が留まりました。
Tのマークのスーパーの広告で、今日が開店とありました。

・・・そう言えば、イトーヨーカドーが閉店してしばらく経つけど、そっかぁタイラヤになったんだ・・・

広告を観ると、野菜がお得な感じだったので、いつも行っているイオンの火曜市はお休みしようかな・・・・と、少々浮気心も働いて、10時開店とあったので、買い物カゴを携えて行ってきました。

行列ができていました。
ソーシャルディスタンスもなく、ワイのワイのとお喋りしながら待つ客の最後尾に並び、待つこと5分ほどで、店内へ。

ポイントカードを持っていなかったので、先ずはカード作りから。
住所・氏名・年齢・電話番号を書いて担当のお姉さんへ。
身分証提示が必要だったので、免許証を見せてカードが出来上がり。
ポイントは200円購入で1ポイント。
500ポイントで、500円分のお買い物券が発行されるシステム。
で、カード作成時に300ポイントがサービスされていました。

DSC_0777

欲しかった野菜をかごの中へ。
広告には、お刺身がレジにて半額とあったので、桐ちゃん用と自分たちも食べたかったので、鮮魚コーナーへ。
どこのコーナーも行列、まぁ致し方なし。
少しずつ進んでいくと鮮魚担当者らがふたりで、何やら手渡ししていた。

・・・何だろ?・・・

トロ箱から直接、イカのばら売り。
1パイの金額は98円。
イカは新鮮なほど黒光りするもので、売られていたイカもピカピカしていた。
あたしの前に並んでいたお客さん皆さんが、買い求めていた。
で、ついついあたしも「2ハイください」
広告にはなかったけれど、こういう売り方が店側の戦略なんでしょうね。

目的のお刺身の売り場まで移動すると、あたしの二人先に居た、見た目年齢80歳くらいのお婆さんが、お刺身の詰め合わせを手にし、何やら叫んでいる。

「これ!マグロか?」

前の二人は聞く耳持たずで素通り。
あたしは自分が欲しい柵を手に取り、お婆さんの手にしていたパックを観て、教えてあげた。

「マグロですよ。ここに書いてありますよ」

一応、丁寧に応えてあげたつもりだったけど、そのあとのお婆さんから出た言葉が、なんと!

「字が、あたしには見えないんだよ!!」

こう言い放ち、手にしていた詰め合わせをカゴに入れ、プイとその場から居なくなってしまった。
ありゃー・・・お礼の一言くらい有ってもいいんじゃない?!
あたしの後ろに居た70歳くらいのオジサマが一言。

「アレまぁ、恩を仇で返されたね・・・」

「ですね・・・ありがとうくらい言って欲しかったですけれどね・・・」

【人の振り見て我が振り直せ】
と言うことわざがあるけれど、80年(たぶん)も生きてきて、お礼も言えないなんて・・・何だか情けないですわ。

世の中には絶対はないと言うけれど、
ぜ~ったい!あのお婆さんの様には、なりたくない!

この後、一通りのコーナーを観て特に安いわけでもないと思い、会計を済ませ帰宅。
買った品を冷蔵庫へ入れ、再度お出かけ。
何処へ?もちろん、イオンにです。

今日のイオンの店内は、いつもとは少し様子が違っていました。
お客さんの数が少ないのです。
やはり、タイラヤへ流れたんですね。

お刺身の金額を観て思いました。
・・・イオンの方が安い・・・
半額の文字に引き寄せられ、深く考えもせずに買ってしまったけれど、上手な買い物ではなかったわねぇ。

賢い消費者にならなければ。
今日の買い物で、つくづく実感しました。


最近観た、日傘の女性たち・・・チョット、違う?

今日で8月も終わりですが、とにかく暑かった。

7月の長雨が開け、一気に夏になった感が強いので、余計に感じるのか、それとも、ホントにこれまでの夏より暑いのか。
で、少し気になったことがあったので載せてみますね。

午前中、桐ちゃんの階段代わりになるものを買いにホームセンターへ。
行く途中、前方に自転車の女性。進行方向は同じで左側の歩道走行。
自転車が歩道を走る際は、歩行者が居なければ良いはずなのでまぁヨシとして、問題はこれからです。
その女性は自転車に乗り日傘を差していました。
当然、片手運転。

追い越し際にチラ見、追い越してからバックミラーでチラ見。
その姿は、帽子を目深に被り、マスク・長袖にズボン。
日傘が必要なくらいの陽射しでもなかったけれど・・・
余程、日焼けをしたくなかったのでしょうね。

でも、自転車での片手走行は禁止されていませんか?
もしも、歩行者がいたらとっても危ないですよね。
その日傘を持っていた手。
あんなに黒づくめのスタイルだったのに、手は無防備。
そう、手袋無し。
日傘よりも、UV加工された手袋をした方が、良かったのでは・・・?
と、オバサンのあたしは思いました(苦笑)

日傘についてもう一つ。
長女が来ていた際のことなので、もう10日くらい前になるかな・・・。
二人で買い物帰りに観た、お若い女性の姿。

その女性は、ランニング中でした。
上から下まで真っ黒のランニングウエアで身を包み、
まぁ、見た目はカッコ良かったですよ。
ただね・・・やはり手には日傘。

走っている道路は歩道がなく、傘を持ちながらふらついていましたが、そんな人の脇を車で通らなければならないあたしも、緊張してましたよ。
因みに、その女性を観たのはあたしの家のご近所。
以前に、なんちゃらの小径のことを載せていますが、その小径がご近所様方のウォーキング・ジョギングコースとして使われているようなのです。
もちろん、あたしもその小径を走っています。
なぜ、あの小径を走らず車道なの?

昨年、日傘を差して真っ昼間にウォーキングをしていた女性のことを載せていますが、その女性の方がまだかわいいですよ。
だって、ちゃんと歩道を歩いていたんですもの。
日傘を差しての車道のジョギング・・・どうなんでしょうねぇ。

3803111_s

          イメージです

あたしは日傘を持っていません。
欲しいな・・・と、娘に相談。

「この街で、日傘・・・要る?おかぁは車での移動の方が多いよね。要らないと思うよ」

はい、その通りです。

そう言えば、少し前ですが、どこぞの小学校で通学時に日傘を持たせるかどうかが、話題になっていましたね。
あれ、結局どう落ち着いたのでしょうね。

男性も日傘を差す方が増えているそうですが、自転車走行の際やジョギング中の日傘は、くれぐれもお気を付けくださいませ・・・ね。


岩手ナンバーの車のドアにキズ!コロナの嫌がらせ?

本来の予定では、明日岩手に帰るはずだった娘のユカだが、一日早まった。

昨日、給油のために借りていた駐車場へ行くと、助手席側のドアにキズが!
岩手を出た時にはキズなどなかった。
明らかに、尖ったもので故意に付けたであろうキズが2ヶ所に。

DSC_0757


黒の車で、鏡のように映っているが、左の字が「し」
右は、パッと見は読めないが、しゃがんで下から見上げると「ね」のように観える。

借りた駐車場は道端で、誰もが行き来できる場所だが、越してきた当時から何台かが停められていたので、空きスペースを確認し、先月末に支払いを済ませている。

少し前に、TVのワイドショーで、県をまたいだ他県ナンバーの車にキズを付ける嫌がらせが話題になったけれど、このキズも嫌がらせに因る行為?!

古河市は県境で、埼玉県や栃木県に面している。
埼玉・栃木に限らず他県ナンバー車が普段から多く、特に気にもしていなかったが、東北の岩手ナンバーを観ることは確かに少ない。

岩手はコロナ感染者が最後に出た県。
その岩手ナンバーでも、嫌がらせを受けなければならないのか!

古河市に移り住み17年目。
都会でもなく、田舎でもない。
あたしにとっては、とても住み良い街と思っていたし、この街の住人で居られることに幸せを感じていたので、余計にショックでならない。

電話で、今回付けられたキズの修理費を、ディーラーに確認したユカ。
キズの深さから察すると、10万円前後になるのではないかと・・・。

「もう、車では来られないね。又、キズを付けられるかと思うと、怖いよ」

なんちゃら警察が話題となっていたが、このキズもそのなんちゃら警察と自負している者の仕業なのだろうか・・・?
やったことが、善と思っているのか・・・。
他人の物にキズを付けて、心は痛まないのだろうか・・・。
監視カメラもなく、誰がやったのか見当もつかないが、古河市民として情けないの一言に尽きる。

年末からお正月にかけ、サキ・ハヤブサくんと一緒に遊びに来てくれると言っていたが、こんなことが起きてしまうと、この街に対するイメージも落ち、果たして遊びに来てくれるかも判らなくなる。

コロナのせいなのか・・・。
元々の、その人の本性なのか・・・。

楽しく過ごしたこの1週間が、台無しとなってしまった今回の件。
とにかく、ユカには申し訳ない想いでしかない。


コロナウイルスの恐怖心、そして意識が薄れている?

昨日の暑さは何だったの?
そして、どこへ行っちゃったの?

午前中、スーパーへ買い物に行って来ました。
半袖の方もいましたが、ほとんどの方は、長袖でしたね。
混雑具合は先週ほどではなく、比較的スムーズに会計が済みました。

ところで、世の中少しずつ回り始めているのでしょうか。
今朝のワイドショーでは、都内のある居酒屋さんが、
3密状態で賑わっている様子が映し出されていました。

茨城県では、5月5日に168例目の報告があり、それ以降今日まで
感染者は出ていないようです。
これを受け、政府が示す「特定警戒都道府県」から茨城県が外れるのでは
ないか・・・15日に県の対応を決めることになっているようです。

これを踏まえ、感染拡大要注意市町村の古河市も、県の発表を受け、
今後の方針を決めるということです。

スポンサーリンク


ホームページの内容を見て、
「な~んだ、じゃあもう大丈夫じゃない。
マスク要らないし、出歩いてもいいじゃない」
と、思うか、

「そっかぁ、15日まではこれまで通りだし、
その後もまだまだ安心できないかも・・・」
と、思うかは、
各々の、の意識の違いでしょうね。

あたしは・・・勿論下です。
なぜ?
だって、収束宣言が出ている訳ではないし、
都内では少なくなっているとはいえ、ゼロの日が続いている訳でもない。
小池都知事は、第二波の襲来を危惧しているし、韓国の状況を観ると、
日本でもあり得ないことではないと思う。

今回のコロナウイルスは、中国の武漢にある研究所が発生元との認識が
強いようですが、その中国ではディズニーランドが再開され、
待ちに待ったという様子が映りだされていましたが、
「ホントに大丈夫なの?」
と、またまた小さな親切大きなお世話のオバサン思考になってます(苦笑)

3246580_s

あたしは小心者のようで、スーパーでの買い物でさえ、
前後左右人が近づきすぎないかと、ビクビクしています。
感染者ゼロが続いているとはいえ、無症状の陽性者がどこに潜んで
居るかもかわからない。

あたしの巣籠生活は、まだまだ続きそうです。
お盆帰省を楽しみにしている母美代さん。
あたしだって連れて帰りたいよ。
お墓参りもしたいし・・・でもね、生きていることが大事なのよ。

命、大切にしなきゃね。


スポンサーリンク

コロナの恐怖 特定警戒都道府県そして全国緊急事態宣言

9日に、古河市は「感染拡大要注意市町村の中に含まれていました」
と、記しています。
あたしの住む古河市は、JR宇都宮線沿線にあり都内までは通勤圏内です。

7都府県に加え、北海道・茨城・石川・岐阜・愛知・京都の6道府県が特定警戒都道府県に追加になり、更に全国が緊急事態宣言となりましたね。

火曜日に買い出しに出かけた際、スーパーやホームセンターでのレジ前には、ビニールシートが張り巡らされ、レジ担当の方はビニール手袋を着用していました。
何処の誰が触ったか判らないお金。
人によってはペロッと、舐めてから数える方も・・・
そんなお金を取り扱う。これも、怖いですね。
金融機関の方も、同じ様に感じていらっしゃるのかもしれません。

母美代さんと二人暮らしのあたし。
もし・・・もしあたしが感染したら、母にも及ぶ。
よしんば感染しなくても2週間は外出禁止。
認知症が進行している状態で、たった一人隔離されることになったら、
美代さんを嫌っているあたしでも、想像しただけで息が詰まりそうになりますし、ねこ娘・ねこ息子のにゃんズの世話は誰がしてくれるのかと、心配事は母だけにはとどまりません。

スポンサーリンク


午前中、美代さんの金属床義歯作成をしている、歯科医院へ。
大型商業施設の奥まった場所にあるので、毎回貸し車椅子を利用。
誰が触ったかも判らないグリップを握ることに抵抗感があり、入口に設置してある消毒液を少し多めにプッシュし、手だけではなくグリップにも塗り込みました。
この行為に効果があるのかは別として、あたしの気持ちがそうさせたのです。

あれほど注意喚起されているのに、未だマスクなしで歩いている人もチラホラ。その余裕はどこからくるのか甚だ疑問です。
マスクが・・・ない?
あぁ、それもあるのかしら。

そういえば、アベノマスクの配布が始まるそうですね。
朝のワイドショーで、洗濯方法のレクチャーがありました。
手洗いで、漂白剤にも漬け込まなければならないようで、ズボラなあたしには向かないような気がしますが、使い捨てマスクがまだ残っているので、アベノマスクは最後のさいご用にとっておきます。

次回の予約は来月始め。
わが家には知り合いから頂いた、毛染めについてくるようなナイロン手袋があるので、今後はその手袋着用を心掛けたいと思っています。
買い物時にも役立ちそうです。

DSC_0554

東日本大震災のときは「命てんでんこ」という言葉がありましたが、
命を守るために必要なこと、
それは「家にいる」こと、そして「ソーシャルディスタンス」


スポンサーリンク
プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 嫌いな人と、人生を共にするということ
  • 病んでるの?正夢・・・逆夢・・・それとも?
  • 鬼?・・・悪魔?・・・人間として生きるために
  • 鬼?・・・悪魔?・・・人間として生きるために
  • 鬼?・・・悪魔?・・・人間として生きるために
  • 季節はお洒落の秋へ・・・そして、パンプスが履けない
  • 飲んで3時間後に起きたけど、睡眠薬効果・・・あったの?
  • 一筋縄ではいかぬ・・・じゃぁ、どうする?
  • ジョグとランの狭間で、揺れる女心・・・(笑)