にゃんズの母(しがらみと生きる)

「老猫、桐ちゃん20歳(2023.7.14没)、青(せい)くん18歳。琴ちゃん・常くん3歳」「わたし、お洒落大好き還暦過ぎたおんな」「母、90歳。認知症要介護5で、完全車椅子生活。地域密着型の特養に入所」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、愚痴満載(苦笑) 今生は一度だけ、前向きに生きるためのブログです。

雑記、諸々な想い

ドラゴンアイ、開眼 おでんせ八幡平へ

2024.5.21(火)

昨夕のニュースで、八幡平頂上付近にある鏡沼のことが放送されていた。
最近では、鏡沼と言うよりもドラゴンアイと言った方がわかりやすく、その、ドラゴンアイがきれいに開眼したという内容だった。


ドラゴンアイの名前の由来は、その形や色合いが龍の眼のように見えることからだと。そして名づけたのは、台湾人観光客だったと。


自然の神秘だよね~。
こんなにもきれいに眼の形になるのだから。

DSC_1954


DSC_1953


DSC_1952

      3枚とも、テレビを写したものです


3人組の女性がインタビューを受けていた。
どちらから来ましたか?の問いに「秋田からです」

鏡沼は、地理的には秋田県だけれど、八幡平市観光協会が推している。
岩手同様に、熱い紹介をされていたのかな?


わたしが行った3年前はまだ開眼前だったけれど、その形に関しては何となく想像ができた。
これが写真で見るような目の形になるんだ…と、いつかは開眼した姿を観てみたいとその時は思ったけれど、結局行かずじまい。そして、テレビで見た方がわかりやすい(苦笑)。

地元に住んでいるといつでも行けると思いがちだけれど、これがなかなかそうはいかない(笑)。こういうことって、往々にしてあることだと思う。

因みに、駐車場からけっこう歩くので、着いた頃には息切れ(笑)。
雪原のような道なき道を歩くので、それ用の装備をした方が無難。
あの時は、スキーを穿いていた人もいた。


八幡平は岩手県と秋田県をまたいでいる。

おでんせ、八幡平へ。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

昼食なしの運動会 そして、運も実力?

2024.5.19(日)

昨日の八幡平市は、雲一つない五月晴れでした。
そんな中で、小三の孫の運動会を観てきました。

保育園時代から含めても初めての観戦でしたが、ここ数年はコロナの影響で昼食はなし。競技は午前中で終了でした。

1408917


娘たちが小学生だった頃は、早朝からお弁当作りのために必死。
家族6人分のお重箱弁当作りは、前日から仕込んだ料理を含め所要時間は2時間を超していた('A`|||)

せっかく頑張って作ったのに、当の本人たちは昼食はそこそこに済ませ、休憩が終わるまでの短い時間を友達との遊びに費やしていた(なんだかな~笑)。

今にして想えば、お弁当の中身は親の見栄?
色とりどりのカラフルなおかずや、巻きずし・おいなり・混ぜご飯と、頑張ったのは自分の体面を保つためだった様な…(苦笑)。


「楽~。お弁当作りがないって本当に楽だよ」

そりゃそうよね。
早起きすることも、中身をあれこれと考える必要もないものね。
次女の言葉は、他の親御さん方の言葉も代弁している?(苦笑)。

この、昼食なしの運動会は、いったいいつまで続くのかしらね?
子ども達には、親(ジジ・ババ含み)が作ってくれたお弁当の記憶がない運動会になる?


わたしが小学生だった頃のお重箱弁当は、亡き父の手作り。
父は料理が得意で、昼食時間がとても楽しみだった。
お隣のお弁当の中身など全く興味がないほどに、父のお弁当はサイコーだった.。゚+.(・∀・)゚+.゚

母美代さんは料理が苦手で、なんちゃら発表会も含め一度も作ってもらったことがなかった。
まぁ、父が得意ということでそれで良かったのかもしれないけれど、母親から作ってもらった記憶がないっていうのも、ちーと寂しいヮよね(苦笑)。

2095629

マナくんは紅組。
優勝は紅組で、マナくんはとても喜んでいた。
予行練習でも紅組が勝っていたらしく、当日も本領が発揮できて何より。


ひとつ思ったこと。
3~6年生合同綱引きでのこと。

1回戦は紅組の勝ち。
場所を交換して、2回戦目は白組の勝ち。
決着をつけるためには3回戦へ。

ここで、場所取りはリーダーのじゃんけんで決まる。
紅組が勝ち、リーダーが選んだのは赤・白共に勝った方。

結果、勝ったのは紅組だったけれど、紅白共に負けた方の場所は滑りやすくなっていたのかな…?
運も実力と言うけれど、じゃんけんに勝った紅組リーダーの方が、白組リーダーよりも強運だったのかもしれないね(⌒∇⌒)


因みにだけれど、昼食を食べないということで、観戦席でシートを広げていた家族は1割もなく、殆どが、折り畳み式イス。

昔のような運動会の風景は、なくなりつつあるのかもしれないね。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

北関東の懐かしさと、都会への憧れ…?

2024.5.16(木)

一昨日だったかな。
夜、テレ朝のある番組を観た。
内容は、北関東エリアで賑わっているスーパーの紹介。
懐かしくて「そうそう」と、相づちを打ちながら観ていた。

DSC_1940

 ミニ炬燵仕様からテントに替え、いち早く嗅ぎつけたのは、常くん


実家に戻る前まで住んでいたのは、茨城県古河市。
紹介されたいたのは「ベイシア」と「ジャパンミート」。

ベイシアは安くて豊富な食料品は勿論、衣料品や日用雑貨・バッグ・靴・薬品など、ほとんどの生活必需品が揃う。
ジャパンミートの方は、生鮮食品は勿論だけれどお肉に特化した店で、これでもかと言うほど品揃えや量も多く、加えて安い。


住んでいた当時は、年一くらいで長女が遊びに来てくれていたので、一緒に行ったこともあった。
番組を観ながら「おかぁ、懐かしいでしょ?」と。

言われるまでもなく懐かしかったけれど、ちょっと疑問が浮かんだ。
この番組を観ている岩手県民で、ベイシアやジャパンミートを知っている人はどれくらいいるのだろうと。

岩手にはどちらの店も無い。
そう言えば、ホームセンターの「ビバホーム」や「ジョイフル本田」も、古河に移り住んで初めて知った。

世の中には知らない、聞いたこともない店が沢山存在する。
北関東に住んだことがある人は、わたしのように懐かしく感じる人もいたかもしれないけれど、そうでない人はどの様な感覚で観ていたのだろう…。

因みに長女は店全体を把握していた訳ではないので、「どお?本当にこんなだったの?」と突っ込んでくれたけれど、大半は興味だけで終わってしまうのかもしれない。


DSC_1943

  ミニ炬燵がなくなり、隠れる場所がなくなった琴ちゃん
  致し方なく、キャットタワーのBOXに潜んでいた


八幡平市は3町村が合併してできている。
タヌキやキツネ、クマやカモシカも出没するような自然豊富な町だけれど、大型店舗などはなく、夜は真っ暗になりひっそりと寂しい限り(苦笑)。

田舎に住んでいると、関東のお店には縁遠い。
お洒落なお店や、バリエーションが豊富な大都会に憧れを持ったりもするけれど、いざ住んでみるかとなると敷居は高い(苦笑)。

懐かしいと想うことが日に日に増え、いつかはそれらも忘れる日が来るのかもしれない。

この先も寿命が尽きるまではこの町に住むことになるだろうけれど、関東で暮らした22年間は、わたしにとっては貴重な体験であり宝物になっている。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

割り込み?事故ったら「そっちのせいよ!」

2024.5.5(日)

こどもの日。

世の中は連休で、県外ナンバーの車が多い。
実家に戻る前のわたしも、当時住んでいたのは古河市で、ナンバープレートは「つくば」でした。


連休前半でのこと。
信号待ちをしていた際に前に停まっていた車のナンバーは八王子。スポーツカータイプで「ブオンブオン」とうエンジン音。

スピードを出して走りたいだろうね…でも、スポーツカーの前には軽トラ。制限速度を守りトコトコ走るしかないのですよ。(苦笑)
まぁ、帰省中でしょうから勝手知ったるなんちゃらで、スポーツカーものんびりと走っていましたヮ。(良き良き)

DSC_1915


大型連休の時期で想うのは、道路を知らない車の割り込み。
右折専用レーンに停まっていた車が、青信号と同時にウインカーを点けずにスーッと左に寄ってきて直進する。こういう走り方を結構な頻度で見かける。

怖いよね~。
無理に入らないで少し先でUターンできるでしょ!…なんて、車に向かって叫んだこともあったけど。(苦笑)

県外ナンバーだから許される?
こういう気持ちになることって、何となくわかる。
実際、わたしも「ゴメンなさ~い、許して」と、入れてもらったことがあった。

でも、割り込みはダメでしょ。
譲ってもらったのならわかるけど、無理矢理入るのは事故の元よね。


東北道も、登り車線は既に混みあっているみたい。
安全運転を心掛けて、無事にわが家に着くことを願っています。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

時の移ろいの速さと、想いは短い夏へ…

2024.5.1(水)

昨夜の、長女との会話。

「あ~ぁ、1年の3分の1が終わるね」

「早いよね~」

「これから少しの間は暑い暑いと言いながら過ごすけれど、あっという間にまた寒~い冬が来るんだよ」

「そだね…」

29437426_s


関東に居た頃は、夏が長かった。
来る日も来る日も、真夏日だ・猛暑日だと言いながら過ごして居た。

東北の夏は短い。
この短い夏を思い切り味わいたいと、この街に戻ってきてから強く思ったけれど、昨年の夏はかなり暑く、期間も関東張りの長さだった。


さて、今年の夏はいかがなものかと、検索してみた。
~2024年の夏は平均を上回る暑さになる見通し。5月からの3ヶ月予報では、北日本で高い確率は50%~
50%を高確率と思うか、そこそこと思うかで、気分は違ってくる。(苦笑)

今年の2月はかなり暖かくこのまま暖冬かと思いきや、3月に入り2月のツケが回ったように寒い日が続いた。


夏は暑く、冬は寒い。
四季のある日本では、これが一番良いのかもしれないけれど、北国に住んでいるわたしとして、できれば暖冬を願いたい。
そして、夏は夏らしくと、更に願ってしまう。(苦笑)

DSC_1855


連休の前半は天気にも恵まれ暑かった。後半も前半同様になるらしい。
とは言え、わたしには何の予定もない。
強いて言えば、杉の木を切った跡に柵作りをしてくれている、婿殿のお手伝いくらい。自分の家の柵なのだから、お手伝いはおかしいかぁ~。

3日には完成の予定で動いてくれている。
柵が出来上がったら、思い切りバーベキューができると楽しみにしている長女。(目隠しの柵です)
バーベキューで、完成披露会もいいかもね。


暑さ確率50%の夏。
その前に梅雨が訪れる。
被害をもたらすような梅雨でないことを祈りたい。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 誕生日に想う あなたの命を受け継ぐ者がいる
  • 誕生日に想う あなたの命を受け継ぐ者がいる
  • 猫のフェロモン製品の効果は?う~ん、答えは…
  • 猫のフェロモン製品の効果は?う~ん、答えは…
  • ターコイズブルーの海へ、レッツゴー
  • ターコイズブルーの海へ、レッツゴー
  • ターコイズブルーの海へ、レッツゴー
  • ターコイズブルーの海へ、レッツゴー
  • ターコイズブルーの海へ、レッツゴー