にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。85歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

あたくしごと

転ばぬ先の杖。認知症・・・今から心配してもしょうがない?

あたしくらいの年齢なりますと、「自分の最期をどの様に迎えたいか」などを考える方もいらっしゃるのではないかと思います。

個人的には「介護人生真っ只中」で、日々のバトル中ですが、介護ブログを拝読させていただくと、あたしなどは足元にも及ばないほど大変な御苦労があるということが判ります。

以前から母美代さんのダイエットについてを記してきましたが、今月初めにギックリ腰を続けざまに2度起こしているあたし。
それから一層考えることが多くなってきていることがあります。
そう、お察しの良い方であればお分かりでしょうけれど、正しく減量についてです。

両親ともに認知症を発症している子供の発症率は75%だそうです。
とすると、あたしは確実に認知症を発症するということになる。
恐ろしい・・・いやだぁーーーー。嫌です。

でも、回避もできるようです。
塩分控えめや1日5000歩のウォーキング、趣味を見つけたり、お出かけにヒューマンウオッチングなど、一つの事に囚われないことにより病的な認知症は避けられるようです。

ただ、なってしまったらどうする?です。
まぁ、なってしまったらしょうがない。


スポンサーリンク


母美代さんのお風呂介助で、体重の重さが一番の苦労。そのせいでギックリ腰ですから。
「絶対あなたみたいに太らない!介助する人のことを考えたら太れないよ」

美代さんは言いました。
「おめは太れねんだ。じっちゃど同じ身体つぎしてるがらオレみだぐはならねんだ」(体型、自分みたいに)

いやいや、そうじゃないのよ。
体重増加で足腰に負担がかかり、自分の身体を持て余しているあなたに、あたしの体重の心配は御無用。
言いたのは、あなたの体重に対する意識のことなんだけどね・・・。

あたしも母を観て学習していますから、体重についてはつくづく実感しています。
先々、誰に介護をされることになるかは解りませんが、いざその時が来た時に介護者に掛ける負担はなるべく少なくしたい。
なってもいない今から心配してもしょうがない・・・のでしょうけれど、心づもりがあっても良いと思うのです。

2日ほど前、久しぶりに鶴を折ってみました。

DSC_0840



DSC_0841


脳梗塞発症後に美代さん用に買っておいた千代紙ですが、折り紙が苦手な美代さんが手を付けることなく1年が過ぎました。

途中まではすんなりと折れたのですが、「アレッ、この後どう折るんだっけ?」暫く考え「あっ、こうだ」

指先を使うことも認知症予防になるようです。
鶴にも色々な折り方があるようなので、図書館で探してみようと思っています。



スポンサーリンク

77歳。パソコン検定3級合格。

あたしの通っているパソコン教室には、77歳のご婦人がいらっしゃいます。
今月10日に3級の検定を受けたようでした。

今日、教室に行きましたら、先生から、
「Sさん、3級合格したんですよ」

壁に大きく名前が記されておりました。
「すご~い」

そして心の中で、
・・・次はあたしだけど、なんだか不安・・・

最近、指の運びが上手くできないのです。
検定を受けると決めてからのプレッシャーでしょうか・・・。


1cfbf8090899600e7445a9c7684c2bd2_s


Sさんは人差し指でゆっくりとした入力ですが、間違うことなく入力されています。
それに対してあたしは、固定指があるのですが、ずれて打ち込んだり、押す力が足りなかったりで思った字を入力できないことが多くなっています。

先生曰く、
「間違って入力すると、訂正に時間を取られるので、ゆっくりでも確実に入力することを目指したほうがいいですね。人差し指入力だけで1級合格された方もいらっしゃいますよ」

毎日ブログ更新しているのですが、入力の間違いが多く訂正時間の方が多い。
4月検定の目標ですが、先生から更に、
「3月もあっという間ですからね・・・」

・・・うぅーープレッシャーだぁ・・・


スポンサーリンク



自分で受けると決めた。
とにかく、やるべきことをちゃんとやる。

千里の道も一歩より・・・ですね。



花粉症対策。量と質、どちらを重視しますか?

あたしは通年アレルギー性鼻炎持ち。

20代の頃から市販の鼻炎薬を飲んできましたが、あるとき、ふと思いました。
・・・あたし、ホントにアレルギー性鼻炎なの?俗に言う花粉症じゃないの?・・・

ある日、耳鼻科を受診しアレルギーパッチテストを受けました。
結果としては、いくつかの種類の花粉にも反応しましたが、ダスト・ダニ・温度差などに強く反応。
心配していた犬・猫の反応がなかったことには安堵しました(笑顔)

以後、朝晩1錠づつの鼻炎薬の処方で、取り敢えず朝1錠で効果があり、2ヶ月毎の処方で落ち着いています。

一番厄介なのは、温度差。
家の中にいても、寒い部屋から暖房の効いた部屋に入ると鼻がムズムズし、ツーっと鼻水が流れ落ちます。
それはジョギング中も同じで、身体が温かくなってくると、鼻水があふれ出します(笑)
ジャージのポケットには、必ずティッシュを入れていますが、道端で鼻をかむ姿は決して美しい光景?とは思えませんので、なるべくズズズーっとすすりながら我慢して走っています(泣)

冬季のウォーキング・ジョギングはマスクが「必需品」
冷たい空気を吸い込むことで、喉にも鼻にも刺激が加わる思ってるので、マスクは欠かせません。

DSC_0172-2


アレルギー性のみならず、花粉症をお持ちの皆様はどのような対策をされているのでしょうか?
あたしの様に毎日の薬に頼る方?
マスクのみで我慢される方?
いっそ、内科的処置をなさっていらっしゃる方?

あたしは長時間マスクをしていると耳が痛くなるので、耳が痛くなりにくいマスクを探してみました。
こちらのマスクは耳に掛ける部分が幅広になっていますので、痛くなりにくいと思われます。

いかがですか?使い捨てではありますが、やはり自分に合ったマスクの着用をおススメします。



久しぶりのジョギング。でも、腰に痛みが・・・。

今日、久しぶりに走った。

最初のギックリ腰から2週間。
いつものようにウォーキングから入り、300メートルくらい歩いた辺りからゆっくりと走り始めた。
1キロほど走り、信号待ち。流石に息切れでハアハアしたが歩きに戻ろうとは思わなかった、

この調子で途中休みを含め3~4キロ走行。
工事中で通行止めになっていた道路が開通していた。
この道路を通ると短縮になる。新しくできた道路、走ってみたい・・・と、思いつつズルをしたくなかったのでいつも通りの道順。(あたしは母に対してはズルい娘なのですが、自分には正直なのです。笑)

スポンサーリンク


いつも通りの道順なのに、今まで見たことのない美容室があった。
・・・アレッ、ここに美容室あったっけ・・・?

看板無し、大きな窓から施術中のお客様の姿が観えた。
もう一度考えてみたが、やはり記憶にない。
いつの間にできたの?
元々あった物件に今流行(はやり)の居抜きだったのかな?
だとしたら、建物はあったわけだ・・・。

なんともあやふやな記憶(泣き)

ウインドブレーカーの中のヒートテックシャツと、スパッツはほど良い汗。
・・・やはり走ることが好きなんだ・・・実感した。


DSC_0169-2


仕事を辞め、ダラダラした生活を改めるために始めたウォーキングだったが、次女からの勧めでジョギングに変更してから何年になる?
大会を目指している訳ではないので、ときにスローに、ときにペースを上げ、その日の体調に合わせてウォーキングとジョギングの使い分けをし、気楽な走りが気に入っている。

無理をしようとは思わない。強迫観念では続かないから。

でも、笑ってください。
腰が・・・すこーし、痛みます。
走るのはまだ早かったかしら・・・。

明日の天気予報は夕方は雨。

わーい!明日は休みましょ。



パソコン検定3級へ、77歳の挑戦。

先週木曜日のパソコン教室でのできごと。

元々は閉鎖になったパソコン教室の本校であるこちらの教室。
ブログに興味があり、分校ではWord・Excelの基礎は習得していたが、なかなかブログ開設についてを切り出せずに1年半ほどが過ぎ閉校。これを機に本校の先生から開設に至るまでの準備や指導を受け開設に至り、1年が過ぎた。

少しづつではあるがPV(ページビュー)も増え、書く楽しさ・読んで頂く嬉しさが張り合いとなっていたが、一緒に編入した仲間が次から次へと検定に挑戦し合格している姿に触発され、3級試験に挑戦することを決めたのが年明け。

この日、いつもの穏やかな話し方をする77歳のSさんが試験を受けたことを聞いた。
試験日は偶数月の日曜日の午後。
10日が試験日だったようだ。

スポンサーリンク


何名で受けたのかを訊くと、Sさん一人のみとのこと。
「たった一人だと緊張するんじゃないでしょうか・・・?」

あたしの問いに先生は、
「一人のほうが気楽だと思いますよ。人数が多いとキーボード入力のカチャカチャ音がプレッシャーになり、本来の実力を発揮できずに終わる方もいらっしゃいますから」

「なるほど・・・。あの、あたし以外にも近々受けようとしている方はいらっしゃいますか?」

「そうですね、何名かいらっしゃいます」

プレッシャーに弱いあたしです。できれば一人で受けたいものですが、そう都合よく物事は運びませんよね。
続けて先生が、
「今のうちに間違えておくことです。間違うことがしっかり覚えることに繋がりますから、Excel入力は公式として覚えることです」


DSC_0794


あたしと一緒に編入したのはあたしを入れて5名。
内、一人は3級を飛び越えて2級合格。
  一人は12月に3級合格。
  そして、先日Sさんが3級に挑戦。合否は月末とのこと。

あたし以外のもう一人の方は、仕事柄調整が上手くできずに予定は立っていないらしいが、確実に進んでいるらしい。
2級合格したIさんは、1級に向けての勉強をしているそうだ。

・・・みんな、すごいな~。頑張ってる・・・あたしもガンバしよ・・・

高校卒業以来、試験を受けたのは車の免許のときだけ。
先生は「3級はしっかり勉強していれば難しい内容ではありません」と仰います。
同じ場所で間違うあたし、公式としてしっかり覚えなきゃ・・・です。

77歳のSさん。
合否はともかく、ワンステップ先に進まれたようだ。


スポンサーリンク
プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 過活動膀胱・切迫性尿失禁。母の辛さは娘には解からない。
  • 足の指の突き指。これも老化現象の一つでしょうか・・・?
  • 足の指の突き指。これも老化現象の一つでしょうか・・・?
  • 言い間違い?記憶の書き換えが著しいのは進行しているから?
  • デイケアへは、飲食物の持ち込みは禁止です。「なんでだ?」
  • リハビリパンツの卒業?
  • 徘徊の症状が出た・・・?
  • 認知症の婆様は、一人で新幹線移動は可能?問い合わせてみた。
  • お喋り好きな人は、相手の話に耳を貸さない?