にゃんズの母(しがらみと生きる)

「老猫、桐ちゃん19歳、青(せい)くん17歳」「わたし、お洒落大好き還暦過ぎたおんな」「母、89歳。方言と訛り×認知症要介護3で、田んぼの観える特別養護老人ホームに入居していましたが、現在は在宅介護に戻し、日々奮闘中」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、愚痴満載(苦笑) 人生一度きり、前向きに生きるためのブログです。

あたくしごと

疲れない身体と、年齢からくる痛みとの闘い

2022.11.28(月)

はぁ~、疲れた…(頭痛がする)

清掃の仕事。
たった2時間半なのに、何故こんなにも疲れるのだろう。


今より若い頃。
40~50代前半の頃は、工場勤務をしていた。
出来高制で、もらった作業内容をいかに早く仕上げるかを考え、工夫しながらやっていた。そして、同じ作業内容をもらった人よりも、とにかく早く仕上げ次の仕事をもらうことを考えていた。
そう、自分の頑張り次第でお給料が決まるのだから、とにかく時間との勝負だった。

そんな中で、マイペースを崩さず、ともするとそれでいくらになるの?みたいな感じで仕事をしている先輩がいた。
わたしより10歳上の先輩。その先輩曰く。

「疲れなければいいのよ~」

あのときは疲れを感じている暇などなかった。
食べていくためには人と同じではダメ・人よりも少しでも多くこなさなければ・・・そんな想いでがむしゃらだった。

eb3747626c07ec5fe5c9063469436105_s

今の仕事は時給。
時間内に終わらせることを考え、ペース配分を決めながらやっているが、それでも疲れる。
「疲れなければいいのよ」と言っていた先輩の言葉が、この年になって身に染みて分かる(苦笑)

腰痛・肩首のコリ・へバーデン結節・右足首捻挫の後遺症・・・かもしれない痛み。
年を重ねるということは、身体のあちらこちらにガタがくるということね。

でもね、寝込んでなどいられないから。
鎮痛薬を飲んで、ガンバしなければね。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

郷愁? 古河を懐かしく思う日々

2022.11.24(木)

食事の支度をしているとき・お風呂に入っているとき・運転をしているとき。特に何かを思っているわけではないのに、ふと頭の中に古河の風景が浮かぶことがある。

八幡平市から510キロ離れたところにある、茨城県の西南部に位置する街。
都内までは、宇都宮線で1時間強。
横浜へも、湘南新宿ラインで2時間ほどで行くことができる。
そうそう、ディズニーシーまでは高速道を利用し1時間半。途中・東京タワーやスカイツリーも観ることが出来る。

DSC_0376

岩手に戻り5ヶ月が過ぎた。
7月に母美代さんの迎えに行った際に、もう二度と来ることのない街なのだと一人感傷にふけった。
ホームシックではないけれど、最近は懐かしくて堪らなくなることがある。

こういう気持ちになるのは、本当に住みやすくて善い街だったからなのだろうね。
いつかは介護から離れる日が来るはずだから、その時にわたしに郷愁を思う気持ちが残っていたら、聖地巡礼感覚で訪れてみたいと思っている。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

全身痛と、トイレの神様からの評価

2022.11.21(月)

身体が痛~い。
パートを始めてから、腰痛が増しました(苦笑)
腰だけではなく、身体全体がきしむ感覚。
オイル切れのロボットが「ギーコガーコ」とおかしな音を立てて動く・・・そんな感じです。

DSC_0356


先週末、会社から電話が入りました。
内容は、募集はかけているがなかなかみつからないので、何とか頑張って12月いっぱい働いてもらえないかと。

辞めたいと申し出たのは、今月の10日。
簡単に後任が決まるとは思っていなかったので、自分としては今月いっぱいは働かなければ、そんな気持ちでいたが、12月いっぱいとは・・・。

「はい」とは言い切れずに、少し体調を観てと言葉を濁した。
で~も、これで引き下がる会社ではなかった。
週2が難しいなら週1でもお願いできないか・・・と、ここまで言われたあとに、

「ご近所で、誰かいませんか」

これ、事務方からも言われましたヮ(苦笑)

ところでよ。
面接を受けた際、わたし以外にも数名の応募があると話されていたのだから、一旦断った方でも、もしかしたら引き受けてもらえるかも・・・そんな風には思わないのかしら。
今月末に、再度連絡しますと言われたけれど、願わくば後任が決まりましたの連絡でありますように(神頼み)

DSC_0359

清掃を生業となさっている方、お疲れ様です。

「いつもきれいに使ってくださりありがとうございます」

スーパーのトイレに張り紙がされていることがあるけれど、これって、案に汚さないように使ってくださいね。の、意味の様に想うのはわたしだけ?(心がひん曲がっている?)

不特定多数の人が使うのだから、多少なりとも汚れてしまうことはあると思う。
でも、例えば自分で拭きとることができる場所ならば、できればサッとひと拭きだけでもと、今の仕事をしてから余計に強く思うようになった。

立つ鳥跡を濁さずではないが、次の人が気持ちよく使えるようにという心遣いがあってもいいのではないか。
そう、その気持ちが汚さないことに繋がるように想うのよね。

DSC_0365

婿殿は、トイレは座ってしてくれる。
孫のマナくんも、家では座る派。
便座の裏が汚れるのは致し方なしだけど、床が汚れることはないので掃除は楽よね。
(男性の皆様、ご自分のアンダーヘアーの処理、お気を付けくださいませ)

トイレの神様、わたしの掃除の評価は如何ですか?
愚痴を言っている時点で、落第点ですかね・・・(泣)


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

父の遺品整理で出てきたもの 亡くなってからでは遅い

2022.11.20(日)

父が亡くなって13年が過ぎ、年が明けて2月には丸14年になります。

知り合いのお母様が亡くなられて、そろそろ3週間になります。
仏教では三七日(みなぬか)と言うようです。
親孝行ができなかったことを後悔なさり「ごめんなさい」と謝りながら遺品の整理をしていると話していました。

DSC_0353

父が亡くなった際も遺品整理をした。
整理タンスの上に置かれてある衣装ケースの中から、かなりな枚数の真新しい肌着が出てきた。
なんでこんなに沢山あるのに着せなかったのかと、美代さんを問い詰めた。

「旅行さ行ったり、入院するどぎに着せようど思ってしまってらったども、忘れでいだ」(しまっていたけれど)

美代さんなりの理由。
旅行や入院した際に、恥ずかしくないように新しい肌着を着せたい。
この想いは解らなくもないが、しまい忘れたのでは意味がない。


岩手に戻り断捨離を始めた際に、値札が付いたままの美代さんのボア肌着も沢山出てきた。
元気で、まだすたこらサッサと歩けていたときに、売り出しの際に沢山買い求めたのであろう。

わたしは美代さんのようにしまっておいたりはしない。
人間、いつどのようになるか分からないのだから、どんどん着せようと思っている。
万が一入院となったなら、その時に必要な分だけを揃えればいいのだから。

DSC_0354

古河での暮らしは岩手よりもはるかに暖かくボア肌着は必要なかったが、岩手の冬は寒いのでボア肌着は重宝すると思う。
しまっておいたことを忘れていたとしても、新たに買う必要が無い分美代さんには感謝。

因みに、わたしが肌着(ユニ〇ロ)を買ったのは何年前になるかな・・・。
あれって、毎年の買い替えが必要なのかしら(苦笑)

物持ちがいいのは美代さん譲り(苦笑)だけど、どこかで区切りをつけることも必要よね。
そして、衣類は生きているうちに・・・ですね。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

優しく在りたい 良い子で居よう ぜーんぶ捨てましょ

2022.11.15(火)

己を知る。

今年の6月に、22年間暮らしていた茨城県から実家に戻った。
この際母美代さんのことも、せっかく入所できた特養を退所させ連れ戻した。

優しくなりたい・優しく在りたい。
この想いで始めた在宅介護パートⅡ。

わたしは優等生で居ようと必死だったのかもしれない。
半強制的に特養に入所させことへの罪悪感から、在宅に戻したらとにかく優しくしてあげよう。
この想いの強さで頑張ってきたが、心には悪魔が棲んでいるのに、それを誤魔化し、さも天使のように振舞ってきたことで、やればやるほど歪みのようなものが出ているような気がする。

DSC_0343

ストレスで太る人、逆に痩せる人。
わたしは後者のタイプ。

小太りの人の方が長生きできる。
これは美容室で読んだ女性誌に書かれてあったことだが、何年か前にも同じような内容が載っていた。

このままストレスが増えれば、間違いなくわたしは早死にするタイプ?
美代さんの介護が終了し、これからは自分の時間だ~!!と、なった途端にあの世行きとなったら、目も当てられない。

7月から始めてたった4ヶ月で降参(苦笑)
だけど、もう我慢はしないことにした。

DSC_0344

認知症の介護はキツイ。
美代さんは毎日・毎回が初めましてだけれど、わたしは日に何度も同じことを言わなければならない。

「はじめで聞いだ」

この言葉を、それこそ何度聞いたことか(耳だこ)
いい加減嫌になってくる(苦笑)

11月5日に、今の優しくできないままで美代さんが亡くなったら、後悔しか残らないと記している。
この気持ちにウソはないが、自己犠牲をするつもりもない。
自分を偽って生きたところで、何になる。

良い子悪い子普通の子・・・若かった頃に流行ったコメディだけど、悪い子だっていいじゃない!
わたしは自分を偽らずに、美代さんに対しては思いのままに接することに決めた。

そう、認知症になっても「あなたらしく」とあるのだから、わたしだって「わたしらしく」でいいはずよね。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 自然現象とはいうけれど、トイレの時間は地獄の時間
  • 自然現象とはいうけれど、トイレの時間は地獄の時間
  • 自然現象とはいうけれど、トイレの時間は地獄の時間
  • 人間のエゴ? それでもお祝い事なので・・・
  • 人間のエゴ? それでもお祝い事なので・・・
  • 人間のエゴ? それでもお祝い事なので・・・
  • 人間のエゴ? それでもお祝い事なので・・・
  • 人間のエゴ? それでもお祝い事なので・・・
  • 人間のエゴ? それでもお祝い事なので・・・