にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん17歳、青(せい)くん14歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。86歳、方言と訛り×認知症要介護1」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

あたくしごと

8回目の引越し 断捨離、始まる

あたし、にゃんズの母。
8回目の引越しが決まりました。

理由は・・・そうですねぇ、人生いろいろですよ。
話せる時期が来て、話してもいいかなぁ・・・と、思える時が来たら
記してみます。

母美代さんとの暮らしが始まったことで、今の物件に越してきたのが、
17年の11月。
その時も、結構な断捨離をしました。

先日、引越し業者に見積もりを依頼したところ、
「この広さでこの量は、とても少ないですね。一般的には段ボール50~80個ほどになるんですが、こちらの場合は30個で間に合うでしょう」

褒められたのか、けなされたのか。
まぁ、いっか・・・

スポンサーリンク


少しずつ箱詰め作業を始めていますが、この2年で増えた物がやはりあるんですねぇ。
そして、何年も使わなかった物や着なかった服。
また、何のために残しておいたのかが判らない物など、まぁ出てくるものです。

まだまだ着られる服でも、年代的に無理(笑)という服などは、市のリサイクルに出しましたし、お気に入りで何度も着用しヨレヨレになった服は、この際思い切って捨てることに。

沢山の物に囲まれての暮らしを楽しまれている方。
それはそれで善いと思います。

あたしの場合は、必要最小限の物で暮らせるのです。
例えば、一番判りやすいのは食器。
料理や用途に合わせた食器を揃えたら、かなりの数になるでしょうね。

若い頃・・・そうねぇ、30代の頃まではそうでしたが、40歳での初めて引越しから、食器に関しては、兼用できる物は増やさない様にしてきました。
コップやカップもこまめに洗い、一人に1個ずつ。
それで十分でした。

こういう考えになったのは、両親の影響から。
新し物・料理好きの父は、色んな食器を取り揃えていましたが、結局使うのはいつもの使い勝手が良い物に落ち着き。
貧乏で綿入れ布団で寝られなかったという母は、布団へのあこがれが強く、実家の押入れには旅館が始められるのではないかと思えるほどの量が、収納されている。

農作業の忙しさにかこつけて、天日干しすることもなかった布団は、カビて使い物にならない状態。
それでも、ほしくてほしくて買ったものだから、捨てることもできないままに。

a1a3b44546d329d73e9380909eff7692_s


作者・題名も忘れたのですが、断捨離という言葉もなかった頃に読んだ本があります。
~人間は必ず老いる。ある年齢に達したら、遺された者たちに面倒・迷惑が掛からないように、整理・整頓していくのが親の努め~
の、様な内容でした。

当時は、母にもこのことを教え、追々片付けをしてほしいと頼んだことがあったのですが、訊く耳持たずでしたね。
何れは、あたしが片づける(捨てる)ことになるのでしょう。

そうそう、今やっている断捨離ですが、ゴミ袋の中を覗き込み、母が口を挟みます。

まだ、使えるべ?」

確かに使おうとすれば使える・・・の、ですが。
それが無ければ暮らせないのかと言えば、そうでもないのです。
この先、捨てたことを後悔するような物であれば捨てません。
だから、捨てます。

取捨選択も併せての断捨離。
できる娘とできない母親の意見の相違は、わが家に限らずあることでしょうね。
苦しかった時代を生き抜いてきた年代の方には、到底受け入れられないことの一つなのかもしれませんね。


PS
今一番の気がかりは、
引越しで、母の症状が進行するのではないか。
ここに越してきた際も、部屋の中で迷子(迷婆さん)になっていた母です。
今回も、ある程度の覚悟はしていますが、だからと言って取りやめにすることはありません。

スポンサーリンク

理想・目標とする78歳のご婦人(パソコン教室にて)

2年前から通っているパソコン教室が、昨日で閉校になりました。

一緒に通い始めた二人のお仲間と一緒に、お礼の花束と一日遅れのバレンタインチョコをお渡しして、これまでの感謝の気持ちとさせて頂きました。

閉校の理由は聞いていませんが、先生の方から仰られないのに、こちらから訊くわけにもいかず、たとえ教えて頂いたとしても閉校になることに違いはないので、深くは考えないことにしました。

元々通っていた教室の閉校で、本校である先生の教室に通うようになり2年。
過ぎてみれば「あっ」という間の期間でしたが、この間、希望していたブログ開設へのお導き、加えてパソコン検定2級合格までもさせてくださいました。
感謝してもしきれない想いがあります。

ほんとうに、ありがとうございました。

スポンサーリンク


お仲間の一人。
以前にもこのブログで紹介させて頂いたことがある、Sさんについてを少し話させてください。

教室を後にして、3人でお茶しました(自販機のコーヒー)
ずっと気になっていたことがあったので、今日が最後だと思い訊いてみました。

「Sさんは、いつからパソコンを始めたんですか?」

「72歳からですよ。仕事柄どうしても覚えたくてね」

五十の手習い(本来は六十らしいです)とはよく聞く言葉ですが、72歳で一からパソコンを始められたSさんには脱帽です。
夫様が会社経営をされていらっしゃるので、必要に迫られて・・・なのかもしれませんが、それでも凄いことだと思うのです。

この2年で、検定も3級、2級と合格されていらっしゃいます。
たぶん、この教室では最高齢なのではないかと。

指先を使うことは認知症予防にもなると聞きますが、Sさんはお針や編み物もお好きなようなのです。
ただ、肩が凝るので昔ほどにはやらなくなったと仰っていましたが、毎日キーボードを打っているのですから、れっきとしたボケ防止なのではと思うのです。

とは言え、Sさんにはボケの「ボ」の字も感じられません。
ダークブラウンに染めれられ、綺麗にセットされた頭髪に、品を感じさせるお洒落な服装。
お化粧も、薄いファンデにオレンジ系の口紅。そして、頭髪と同系色のアイブロウ(眉墨)
話し方もおっとりとして、見た目は違いますが、印象としてはお亡くなりになられた女優の、八千草薫さんの様なタイプです。

3ef5284aa5fe40d201c75a262c56db06_s


コートをお召しにならずにいらしたようで、帰り際に一言。
「少し寒いわね、あたしはいつも薄着だから」

毎朝5時起きで、夫様とお二人でのウォーキングが日課なのだそうです。
健康にも気遣われているようです。
立場上は社長夫人。
見た目を大切になさるのは当然とは思うものの、気持ちのあり様が違うのかもしれません。
チャレンジ精神に富み、スマホもサクサクと使いこなしていらっしゃいました。

20年後、自分の人生がどの様になっているかは分かりませんが、Sさんの存在が一つの理想・目標となっています。

20年後・・・美代さんは106歳。
しぶとく、この世に存在していたら・・・

考えないことに、致しましょ。


スポンサーリンク

ライブドアブログ「にゃんズの母」へ、メッセージをくださった方へ

メッセージが届きました。
あたしと同じ様に、要介護1のお母様の介護をなさっている方からです。

ブログを始めて丸2年が過ぎました。
コメントは少しずつ頂いていますが、
メッセージを頂いたのは、今回が初めてです。

返信しようと思ったのですが、返信欄がありません。
そこで、ライブドアブログのメッセージについてを検索。
原則として、コメントは閲覧者全員に公開され、返信もできるが、
メッセージは、ブログの管理者のみしか閲覧することができないとあり、
返信もできないようなのです。

アドレスが記されていましたので、そのアドレスを辿って返信は可能?なのでしょうか。
でも、返信を求めていらっしゃるのであれば、コメント欄に記してくださると思いますので、あなた様からの内容を公にすることはできないのだと理解致しましたが、間違っていたのなら申し訳ありません。

2f317a2a25f47ae60679a69d418a8662_s

あたしも、色いろな方のブログを閲覧させて頂き、「これ」というブログに辿り着きました。
今は、その方々のブログに救われています。
あたしの想いや、際限なく落ちてしまいそうになっていく内容に、応援や励まし、介護に携わる形、そして同じような状況下にいらっしゃる方からのコメントも頂きます。
有難く受け止めています。

あたしのブログが何かしらの参考になり、同じ想いを抱いてくださるのであれば、幸いです。
そして、コメントをくださいました方々の内容も、あたしのブログ以上に参考になると思います。

メッセージを、ありがとうございました。

※ コメント欄は記事の最後にありますので、内容公開でも宜しかったら、コメント欄にてお待ち致しております。

スポンサーリンク

低血圧と脈拍 ふらつきの原因は・・・?

インフルエンザに罹って以降、低血圧が続いている。

元々、低血圧ではあったけど、ここまで低い数値が続いていることは
滅多になかった。

DSC_0436

少し動くだけで疲れるのはこの、血圧のせいなのだろうか。

でも、問題は血圧よりも脈拍。
60台になることは滅多になく、毎日、70~90の間。
肺炎のとき、100を超えたのですが、体調が悪い時は脈拍も高くなると
医師に言われた。
あたしは毎日、体調が悪いということ・・・なのかしら。

脈拍が高いと心疾患に罹り、突然死の確率が高いそうですね。
以前、NHKの「ためしてガッテン」で放送されていました。
母美代さんの血圧は、130~150の間を行ったり来たりですが、
脈拍は常時60台をキープしています。
あたしの方が先に逝く確率が高い・・・と、いう訳です。

スポンサーリンク


それにしても、脈拍の数値が毎日高いということは、あたしの精神が
安定していないということなの・・・。
毎日、ドッキンコ・ドッキンコしているということなの・・・。

まあね、認知症の親を抱えて、毎日平常心で居られる人って、
そんなに多くはいないと思うけど。
逆にそんな人が居たら、境地と言うか、心得を教えて頂きたいものだわ。

落ちた体重がなかなか元に戻らない。
疲れるのは、そのせいもあるのかも。
頭痛・・・頭重も続いている。

趣味の、ジョギング・ランニングに出られる日は、いつになることやら。
体力をつけるためには、先ずは食べなきゃね。
そして、運動。

でも、このふらつきが続くようであれば内科受診も必要かも。

生きることは食べること。
食は生命の源・・・食べないことは死を意味する。

しっかり食べて、落ちた体重を元に戻しましょ。
ガンバレ~・・・あ・た・し。

現実を受け入れられない、ズルい娘 介護に終わりは来るの?

あたしは1960年生まれの59歳。
今年の誕生日で、還暦を迎える。

19歳で結婚し二十歳で第一子誕生、25歳で第二子。
48歳で、未亡人となる。
たぶん、他人(ひと)より少しだけ先端を走って来た人生だった様に思う。

ただ、介護についてはそうではなく、今が真っ只中。
母美代さんがおかしな行動をとるようになったのは、3年前の夏辺り。
日中、一人では置いておけないとの想いで、ここ古河での同居が始まった。

a9db4f29e2a98e0f32f421bb28fa5edd_s

昨日、美容室に行って来た。
5脚ある椅子のうち、お二人のご婦人が施術を受けていた。
あたしが座ったお隣には、パーマの施術を受けられていると思われる老婦人。
スタイリストさんとの会話から、通所デイサービスを受けられているのだと察せられた。

ほどなくしてその老婦人の施術が終わり、立ち上がるお姿を拝見。
お腰が少し曲がっておられ、動作も緩慢だったが、キラキラストーンが施された、とてもお洒落感満載の杖を使われ、しっかりと歩行されていた。

頭髪は真っ白!
流行りのグレーヘアーではなく、見事に真っ白。
ふんわり感のパーマ姿が、とてもお似合いだった。

「先ほどのご老人は何歳なのでしょうね?」

あたしの問いかけに、担当スタイリストのTさんが、わざわざカルテを確認してくださった。

「昭和2年とありましたね」

昭和2年・・・母美代さんよりも6歳上。
ということは、92歳だ。

・・・ひょぇ~・・・

しっかりとしていらっしゃるそのお姿に、感服。
最近の美代さんは杖歩行もままならない状態なのに、あの老婦人はしっかりと歩いていておられた。
何が違うのだろう・・・。

スポンサーリンク

農作業で酷使したから歩けなくなった。
実家近くの病院ではこう言われたが、たまに観るTV番組の
「ポツンと一軒家」に出てくる老人たちは、たとえ腰が曲がってもしっかりと農作業をしていた。
80歳を超えても、普通に軽トラを運転していた。
山道の舗装がされていない、でこぼこ道。
ハンドル操作を間違えたら、一気に谷底へ転落してしまうような道でさえも器用に。
認知症の「にの字」もない生活。

でも、思ったのは、
歳を取っても夫婦ふたりだから。
「ふたりで居る」「ふたりで農作業を楽しんでいる」
その様にも感じた。

美代さんも、父が亡くならなければ認知症にならなかったのか・・・。
いいや違う。
父は亡くなる数年前には認知症を発症していた。(軽度ではあったが)

「そったな病気、エイッヤァッて気合で治すんだ!」

認知症の知識など全くなかった母が、父に投げかけた言葉。
気合で治せるのなら、あなたも気合で治せば?!
そう、言いたい。

c82cd33ff470c4adc51d0b0040480c14_s

他人(ひと)より少しだけ早い人生だったけど、
このまま介護人生が続き、気付いた時には自分が認知症・・・。
有り得ないことではない。

自分の人生を諦めたくはないけれど、
じゃぁ、何ができるの?今のあなたに何ができるの・・・。
自問自答してみるが、答えには辿り着かない。

長生きの太鼓判を押された老母との暮らし。
これが現実。


「コロッと、死にて・・・」

美代さんが言う。
そうね、あたしもそれは願うわ。

薬の過剰摂取が続いている(一歩手前で食い止めたけれど)
飲み方も忘れてきているのに、持論をかまし言うことを聴かない。
何度説明しても、自分が正しいと思い込んでいる。
怒鳴りたくはない・・・でも、気持に歯止めが利かないあたしはどうすればいいの。

何か・・・疲れたな。


スポンサーリンク
プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 令和って、何だ? 認知症に元号は必要・・・?
  • ねこの爪とぎと白内障 わが家のにゃんズは・・・
  • ねこの爪とぎと白内障 わが家のにゃんズは・・・
  • 老母、引越しで頭が混乱? ここはポツンと一軒・・・
  • 8回目の引越し 断捨離、始まる
  • 親の言いつけを守る 昔の記憶が鮮明に・・・
  • 記憶の書き違えと、つじつまの合わない内容
  • 認知症の老母 漫才?外したはずの入歯の行方・・・
  • 認知症の老母 漫才?外したはずの入歯の行方・・・