にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん17歳、青(せい)くん14歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。86歳、方言と訛り×認知症要介護1」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

オシャレに生きる

シワを改善するオールインワンジェル、その効果は?①

実年齢より見た目年齢を重視しているあたしです。
女優の萬田久子さんが、「年齢は背番号のようなもの」と、
仰っていました。

誰でも年を取る。
当たり前のことですが、なるべくなら抗っていたい。
とは言うものの、もうすぐ還暦です。
あちらこちらに緩みが出てきています(苦笑)

若い頃(中学生)からおでこに横ジワがありました。
このシワを隠すために、前髪はぱっつんのおかっぱ頭。
そう、ちびまる子ちゃんちゃんカットです。

でも、お年頃になると髪型も気になってくるもので、
当時流行していた、ソバージュにしたいたことも。
その際の前髪は、クルクルパーマをあて(くるくるぱーではありません)
シワおでこ全開。
今では考えられないことしていました。
若気の至り・・・?

もう何年にも前になりますが、
同じおかっぱ頭でも、ユルフワパーマをあてることで、とても上品に見える
ことが判りました。お手本は、女優の岸恵子さん。
一時期、同じ様な髪形にしていたこともあり、気分は女優(笑)

スポンサーリンク


あ、またまた話が逸れてしまいました。
何を言いたいのかと申しますと、本題は「シワ」

コロナで外食もできず、ひたすら自粛生活のなかで、自分にご褒美をと。
それが、これ。

DSC_0617

オールインワンジェルです。
真矢みきさんのCMで御存じの方も多いかも。

化粧水・美容液・乳液・クリーム
マッサージ・アイクリーム・ネッククリーム

これ一つで、7役の効果。と、謳っています。

これまでにもオールインワンジェルは何種類か使ってきましたが、
シワに効果があるものは使ったことはなく、今回は期待を込めて購入です。

昨夜から使い始めました。
化粧品の匂いが苦手なあたしですが、思ったほど強い香りでもなく、
気になりません。
ジェル特有のプルンとした触感と、肌に塗った際の伸び具合は、
これまでに使ったものと差ほどの違いはなく、
ベトベト感も気になりません。

朝晩の使用で何日使えるか。
<ご使用量の目安>として、
いつものお手入れには、パール粒2~3個
しっかりケアには、  さくらんぼ粒大
と、記されています。
気になるか所には重ねつけが宜しいようです。

あたしが気にしているのは、しっかり刻まれたほうれい線のシワ。
噛み癖もあるので、左の方がより深いのです。
シミは化粧で隠せますが、シワは化粧するほど目立ちます。

さて、どこまで改善されるのか。
肌のターンオーバーを考えて、最低3ヶ月は使うことにしています。

キャー。
綺麗になったら、何方かデートにお誘いしてくださるかしら・・・
な~んてね(笑)

女性はいくつになってもおしゃれ心を忘れてはいけないと思っています。
あ、男性も同じですね。
老け込まないように、実年齢よりも少しでも若く観られるようにと、
心掛けていますが、まぁ観る方に依ってでしょうね。

手作りマスクで、お洒落な方が増えているようです。
マスクでシワを隠せるうちに改善されること願いつつ、ガンバ致します。

今日は暑いですね。
水分補給お忘れなく。


スポンサーリンク

お洒落にも、マスクは必需品・・・? 

今日もお疲れ様です。

昨日、こたつ布団を片付けました。
と、言っても下掛けだけで通していたので、洗濯をし、押し入れに。

寒がりの美代さんは、未だ下ズボン(ズボン下)を脱げないまま。
昨年の今頃は帰省先の岩手で過ごしていましたが、
下ズボンは穿いていませんでした。
いつ、脱げるようになるのかなぁ。

さて、あたしはと言いますと。
あたしもつい最近、一昨々日まではババシャツ(ユニクロヒートテック)
を、着ていました。
天気予報では、気温が上がりGW中は20度超えに。
日によっては夏日・真夏日になるとの予報が出、今衣替えをしないと、
脱ぐ機会を失う・・・で、キャミソールになりました。

でも、今まで袖が2枚だったのが1枚になり、少々トホトホするのです。
この感覚、わかりますか?(笑)

スポンサーリンク


薄着になるとお洒落もしたくなる。
が、お洒落をしても行くところが無い。
あ、あった。
そう、今日は美代さんの歯科診療日でした。
金属床義歯の上が出来上がりました(やっとです)
(例のごとく一発で上手く収まる訳がない。顛末は追々)
で、春の装いで出かけてきました。

誰が観ている訳ではないけれど、
観られていると意識することが、だ・い・じ (* ̄∇ ̄*)エヘヘ
還暦はもうそこまで来ているし、50代の最後はコロナ漬けで、
外出もままならず、せめて自己満で家でのお洒落を楽しみます。

たまに、顔写真を載せているあたしですが、
さすがにアップには耐えられない(読者さまの目に悪い)と、
思いますので、マスク姿で失礼(顔も自粛)

そう言えば、マスクで保湿されることで、
ほうれい線が薄くなるとかならないとか・・・(ネット情報です)

DSC_0584

     マスカラ、ガンバってます(フフフ)

中国では外出も解除され、旅行客で駅はごった返しのようで。
本当に大丈夫なの?と、小さな親切大きなお世話。
日本の専門家様方は、この先1年は安心できないとの見解。
収束しても、終息を迎えられる日はいつになるのやら。

薄着になり、肌の露出も増える季節となっても、マスクだけは離せない
日常となるのでしょうか。

とにかくとにかく、皆様が一丸となりコロナに負けない強い気持ちで
過ごしていただきたいものです。
そのためには、

「家にいよう」「人との距離を保とう」


スポンサーリンク

変わらぬ暮らしと、自粛の先に期待を込めて・・・

皆様、コロナ自粛でお疲れになっていませんか?

コロナ太り・コロナDV・果てはコロナ離婚などと、コロナのせいで様々なところに影響が出ているようですね。

わが家には、今の所特別な影響は出ていません。
食材の買い出しは、コロナで騒がれる前から週1でしたし、美代さんの尿関係や、生活必需品(洗剤・ティッシュペーパー・トイレットペーパー等)
にゃんズのネコカリ(猫用ドライフード)・猫砂なども、月1での購入でしたから、外出に対しての大きな変化はないのです。
趣味のウォーキング・ジョギングも、その日の気分や体調でこれまで通り。

何が変わったかと言えば、週2で通っていたパソコン教室が閉鎖となり、
それまで教室の日には少々のオシャレをしていたあたしが、つまらない女となってしまっていること。
メイクは好きなので欠かさずしていますが、マスクでほぼ隠れるのでそれもつまらない。なので、見える部分のアイメイクを重点的に。
流石に宝塚メイクとまではいかないまでも、パンダ🐼状態で目力半端ない(笑)

スポンサーリンク


そうそう、今朝の情報番組の中で気象情報士の増田さんが仰っていました。

「テレワークが増え、家に居ることでメイクをしなかったりマスクで顔が隠れるからと、何もしていない方が増えているのかもしれないが、紫外線は窓を通すので、お手入れはちゃんとした方がいいですよ」

みたいな内容でした。女性を気遣ってのご意見かしら?
日焼け止めクリーム等は塗っておいた方が善でしょうね。
因みに、母美代さはBBクリーム(薄づきファンデーション)で日焼け止め対策をしていましたが、ここ1年ほどはメイク落としも面倒になり、日焼け止めローションに切り替わりました。

認知症ではありますが、女心はまだまだ残っているようです。
その割には、服装や身だしなみには疎いのですけれどね・・・。
ま、疎くなったのは、つまるところのメンドクサイ。そして、忘れる。
この、二つなのですが。

ヒューマンウオッチングも趣味の一つ。
自粛がなかったら、用もないのに近所のスーパーのカフェコーナーでのんびり時間つぶし・・・は、しませんね。

あたしのヒューマンウオッチングは買い物時での「ながらウォッチング」なので、わざわざそのために時間を割くことはしない。
大好きなヒール👠はこれまで通り履いているし、同じ様にヒールを履いている人を見かけると、勝手な親近感を持ち何とな~く嬉しくなってくる ('▽'*)ニパッ♪

自粛が解除され、終息を迎えたら。
その時こそは思いっきりお洒落をし、外食を楽しみたいです。
(いつになるかしら・・・(。´・ω・)ん?)

3683fcd16a4c79e00b4339c951fcb5f4_s

コロナの影響で、介護施設等も封鎖になっているところが増えていますよね。
夫婦・親・兄弟・親戚と、逢えなくなっている方も多いようです。
心配で、心が折れそうになっている方も居られるでしょう。
お見舞い申し上げます。

こういうご時世なので、敢えてお洒落についての内容にしてみました。
ご気分を害された方がいらっしゃいましたなら、

ごめんなさい。

スポンサーリンク

ダークピンクのミドルヒールパンプス

ず~と、悩んでいた靴。

以前のブログに、ダークオレンジのパンプスのことを載せています。
昨日、やっと決心が付き買いに行きました。
・・・が、なかったのです(T_T)

あ~ぁ・・・やってしもうた・・・

足のサイズは23センチ。たぶん・・・普通サイズ。
取り寄せできないかと訊いてみたのですが、在庫なしとの応え。
諦めようかと思いながらも、諦めきれない。
だって、本当に履き心地がいいのです。

と、同じサイズで濃いこげ茶、ピンク、ダークピンクがありました。
それぞれを履いてみて、シックリきたのはダークピンク。
それでも、ピンクってどうよ?

スポンサーリンク


お店の方に、流行りの色についてを尋ねると、
「今年はピンクですね、午前中もこちらのピンクを択ばれた方がいらっしゃいましたよ」

・・・ピンクかぁ・・・

「肌の色にマッチするのは、今お履きになっているような薄い色ですが、差し色として択ばれる方もいらっしゃいますよ」

・・・思い出した。長女のユカも、差し色のことは言ってたっけ・・・

「これからは黒のタイツを履くことが多くなりますが、黒に合いますか?」


「黒は色を選びませんので、どんな色でも合いますよ」

・・・またまた、ユカと同じことを言ってる・・・

「そうかぁ~。でも、あたしは若くはないので、ダークピンクの方に決めます」

会話文が長くなりましたが、解りやすいと思いましたので。

と、いう訳で買ってきました。
今履いている靴の色違い、ダークピンクのミドルヒール。

DSC_0321

    写真ですと、少々ワインっぽく見えますね

お店情報として「当店ナンバーワン」なのだそうです。
「日本製・ソウルが柔らかく履き心地が善い」が、理由なのだそうです。
そして、ウォータープルーフという点でも、人気があるとのことでした。

持っている、ベージュのトレンチコートやダークグレーの冬用コートとも合わせてみましたけど、まぁまぁですね。

世の中はスニーカーブームのようですが、一人くらいあたしのようなおんなが居てもいいんじゃないでしょうか。

カッカッカッ。
背筋を伸ばして颯爽と歩きましょ。


スポンサーリンク

目標は、80代でもパンプスを履いて歩くこと

年を取れば誰でも認知症になる。
従兄のヨシさんが言ってました。

女優の八千草薫さんがお亡くなりになられましたね。
88歳、膵がんでの死亡とのことでした。

何年か前、TBSの朝の情報番組で、真矢みきさんと対談されているお姿を拝見しています。
着物姿で、おっとりとした話口調からは、優しさがにじみ出ているように感じました。

テレ東の「執事西園寺の名推理」(だったかしら・・・)での、奥様役はとても素敵でした。
執事役の、上川隆也さんにお姫様抱っこをされているシーンの、はにかんだ笑顔が忘れられません。
役柄とは言え、大女優をお姫様抱っこした上川さんは役得だったことでしょうね。

彼女は、19歳年上の監督さんと結婚されたようで、お子様はいらっしゃらなく、夫亡きあとはずっと一人暮らしをされていたようです。

当たり前のことですが、役者さんはセリフを覚えなければならない。
台本を読んだり演技をするということは、認知症の予防にも繋がるのでしょうか。
いつも誰かに観られているという緊張感が、刺激になっているのでしょうか。

スポンサーリンク


以前ブログに、
自分が思うほど人は自分を観ていない。
でも、観られているという想いでいる方が、シャンとしていられる。
みたいなことを、記したことがあります。

年齢不詳・・・。
後ろ姿は30代?(言い過ぎ(*・ε・*)ムー))前から観ると、しっかりオバサン。
自己分析です。笑ってやってください。

e74c2f8e67d9869d9167a7f63af1a226_s

パンプス(ハイヒール・ミドルヒール)が好きなあたしの目標は、
女優の草笛光子さん。
母美代さんと同年代の、草笛さん。

生きてきた世界があまりにも違うことは置いといて、
それでも、あんな風に年を重ねていきたい。
ほんの少しでも、年齢を感じさせない女性でいたい。

仕草や言葉使い、姿勢や歩き方。
年齢を感じさせない方法は、いくらでもあると思うのです。

あたし流の認知症予防法。
ヒールを履いて、颯爽と歩く。
まぁ、どんなことをしてもなるときにはなるわけで。

それでも、抗っていたい。
長生きするなら、自分の事は自分で。
それが、美代さんを観て思うことです。

※ 7センチ以上・・・ハイヒール
  4~6センチ・・・ミドルヒール(ミディアムヒール)
  3センチ以下・・・ローヒール


スポンサーリンク
プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 穏やかな認知症と、言われて
  • 記憶とは・・・何?(アルツハイマー型認知症の母の場合)
  • 「寿命」という、考え
  • 誰かがいた。そして、会話した・・・幻覚?
  • 父の想い出と、噛めない料理
  • 生きるために必要なことは忘れない・・・?
  • 嬉しい誕生日プレゼント、それは?
  • 親は、子の誕生日を忘れない・・・?
  • 他人の目を気にする、ズルい娘の立ち回り方