にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん17歳、青(せい)くん15歳」「あたし。お洒落大好き還暦」「母。87歳、方言と訛り×認知症要介護1」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

オシャレに生きる

お洒落は我慢・・・でも、冷えるのよね~

普段からヒール(ミディアムヒールパンプス)を履いているので、パンツのときのソックスは、必然と薄手になってしまう。
厚さで言えば、タイツくらいかな。(6月~10月は素足)

少し前に、美代さんの室内履きをアップしたことがある。
美代さんが履かなければ、あたしがあのまま履くつもりでいた。
でも、そうは問屋が卸さないようで、あれ以来美代さんが履くようになり、あたしの足は冷たいまま。

外出しない日なら秋・冬用のソックスを履けば良いのでは?
そうなんです。そうなんですが、ジョグ用のソックスはあるけれど、普段履きのソックスはヒール用の薄手しか持っていない。

で、あたし専用の室内履きを買って来ました。
美代さん用はイオンのスリッパコーナーで買ったもので、同じタイプにしたかったのですが、どんなに探してもなく、諦めて帰ろうかと。
でも、もしかしてここならあるかも・・・と、雑貨屋のコーナーへ。
ハイ、ありました~。

DSC_0944


DSC_0943

桐ちゃん・青くんの毛だらけになることを考え、どの色にしようか迷ったのですが、やはりピンクです。
ピンクは女子力をアップさせてくれる色なので、決まりです。

いや~、暖かいものですね☆彡
因みに、お値段は400円弱でした。
足裏は、滑り止めのツブツブになっているので、床で滑ることもなし。

美代さん用は、1,000円前後だった記憶ですが、この室内履きなら2足買ってもお釣りが来ます。
履きつぶしても、又買えばよい。てな感じで更に気に入りました。

12月1日の今日は、今期一番の冷え込みだったようですね。
今年の冬はこれで乗り切れますわ(笑)


見た目年齢と、第一印象

ようこそお越しくださいました。
にゃんズの母のブログでは、母美代さんの言葉については、そのまま載せています。
濁点読みが多いので、点々を外すと少しは判りやすくなるかと思います。
読み辛いとは思いますが、どうかご了承願います。


「ねぇ、あたしの歳判る?」

「自分の歳もわがらねのに、おめの歳などわがるはずねがべ(ないべ)

まぁ、ごもっともなお返事で。

「でもよ、おめど同じくらいのが近ぐさいれば、それど見比べでなんとなぐわがる」

DSC_0854

          どんぐりの木?


この地区に越してきて半年が過ぎました。
両隣りとお向かいのお宅にはご挨拶に伺っていますが、あたしと同年代の方はお住みではなかったですね。
とは言え、この感覚は飽くまでもあたし個人の主観なので、実際の所何歳なのかは判らないのです。

人は見た目・第一印象が大事だと考えているあたしですが、メイクをする・しない、服装によっても感じ方は違うと思われるので、一層のこと判らない。

仮に、夫の見た目年齢で、妻の年齢も判るかと言えば、必ずしもそうではない。
だって、今時は年の差婚もあるし、妻の方が一回り以上というご夫婦も実在するわけで、見た目での判断は益々難しいですよね。

元々強面のあたしは、20代の頃はとても老けて観られていました。
30~40代になり、やっと年相応か気持ち若く観られるようになったのですが、50代に入り又もや老けて観られるように。

丁度50歳のときです。(確か、記憶の中では。苦笑)
48歳で夫に先立たれ2年間泣いてばかりだったけど、気持ちを切り替えて出かけた居酒屋での出来事。
隣の女性グループさんと意気投合したまでは良かったのですが、一人の女性から年齢を問われ、

「わたし53歳だけど、同じくらいか少し上でしょ?」

・・・うっ、そっかぁ、老けて見えるんだ・・・「あ、はい。そうです」

「やっぱりねぇ」

ここで、年下であることを言ったところで、相手の気持ちを不快にさせるだけだし、あたしが我慢?すれば済むことだから。
女って、どんなときでも、同性に対しては優越感を持っていたい生き物。
あたしもそうだけど、いざこざになるのは避けたいよね。

DSC_0855

       落ちていたこれは、どんぐり?


母美代さんと暮らし始め、体重が落ち、顔のシワはどんどん深く刻まれるようになり、瞼もくぼんできている。

服装や髪型で若作りをしているけれど、間近で顔を観られたら、年齢よりもはるかに上に思われるはず。
それでも、第一印象では服装の若さもありで、年齢よりもいくらか若く観られることもある。
それだけ、観た目は大事ということだと思うの。

あたしと同じくらいに観える人の年齢が、仮に70歳だとしたなら、美代さんの考え方でいくとあたしは70歳となる(苦笑)

美代さんのように、自分の歳を忘れ本能で生きることも、ある意味大事なことなのかも。
年齢に左右されない生き方も、有りなんだろうね。

午後、美容室に行き、パーマを掛けます。
ソバージュまではいかなくても、思っているような髪型にしてもらえるのかが楽しみです。

「前回よりも、ウエーブを強くしてもらいたいです」

て、言えるように、今から気持ちを入れて!(笑)


お洒落は足元から パンプス派のあたしが選んだ靴は・・・?

ジョギング中に傷めた左足首の腓骨筋腱炎ですが、もうすっかり腫れが引け痛みもなくなりました。
昨日は試しに、処方された薬を飲まずに一日を過ごし今朝に至っていますが、全く痛みなし!
これで、やっとジョグを再開できます。
あ、でも最初は軽めのウォーキングから始めることを考えていますよ、いきなり走って元の木阿弥にならないように、ですヮ。

先週ですが、少し痛みが残っている状態でパンプスの物色をしてきました。
腫れているうちは、くるぶしの辺りに靴の縁が当たらないサンダルがベストだったけれど、季節は秋ですものね。
そろそろサンダルとはお別れかな・・・て、ネ。

欲しいパンプスは決まっていました。
以前も紹介しているパンプスのシリーズですが、今回は紺色にしました。
素材は、前回・前々回とは違い、見た目は光沢があるサテンっぽい感じです。

DSC_0321

      前回のワインぽいピンクです

DSC_0842


DSC_0840

穿いていたいたパンツがブルーだったので、選んだときはコーディネート的にいんじゃない!でしたが、今思うと他の服の色に合うのかな・・・と、少し気掛かり。
値札を捨てた後で、こんなことを想うあたしって・・・。

参考記事はこちらから↓↓↓
http://aya1205k.xyz/preview/edit/c9cd374d228c4ea7c1bed8bbaedf7238


お洒落は足元から。
な~んて言いますよね。
汚れがつかないように、購入後に防水スプレーをシューッです。
それでも汚れた場合には、布地の汚れには消しゴムが有効らしいと、店員さんから教わりました・・・け~ど、このことはもう40年近く前から知っていたんです。

若い頃からパンプス派だったので、それこそ20代の頃に布地のパンプスで闊歩していた時期があり、汚れは消しゴムを軽めに当てて取り除いていました。
40年近く経っても、汚れ取りは消しゴム・・・のようですね。

欲しいと思って買った靴だけど、さてどこに履いて行こうかしら。
普段履きにするのは勿体ないわよね・・・
なら、何で買ったの!?て、言われそうだけど、写真のピンクやその前のベージュのヒールの減りがかなり目立ち始めていたのが理由の一つね。
あとは、躓いたりで布のキズが目立ったてきたから、かな。

お洒落大好きにゃんズの母。
誰かぁ、デートに誘って~なんてね(笑)
まだまだコロナが怖いので、そこは控えないと、ですね。

靴箱の肥やしでは可哀想なので、ちゃ~んと履かせて頂きます。
お洒落の秋を満喫致しましょ(*゚▽゚*)


時代はめぐる・・・ファッションも?

最近の芸能界の男性ファッションを観て、思ったこと。

ジャケットがかなり大きめ?パンツもけっこうダブダブ。
エイティーズの頃に流行っていた、肩パットデ~ンではないけれど、時代は繰り返させると言うので、大きめファッションの再来かしら。

「しもしも」で、一世を風靡した平野ノラさんが身に付けていたファッションや髪型・メイク。
あたしもやっていたなぁ・・・
あそこまでド派手ではなかったけれど、地味~に右習いをしていましたっけ。

昨日、スキニージーンズを穿いていると載せていますが、これも少し前の時代の波に乗ってのこと。
でも、衣装ケース(コンテナ)の中には、裾広がりの通称「ラッパズボン」も仕舞ってあります。
夫が亡くなってからの購入なので、かれこれ11年物。
ヒールを履くことが好きなので、長めの裾で足長効果バツグンだったけれど、いつの間にかスリムやスキニーの時代となり箪笥の肥やしね。

今朝のワイドショーで、BTS(Kポップアイドル?)のメンバーのパンツに目が留まりました。
ハッキリとは憶えていないのだけど、2~3人がラッパズボンらしきものを穿いていた・・・ような。
そう、膝下から裾広がりのパンツです。

もしかしたら、あたしのパンツたちも、日の目に当たることができる?
そんなことが頭に浮かびました。

DSC_0831

ソバージュって、憶えていますか。
猫も杓子も皆同じような髪形でしたね。
あたしも、猫・杓子のお仲間でしたけれどね(苦笑)

今の髪型はロングです。
理由は、お手入れ要らずで簡単だから。
夏の暑い時期(ついこの間まで)は束ねてバレッタで留めていたし、最近は少し涼しいのでまんまです。

髪が長いと、食事の際に不潔に観えることってありますよね。
人の振り見て我が振り直せ・・・ではありませんが、外食時などでは邪魔にならないように、バッグのポケットには常に髪留めゴムを入れ、いつなんどきでも大丈夫なようにしています。

女優の趣里さんですが、御存じ水谷豊さんと伊藤蘭さんのお嬢様。
某ダス〇ンのCMで、ロングヘアーをソバージュにしていますね(たぶんソバージュだと思うのだけれど・・・)
あの髪型にしたいと思っているのですが、美容室の椅子に腰かけるとついつい気持ちが萎えて、言い出せずに終わっています。
まぁ、あそこまでクリンクリンにしなくても、強めのウエーブにしてもらいたいな・・・です。

DSC_0505

泣いても笑っても人生は一度限りなら、どうせなら笑う方が良いに決まってる。
笑って過ごしたいよね。
人生100年の時代で、20代の頃に流行っていたファッションがめぐって来た?ならばその波に、乗らずにはいられまい(笑)
あぁ~、でもね、ボディコンは無理よ(苦笑)

あたしは、お洒落が大好きな還暦オンナでございます。
時代の波に乗りながらも、自分流のお洒落を楽しみたいと思っています。


季節はお洒落の秋へ・・・そして、パンプスが履けない

なんか、いきなり 秋・あき・アキ・AKI

昨夜は、美代さんにしっかりと布団を掛けてあげました。
あ、睡眠薬を飲ませましたよ!
一昨日もそうでしたが、飲んですぐには効かないようです。
なぜなら、昨夜も2時間後にはトイレに入っていますから。

かかりつけ医が仰ったように、人それぞれのようです。
美代さんには、服用の2~3時間後から効果が出てくるようで、肝心の夜中に熟睡できているようなので、まぁまぁ善のようです。

話はあたくしごとへ。
今朝は、長袖シャツを着ました。
袖は、少しまくり上げていますが。
パンツもロールアップを下げて穿いています。

もう、これまでのように30度超えになることはないでしょうね。
と、いうことで午前中に衣替え・・・というか、吊るしを夏物から秋物へと場所の移動をしました。

秋はお洒落・・・ん?お洒落の秋か!
そうそう、昨日ブーツ姿の女性を観ました。
曇りベースの空で日傘を差し、ふくらはぎ辺りまでのストレートのスカート。
そして、足元はブーツ。
色は、濃い茶系だったような・・・
ウエスタンブーツのようにも観えましたけどね。

・・・そっかぁ、ファッションは先取りと言うけれど、もうブーツかぁ・・

あたしは、未だにウェッジソールのサンダルを履いています。
そろそろパンプスを履きたいな・・・とは思っているのですが、履きたくても履けない理由があるのです。
そう、踵の問題。
先週の月曜日に傷めた左足のくるぶし下の腫れが、ま~だ引けないのです。
重怠い痛みもありますし、押すと当然の如く痛い!のです。

DSC_0801

      醜い足で失礼(苦笑)
      〇で囲んだ辺りが腫れて痛むのです

処方されたシップと、市販薬の痛み止めの服用は、ちゃんと守っているのですが、なかなか改善されません。
気長に治すつもりではいますが、これでは大好きなパンプスを履くこともでないのです。
悲しいねぇ~(笑)

神様は、乗り越えられない困難は与えないと言うけれど、あたしに何を与えているんでしょうねぇ。
ストレス発散のジョグを止めさせ、大好きなパンプスを履くこともさせない・・・黙って家に居ろ!黙って介護をしていろ!と、言うことなのでしょうか・・・。

お洒落が大好きなあたしですが、秋物の服に身を包み、足元がサンダルではどうなの!?
てか、黙って家に居るのがコロナ対策にもなる・・・?

あたしの足の怪我は、必然的だったのでしょうか。
あ~、ストレスが溜まる~!!!(苦笑)

皆様は、秋を満喫なさってくださいませネ。


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 逆帰省・・・?感染のリスクと認知症患者
  • 慣れない口濯ぎと、「一人でできるもん」の行方
  • お洒落は我慢・・・でも、冷えるのよね~
  • お洒落は我慢・・・でも、冷えるのよね~
  • 土方仲間とデイサービス
  • 因果応報、嫌な記憶は排除したい・・・
  • 因果応報、嫌な記憶は排除したい・・・
  • 因果応報、嫌な記憶は排除したい・・・
  • 新規オープンのスーパーマーケットが・・・