にゃんズの母

「老猫、桐ちゃん19歳、青(せい)くん16歳」「あたし、お洒落大好き還暦過ぎたおんな」「母、88歳。方言と訛り×認知症要介護3で、田んぼの観える特別養護老人ホームに入居」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして・・・なのですが、母が特養に入所しケンカ相手が居なくなり少々寂しくも感じています。 人生一度きり。前向きに生きるためのブログです。

ねこの日常

健康寿命が大事なのは、人間もネコも同じ・・・?

2021.12.27(月)

年末年始はゆっくりと。
そんな風に想っていましたが、今回の納品後に次の内職を渡されました。
部品が揃っていないらしくセット品にすることができないので、できる部分を先にやってくださいとのこと。

貧乏暇なし・・・忙しいことは善いことだよと次女に言われましたが、疲れもたまっているので、ゆっくりとやりますヮ。

  .。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆

納品後に、にゃんズを連れてかかりつけ動物病院へ行って来ました。
2ヶ月毎の爪切りとレボリューションの塗付です。

今回は青くんの三種混合ワクチンもお願いすることにしていましたが、医師の判断で無しになりました。
桐ちゃんは昨年18歳で無しになり、青くんは16歳なのであと2~3年は続けなければと思っていましたが、今年から無しということに。

その理由として、やはり高齢になったこと。
そして、桐ちゃんは先天性ヘルペスで常に風邪ひき状態なのですが、青くんにはその症状もないですし、外に出ることもないので他のネコから病気をうつされることもないだろうという判断でした。

今回の体重は、青くん・・・・5.80kg
       桐ちゃん・・・2.84kg

青くんは100g増えていましたが、桐ちゃんは120g減っていました。
桐ちゃんに関しては、なるべく3kgを切らないようにと心掛け、食べものは好きなだけ与えていましたが、それでも減少するのは年齢的なことで致し方ないことのようです。

DSC_1723

このまま何もなければまだまだ大丈夫ですかと訊いてみました。
医師は、

「普通に生活できているかが大事です。よぼよぼになって長生きしても幸せではないでしょう」

「今の所はテーブル用の椅子にはジャンプできますし、階段も駆け上がることもできます。それから、壁に映った光の揺らめきなどにも反応し、追いかけたりジャンプして捕まえようとしたりと、まだまだじゃれます」

「そうですか」

先生のマスク顔からでも、微笑んでいるのがわかりました。

若い頃には、テーブルや流し台にも軽々とジャンプしていましたが、如何せん人間年齢92歳ですからね、寄る年波には勝てないようです。
まま母のわたしですが、一緒に過ごす時間がまだまだ長く在ってほしいと願っています。

桐はトイレやご飯場を忘れたりはしませんし、粗相もありません。
ただ、わたしの姿が見えなくなると探し回りナーオンナーオンのような、不穏な声で鳴くことがあります。
耳が遠くなり、目も白内障で見え辛くなっているのでしょう。

DSC_1729

人間にもネコに言えること。
それは健康寿命が大事だということ。

にゃんズは、この先何年わたしの傍に居てくれるのかは判りませんが、言えることは、一度家族として迎え入れた限りは、最期まで責任を持つこと。

桐と青。
にゃんズは今日も穏やかに過ごして居ます。


お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援をしていただけましたなら、幸いです。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


家出? いえいえ、外の世界が気になるだけなのよ

2021.12.9(木)

今日からまた暫くの間は内職の日々。

年内は29日までと聞いていいますが、今回の納品は数が多く、仕上がり次第追加があると言われています。
頑張らなきゃね。


午後5時を過ぎた頃に、お隣との境のフェンスの辺りから、ネコ同士のいがみ合い?の声が。
恋の季節ではないから、縄張り争いをしていたのでしょうね。

と、わたしの行動です。
100%炬燵の中に居るはずのにゃんズが心配になり、慌てて炬燵の中を確認。
布団を上げると青くんが。先ずはひと安心。
で、次は桐ちゃんですが姿が見えない。ワ!どうしよう!!
反対側に行き布団を上げてみると、「ナァに?」のような顔。
ふ~、ですよ。

それこそ100%外に出るはずがないのに、何故だか不安になる。
これって、どういう神経からきているんでしょうね(苦笑)

DSC_1691


わが家の家族となったにゃんズは、これまでに家出?をしたことが数回。
ノミの心臓の青くんは一度だけなのですが、桐ちゃんに至っては外泊を含め3~4回。
外泊の時は、見つかるまでは生きた心地がしなかった。

ほんのわずかな時間、窓やドアを閉め忘れた際に外に出てしまう。
自分が悪いのに、いないと気付いた時にはあとの祭りで、慌てふためきオロオロするばかり。

外に出たことのない室内飼いネコは、半径500mくらいの移動しかしないそうな。
大体は、家のすぐ近くに潜んでいることが多いらしい。

にゃんズは、特に桐ちゃんは外の様子が気になるようで、この家に越してきてからも窓から外を眺めるのが好きで、ベランダに洗濯物を干す時には必ずついて来る。
あ、わが家のベランダは、大家さんのご厚意で柵が取り付けられているので、桐ちゃんが飛び出すことはなく安心。
隙間から、外を眺めては様子を伺っている。
可愛いものですヾ(=^▽^=)ノ

にゃんズは長生きです。
青くん16歳。桐ちゃん19歳。
数年前に、かかりつけの動物病院の医師から嬉しい言葉を頂いています。

「長生きできているのは、環境が良いからなのでしょうね」

度重なる引越しで、その都度、家の中の地図を頭に描く作業は大変だったはず。それでも室内迷子になることもなく、すぐに慣れてくれた。

1217345

ネコは、できる限り室内で暮らさせる方が良いと思います。
それが、長生きに繋がるのだと思うのです。
そして、家族となったからには、最期まで面倒を見てあげるのが、飼い主さんの責任だと思うのです。

にゃんズは、今日も程よく元気です。


ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


ご長寿ネコの秘訣・・・食べて動いて、そして・・・?

2021.12.5(日)

誕生日おめでとう。

19歳だよ。

人間年齢に換算したら、92歳(元気な猫は珍しい)
https://nekochan.jp/knowledge/article/1158


わが家の桐ちゃんですが、今日の誕生日で19歳になりました。

桐がわが家の一員になったのは、2003年の1月の半ば。
迷い猫で、当時住んでいたアパートの階段下に棲みついていました。
住人の誰かはわからないのですが、時々エサを与えていたようでした。

先住ネコのデンに気遣うも、まだ仔猫だったので真冬の寒さで凍え死ぬのではないかと、とても気になりついつい部屋の中に入れたのが始まり。

動物病院で、乳歯の状態では生後40日くらいではないかとのことで逆算、12月のいつか・・・「そうだ、5日にしよう」
これで、桐の誕生日は2002年12月5日に決定。

19年。
長かった・・・?短かった・・・?
答えは出ませんが、色いろなことがあったのは事実です。

10歳の時に、慢性腎不全に因る尿毒症で入院加療をしていますが、その当時医師から告げられた言葉は「この先は2~3年でしょう」

この言葉である程度の覚悟を決めてきましたが、桐は医師の判断を嬉しく裏切ってくれました。
そう、人間の平均寿命よりも長生きをしていますから。

人間同様に、ボケの症状は出ています。
目も耳も弱くなっているのでしょうね、目の前にいるわたしを判断できずに探し回ったり。
「母~、あたちのご飯まだ~?」のように、たった今食べたのに、食べたことを忘れてしまう。
こんなことが増えています。
それでも、階段の昇り降りはしっかりとでき、食事場(エサ場)やトイレの場所を忘れたりはしていませんし、日がな一日寝てばかりいる青くんに比べると、運動量も食べる量も桐の方が勝っているように思います。

DSC_1694


DSC_1695

かかりつけ医からは、歳を取ると太れなくのは仕方のないことで、この先は痩せていく一方とも言われました。
食べたことを忘れ、日に何度も食事場の前で行儀よく座ります。
わたしが知らんふりをしていると催促にきますし、夜中にも何度も起こされ、眠い目をこすりながら階下へと。

桐が(青くんも一緒)食べているキャットフードは、サイエンスダイエット・14歳以上用。
個人的(個にゃん的?)に好きなのは、お刺身・猫缶(11歳からのまぐろ白身・柔らかフレーク)ホイップクリーム、そして玉子焼き(味付けなし)
太れないことは解っているので、食べたいものを好きなだけどーぞという考えで与えています。

年に一度のワクチン接種(3種混合)は、医師の判断で昨年から受けていませんが、2ヶ月に一度の爪切りとレボリューションは欠かしていません。


今日は特別に何かをしようとは思っていません。
いつも通りに過ごしているので、いつも通りに催促されています(笑)
で、お皿に入れても食べてくれません(泣)お腹いっぱいなのでしょう。

DSC_1704


桐ちゃん、
これからもずっと、母と青くんと一緒だよ。
19歳、誕生日おめでとう。


ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


ネコの認知症? にゃんズの桐の場合 そして地域ネコ

2021.11.16(火)

今日辺り、連絡が入るかな・・・と、何となく予感がありました。

火曜日はイオンの特売日なので、その準備をしながら待っていました。
そう、待ち焦がれた内職(苦笑)
いつものようにグループラインでの連絡でした。

納期は来月の頭と言われたので、12月2日か3日ね。
暫くはブログに向かう時間が、また夜になりそう。

昨日まで、ほぼ毎日ジョグ・ウォーキングに出ていた。
特に昨日は走っている時間の方が多く、帰って着替えををすると、結構な汗でシャツが濡れていた。
ジョグ・ウォーキングも暫くはお休み。

一昨日のことになるけれど、ウォーキングコースには地域ネコと想われるネコたちがいる。
数えたことはないけれど、5~6匹はいるんじゃないかな。

わたしの前をワンちゃんと散歩していたご婦人が、そのネコたちがたむろしている場所で立ち止まり、バッグの中から小袋を出した。

「にゃんこ~、にゃんこ~」

呼びながら小袋の中のカリカリを取り出し、辺りに集まって来たネコたちに食べさせ始めた。
ネコ好きのわたしとしては、その行為を少しだけ・・・ん?と思った。

地域ネコの証は、避妊・去勢済みであるという、片耳の先がカットされていること。
集まってきたネコがみなカットされているようには見えなかったので、完全野良か、もしくは飼いネコが紛れ込んでいたのかもしれない。

美味しそうに食べるネコたちの様子を暫く観ていたが、肝心のカリカリをあげたご婦人は、食べているネコたちを観ることもなく、ワンコと一緒に先に進んで行った。

避妊・去勢が済んでいるのだから、増えることはないと思う。
ご飯(カリカリ)を食べなければ餓死してしまうことを想うと、あのご婦人の行為は正しいのかな・・・。

3年くらい前に、保護猫の仔猫をもらい受けようと思ったことがある。
掛かりつけ動物病院の医師にそのことを相談すると、老猫のにゃんズには少なからず負担になることは間違いないと言われた。

確かに、先住ネコだったデンは桐が来たことで自分の居場所がなくなったことがあった。それは青のときも同じで、先住ネコの桐の方が遠慮していた。

にゃんズに負担になることはしたくない。
仔猫は諦めた。
と、ならば成猫ならば大丈夫なのか?とも思ったが、何れにしても負担になることに違いはない訳で、やはり諦めた。

以前、次女サキから言われることがある。

「おかぁ、桐が死んだらどうするの?立ち直れるの?今のうちに仔猫を貰って、桐を見習うように育ててみたら?」

18歳、来月の誕生日で19歳になる桐。
こんなに長生きするとは正直言って思っていなかったが、長生きすればするほどに別れが辛くなるはず。
それを少しでも少なくするために、仔猫の話を持ち出してくれたようだったが、すっぱりと諦めることにした。

DSC_1661

ネコにも認知症があるように想う。
普段から滅多に鳴くことのない桐が、3年くらい前からドスの効いたような声を出し、わたしを探すようになった。
そして、目の前にいるわたしを認識できない時間帯も増えてきた。

食べてもたべてもお替りをするようにもなった。
医師からは、いくら食べても今後は太ることはないと言われているので、好きなだけ食べさせてはいるが。

青には、まだその兆候は見えない。
でも、3歳違いなのでそろそろ出てくるのかな?
それとも、人間同様にならないタイプなのかな・・・。
まぁ、なったらなったでそれは致し方ない。
桐で、少しは学んでいるから、それなりにやっていこうと思う。

認知症は、人間もネコも何となく同じ症状の様に思います。


にゃんズは今日も、ほどよく元気です。


いつも長文をお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


継母の愛 食の好みを解るには・・・?

2021.10.15(金)

母(継母ですが)は哀しい。

高齢猫と暮らしている方皆さん同じだと想うのですが、日々の体調管理は勿論のこと、食べ物についても少しでも好物をと思いますよね。

わが家のにゃんズは、主食はずっとカリカリでした。
ただ、桐ちゃんが慢性腎不全に罹った辺りからお刺身を与えるようになり、現在はウエット(猫缶)も食べさせています。

先日購入した猫缶。
14歳以上とあったので、これだ!と想い購入したのですが、まぁ食べてくれない(´;ω;`)
カパッと缶の蓋を開けると、中身はペースト状になっていてました。
う~ん・・・と、想いながらも食器に移し替えて食事用の台の上へ。

クンクン。
匂いには反応したので、大丈夫食べてくれると思ったのですが、ペロペロと舐めておしまい。
舌ざわり・歯ざわりが悪かったのか、匂いか味か。人間のわたしにも匂いは感じたのですけれどね、全くもってネコマタギ状態(泣)

ネコマタギは母美代さんから教わった言葉で、ネコもまたいで、スルーしてしまうほど美味しくないの意味だそうです。

3種類、計6缶を買っていましたが、3種類ともネコマタギ。
蓋を開けて3日が過ぎ、勿体ないのですが捨てました(泣泣)
人間用だってそうですよね。
いくら冷蔵庫に入れていたとしても、開封後は早めに食べてくださいですし、第一食べてくれないのだから、どうしようもないです。

【後悔先に立たず】
まとめ買いなどせずに、先ずはお試しで1缶にしておけばよかった。

DSC_1643

残りの3缶、どうしましょ。
賞味期限は2024年になっています。
3年後には、桐ちゃんは21歳・青くんは19歳。
元気で居てくれることを願って、このまま仕舞って置きましょか。

因みに、11歳以上用はペースト状にはなっておらず、普通に食べてくれています。
クリームは舐めてくれるので、歯ざわりなのかしら。

継母のわたし。
にゃんズの気持ちが解る親で在りたいのですけれどね・・・(苦笑)


ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 働く母親の悩み 愚痴を話せる母親がいるということ
  • 働く母親の悩み 愚痴を話せる母親がいるということ
  • 認知症にならなければ、母を想う頻度は少なかった・・・
  • 気まずくなった人とは、顔を合わせたくない・・・
  • 気まずくなった人とは、顔を合わせたくない・・・
  • 体重増加は、もしかして在宅介護から離れたから?
  • アレルギー性鼻炎持ちのジョグ 鼻水がタラー・・・
  • 3年目のコロナ 収束を願いこれまで通りの感染対策を続ける
  • 自分で作った壁を突破する・・・でも、甘えが(苦笑)