にゃんズの母

「老猫、桐ちゃん18歳、青(せい)くん15歳」「あたし、お洒落大好き還暦」「母、87歳。方言と訛り×認知症要介護3」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

ねこの日常

にゃんこ大好き、毛糸玉(=^・^=)

2121.1.8(金)Ⅱ

レッグウォーマーを編んだ残りの毛糸を、少しだけ毛糸玉にし、桐ちゃんの遊び道具にしてみました。

桐ちゃんがわが家の家族になったのは、生後40日くらい。
(動物病院の医師から乳歯の具合で判断してもらいました)

とってもやんちゃなお姫様で、転がる物が大好きで、丸めたティッシュペーパーや卵ケースのシャカシャカでも遊んでくれました。
色いろなところで転がし、引越しの際には冷蔵庫の下や、裏側から大量に出てくることもありました(苦笑)


DSC_1051


DSC_1049


DSC_1045


DSC_1047


DSC_1048


DSC_1046

12月に18歳になった桐ちゃんですが、フットワークは軽く転がる毛糸玉めがけてダイブもしていましたヾ(=^▽^=)ノ

こんな姿を見ると、とってもほのぼのとした気持ちになります。
あ~、桐ちゃんは転がる物が大好きな、紛れもなく(=^・^=)なんだなぁ。

と、青くんはどうした?
ハイ、青くんは桐ちゃんが遊ぶ姿に圧倒されて、遠くでジッと観ていました。
少し太り気味の青くんにこそ遊んでもらいたいのですが、身体が思うように動かないこともあり、桐ちゃんが飽きて見向きもしなくなっても、片足でチョイチョイはしても、転がすまでには至りませんでした(残念)

(=^・^=)にも性格はあります。
とっても良く遊ぶコもいれば、我関せず的なコも。

青くんも、若かった頃はスーパーボールを転がし、はしゃいでいましたが、歳と共に遊ばなくなりましたね。今は、完全炬燵(=^・^=)で、夕方からはストーブ(=^・^=)です。

ご長寿ねこの桐と青。
にゃんズは今日も元気です。


マグロの赤身は、アンチエイジング効果あり・・・?

2020.12.28(月)

最近、にゃんズのお刺身の消費が激しい。
先週の火曜日、絶対に間に合うであろう目算で1週間分を購入していましたが、昨夜でなくなってしまい、今朝はお刺身を食べることができなかった、にゃんズ。

ここでひとつ。
猫にお刺身なんて、なんて贅沢な!
と、思われる方が居るかもしれません。

マグロの赤身にはアンチエイジング効果があると、もう10年以上も前ですが、あるTV場番組で知りました。
当時住んでいた借家の近くにお寿司屋さんがあり、たまに女将さんを見かけることがありました。
あたしよりも一回りほど上だと聞いている女将さんは、シミもシワも目立たなくお肌がツヤツヤでした。
これはお店で食べているであろうマグロの効果だよな・・・と、勝手に想っていたものでした。

桐ちゃんがお刺身を食べ始めたのは10歳頃で、慢性腎不全に因る尿毒症で、このままでは数年生きられるか・・・と言われ、そのときにあの女将さんのことを思い出し、アンチエイジング効果があるならすこしでも長生きに繋がるのではないか。そんな想いからでした。

お刺身は桐ちゃんの好物でしたが、最近は量は少ないのですが青くんも食べるようになり、これまでの1.5倍ほどの消費となっています。

夫が亡くなったとき・認知症の母の介護でイライラが募ったとき、傍に居てくれたのはにゃんズ。
にゃんズのお陰で、心の均衡が保てると言えるほど、大切な存在です。
でも、お刺身は安くはありません。にゃんズが食べているのを横目に、あたしはジッと我慢の母(継母、笑)です(苦笑)

DSC_0987

話は変わりますが、ひと月ほど前でしたが、お隣さんが、がみいちゃんが入っているであろうバスケットを車に入れていました。
検診かな?それとも具合でも悪くしたのかな?くらいに思っていたのですが、あの後暫くの間わが家のカーポートから「ドスン」という音が聞こえなくなり、あれ~みいちゃんどうしたんだろうと、気になっていました。

昨日、久しぶりに「ドスン」

・・・おっ、この音はみいちゃんだよね・・・

急いで炬燵から出て見上げると、正しくみいちゃん!
目が合い、じーっと見つめあいましたが、負けたのはみいちゃんで、「オバサン怖い・・・」みたいな感じで逃げられました(´;ω;`)
昨日のドスンは、あの後3~4回も続いていましたが、縄張りの見回りは怠らないようです。

暫く姿を見せなかったのは、具合が悪かったのかな・・・。
でも、元気にドスンができるようになったんだね。
わが家(借家ですが)のカーポート、大切に使ってね。
そうじゃないと、降りられる場所がなくなっちゃうよ。

にゃんズは炬燵の中でぬくぬく。

お隣のみいちゃんは、お外で元気です。


18歳。猫の、三種混合ワクチンの終了

2020.12.26(土)

年に一度の三種混合ワクチン接種と、2ヶ月毎のレボリューションと爪切りを受けてきました。

DSC_0978


診察台に先に乗せられたのは青くん。
いつものように、きょどってましたΣ(=゚ω゚=;)

「すみません、また凶暴になるかもしれません」

動物看護士のお姉さんに、先に謝りの言葉を。
でも、今回は思ったほど騒ぐことがなく、少しだけおとなしめ。
たま~に、良い子にすることができるようです。

出かける際にバスケットを見ると、これはどこかへ連れて行かれる・・・と、ピーンとくるようで、すごすごと炬燵の中に逃げ、バスケットに入ることを身体中で抵抗するのに、診察が終わると一目散にバスケットの中へ入るという、とってもわかりやすいコです。

次は桐ちゃん。
先生はカルテを見て

「18歳になりましたね」

「はい、長生きだと思っています」

「かなり長生きですよ」

この後、先生は少し考えられて、ワクチン接種はしないことにしましょうと。
桐には、先天性猫ヘルペスがあります。
症状は、常に風邪ひき状態で鼻水がぐちゅぐちゅです。
その症状を抑えるためのワクチン接種でしたが、年齢的に身体に対するメリットデメリットを考えると、負担になるデメリットの方が大きいと言われました。

「100歳の老人に、これまで通りのワクチン接種は必要ないでしょう。今の症状を診るとそんなに変わらないと思いますからね、今後もワクチンは無しです」

「わかりました」

ということで、17年間欠かさず毎年受けさせてきた桐ちゃんの三種混合ワクチンは、昨年で終了です。
18回目の今年は無し。そして、今後も無し。

外に出ることはないので、病気を移される心配もなく、このまま食べて居られれば大丈夫だと、仰ってくださいました。

診察は、爪切りと聴診器とお腹の具合。
そして、レボリューションと三種混合ワクチン。
桐ちゃんは、三種混合ワクチンは無し。

体重は、2ヶ月前に比べ青くんは、0.08g減り、
代わりと言うか、桐ちゃんが0.08g増えていました。

青くんの体重はオーバー目なので、もう少し減ってもいいくらいなのですが、桐ちゃんが減ることは命に関わることなので、少しでも増えていたことが嬉しかったです。
先生も「おっ、少し増えましたね」と、気にかけてくださいました。

DSC_1008

帰りの車の中で、以前先生からかけられた言葉を思い出していました。

~長生きできるのは、環境が良いからかもしれません~

完全室内猫として、外の自由を知らずに生きてきたけれど、それがにゃんズにとって幸せなことだったのかは正直言って判りません。
もしかしたら、あたしのエゴだったかもしれません。

それでも、にゃんズは今日も元気です。


ご長寿にゃんズの、好みの食べ物

2020.12.16(水)

最近のねこ娘の桐ちゃんは、お刺身よりもクリームをねだる回数の方が多い。甘いものは別腹?

スーパーなどでもらう、プラスチック製のデザートスプーンで、小山盛に1杯をお皿に入れてあげます。
ネコの舌はザラザラしているので、お皿は使っていないの?と、思えるほどきれいに舐めあげます。

何度もせがまれるのなら、初めから多めに入れてあげれば?と、思われますよね。
ネコはツンデレが特技。
特に桐ちゃんの場合は、2杯分を入れると残してしまいます。
後でなめるかと言えばいいへで、クンクンとし、スルーです。
で、結局捨てることになるので、それこそ勿体ないになってしまいます。

以前写真を載せているモンテールのツインクリームがお気に入りで、これ以外だと吐いてしまうこともありました。
ミルクにしてもそうですが、本来は動物専用のミルクやクリームにするべきなのでしょうけれど、あたしの適当さで人間用のクリームにしてしまいました。

身体に善いか悪いかで言えば、たぶん、明らかに良くないのでしょうね。
でも、クリームを食べたあとに下痢を起こしたことは一度もないので、お腹に関しては問題はないと思いたいです(苦笑)

18歳という年齢で、人間年齢に換算すれば88歳。
美代さんと同じ様に、好きな物を食べたいと想うのが本能かもです。

人間もですが、食べないことは死を意味する。
糖分の過剰摂取が原因で短命になる・・・と、思っても既にかなりのご長寿。
まだまだ長生きしてほしいのは、言うまでもないことですが、主食のカリカリもしっかりとおねだりし、形のあるきれいなウンチもしてくれます。
(ウンチの硬さは、かかりつけ医師から褒められます)

DSC_0987

       青くんの胸を枕にしてま~す

クリームとチュールのお皿を二人の前に置くと、迷うことなく桐はクリームを、青はチュールを舐めます。
好みの違いが判りやすい二人ですヾ(=^▽^=)ノ

18歳と15歳。
にゃんズは今日も元気です。


18歳 ご長寿ニャンコでございます

今日、12月5日は、ねこ娘【桐ちゃん】の誕生日です。
18歳になりましたヾ(=^▽^=)ノ

人間年齢に換算すると、88歳でかなり長生き。
https://nekochan.jp/knowledge/article/1158

美代さんが87歳なので、桐ちゃんの方が1歳お姉さんということになります(笑)

わが家の家族になった時から、滅多に鳴くことはありませんでしたが、昨年辺りからよく鳴くようになりました。
視野も狭まっているようで、あたしを探し回ることも多くなってきています。

脚力といいますか、階段の昇り降りはスムーズなのですが、筋力の低下でしょうね、ジャンプ力がなくなってきています。

あたしの寝ているベッド(高さ40㎝ほど)へのジャンプができなくなったのが、今年の春頃でした。
階段代わりの20センチほどの台を置いてあげています。
その台を使い、あたしの布団の中に入ってきます。

食に関してはこれまで通りで、
ネコカリ【サイエンスダイエット・14歳以上用】
お刺身・シュークリーム・玉子焼きと、変わらずに食べてくれます。

土曜日には、桐ちゃん用のシュークリームの買い出しをしますが、今日はいつも食べている物が在庫切れだったので、以前に食べていたスイーツを購入。

DSC_0964

普段食べているシュークリーム(包装はクリスマスバージョン)

DSC_0965


食べるのは中のクリームのみなので、シューはあたしが頂きます。

DSC_0963

       今日購入の、プチモンブラン

味を覚えていてくれたかどうかは判りませんが、綺麗にお皿を舐めてくれたので満足だったのかもです。
下のプリン部分は食べないので、あたしのお腹に入ります。
あくまでも、クリームが好きなようです(笑)

一般的な猫の平均寿命は何歳くらいなのかは判りませんが、完全室内猫で暮らしていることが、ご長寿に繋がっているのかもしれません。

年に一度の三種混合ワクチン接種
2ヶ月に一度のレボリューションと爪切り
慢性腎不全に因る尿毒症予防の【ネフガード】を毎日二粒

若かったころの一番体重があった時は、4.6kgもありましが、現在の体重は3.2kgとかなり痩せてきています。(3kgを切ると危ないと、医師からは言われていますが)
それでも、良く食べ良く寝て、たまに青くんとプロレスをしています。

エゴかもしれませんが、いつまでも傍に居てほしいと思っています。
そして、いつかは化け猫になり人間の女のコに変身し、その先はず~っと傍に居てほしい。なんてことを願ったりしています。

DSC_0970

           毛繕い中

今日は寒いので、炬燵の中で長くなっています。
(にゃんズは炬燵で丸くはなりません、笑)

いつまでも大好きだよ。
18歳、おめでとう、桐ちゃん💐🎂


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • デイサービスの音楽療法・・・どんなことをするの?
  • 尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)・・・?
  • アルツハイマー型認知症は、遺伝するの・・・?
  • アルツハイマー型認知症は、遺伝するの・・・?
  • 担当ケアマネの交代 新ケアマネは・・・若い!
  • 担当ケアマネの交代 新ケアマネは・・・若い!
  • 優しい介護は致しません
  • 中学生の素足を見て思うこと
  • 短期記憶の脆さに追い付かない・・・追い付けない