にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。86歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

ねこの日常

マダニの効果が増えた「レボリューション」

昨日、
かかりつけ動物病院へ行ってきました。
2ヶ月毎の、にゃんズ「桐と青」の爪切りとレボリューション。

レボリューションに、効果が一つ加わったそうです。
これまでは、
耳ヒセンダニ・ノミ・回虫の3点。
今回受けたレボリューションには、マダニへの効果だ増えたそうです。


基本、にゃんズは室内飼。
外といえばベランダです。
マダニは草が生い茂っているところに多いと聞きます。他のワンちゃん・
ネコちゃんたちとの接触もありませんので、たぶん心配はないのでは・・・と、思いますが、万が一ということもありますものね。

スポンサーリンク


体重は安定してました。
桐ちゃんは、3.9キロ。
青くんは、 6.25キロ。(小型犬より重い(T_T)体質もあり)
ちゃんと食べている証拠です。

爪切り。
桐ちゃんはおとなしくなすがままなので、全く苦にならないのですが、
問題は青くん。
「シャーッ・フーッ・グルルルルー」
(たぶん・・・やめろーっ・何するんだー・離せー・・・)
牙をむいて必死の抵抗。

先生が仰っていましたが、
爪切りは猫にとっては拷問と一緒だと。

その拷問ともいえる爪切りを素直に受け入れる桐ちゃんと、
本能のままに抵抗する青くん。

家で切るときは逆で、青くんの方がおとなしいのですけど、
動物病院の雰囲気も影響しているのかもしれません。

DSC_0242

そうそう、
行きの車の中での青くんは、ず~っと、鳴きっぱ。
「ナ~オン・ニャ~・×△◇ブニャ~・・・」
(たぶん・・・おろせ~・行きたくないよ~・返せ~)

帰りは静かなもので、何を思ったか猫トイレの中に。
狭い所が落ち着くのがねこ。
でも、トイレの中で落ち着くのは・・・やめてね。

にゃんズは今日も元気です。


愛情表現 おとこがおんなを追うのは、本能?

にゃにゃん
あたち、桐で~す
ぼく、青で~す
ふたり合わせて「にゃんズで~す」ヾ(=^▽^=)ノ

最近のぼくのお気に入りは母の座椅子
「ザ★座椅子争奪戦」のこと、しってるよね?

僕がねているとこへ、桐ちゃんが寄ってきたの

DSC_0062

くっつくとあったかいんだよ!

ぼく、桐ちゃんが大好きなんだ

エッ?、あたちはそれほどでも~・・・くっついたのは、母の座椅子を青くんが独り占めしてるのが気に入らないからよ!

DSC_0065

エッΣ(=゚ω゚=;)そうなの?・・・ま、いいや
ぼく 桐ちゃんのこと(^ω^)ペロペロするの すきなんだよ

しってる~ やってやって~

DSC_0069


あごのあたり、いかがですか~?

DSC_0066

ふんふん まぁまぁね・・・

DSC_0067

なんか~つかれた・・・て、桐ちゃん・・・寝てる?
ぼくにもして~~~


そう、青くんは桐ちゃんが大好きなのです。
でも、悲しいかな桐ちゃんはそれほどでもない・・・。

猫が自分で自分の身体を舐める行為を「セルフグルーミング」と言うのに対し、2匹以上の猫が互いに舐め合う行為は「アログルーミング」と言います。
アログルーミングは愛情表現の現れ
基本的にアログルーミングを行うのはメス同士、またはオスメスの組み合わせが一般的です。
メスは子供を産み、育てることから自分以外の猫をグルーミングしてあげることに抵抗もなく性別の差も問題にはしません。
一方オスにとっては自分と同じ性別のオス猫は自分の縄張りを荒らす相手と見なすことからアログルーミングで愛情を示す相手とはならないのです。

もちろん猫個体の性格、相性もあることからオス同士で仲良くなりアログルーミングを行うこともあるでしょう。
特に子猫の頃から一緒に飼われている兄弟猫は信頼関係がすでに築かれているので2匹仲良くアログルーミングを行う姿を見ることができる可能性も高くなります。

http://nyandeco.net/nyankoisgod/guide/grooming.html


グルーミングは愛情表現。
ふたりの愛情は、青くんの方がが強いのかしら(笑)

かかりつけ動物病院の先生が仰っていましたが、
避妊・去勢をしても、オスは「本能でメスを追う」のだそうです。

人間の世界でも・・・あるような、ないような・・・。


スポンサーリンク

ねこは、きれい好き・毛玉は吐きます。

にゃにゃん、桐だよヾ(=^▽^=)ノ

今朝のあたち、みてみて~

DSC_0055

母、写真とるの~?

DSC_0059

じゃ、毛づくろいしちゃお

DSC_0056

なでなで、美人さんにな~れ!

DSC_0057


そろそろ、いっかな・・・?

DSC_0058


チョットつかれた~

でも、毛づくろいはだいじだよ!
青くんはあまりしないけど、性格なんだって・・・
あたちは女の子だし~、身だしなみはだいじよね~

鼻コビコビと涙は~、あたちのなでなでじゃとれないから~
母~、きれいにしてちょうだい

あたちも青くんも毛玉吐くけど、仕方ないよね?
だって飲み込んでしまうんだもの・・・。

わかってるよ。
ねこは吐く生き物。

人間と同じ。
ねこにも性格があります。

爪とぎ・毛づくろい・甘え方・鳴き方・食べ物の好み
ぜ~んぶ、合点承知の助・・・よ!(笑)

御年16歳の桐ちゃんです。
食欲は、母美代さんと同じで衰退することもなく、元気です。

桐と青
にゃんズは今日も元気です。


スポンサーリンク

ねこは快適さを求めて移動する。

あたしと青くんの、「ザ★座椅子争奪戦」
毎日やってますよ(笑)

母美代さんが寝るまでは、居間の美代さん専用高座椅子は空きません。
座椅子を占領されているときは、仕方がないので床にクッションを敷いてその上に。

美代さんの高座椅子も、座り心地はまぁまぁだけど、やはり座り慣れている座椅子の方がすっきりくる。
ソファー経験もあるけれど、足が疲れてくるので座椅子で足を伸び伸びとさせる方が好き。

スポンサーリンク


青くんが何かの拍子に座椅子から離れることを願いつつ、TV視聴で待つ。
もぞもぞ・・・。
青くんの体制が変わった。
退くの?ねぇ・・・そこから退くの?

喉が渇いたようで、重い体をよっこらせと持ち上げて水場へ移動。
やった!
青くん、そこは元々母の場所だからね。
青くんがそこから離れたら、当然母の場所になるんだよ!
と、いうことであたしの座椅子、戻ってきました。

青くん、暫く床でゴロン・ゴロンしたそのあと。
あたしが座っているのを確認して、いつもの「チョンチョン」は・・・
せずに(しないのかい!)美代さんの高座椅子へ。
ぎこちないジャンプでシュワッチ!

椅子感触を確かめて巣を作りスヤスヤ・・・。
寝顔は天使(ハイハイ親バカです)

DSC_0044

ねこって、顔を隠して寝る仔がいるんだけど、青くんは正しくそのタイプ。
この写真は顔は出ているけど、普段は前脚で綺麗に隠してることが多い。

そう、前脚をクロスさせて「寝顔は見ないで~」みたいなポーズで寝てる。
どんな表情でも、可愛いくてたまらないのです。

青くんは、自他ともに認めるおデブちゃん。
(本ニャンに太っている自覚があるかは??失礼)
でも、顔はなかなかのイケメンなのです(またまた親バカ)

この体からは想像が付かないと思いますが、
鳴き声も、仔猫みたいに「ニャッ、ニャッ」と、か細い声。
来るものは拒み・去る者は追わない。(家族以外には姿をみせません)
これも、性格なのでしょうねヾ(=^▽^=)ノ

昨日までの暑さはどこへやら、今日の二人は朝からゆったりです。

二人が、いつもど~りで居てくれることが、
あたしの「しあわせ」なのです。


スポンサーリンク

ねこのブラッシング。おデブちゃんには必須です。

昨日は暑かったですねぇ~。
昼過ぎから、エアコン点けてしまいました。

それでも、夕方(6時頃)には涼しい風が入るようになったので、
窓全開でエアコンはストップ。

にゃんズのブラッシングをしました。
我が家のブラシはペピィのファーミネーターです。
購入は、記憶の中では8年以上前・・・たぶん。

このファーミネーターを持ち出すと、桐ちゃんが寄ってきます。

DSC_0042

ファーミネーターの写真だけを撮ろうとして、床に置いた途端に、
桐ちゃんもス~ッと入ってきたので、ベストショットです。

何をされるのかを解って寄ってきます。
そう、待ちきれないように、コテンと横になり、やって~。
もう、たまらなくかわいいですよ(親バカ)

ひとりに(一匹)10分くらいかけてのブラッシング。
取れるとれるで、この量です。

DSC_0039

青くんの方が量が多いのは桐ちゃんとは毛の質が違うから。
桐ちゃんは俗に言う「ネコっ毛」軟らかく、フワッとしてます。

対照的に青くんの毛は、ん~剛毛?
1本1ぽんが硬く、直立不動(変ですか?)みたいに立っているのです。
そして、何より体が大きい(おデブちゃんです)ので、
面積の差もありますね((=゜エ゜=))

ブラッシング中も、それぞれで、
桐ちゃんは、おまかせ~てな感じで、なすがまま。
青くんはといえば「ニャッ、ニャッ」と言いながら、微妙に移動。
ブラッシングは苦手、でも、気持ちいい~。
そして、ねこ特有の甘え「ゴロゴロゴロ」で喉を鳴らす。

普段から青くんの方が抜ける量が多いので、もう少し時間を掛けたかったのですが、飽きてくるのでしょうね、ズシッズシッとほふく前進が始まるタイミングで終了。

スポンサーリンク


これからの時期はブラッシングが欠かせなくなります。
特に青くんは、太っているが故の脱毛があるので、
気に掛けなければなりません。

http://aya1205k.xyz/archives/16899375.html

ねこは砂漠の生き物なので、暑さには強いと思われていますが、
夏場は日陰の風通しの良い場所へ移動します。


そう、ねこのいる場所は、人間にとっても快適な場所と言えそうです。

我が家のにゃんズ「桐と青」

今日もふたりは元気です。


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 見舞い金と入院保証金を充てにする・・・?
  • マダニの効果が増えた「レボリューション」
  • 物欲も、ストレスもない人生。でも、食欲だけは・・・ある。
  • 飴玉って、おかず? 塩分控えめ・・・気にしてるんだ。
  • 夫婦の葬儀代。妻の分はあるが夫の分はない・・・なぜ?
  • 高齢者の事故多発から思うこと・・・。
  • 冷蔵庫の中で腐っていく、野菜たち・・・。
  • グレーヘアーと茶髪。
  • 「忘れる(別れる)ことは辛いけど」by星影のワルツ(古い?笑)