にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。86歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

認知症の母との暮らし

「忘れる(別れる)ことは辛いけど」by星影のワルツ(古い?笑)

「はい・はい、やります、できます」

「聞いだような気も・・・する」

「今、わがった」

忘れだのではね・・・度忘れだ」
(忘れた訳ではない)

「もさげねな~」(申し訳ない)

「ごめんなさい」

母美代さんの口癖・・・?
これらを言い、何かにつけて切り抜けようとする。

fdb7e0ba98c0998ba21af3e011041e19_s

朝食の準備?で冷蔵庫をのぞき込む美代さん。
例えば、3個パックの納豆なら、そのまま取り出し、食べる分だけを外し、あとはまた冷蔵庫に戻す。
一般的なやり方・・・だと思うのです。
でも、美代さんにはそれができない・・・いいへ、やらない。
冷気が逃げるから、電気代も気になるからと、何度も言っているのに、
いつもドアを開けっぱなしで身体を突っ込んでの作業。
(冷蔵庫の中を把握できていないせいもありますが)
「開けっ放しはだめだよ、忘れたの?」

「いや、忘れだわげでねども、納豆が・・・」どうしたこうした・・・。

認知症患者は、取り繕いをするようです。
忘れていても、それを気付かれないように何か別のことで誤魔化す・・・
取り繕う。
あたしも、取り繕うことが「全くない」と言ったらウソになりますが、美代さんの場合、明らかに言ってることがおかしい。

突っ込んでもしょうがないので、「次はちゃんとやってね・・・」で、
済ますのですが、それが改められることはなく、何度も同じことの繰り返し。
これもまた観て見ぬふりをすればいいことなのに、
あたしの性格でしょうね・・・ついつい言ってしまうのです。

スポンサーリンク


5分前・・・いいへ、最近は今しがた・・・ものの10秒ほど前に教えたことが飛んでしまう。
「ねえ、たった今話したこと、もう忘れたの?いい!ちゃんと聞いて」

同じ説明の繰り返しを2度・3度で、
「今、わがった」

そう、今解ったと言いながら次にやるときはすっかり忘れている。
「教師は偉いよね・・・あたしは教師にはなれないな~」

「あだるめだべ」(当たり前でしょ)

そうね、蛙の子は蛙。
トンビが鷹を産んだ・・・にはならない訳で、あたしは美代さんの子。
でも、だからこそこういう風にはなりたくない!の想いも強くなる。

認知症患者に対して、「忘れたの?」は禁句のようです。
できたことを褒め、できなことには目をつぶる。


それができたら、こんなに悩むこともないのでしょうね。

で・す・が、
専門書のようにはいきません。
だって、十人十色・・・百人いたら百通りの症状がある訳でしょ!

今の美代さんの事を、一番に知っているのはあたし。
これからも、あたしなりのやり方で進むのみ!・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ


スポンサーリンク

認知症・・・夕寝をすると時空間が移動する?

昨日、母美代さんがデイケア帰ってきたのは、夕方4時前。

部屋着に着替えて居間の高座椅子に「どっこいしょ」
連絡バッグの中に、先月分の請求書が入っていたのでテーブルの上に置いていたのですが、それを観て、
「ふんふん、~~~円が」

その後、10分ほどして、
ねぷて、寝る・・・」(眠い)

「そう」

起きてきたのは夜7時前。
普通にトイレに入り、居間の高座椅子へ。
キッチンで晩ごはんの支度をしているあたしを観て出た一言。
「おめ・・・朝ご飯のしたぐが?」

「あたし、朝ご飯の支度をしたことあったっけ?」

「ね・・・ど、思う・・・」

カーテンを開いて外を見せ、
「外は薄暗いよ。朝の7時はもう明るいよね!?今は夜だよ」

そして請求書を観て、もう一言、
「これ、昨日もらって来たのだな?」

「それ、今日デイケアから渡されたものでしょ!」

噛み合わない会話が続くも、
晩ご飯の用意ができたのでテーブルへ着かせると、
「なんだが、よその家さいるみだいた・・・」

スポンサーリンク

このシチュエーション、以前にもありました。
http://aya1205k.xyz/archives/17359687.html

夕寝の後は、時間の感覚が特におかしくなるようです。
そして、自分がどこに居るのかの判断もつかなくなる。
こういうことが度々続くのは、やはり進行していると考えるべきなのでしょうね。


午前中、頑張ってナスとピーマンのクタクタ煮を作った美代さん。
                 
DSC_0070


クタクタ煮➡ 
短冊切りにし、形が崩れるまで煮込む。
入歯の美代さんにとっては、軟らかくて口の中で溶けるような食べ物が、
ご馳走なのです。

食べ終わったのは12時半頃。
「オレ・・・朝ご飯食べだっけが?」

調理に時間がかかっていたね、
食べる前に朝食兼昼食だって教えたよね・・・。
「薬、飲んだの?」

「あ、忘れでだ。今食べだのが朝の分どして、この薬飲めばいいのだな!」

処方されている薬は、朝晩の一日2回。
本当は注意をすることも、いけないことなのです。
ただ単に、促すだけ。
「薬飲んでね」これだけで言えばよいことなのです・・・。
わかってはいるのですが・・・。

PS
まだらボケの母美代さん。
美代さんの頭の中は、どのようになっているのでしょう。
くノ一(女忍者)さんが目くらましの術でもしているのかしら?
良い日・悪い日、良い時間・悪い時間とその日によって違います。
特に、夕寝の後は悪い時間となるようです。

覗けるものなら覗いてみたいものですね。


スポンサーリンク

ロックンロールウィドウ「あたしあんたのママじゃない」

自分が持っている服を把握できていない。

今日と明日は気温が低めとの天気予報が出ています。
昨夜、今日のデイケアに来ていく服の事で、母美代さんから問われました。
持ってきた服は通常であれば今頃に着られる七分袖のカットソー。
その、カットソーの上に何を着ていいのかが判らないと言うので、明日は涼しいのだからと、長袖丸首カットソーと夏用のカーディガンを着るように勧めました。

今朝、その勧めた服装に着替えてきたのですが、またまた変なことを言い出しました。
「オレはベスト持ってねのが?これだば首のあだりさむじゃ
(辺りが寒い)

DSC_0061


首の三角部分が布一枚になるので寒いと言う。
「ベストって袖がないのよ、カーディガンの方がいいんじゃないの?」

わがってら、このふぐは穴あいでるども、長袖だがらこれでもいいども」(わかっている)

「なら、それでいいじゃない」

「そうでね・・・おめの言うごどどオレの言うごど違う」

う~ん。
要するに、首元が寒いのでVネックではなく、丸首の服を着たい。ということのようで、少し厚手の上着を出してあげたのですが、何でそれがベストという言葉になったのか?

スポンサーリンク


「お前の言うことと自分の言うことが違う」

自分が言いたいことが言葉にならない。
頭の中では「こうだ」と解っていても、それを伝えることができない。
そして、意味のないちぐはぐなことを言ってしまう。

美代さんとの意思の疎通は難しいです。
ベストに袖がないことは判っていながらも言葉に出る。

出してあげた服を観て、
「あ~そだそだ、このふぐ持ってらった。これだばあったげ
(これならあたたかい)

極めつけの二の句
「おめがいねど、いぎでいげね」(おまえが居ないと生きていけない)

あぁ~、その言葉聞きたくない!父が生きてた頃はじっちゃんじっちゃん。亡くなったら今度はあたしかい?ソノコ(あたしの妹)と一緒!
ソノコも二言目には「パパパパ・パパに訊いてみる・パパがいないから」
いいわよね~、何でもしてくれた(る)旦那様で!
亡くなった夫もあたしに対して「お前が居ないと生きていけない」と言ってたけど、も~、どいつもこいつもいい加減にして!
「あたしあんたのママじゃーないー」(山口百恵さんの歌)

認知症で不安なのは判らなくもない。
気温・季節に則した服装ができないことも、KYなことも、気遣いができないことも、今に始まったわけではないけれど、全てが認知症で片されてしまうあたしの身にもなってよ!

迎えに来てくれたデイケアスタッフさん、
「今日は少し寒いようなので、その服で良かったですね」

ニコニコ笑顔で出かけた美代さんです。



スポンサーリンク

混乱する記憶、症状が進んだの・・・?

「明日は土曜日だ・・・午後がら行ぐのが?」

ん?また始まった。

「月曜日はむがえにくるども、土曜日は朝はむがえに来ねよな?」

昨年の10月から通所デイケアにお世話になっている、母美代さん。
頭の中がこんがらかっている(混乱)ようです。

頑として、月曜日以外は迎えに来てくれないと言い張る美代さんに、
「じゃあ、ひとりで歩いてデイに行ったことあるの?」

「・・・・・・」(ない)

「そうだね、毎回ちゃんと玄関まで迎えに来てくれるよね」

朝の迎えは納得してくれたのですが、今度は送ってもらっていないと言い出す始末。
「じゃあ、ひとりで歩いて帰ってきたことあるの?」

先ほどと同じことの繰り返し。

美代さんの頭の中は、1週間が入り混じっている感じで、月曜日は週初めだから迎えがあるが、土曜日は終わりなので迎えがない・・・と、変な考え?になっているようで、さっきの答えに結び付くまでの時間が、長いことながいこと。

スポンサーリンク


◆迎えに来てくれない。と言い張る場合、
  • 迎えに来てくれるように、頼んでみましょ。
  • 迎えはちゃんと来ていますよ。
  • 迎えが来なかったことなんて、ないでしょ。
こんなことを言うと思うのですが、
正解は、たぶん最初の頼んでみましょ。が本人にとってはスッキリした答えになるのでしょうね。
あたしのような、まどろっこしい言い方は、本人にとっては余計に訳が分からなくなるのだと思います。
それでも、ついつい言ってしまうのです。
ただ、完全にボケている訳ではないので、ある程度説明すると、
「今わがった」と、なる美代さんです。

この状態、いつまで続くのでしょうか・・・。
神のみぞ知る・・・なのでしょうね。

DSC_0699

12月初旬から週一で体重測定を始めて半年。
この間、お菓子禁止令・低糖質ダイエット・ご飯は最後に食べる・・・等など色々やってきましたが、一向に体重が減らず、食べることに生きがいを持つ美代さんを観て、匙を投げたあたしです。

昨日の体重測定で、1キロ増えており、伝えました。

「ひざ、いで・・・こし、いで・・・」(痛い)
たった1キロでも、負担にはなっていると思うのですが、増えたことをまるで気にすることなく食べる食べる。

パソコンに向かっているあたしの後ろで、
お煎餅をバリバリ・ムシャムシャ。
サラダ煎餅なので、入歯でも難なく噛めることを良いことに、いったい何枚食べたの?

・・・あぁ~、その食欲を違うものに打ち込められたらいいのにねぇ・・

体重・・・何キロ増えるかしら?・・・いいのよ、何キロ増えても。
でもね、痛いって言わない約束だったよね?!

得意の「忘れだ」で、済ます美代さん。
都合の悪いことは忘れるに限る・・・そして、都合の良いことも忘れる。

混乱する記憶。
今はまだ元に戻りますが、何れは混乱さえも分からなくなるのでしょう。

明日はデイケア日。
迎えはちゃんと来ます。


スポンサーリンク

認知症老人の入浴、赤子と一緒・・・?

「なして、こったに忘れるんだべ・・・」

母美代さん。
今朝も、お仏壇への挨拶と血圧測定をせずに朝食準備。

昨日は古河も暑く、入浴はシャワーで済ませました。
いつものジャッポン(湯に浸かる)ではないので、
勝手が違うことに戸惑いながらの入浴。
それでも、やることはいつもと一緒なのに、しょっぱなから変な動き。

797522


思えば、昨年の夏はひとりでシャワーができていました。
シャワーの出し方・止め方。
温度調節も、ピンクの▲は上げる。
      ブルーの▼は下げる。
教えたことをちゃんと、できていました。

「去年はひとりでシャワーしていたのにね・・・」

「そが、オレ一人でシャワーしてだのが」

一通り洗い終え、あとは寒くならないようにひとりでシャワーを掛けるように言い、あたしは浴室を出て待っていました。
ジャーッ、~~~~~。
シャワーの音がなかなか止まりません。
それでも、風邪を引かれては大変なので、待ってました。
ジャーッ、~~~~~。
・・・いくら何でも、もう温まったでしょ・・・

スポンサーリンク


軽く5分は過ぎていました。
「ねぇ?まだ温まらないの?もういいんじゃない!」

ドアの向こうから以外な返事、
「ん?やめでもいいのが?」

こういうことなのですね・・・。
あたしから、「そろそろ止めて」と、言われるのを待っていたようです。
それにしても、自分の身体が温まったかの判断が付かないのでしょうか。
湯船に浸かっているときは、ちゃんと判断できていたのに・・・。

出てきた美代さんの身体は桜色をとっこして、ゆでだこ状態。
あたしの対処の仕方が間違っていた・・・ようです。

普段と違うことをしてはいけないことは判っているのです。
入浴の際、普段と違うことは一切していません。
それでも、毎回???となる、美代さんです。

真夏でも湯に浸かる方が善いと、ある内科医が仰っていましたが、
水道光熱費を考えると・・・。

シャワーの件は、30度越えになったときに、改めて考えてみることに致しましょ。


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 見舞い金と入院保証金を充てにする・・・?
  • マダニの効果が増えた「レボリューション」
  • 物欲も、ストレスもない人生。でも、食欲だけは・・・ある。
  • 飴玉って、おかず? 塩分控えめ・・・気にしてるんだ。
  • 夫婦の葬儀代。妻の分はあるが夫の分はない・・・なぜ?
  • 高齢者の事故多発から思うこと・・・。
  • 冷蔵庫の中で腐っていく、野菜たち・・・。
  • グレーヘアーと茶髪。
  • 「忘れる(別れる)ことは辛いけど」by星影のワルツ(古い?笑)