にゃんズの母

「老猫、桐ちゃん18歳、青(せい)くん16歳」「あたし、お洒落大好き還暦過ぎたおんな」「母、88歳。方言と訛り×認知症要介護3で、田んぼの観える特別養護老人ホームに入居」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして・・・なのですが、母が特養に入所しケンカ相手が居なくなり少々寂しくも感じています。 人生一度きり。前向きに生きるためのブログです。

認知症の母との暮らし

肩こりには、孫の手よりも娘の手?

2021.9.21(火)

内職の追加を頂けました。
有難いことです。
そして、肩・首こりも起きています(苦笑)

次女のサキは中学生辺りの頃からマッサージが上手で、わたしが辛そうにしていると、

「おかぁ、ちょっと動かないで」

こう言って、肩のマッサージをしてくれました。

程よい力加減で、わたしのツボにドンピシャとハマり、あまりの気持ちよさにウトウトしてしまうくらいでした。
マッサージ器を一家に1台とは言いませんが、サキのように上手なコがいてくれたら、仕事の疲れはその日のうちに飛んでくれるでしょう。

一緒に暮らしていた二十歳までは、辛い時にはよくお願いしていたものですが、実家に戻ってからは湿布薬等に頼るしかなく、気休めでした。
やはり、直接揉んでもらうのが一番効果があり、スッキリとしていましたね。

「古河に帰るまでに、肩もみしてあげるからね」

GWや盆正月に帰省した時などは、このように嬉しいことを言ってくれました(⌒∇⌒)
孫の手ならぬ、サキの手が欲しいです(笑)


ところで母美代さんですが、滅多に肩が凝ったとは言わなかったような。
マッサージの上手なサキでも、美代さんの肩もみをしている姿を観たことがなかったです。
いや・・・肩を揉まれるのが嫌だった・・・。
そうだ。古河で一緒に暮らすようになり、肩が痛いと言われた際、揉んであげようとしたのですが、要らないと断られた記憶が。
そう、美代さんは自分の身体を誰彼に触られるのが得意ではなく、恐怖を感じるタイプでした。たとえそれが、子や孫でも。

17年の6月に、当時神戸に住んでいた妹夫婦の所へ遊びに行きました。
美代さんがまだ杖歩行でもしっかり歩けていた頃で、「もしかしたら最後の旅行になるかもしれないからね」こんなことを話していましたが、実際、最後の旅行になっていました。

場所が何処だったかは忘れたのですが、階段のある所でひと悶着。
昇り降りに時間がかかるので、義弟がおんぶをすると言ってくれたのですが、美代さんは頑なに首を縦には振らず、膝が痛いと言いながらも一人で降りていました。
妹は「せっかく気を利かせておんぶすると言ってくれたのに」と、義弟に頼らなかった美代さんにチクリ。

20171010-24

認知症が進行し歩行も大変になると、手を差し伸べてもらえることをとても有難いと言うようになっていましたが、あの時におんぶしてもらっていたら、良い思い出となっていたように想うのですがね。
でもまぁ・・・忘れるかぁ。

それにしても辛い。家庭用マッサージ器を探してみようかしら。
でも、内職代より高くついては本末転倒。

具合が悪くらない程度にしなければね。


ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


お墓と仏壇 必要なのは?

2021.9.20(月)

彼岸の入り。
天気にも恵まれ、お墓参りで故人との長話もできそうですね。

わが家のお墓は岩手にあるので、「お参りに行って来ましょ」とは簡単には言えず、この家にある仏壇にお供えをすることしかできません。
父が好きだったお団子と、夫が好きだった豆菓子を供えました。

お仏壇。
実家には、母が揃えたとても立派な(見た目も金額も)仏壇があります。
認知症になる前は、毎朝晩、ご飯とお水を供えていました。

住んでいるこの家にも仏壇はありますが、夫専用に私が選んだ仏壇です。
実家にある仏壇に比べると、かなり大きな違いのある仏壇で、木製ではなくガラス製で棚置きするタイプ。
共に現代仏壇でお洒落ですが、母が選んだ木製の方が、遥かにらしく観えます。

17年の9月に、実家を離れわたしと暮らすことになった母美代さんですが、流石に仏壇を持って来ることはできず、お位牌とお釈迦様を残したままで、美代さんが居なくなったあとは、ご飯やお水のお供えをすることはなくなりました。

父の遺影をコンパクトにした写真を、夫用に揃えた仏壇に立てていますが、母は古河での暮らしで一度もご飯・お水のお供えをしたことはありません。
当時は要介護1で、認知機能はしっかりとしていましたが、ところ変われば品替わる?で、わたしが線香のみにしていたので、美代さんも右習いでした。

認知症は色いろなことを忘れ・できなくなっていく。
昨年の秋辺りから、父が亡くなっていることを理解できずに「どこで何をしているんだ?」と、問われることが度々。
仏壇に父の写真が立ててあるのに、それを観ても亡くなったと判らないのが不憫。

人は二度死ぬと言います。
一度目は命の炎が消えた時。
そして二度目は生きている者の記憶から消え去った時。
父は、美代さんの中ではずっと生きているのでしょうね。

242453_s

わたしは、美代さんが認知症になるなど努々思っていませんでした。
実家のお仏壇を揃える際も、美代さんが死ぬまで守ってくれるのだと思っていました。
どんなに立派なお墓や仏壇でも、それを継承してくれる者がいなくては単なる物。

家を継ぐ者として、わたしがしっかりと守っていかなくてはならないのでしょうね。それが、定めなのでしょうね。

あれもこれもと、頭の中がぐちゃぐちゃになっています。


ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


負担限度額の変更で、年金では賄えなくなる?

2021.9.19(日)

母美代さんが入所している特別養護老人ホームから電話連絡が入りました。

8月1日から、介護保険施設における負担限度額が変わることになっていたので、その連絡でした。
加えて、パソコンソフトの移行が済んでいないとのことで、今月請求分(8月分)はこれまでの負担限度額での請求になり、正規の金額の差額分は来月の請求で相殺しますとのことでした。

負担限度額の変更で、これまでの金額に2万円強がプラスされる。
母が支給されている年金額ではギリギリの金額で、これに毎月の特別メニューや病院受診料・薬代が加算されると、とても綺麗な赤字になる。

母の特養入所を決めたのはわたしで、年金額で賄い切れると思ったから。
まさか、限度額が一度にこんなにも上がるとは思ってもおらず、正直言って計算外。

DSC_1617

認知症の家族の会の主催者Iさんは、8歳年上・アルツハイマー型認知症要介護5の妻様を、在宅介護されています。
Iさんは、ご自分の持病を抱えながらでの在宅介護で、頭が下がりますが、ふと疑問に感じていたことがありました。
それは、「何故施設入所の選択をしないのだろう?」
会の度に訊いてみようかと思っていましたが、前々回の会でその理由が判りました。

わたしから訊いてみたのではなくて、何かの話がきっかけでご自分の経験を話し出されました。介護度がどの程度での入所だったのかは判りませんが、以前お世話になっていたが退所して在宅介護に戻されたとのこと。

退所の理由は、金銭的なこと。
入所させてみて、当然ながら生活費が自分と妻様の二重になったことで、暮らしぶりが変わったそうです。
それにより、自分はまだまだ動けるのだから、受けられるサービスを使いながら、もう一度在宅介護でやってみようと決められたそうなのです。
妻様は一度は歩くこともできなくなったそうですが、Iさんの検診的な介護で、階段昇降もできるまでに回復されたとのこと。

話を聞きながら、凄いなぁ・・・でした。
さて、自分ならできるのか。一度楽を憶えてしまったわたしに、再度の在宅介護ができるのか。
この時はまだ、負担限度額のことを深くは考えてはおらず、無理だよな・・・その想いの方が強かったのです。

5~6メートル歩くのもやっとだった母は、特養入所の当日から車椅子生活になりました。一日中車椅子に乗ったきりで、果たして在宅に戻ったら自分の足で歩こうと想うのかしら。たぶん無理。
でも、それこそわたしの介護次第になるのでしょうね。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□

こんなことを考えなくてはならなくなった原因は、負担限度額。
でも、国が決めたことなので個人ではどうにもならず。
できることは、自分の暮らしを再検討してみること。

これからの人生を、自分らしく生きるために必要なことは何かを、一つひとつ見直してみましょう。


ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


骨粗鬆症の薬、いつまで必要・・・?

2021.9.16(木)

内職の連絡が、グループラインで入りました。明日出るとのことでした。

案ずるより産むがやすし・・・ちと、違うか。
待てば海路の日和あり・・・これになるのかな。

「今は思うようにいかなくても、じっと待てばそのうちにチャンスがめぐってくる。だから辛抱強く待てということ」

チャンスではないけれど、焦り、気をもんでいたのは自分だけだったようです。でも、確実に仕事を貰っていた人もいた訳で、その人たちは特別だったのでしょうね。


在宅介護の頃、母美代さんは半年に一度骨粗鬆症の注射・プラリアと、内服薬・L-アスパラギン酸を処方されていました。
その時期が今月9月なので、どの様になっているのかを入所している特養の看護師さんに訊いてみることに。

看護師さんの話として。
プラリアは血液の中の成分を変えることがある為、注射の前後に採血をする必要がある。
先月の31日に採血し、結果は21日に提携医の訪問があるので、その時に解る。

採血の結果についてを連絡してもらうことにし、電話を切りました。

脳梗塞と認知症で受診していたかかりつけ医からは、これまでに一度も上記の様な説明はなく、受けるのが当然と思っていましたが、少し不安になったので検索。
「低カルシウム血症」という言葉が出てきたのですが、ポチすると医療関係者でなければ開くことができないようになっており、その先のことまでは判らずじまい。
21日以降の連絡を待つしかないですね。


想えば、19年の1月に散歩の帰りに強風に煽られ転倒し、救急搬送。
レントゲン検査の結果、左手の甲の亀裂骨折と中指の脱臼の診断でした。
ギブスをすると他の指も動かせなくなるとのことで、包帯でぐるぐる巻きの状態。

DSC_0830

          包帯を外した状態

老人の転倒で怖いのは大腿骨の骨折だと聞いていますが、右手には杖を握っていたので、左手で頭を打ち付けることを庇ったことでの骨折ではないかと。
咄嗟のこととは言え、当時の介護度は要介護1で、まだまだ判断能力があったようです。

ここで想うのは、骨折はしたものの足腰でなかったのは、骨粗鬆症の薬のお陰ではないかと。
骨粗鬆症の薬を薦めてくださったのは、実家に住んでいた当時のかかりつけ医でしたが、プラリアではなくて別のものでした(名前は忘れました)
古河に越してきて、脳梗塞を発症し受診した病院で受けたのがプラリア。

ただね、この薬をいつまで受けたら良いのか迷うのですよ。
特養に入所し、完全に車椅子生活となり転倒の恐れはなくなったように想うので、結果が判った時に改めて訊いてみようと思っています。

※ 転倒の記憶が強く残り、普通に歩けていたのに、歩くことを徐々に拒否するようになったように思います。

女性に多いと言われている骨粗鬆症。
わたしも何れはお世話になった方が良いのか・・・。
頭の片隅に置いておきましょう。


ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


施設に面会に行くのは家族の義務?

2021.9.15(水)

今日は「老人の日」なのだそうです。
そして、9月は世界アルツハイマー月間。

母美代さんが入居している、特別養護老人ホームから配られている月間の予定表には、今日15日の予定は何も記されていませんが、19日に敬老の集いとあります。
コロナ禍でなければ、近隣の幼稚園児たちとふれあうこともできたはずですが、遠くない未来にそれができることを願うしかないです。

先月送付されてきた請求書の中に、施設での行事の写真をプリントにしたものが入っていました。

・・・へー、こんなことをやっているんだ・・・

その時は写真に写っているのが美代さんだとは気付かずに仕舞ってしまったのですが、昨夜何となしに引っ張り出してみると、見覚えのあるひざ掛け姿の老女が。
ピース✌をしているのは、紛れもなく母美代さん。
顔の表情が判らないのが残念ですが、皆様方と外の空気に触れ、たぶん楽しんでいたことでしょう。

DSC_1612

それにしても寒がりの美代さん。一人だけひざ掛けです。


緊急事態宣言が今月いっぱいまで延長になり、面会の申込もできない状況ですが、永遠ということはないでしょうから、首をキリンの様にして解除の日を待つしかないですね。

特養探しをしていたとき、利用料金を集金の形にしている施設がありました。その理由を訊くと、

「面会に来て下さらないご家族でも、せめて月一の集金のときだけは面会をしてもらいたいという願いからです」

なるほど・・・。
でも、お金だけを支払い面会せずに帰ってしまう家族もいるとのことで、家族の形はそれぞれなので強くは言えないが、できれば僅かな時間でも面会をしてもらえればとも仰っていました。

わたしが面会に行く理由。
それはわたしの都合で、在宅介護の辛さ・厳しさから入所させてしまったことへの、後ろめたさから。
そう、初めの頃はその想いだけでの面会でしたが、最近少し気持ちが変わってきています。美代さんの立場を、自分に置き換えて考えるようになったのです。

もしも自分が見ず知らずの場所へ突然放り込まれたら、いったいどんな気持ちになるだろう。家族が全く会いに来てくれなかったならどんなに寂しい思いをするだろう。
先のことは判らないけれど、いつか自分が施設のお世話になったなら、理解できる頭が残っているうちはむすめ達に面会に来てもらいたい。こんな、自分勝手な想いが出てきたから(苦笑)

わたしがしていることを、むすめ達がいかほど理解しているのかは判らないけれど、少しは記憶に留めてほしいと願って。
でもね、本音は認知症になどならずに、茶髪に目いっぱいオシャレをし、ハイヒールを履いてコケそうになりながらも颯爽としているのが理想(笑)

※ 親の想いと子の想いは、必ずしも一致するとは限らない・・・かも。


ランキングに参加しています。
応援を、宜しくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 肩こりには、孫の手よりも娘の手?
  • お墓と仏壇 必要なのは?
  • 負担限度額の変更で、年金では賄えなくなる?
  • 長寿の秘訣・・・ウーン、難しい
  • 子ども達の笑顔が、一日でも早く取り戻せることを願って
  • 骨粗鬆症の薬、いつまで必要・・・?
  • 施設に面会に行くのは家族の義務?
  • ポジティブに生きるために、底まで落ち込む
  • 孤独感・疎外感・・小心者・・・がんじがらめ