2024.7.7(日)

雨です。
夜になっても、天の川は見えないかもしれません。

29973104_s


退院後、3週間はわが家で過ごしてもらう予定だった次女親子が、自宅へ戻った。

長男のマナくんが環境が変わったせいで情緒不安定になり、「悪いことばかり起こる」こんなことを言いだした。

「マナがわたしと目を合わせてくれない。口数も少なくなった…」


次女の身体の回復を考えると、最低でも2週間はここで過ごしてほしかったけれど、マナくんを想う次女の気持ちもわからない訳ではない。

DSC_2087


経産婦と言えども初産から8年半が経っているし、体力面では初産の時よりも劣るはず。
ナオくんだけでなく、夫や長男の世話もしなければならない次女を、母親としては案じてしまう。
相談の末、わたしが次女宅へ通うことになった。


わたしが娘たちを産んだのは、20歳と25歳の時。
体力面ではまだまだ十分に若かったけれど、母美代さんからは、家事については何もしなくていいから、とにかく身体の回復だけを考えるようにと言われた。

科学が進歩したとしても、産後の肥立ちについては昔と変わらないのではないか…? 
悪露が出ている期間は約1ヶ月。その間は身体も精神も不安定になる。

「お産の粗相はお産で返すしかない」

これも美代さんから教わったことで、それだけ産後は大事にしなければならないのだと。


願わくば、婿殿が少しでも理解を示し、次女を大切に扱ってくれますように。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村