2023.11.21(火)

昨日、整形外科を受診してきた。


プレガバリン・疼痛治療剤(神経障害性疼痛・線維筋痛症)を長く飲み続けると、稀に体重増加の症状が出る人がいるとのネット情報。
わたしも体重増加が気になっている。

わたしに考えられるのは、3つ。
  1. 年齢的なもの
  2. 運動をしなくなったこと
  3. 薬の影響
1.2は確実だと思うけれど、3については何とも言えない。
でも、増えたことは確かなので、医師に相談。

「そうですね、10人に2人くらいはいますね」

今はプレガバリンOD錠75㎎を、朝晩1錠ずつ飲んでいるが、一段下げて50㎎に変えてもらった。
と、医師は前回のMRI画像診断から半年が過ぎているので、もう一度撮ってみましょうと。
結果として、なんと!

DSC_1360

右が5月の画像で丸の中に突起があるが、左側の昨日の画像では突起の部分が塞がっている。


「ヘルニアは治っていますね」

「え?そうなんですか。でもそれならなぜ痛みが続いているんですか?」

「それはダメージです。すぐに痛みが取れる人もいますし、この先何年も続く人もいます」


【ダメージ】
検索してみると、損害・被害・損傷のことを意味する表現とあった。
わたしの痛みは、損傷(傷がつく・損なわれる・だめになる)なんだね。

ヘルニア自体は縮小傾向と記されているけれど、痛みが完全に取れるかは、ハッキリ言ってなんとも言えない…が、答えのようで(泣)

DSC_1309


ヘルニアは縮小傾向で、プレガバリンの量も減らしてもらった。
25㎎まで減らすことができるけれど、なるべく薬に頼りたくない想いで整体に通い出したわけで、あとは、整体でどこまで痛みが取れるかよね。

病は気から…?
坐骨神経痛も気から…?
いやいや、痛いものは痛い(苦笑)。


認知症と診断された父に、「そったな病気、気合で治すんだ」と言っていた母美代さん(18年前の話)

わたしも、イメージトレーニングと気合で過ごしてみようかな(苦笑)。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村