2023.6.19(月)

昨日は父の日。
わが家では、わたしの父も娘たちの父も他界している。

長女が28歳、次女が23歳のときに亡くなった夫。
花嫁姿を観ることも、孫を抱くこともなく、53歳であの世へと旅立ってしまった。

人生に悔いはないと言っていたけれど、心残りはあると言っていた。
そう、孫の顔をみたかったと。

男の子がほしかった夫は、孫は絶対男の子で、タバコとお酒を教え二人で一緒に飲み明かすんだ・・・なんてことを言っていたけれど、叶わぬ夢のまま逝ってしまった。

現実として、孫は男の子。
生きていたなら、心底喜んだに違いない。
そして、婿殿のご両親には申し訳ないが、何処にでも連れまわしていたかもしれない(苦笑)


「じいちゃん、〇〇さん。マナは今のところソプラノボイス・細身のイケメンだよ。一人っ子だけど優しく気遣いのできる子に育ってる。そちらで見守っていてちょうだいね」

Wじいさまには、あの世とやらで孫(ひ孫)の成長に目を細めていてくれたなら何よりなこと(⌒-⌒)


長女の買い物に付き合い盛岡市月が丘へ。
お昼には、近くにあるお蕎麦屋さんでランチ。

DSC_0872


入店後の注文のシステムが珍しかった。
入ってすぐの所にお会計のカウンター。その上にはお品書きがありその場で注文お会計。後は空いているお好きな席へどうぞ、と。

メニューには、レモン蕎麦とかごまだれ蕎麦などがあったが、わたしたちは初めてなので、取り敢えずは無難にと天ぷらそばを注文。

DSC_0871


食レポは下手なわたしですが一応。
天ぷらは、大きめなえび二尾。さつまいも、舞茸、パプリカ、ししとう。サクサク、ぷりぷりでこれを藻塩で。

蕎麦は見た目よりも多め。
石臼で引いているようで、黒い粒入っており、風味がありかたくもやわらかくもなく、本当に美味しかった。
つゆは少し濃い目なので、全部を浸さず半分くらいにしてくださいと注意書きが(笑)
値段は1200円。満足できる内容でした。

因みにお会計時にはいつも訊かれます「お会計はご一緒ですか?」
面白いものです(笑)

会計は長女のおごり。
生活費は折半で、家事全般はわたしがやっているので、外食時には長女が出してくれる。
お互いそれで納得しているので、変な気遣いもなし。

そうそう、食べている最中に「今日って父の日だね」と、ポツンと言った長女。そうだねと答えたわたしですが、その後は父親の話は出ずじまい。
亡くなって14年も経つと、こんなものなのかもしれません(苦笑)

PS 
父も夫も、蕎麦は大好きでした。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村