2022.12.3(土)

お寒うございます。

3年ぶりの岩手の冬。
思っていた以上に身体に堪えます(苦笑)

DSC_0402

昨夜のことです。
美代さんの晩ご飯を終え、食器洗いをしていました。
そこに丁度長女が帰宅。

「おかぁ、何だか臭いよ。ばあちゃんのとこにきてみて」

そうです。
美代さんはウンチが出ることを教えることもなく、してしまったようなのです。

先日はわたしひとりだけで、泣きたくなる思いで何とかやりましたが、昨日はユカが居てくれたので助かりました。
そして、またもや下痢でした。

処理をしている間の美代さんはなすがまま。
下痢をした記憶もなく、何をされているのかも分からない状態。
終わった時には7時を回っていたので、そのまま寝かせつけました。


「なんかさぁ、作業自体はいずれは慣れるかもしれないけど、心が折れるよね。おかぁ、あれをひとりでやったんだね」

わたしもユカも手袋を準備していたが、1枚では足りずに交換だ何だとしているうちに手に付いしてしまい、最後には素手で。
乳幼児のウンチが手に付いたとしても、あまり気にならないのに、おとなのウンチだとなぜ汚いと感じてしまうのか、ユカも同じ様に想ったようです。

DSC_0401

    遊びに来た孫のマナくんの足を枕にする桐ちゃん


それにしても、下痢が続くのは何が原因なのか。
家での食事は特に変わらないし、熱もなく血圧も安定しているしグッタリしていることもない。
市販の整腸薬を飲ませ様子見をしているが、今日・明日と続くようなら受診を考えなければならない。

動けない美代さんを病院に連れて行くのは、わたしひとりでは無理。
以前利用した福祉車両は事前予約が必要で、救急での対応はしていない。
いざとなったら救急車を呼ぶしかないだろう。

89歳の美代さん。
今日も傾眠が続いています。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村