2022.6.21(火)

暑い日が続いている八幡平市です。
気温はそれなりに上昇しているのですが、関東に比べ湿気が少ないので、その分カラッとしています。


母美代さんの部屋にエアコンを取り付けようか迷っています。

美代さんは、古河で暮らすようになるまでは、実家の自室ではエアコンなしで暮らしていました。
19年の夏に市中肺炎に罹り、2週間ほど入院していますが、退院時に医師からのアドバイスで美代さんの部屋にエアコンを設置しました。
その後、20年に一軒家の借家に引越した際にも、エアコンを取り付けてもらいました。

fdb7e0ba98c0998ba21af3e011041e19_s

美代さんは元々が寒がり。
わたしと一緒にエアコンが効いている居間に居ると寒いと言い出し、設定温度を上げたこともあります。
今思うと、部屋のエアコンを使用していたのは、夏場よりも寒い時期が多かった記憶です。
夏は窓を開け、そこから入ってくる風で何とかなっていました。

昨年4月に特別養護老人ホームに入所し、この1年間は快適な空間で暮らしていたことになります。
その空間で慣れている身体は、岩手の夏をどのように感じるのか。
古河に引っ越す前の身体を思い出すのか、それとも快適な空間から抜け出せないままになるのか。

取り付けについてを娘たちに相談してみると、取り敢えずはしばらく様子を観て、取り付けはその後でも良いのではと。

DSC_2054

岩手の冬は寒いです。
エアコンの暖房では賄いきれません。
エアコンは夏の暑さ対策のためですが、古河の暑さの中でもわたしの部屋にはエアコンはなく、それでも何とか耐えられましたΣ(´д`;)

5年前までは、岩手の夏を普通に乗り越えてられていた美代さん。
現在89歳ですが、来月岩手に連れて帰ってからの様子を観て決めることにします。

地球温暖化。
電気代も上がり、涼しく生活できる工夫も必要なのかもしれませんね。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村