2022.1.17(月)

お年玉年賀はがきの当選番号の発表がありましたね。
一等などは当たらないと思い、末当番号を見てみたのですが、残念。

昔、切手シートが当たったことがあったのですが、手紙を出すこともなくずっとしまいっぱなし。
いざ使おうとしたら、消費税の変更で金額が足りないということで、不足分の切手を購入したことを憶えています(苦笑)

DSC_1762


さて、昨日のジョグでのことです。
壁を突破できたことで気分が上がり、今日もやってやる~!!と勢いつけて走り出しました。
少し進むと30mくらい先に、見覚えのジャンパーを着たご夫婦の姿が。
実は、このご夫婦とは少しばかり因縁と言いますか、気まずいことがありまして。

昨年の春・・・夏でしたか。
いつもすれ違うご夫婦でしたので、何となく気心が知れていると勝手な思い込みで、お声掛けをしました。

「あの・・・この街には知り合いがいなくて、よくお会いするみたいなので、これからはご挨拶させてもらってもよろしいですか?」

一応丁寧に話しかけてみたのですが、夫様は「え?」という顔をなさい、妻様に至っては、

「知らない人ですので、ダメです」

・・・あぁ~、ダメなんだぁ。でもいつもすれ違っているのになぁ・・・

妻様の勢いに、夫様は苦笑いをしながらス~ッと先に進んで行かれました。


同じコースをウォーキングしているのだから、このご近所に住まわれているのでしょう。
あの後も、度々前を歩いていたり後ろから追い越したりしていたのですが、断られてしまいながらも「こんにちは」とお声掛けはしていました。

夫様は軽く会釈をしてくださいましたが、妻様は知らんふり。
その後しばらく経って、夫様は顔を背けるようになり、終いには妻様を誘導してコースを変更しようとなさいました。

こうなってくると、わたしの方も挨拶をする気分にはなれず、追い越したりすれ違う際には取り敢えず会釈の真似事みたいな感じで、ほぼ知らんふり。

昨日は、横を通るのも引けてしまい、わたしの方がコース変更。
横道に入り、初めて通る住宅街を何となーくの方向感覚で走りました。
暫く進むと、行き止まりだったり二股に分かれた道になり、わたしは少し混乱気味。方向的には合っていると想いながらも、迷子になったかぁ?と、不安に。

【道は続いている】
何方かのお言葉でしたっけ?
気を取り直してとにかく進んでみた結果、見覚えのあるアパートの横に出たのです。

・・・そっかぁ、ここに繋がっていたんだぁ・・・

コースが変わると距離感覚も判らなくなってしまい、結局何キロ走ったのかも判らずじまい。
いつものコースに戻ったは良いが、気持が萎えてしまい、走り続ける気にはなれずに途中でやめてしまいました。

DSC_1772

       紐は、毎回結んでいます

認知症予防のためのウォーキングは、決まりきったコースばかりではなく、時には新しいコースを見つけ周りの風景を楽しんだりする方が、脳の刺激になると言います。
そういう意味では、昨日の走りは脳のためには善かったのかもしれませんが、コース変更のきっかけが「気まずい思いをしたくない」だったので、楽しむこともなく終わってしまうことに(泣)


内職の連絡が来ないので、今日も走りに行きます。
あのご夫婦と会ったら、どうする?
わたしが悪いわけではないと思うけれど・・・わたしが悪いのかな。

今日は自分を持って走ることにします。
誰の為でもない自分の為に走るのだから、それで善いと。


それにしてもです。
最初から知っている人って、家族くらいですよね。
知らない人と徐々に知り合うことって、いけないことなのかしら(悩)


お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援をしていただけましたなら幸いです。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村