2021.2.17(水)

ねこって、みんながみんな爪とぎが得意な訳ではないのよ。
毛づくろいと一緒で、マメにやってるコとそうでないコがいるけど、それと同じ感覚ね。

わが家のにゃんズもその通りで、桐ちゃんは「おんなのコだね~」と、褒めてあげられるくらい毛づくろいをしている時間が長い。
対して青くんは、あまり時間を掛けずに気になっているところだけを、チョイ・・・みたいな感じ。

で、爪とぎも同じで、桐ちゃんはマメよ~。
だから、常に研がれた凶器(?)のごとく、突き刺さるの。
でも、青くんはホントに気が向いた時にしかやらないから、爪の先はぼんぼ(鉛筆の芯が丸まっている様子)なんだけど、男のコの爪って女のコのより頑丈な感じなので、ぼんぼでも、力を入れられると、流石に「イタッ」て、なるヮね。

3年ちょっと、せっせと爪とぎされたキャットタワーの柱部分。
桐ちゃん専用の爪とぎ柱なんだけど、この度、修理・・・と言うか修繕してみました。

DSC_1101

        麻のロープがボロボロ

DSC_1102

         ハサミでカット

DSC_1103

DSC_1104

       巻きはじめと巻き終わりは釘止め

DSC_1106

       まぁまぁでしょ!自己満足(笑)


ロープはホームセンターで、綿ロープドラム巻き・直径12mmのものを計り売りで、5メートル購入。ついでに、強力木工用ボンドも。
カットした部分にボンドを付けながら、力いっぱい巻き付けて、最後は釘打ち。

なぜ麻ではなく綿にしたかと言うと、桐ちゃんがわが家の家族になってくれた時に、亡き夫がお手製で爪とぎ柱を作ってくれたものを真似てみたの。

DSC_0486

桐ちゃんはその柱を爪とぎとしては勿論、スイスイと上りタンスの上へ。
2年前の写真。今ではもう登れないです(おばあちゃんニャンコ)

このポールの爪とぎで慣れ親しんでいたので、麻のロープではなくて綿ロープにしてみたという訳。
今朝、ガリガリ!していましたヾ(=^▽^=)ノ

見様見真似で作ったけど、素人製としてはまぁまぁの出来栄えだと思うんだけどね。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

午前中、かかりつけ動物病院へ。
いつもの、爪切りとレボリューションの塗布。

体重は、桐ちゃんが3.22kg 青くんは6.06kg
2か月前は、3.28と、6.10だったので、少しだけ減っていたけど、先生は「変わっていませんね」て。このくらいは許容範囲なのかも。

桐ちゃんが、クリームが好きなことは載せているけれど、最近その量が増えマズイと想っていたので相談。
・・・怒られるよな・・・と、思っていたけど、やはり怒られてしまった。

「ねこには糖分は必要ないです。キャットフードだけで十分栄養は摂れます。どうしても食べさせたいのなら魚か肉(鶏肉)を買ってきて、味付けなしで食べさせてください」

解っていたのよ。
でもね、「美味しい」(ホントに言ってるの?)て、食べてくれるからついついその量も増えちゃうのよ('A`|||)
それこそ、あたしの自己満足で、桐ちゃんにとっては「いい迷惑」なのよね。
物分かりの良い継母ぶっているけれど、最低よね・・・(T_T)
心を鬼にして、今後は極力食べさせないように。
(昨日4個買ってきてしまった・・・あたしが食べよう←勿体ないでしょ)

お刺身も最近は飽きちゃったみたいで、食べてくれなくて。
キャットフードのおやつ(チャ〇チュール)なんかも、添加物が入っているので、ダメ。
長生きしてほしいものね。ダメ親、卒業しなきゃね。

※ 鶏肉は、ささみ・むね肉・もも肉、どれでも良いそうですが、皮は脂が多いので食べさせないようにと。当然、焼くか煮るかをしてからです。

にゃんズは今日も元気です。