ショートステイ短期入所の説明・手続きが終わりました。
担当者との面談中にはニコニコしていた美代さんでしたが、家に帰り一旦落ち着いて出た言葉が、

「オレが邪魔だがら、泊まらせるのが?」

邪魔・・・ハッキリとは言いませんが、同じ空間に居たくないと思う日はあります。
食事の支度・着替えの手伝い・リハパン&尿とりパッドの交換、そして毎日繰り返させる一瞬で消える記憶と、それに対するいい繕い。

美代さんはまだ軽い方でしょう。
でも、365日一緒に居ることに、とにかく苦痛を憶えます。
2~3日離れることでお互いがリフレッシュできるのではないかと、ケアマネからの提案でした。

あたしにとってはとても有難い提案でしたが、美代さんにとっては訳の判らないことですよね。
今まで通りに週4日をデイケ・デイサで過ごせば、それで幸せなのですから。
それでも決めたことですから、今月からお世話になります。

DSC_0831

で、説明時に「アレッ」と、思ったこと。
自己負担限度額の負担が軽減され、少しは安くなるのだろうと勝手に判断していたのですが、加算手当ての量が思いの外多く、自分なりに予測していた金額よりかなりお高め。
施設を出た後で、ケアマネも仰っていました。

「こちらは高いようですね。今月と来月は決めてしまいましたので、12月にお世話になる所は、改めて探してみましょう」

「やりくりできる金額は決まっていますので、それを出ない範囲でお世話になりたと思っています。宜しくお願いします」

美代さんは行きたくないのに、あたしのイライラ解消のためにお願いする、ショートステイ。
多額を掛けて嫌々行かせることに疑問・・・本当にこれでいいのかと考えてしまいました。

ケアマネに頑張ってもらい、もう少し身の丈に合った場所を、探してもらいましょ。

PS
インフルエンザ予防接種を受けてきました。
あたしが受けるのは、来月の予定です。