わが家のにゃんズ「桐と青」

青くんは、今日8月1日が誕生日です。
15歳になりました。

DSC_0697

    デ~ン!横綱?(笑)昨日の写真

わが家の家族になったのは、15年前の11月頃だったような。
当時勤めていた工場のお向かいで、半野良状態でご飯をもらっていた。
ある日。
あたしが帰ろうとすると、どこからともなくやってきて、足にスリスリし始めなかなか離れようとしない。
車の往来が激しい道端ではなかったが、それでも万が一ひかれて死んでしまったら・・・そう思うと置いて帰る訳にもいかず段ボールに入れて帰宅。

鼻がぐしゅぐしゅして、毛並みも汚れていたので、かかりつけ動物病院へ。
猫カリシウイルスに感染していたので、薬を処方してもらい、暫くは桐ちゃんとデンくんには会わせないようにして、その夜からわが家の一員となった。(桐ちゃんの前から飼っていた先住猫)
(誕生日を8月1日にしたのは、乳歯の具合からです)

DSC_0704

     今日の午前中 zzzz お休み中

この15年間。
大きな病気をすることもなく、健康なおデブちゃんねことして暮らしてきた。
千客万来の桐ちゃんとは違い、身体の割には臆病で、来るものは拒み、去る者は追わず。
それでも、野良時代の名残なのか猫本来のハンター気質なのか、以前住んでいた一軒家では、ゴキちゃんや、トカちゃんを捕まえることもありで、あたしはその度に「ギャーギャー」わめいていた。(苦笑)

何年か前に、長生きできるのは環境が良いからなのだと、かかりつけ医から言われたことがある。
あたしはその言葉を、勝手にお褒めの言葉と取っていたが、まんんざらでもないように想う。
年に一度の3種混合ワクチン接種。(外には出さないので、3種でOK)
2ヶ月毎の健康チェック・レボリューション&爪切り。

起きている時間よりも寝ている時間の方が多い。
寝息やいびきの音が高く、大丈夫かと心配することもあるが、本ニャン的には何ともないようで、熟睡。

自己表現が下手で、カマッテ~と地味~に甘てくる。
忙しい時は空気を読み?「そっか・・・じゃ、我慢するよ」みたいにスーッと離れて行く。
その姿を観ると、余計に撫でてあげなければと思ってしまうのは、彼の計算に因るものか?(まさかね)

青くん。
誕生日おめでとう。
まだまだ、長生きしてね。

これからも、
母と、ず~っと一緒だよ。