「おかあさん、いつも産んでくれてありがとう」

フジTV、VS嵐で、
嵐のリーダー大野君が、自分の誕生日にコメントする言葉です

3ef5284aa5fe40d201c75a262c56db06_s

自分がこの世に存在するのは、紛れもなく産んでくれた両親がいたから
それを否定することはできない。
親と子の関係、色いろあると思うけれど、親を好きで居られる人は幸せだと思う

あたしは典型的な、父親っ娘
過去にも記してあるが
髪を結う
洋服選び
運動会や発表会のお重箱弁当
高校生までは通学のお弁当も父親の手作り

母からお弁当を作ってもらった記憶は・・・ない
母から服を買ってもらったのは一度だけ

でも、母から訪問着を仕立ててもらった
一度も袖を通すことなく現在に至っている
箪笥の肥やし・・・勿体ない。
反物に戻して、別の服に作り替えようか・・・
そんなことを、考えたこともあった

スポンサーリンク


蛙の子は蛙
トンビが鷹を産む
あたしは母の子

母を反面教師として生きてきた
これからも、その想いは変わらないと思う

あたしがこの世に存在するのは、両親のお陰
そして、産んでくれた母のお陰

「おめどソノコは、オレの子だよな・・・?」

自分が産んだ子であることも、直に忘れるのだろう
それがいつになるのかは判らない

昨夜、7月があたしの誕生日であると気付いた母
日にちまでは答えられなかった
いいのよ、忘れても
誕生日を憶えていてくれなくても、悲しくもなんともない
それよりも、今自分ができることをなるべく続けて居てくれたら
そう、願う

母よ、
産んでくれてありがとう

あたしは今日、還暦を迎えた