デイケアリハビリ会議の詳細が届きました。
一通り目を通し、まぁ、こんなものね。と。

今の美代さんに「ああしろ・こうしろ」と言っても、記憶に留めて
置くことはできません。
そのときは、いつものように「わがった」ですが、
この「わがった」は理解しての解ったではなく、単に返事をしただけの
「わがった」

昨日デイサービスから帰ってきた美代さんは、
自分の部屋の引き戸を開け、立ったままでジ~ッとしていました。
と、その後。
今度はキョロキョロし始めたのです。

ここは自分の家なのか?
そんなことを呟いていました。
そして、なぜ孫むすめ達たちがいないのか・・・とも。

いつまでも立ったままでは疲れるだろうと、着替えるように促し、
自室へ戻ってもらいました。

スポンサーリンク


あたしがイライラするのは、
美代さんの行動・言動を、いちいち真に受けるからなのだと、
今更ながらに感じています。

そう、ほっとけばいいのですが、出したものを片付けない。
食べっぱなし・飲みっぱなしで、散らかり放題。
ついつい、キツイ言葉も。

「あなたさ~、自分の食器くらい片付けなさいよ。歩かないと
益々歩けなくなるんだから」


「は?オレかだづげでねってが?」

最近は、自分で出したことも忘れているので、片付けの「かの字」も
ありません。

「~~してね」「わがった」
で、動かない。
「すぐに動かないと忘れるよ。今やった方がいいよ」「なぬよ?」

ほ~ら聞いていない!ん?頭に入っていない?
たぶん聞こえてはいるんでしょうね。
でも、それが何を意味しているかが理解できていない。
そして、そのうちにやるわ。みたいな感じで、結局頭から抜けてしまう。

こんな状態で会話がなかったら、もっと早く進行してしまう。と、思う。
でも、正直疲れてきている。

認知症患者は、母の場合は独り言が多い。
それも、昔のことばかり。
そして、自分で何を言っていたかも忘れる。
まぁ、独り言だから、忘れるもないか・・・

会話もあるけれど、噛み合わないし。
今話したことが、数分後には別の会話になっていることなどしょっちゅう。
いつの間にか美代さんのペースに引き込まれ「あれっ?」
あたしの頭は混乱し、なんの話していたっけ・・・

DSC_0601

一人暮らしをしていた頃が懐かしい。
したいことも、食べたい物も自由だった。
今は全てが美代さん中心の生活。

あぁ~、早くコロナが収束・・・終息してほしい。
パァ~っと、遊びに出たい。
2波・3波、来るのでしょうね・・・。

今日は歯医者の予約日。
午後〇時の予約だから、〇時には出発するよ。
「わがった」
ものの1分もしないうちに「何時にいぐったっけ?」(行くんだっけ)

こんなことの繰り返しの毎日。

マスクが出回っているようですね。
外出時は、マスク着用しましょうよ。

スポンサーリンク