定期的に出る言葉。

「オレ、あっちで暮らす」

ハイ、今朝も出ました。
その上今日は、デイも辞めると言い出しました。

母を・美代さんを、この街に(古河市)連れてきたのは間違いだった?
ふと、そんなことが脳裏に浮かびました。

17年の8月に、実家で一緒に暮らしている次女のサキからのSOSで引き取った母ですが、あの頃はまだ一人で色々とできており、週2回のデイサービス日には、迎えの時間までにちゃんと用意も済ませ、玄関先で待つこともできていました。
ただ、当時通所していたデイサービスでは、入浴の際のタオル類は全てデイ側で用意してくれたいたので、美代さんが自宅から持って行くものは特になく、手ぶらでもOKと割と楽なデイサービスでしたので、面倒くさがりの美代さんには合っていたようです。

スポンサーリンク


あれから2年半が過ぎ、症状は確実に進行しています。
あたしは、できることはなるべく自分でさせることを心掛けてきました。
まぁ、自分の時間を費やすのが嫌ということもありましたが。

母を引き取らなければ、あのまま岩手の実家で暮らしてたなら、頼る人が居なければ全て自分でやらなければならないのですから、もしかしたら今ほどの進行には至っていなかったかも・・・。
そんな風に考えることも、何度かありました。

「あっちで暮らす」と言われるたびに、「あ、そう。じゃぁやってみれば。ユカもサキもあなたの面倒は看ないよ。それを解って言ってるのね?」と、突き放した言い方をしてきましたが、少しすると「やっぱりここで暮らす」という言葉が出てくるの繰り返し。

今回は、金属床義歯と言う保険適用外の少し高額な入歯を作成中のため、出来上がるまでは実家での暮らしに入ることはできず、美代さんもそこの所は理解しているようで「行くとしたら出来上がってからだ」とも言っています。

スポンサーリンク


早起きが苦手な美代さんが、デイケア・デイサービス日には頑張って起き、
行くのが楽しみとも言っていたのに、なぜ辞めたいと言い出したのか、答えは簡単でした。

デイケアでは、脳トレとして毎回プリントを渡され、スタッフと一緒に問題を解いているのですが、持ち帰ったプリントを観ると、正直言ってあたしでも「ん?」と首をかしげる少々難しい内容のときもあるのです。
これじゃぁ気持ちが萎えるよなぁと、思えることもあったのですが、美代さんはこれらの問題を無理矢理やらされていると思い込んでいるようで、それが辞めたい発言になったようです。

対してデイサービスでは脳トレ的なことは一切なしで、美代さんの大嫌いな物つくりをしているようです。

DSC_0514

        冷蔵庫に貼っています

DSC_0515


      美代さんの部屋にぶら下げています

お裁縫は得意な美代さんですが、折り紙やぬり絵などは大嫌いなので、初めは嫌々ながらの参加のようでしたが、そこは皆様方と「ああでもない・こうでもない」と言いながらの作成なので、徐々に慣れてきており、作ったものを飾ってほしいとも言ってきます。

これまで週3日のデイケアと週1日のデイサービスでしたが、4月からはデイケア日の1日をデイサービスに移行する予定で、週2日ずつの利用になります。

簡単な農作業や、牛乳パックなどの手作りプランターで野菜作りが出来ることで択んだデイサービス。
暖かくなり、好きな土いじりができることで、美代さんの気持ちも晴れ・生きがいにもなってくれるはず。

「あっちで暮らす」は、暫くは出ないのではないか・・・
そう思ってはいますが、気まぐれ美代さんのことなので、さてさてどうなることやら。

PS
ケアマネは、デイサービスでの物つくりに関しては、指先を使う生活運動と称しています。
母美代さんには、脳トレよりも生活運動の方が合っているのではないかと。
そして、大好きな野菜作りもできるということで勧めてくださいました。


スポンサーリンク