昨日は、デイケア・デイサービス共にお休み。

ず~っと、考えていたことがありました。
美代さんと暮らすようになり、ふたりで外食をしたことがない。
以前に、友人と3人でとんかつ店で食事をした際、何が気に入らなかったのか、「二度と誘うな」と言われたことがあり、それ以来美代さんと外での食事をすることはありませんでした。

気になっていたラーメン店があります。
友人とは何度か食べに行っているお店なのですが、麺の硬さやスープの濃さを選べるのです。
入歯で硬い物には難色を示す美代さんには、打ってつけのお店です。
加えて塩分控えめ・スープを薄めて頂けるのです。

昨日、行ってきました。

スポンサーリンク


DSC_0304

ワンタン麺と、餃子を注文。
こちらの餃子はとても大きく、ジャンボ餃子。
1個で、通常の3個ほどの量なのです。
一皿2個入り・3個入り・5個入りとあるのですが、2個入りを注文しふたりで半分こ。

かなり薄めで出して頂いたスープを、一口すすり、
「おいしい」

・・・ヨシッ、掴んだ・・・
「麺はどお?」

「どおって、味が?」

麺の味?いいへ、麺の硬さが気に入ったのかを聞きたかったのですが、訊き方が悪かったようです。
「じゃなくて、硬い?軟らかい?」

「うん。軟らけ」

黙々とラーメンを食べ続ける美代さんに、餃子も食べるように促すと、
「あ、餃子、あったのが」

テーブルに運ばれてきた際に、一口では無理なので、半分に切りました。
美代さんの目の前で、熱いから少し置いてから食べるようにとも言っていたのですが、そこにあることさえ、忘れていたようです。
と、メンマを掴み、この硬い物は何かと訊いてきたので「しなちく」と答えたのですが、目がキョトン。
暫くラーメンを食べていなかったので、すっかりと頭から抜けていたようです。

スープは残したものの、完食。
美代さんの胃袋は達者そのもの。
長生きの太鼓判を押された美代さんですが、もの食いの善さは一目瞭然です。

DSC_0303-2

食が細く、苦労をしているご家族も多いようですが、体重増加が気になる美代さんの食べっぷりを、いくらか分けて差し上げたいくらいです。

12時半過ぎにお店を後にし、晩ご飯までの7時間近く、お腹が空いたとは言いませんでした。
ワンタンも入っていたことで、胃袋は満タン状態だったのでしょう。

でも、飴玉はなめていました。
タバコと同じ位置にあると言う飴玉。
止められないようです。

母娘での外食。
次回はどこに挑戦しましょうか。


スポンサーリンク