昨日の台風の被害の大きさが、次々と放送されています。
被害に遭われた皆様、お見舞い申し上げます。

昨夕、水を買いに出たのですが、全て売り切れでした。
行動が、遅すぎですね・・・。
お茶と、家にある大きめの鍋での対処にしました。

わが家のにゃんズ「桐と青」
動物的な感とでも言うのでしょうか、ふたりとも「何かが起きている」と解っている様子で、あたしの傍から離れませんでした。

DSC_0250


DSC_0249

          昼頃の青くん

特に青くんは、普段は寄ってこない性格なのですが、
「ニャ~・ニャ~」
いつものように、仔猫のような鳴き声で傍から離れようとしませんでした。

DSC_0258


DSC_0259

          夜の桐ちゃん

何とはなしに、心細かったのでしょうね。

今日の古河は、ピーカンです。
午前中は風が強く、昨日の名残の様な感じでしたが、午後からは風も治まり気温が上昇しているようで、ムシムシしています。

昼頃に買い物に出たのですが、緊急避難場所に指定されている小学校の校庭が、水浸し。まるで海?状態でした。

あたしは家から出ませんでした。
母を連れて、あの強風・豪雨では、共倒れです。
集合住宅の3階なので、仮に浸水の危機が迫ったとしたなら、上階へ行けば何とかなる・・・そんな想いで一晩を過ごしました。

スポンサーリンク


台風の度に、どこかで必ず起こる災害ですが、思うことがあります。
避難所へ動物を連れて行くことは、たぶん禁止されているでしょう。
あたしだけに限らず、ワンコ・ニャンコを家族として暮らしていらっしゃる方は多いと思います。

災害時の決断は、心に傷を残すことにもなりかねない。

「命てんでんこ」自分の命は自分で守る。
人の手を借りなければ、生きられないにゃんズには、とても辛いことば。
母よりも、にゃんズを想ってしまうあたしは、人でなしでしょうか。

普通に生きられるしあわせを、実感しています。
にゃんズは今日も、元気です。