今朝のことです。

母美代さんの起床は7時前。
今日はデイケア日なので、まぁまぁの早起き。

リハパン・夜間用パッドの交換は、朝はなるべく自分でさせています。
拭き取りも手が届くうちは自分で。(日によっての、気分次第のこともありますが)
夜は、大きなパッドなので自分で装着ができないので、あたしの仕事です。

ガサゴソ音がしていたので、何とかやってるんだ・・・と。
コンコンと、ドアを叩く音。
何かと思い部屋へ入ってみると、ティッシュをお股に当てて、立っていました。
「交換しようど思ったら、出できた・・・あだらしパンツ・・・濡れだ」

汚れたリハパンはちゃんと脱いでいましたが、穿こうと思っていたリハパンの上におしっこが・・・。
そう、美代さんは過活動膀胱・切迫性尿失禁で、自分の意思と関係なく漏れてしまうのです。

リハパンだけではなく、横に置いているティッシュ箱の上や、床も濡れていました。
おしっこが飛び跳ねたのでしょう。

少々の汚れたリハパンは勿体ないと言い、捨てられない美代さんですが、真新しいパンツ、これこそ勿体ない。
とは言え、捨てるしかありません。
美代さんも納得です。

と、ベッドのへりを観ると、そこも濡れている。
交換する際は、ベッドに座りながらですので、座っていた時点から漏れていたのでしょう。
そして、立ち上がった際にタラタラと落ちたことで、気付いた。

おしっこで濡れたリハパンは勿論、箱ティッシュも捨てることに。
そして、床の拭き取り・シーツ交換。
黙って観ていた美代さん、
「面倒かげで、オレはどうしようもねな・・・早ぐじっちゃのどごさ行ぎて・・・」

・・・・・。

スポンサーリンク

着替え終わって出てきた美代さん、靴下の履き忘れ。(何度も有り)
早くじっちゃんの所へ行きたいと言いつつ、尿漏れのことなど忘れたように、朝食は完食。

むすめ達は言います。
「ばあちゃんは、食べるボケなんじゃない!」

美代さんは、入歯で硬い物は食べられないと愚痴を言いつつも、食欲が褪せることはありません。
とにかく食べることが好き。
そして、食べたり飲んだりする分、当然排泄はある。
食欲があるうちは、何度じっちゃんに頼んでも、お迎えは来ないでしょう。

自分の意思とは関係なく、勝手に出るおしっこ。
下(しも)は赤ちゃん状態。
帰省時に、次女サキが言ってました。
「年を取ると赤ん坊になるって言うけど、こういうことか・・・」

e74c2f8e67d9869d9167a7f63af1a226_s

あぁ・・・母の様にはなりたくない。
願わくば、下の管理ができる年寄りになりたい。

「行ってきます」
いつも通り、元気に出かけて行った、母でした。


スポンサーリンク