にゃんズの母(認知症と猫とわたし)

「老猫、桐ちゃん20歳(2023.7.14没)、青(せい)くん18歳。琴ちゃん・常くん3歳。連くん1歳」「わたし、お洒落大好き還暦過ぎたおんな」「母、91歳。認知症要介護5で、完全車椅子生活。地域密着型の特養に入所」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、愚痴満載(苦笑) 今生は一度だけ、前向きに生きるためのブログです。

2024年06月

「弟」に嫉妬? 初抱っこの感想は…?

2024.6.30(日)

6月最後の日。
1年の半分が終わる…。


一昨日、マナくんを連れて長女と3人で次女の面会へ。
赤ちゃんは黄疸が始まり、生まれた直後に比べ少し黄色くなっていた。

長女もマナくんも、初めてのご対面。
初めに長女が抱っこ。その次にマナくん。

長女が抱っこしていた僅かな時間、母親と3日間も離れたことのないマナくんは、ベッドに上がり次女にベッタリ。
ぎゅーーっ!!と抱きしめられたマナくんは、とても嬉しそうだった。

9歳。
一人っ子の期間が長かった。
もしかしたら、弟に母親をとられた様な感があったのかもね。

「抱いてみる?」

「うん」

ベッドの上に正座をし、落とさないようにしっかり抱えていたマナくん。

「重い…」


DSC_2054


あとで聞いた話だけれど、思っていた以上に大きかったと(苦笑)。


ずっと大きなお腹見てきたマナくんは、赤ちゃんが生まれたあとのお腹が気になったようで、「見せて」と。
まだ収縮されていないお腹。

「もう一人はいっているかもよ・w」

マナくんは、「え?」と言いながら、キョトンとしていた(^∀^)


名前はまだ決まっていない。
候補が二つ上がっているけれど、決めるのは父親。
わたしたちが望んでいる方に決まってくれたら嬉しいけれど、それはお楽しみということで。


午前中の退院と言っていた。
昼食は家族水入らずでかな?

午後からはわが家の人となる次女親子。
わたしも、産褥期開けとなるまでは忙しい日々となりそうです(⌒∇⌒)


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

7年ぶりの再会と面会に、認知症の母、涙する…

2024.6.29(土)

母美代さんの面会のために、埼玉県から妹夫婦が帰省。

帰省とは言わないか…?
9時半に最寄り駅まで迎えに出、お墓参りと面会の移動時間を合わせても、この町での滞在時間は2時間にも満たなかった。
スーツケースを持っていたので、面会後にはどこかへ行く予定があったのかもしれないが、敢えて「これからどこへ?」とは訊かなかった。

そう、この町での目的はお墓参りと面会。それが達成できたらそれで善なのだろう。それに、妹も次の目的場所については何も言わなかった。
わたしたち姉妹は、不思議な関係…?(苦笑)。


7年ぶりの再会。
妹は自分の名前を言い「わかる?」と問いかけた。
母は一言「わかる」と。

わかるの応えに、妹は感激し目を潤ませていた。

DSC_2050


妹のことを思い出したのか、美代さんの目も潤んでいたが、数分後にはこの人は誰?ような表情に。
わたしと二人での面会でも、「まや」ではなく「ミッコ」(叔母)という名前が出る美代さんだから、これも致し方なし。

面会時間は20分ほどで、その間の美代さんは半分は目を閉じていた。
疲れた?と訊くと「疲れでね」。

1719545743679

妹夫婦からのお土産は、手前の折り畳み式の紙製の花。
枯れることもなく、部屋が華やぐね。


「母のこと、これからも宜しくお願い致します」


施設を後にする前に、施設職員へ丁寧に挨拶をした妹。



延命処置と看取りについてを、ちゃんと話した。
黙って聞いていた妹だったけれど、納得したのかはわからない。

「内臓が丈夫と言われているので、すぐにどうとかは無いと思うけれど、いざとなった際に慌てることのないように、ソノコもよく考えておいて頂戴」


どこぞへと向かう列車の中から、ラインが入った。
認知症と老化の進行が心配です。本当は認知症じゃない母に会いたかったな(つぶやき)と。

この先、あと何回面会に来てくれるのだろうね。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

施設での顔剃りは初めてかも…やっとこざっぱりできるね

2024.6.27(木)

今朝9時頃、美代さんが入居している施設から着信。

この時間帯での電話は今までにはなかったので、スマホの画面に施設名が出るとドキッとする。
美代さんの体調に何かあったのか…? ドキドキしながら出てみた。

「おはようございます。今、お時間大丈夫ですか?今日理容師が来るのですが、髪の毛だけでなく顔剃りもしても宜しいですか?」

施設利用規約には散髪代は載っているけれど、顔剃り代についてはどうだっけ?
わたしから訊く前に「1300円です」と。

「もちろんお願いします。眉毛ですが、形を整えるだけでなくカットもしてほしいです。それから、母の髪の毛は伸びが早いのでなるべく短めでお願いします」

そう、前回の面会で髪の毛の長さについて気になっていたので、これはちゃんと話しておかなければと思った。


電話の相手は副施設長。年齢はわたしの1歳下。
マスク顔しか知らないけれど、目尻には笑いジワが現れ、いつも穏やか口調で話してくださる。

仕事柄と言えばそれまでだけれど、あんな風に優しく穏やかに話してもらえたら、利用者側も優しい気持ちになるのではないかな。

丁度明日、妹夫婦が面会に来る。
さっぱりとした美代さんに会えることになる妹は、ついている?


DSC_2043

  ねこのクッション「空(くう)」ちゃんの上で、お昼寝常くん


妹と美代さんが会うのは7年ぶりだけれど、同時にわたしも7年ぶり。
この間、わたしはどっと老け込んでしまった(T_T)

妹は父親似で、目はパッチリの童顔。
わたしの老け込みをなんと捉えるのだろうね…(苦笑)。


義弟のご両親は認知症を発症し、既に亡くなっている。
介護経験はなくても義両親の症状については知っているので、認知症の怖さ?を言ってくることはあった。

美代さんは穏やかな認知症と言われている。
専門書に書かれてあるような困った行動や、明らかな暴言はない(暴言らしきことはあったけれどね、苦笑)。
今の美代さんを見たら、何を想うのかしらね。


キレイに散髪された美代さんの姿を観るのは、わたしも久し振りになる。

DSC_0843-2

       要介護1の頃 お化粧もしていた


古河時代にはヘアーマニキュアを施し、お洒落な老女で居た。
もう、あんな風にお洒落をすることもない。
何だか、寂しいね…。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

妊娠は奇跡 出産は命と向き合うこと。

2024.6.26(水)

6月24日が出産予定日の次女でしたが、1日遅れの昨日・25日、無事出産しました。


早朝・4時に、痛みはないけれどお腹が張ってきたので病院に行く。マナのこと頼みたいという電話が入った。

陣痛が始まっていなくても、お腹の張りには注意しなければならない。
結局そのまま入院することになり、陣痛促進剤の投与に。

夕方くらいには生まれるかな~と、わたしは家で待機。
生まれたら来てくれる?と問われ、「もちろん」と即答。
(次女と、ラインでのやり取り)


午後3時半あたりに、婿殿から連絡が。

「もうすぐ生まれると連絡が入ったので、今から迎えに行きます」

・・・もうすぐ? 間に合うのかしら?・・・


病院に着いたのは午後4時半を回っていた。
病室に入ると次女はおらず、既に出産を終え、分娩室で身体を休めているので、少々お待ちくださいと助産師から。

分娩室での立ち合いはしないけれど、分娩室の外で産声は聞きたいと思っていた婿殿だった。立ち合いという言葉に、病院側との相違があったみたい。


ほどなくして、疲れたという表情で車椅子で現れた次女。それから少しして、助産師さんに抱かれた赤ちゃんも登場。

なぜ赤ちゃんと言うのか…?
生まれた時に、おサルさんのように赤いから、赤ちゃんと言う…と聞いたことがある。

お目見えした赤ちゃんは、まんま赤い顔。
呼び名通りの赤ちゃんだけれど、と~っても可愛い(*゚▽゚*)

1719313491723

    抱かせてもらった 指の形はどちら似かな?


産声はあげた?
手は?足は?指5本ついてる?
体重は?身長は?
矢継ぎ早に次女に問う婿殿。
気持ちは解るよ(苦笑)。


「体重は3300g。身長は聞いていない。ちーと、毛深いけれど、そこはマナもだったからww」


サキ、お疲れ様。念願だった二人目、おめでとう。

9年ぶりの新しい家族。
次女夫婦は、これからしばらくは育児で忙しい日が続くはず。

9年も間があると、一からというより零からの育児になると婿殿。
わたしの娘たちは5歳差だったけれど、更に4年だものね。

育児も日進月歩の時代、昔の(わたしの年代)やり方は通用しない。
マナくんの時もだったけれど、次女夫婦のやり方に口出しはしない。
でも、アドバイス的なことなら…少しくらいならいいよね(笑)。


妊娠は奇跡。
出産は命と向き合うこと。

無事に生まれて来てくれて、ありがとう。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

介護施設の面会は要予約制 7年ぶりの再会を母は喜ぶ…?

2024.6.25(火)

妹から、4ヶ月ぶりにラインが入った。
28日に母美代さんの面会の行くので、最寄り駅まで迎えに出てほしいと。

え?
面会の予約を入れていたの…?
よーく訊いてみると、施設に問い合わせたけれど、予約は前日までに入れればよいと言われたと。

でもね、予約したい日に埋まっていたらどうするの?
わたしは同じ市内に住んでいるからいつでもいいけれど、妹夫婦は埼玉県から来るのよ。そこのところ、考えなかったのかしらね…。
で、結局わたしが問い合わせて予約完了。

DSC_0424

  トマトに水やりをしている85歳の美代さん


美代さんと妹が会うのは7年ぶり。
7年前、当時転勤で神戸に住んでいた妹夫婦の所へ、二泊三日で会いに行っている。
84歳の美代さんにとっては、たぶんこれが最後の旅行になるねと言いながらの、新幹線を利用してのわたしとの二人旅。

この頃は要介護1だったけれど、杖歩行でもけっこう歩けていたし、認知機能も、まだはっきりとしているように見えていた。

当時のわたしは古河市在住だったので、東北新幹線に乗せるために、盛岡駅のホームまでは娘に連れて行ってもらい、宇都宮駅のホームでわたしが出迎え。
帰りも同じように宇都宮駅まで連れて行き、盛岡駅には娘に迎えに来てもらった。

東海道新幹線は、わたしにとっては2回目だったけれど、美代さんは初めての経験。富士山を観ることもできて、感激していた。


孫娘たちのことは完全に忘れ、わたしのことも日によっては??になっている美代さん。果たして、妹夫婦を憶えているだろうか?

憶えていなくても「憶えている・知っている」と言うことがある現在の美代さん。憶えていると言われたら、妹は感激するだろうな(苦笑)。

DSC_2040

上が常くん、下が連くん。
同じキジトラだけれど、常くんの毛の色の方がハッキリとしている。


2月に、延命治療についてを相談し、わたしは受けないことにしていると話している。妹の意見を訊いてみると、デリケートなことなのですぐの返事はできないと言われた。

18日の面会では、食欲低下については何も言われていないので、すぐにでも死に至るということはないように思う。
それでも、いざとなったときに意見の相違とならないように、事前に気持ちを聞いておきたいと思っている。


美代さんの介護をしてきたのは、わたし。
でも、美代さんの娘は、わたしと妹の二人。

わたしの意見を受け入れてもらいたいと想うのは、わたしの勝手な言い分になるのかしらね…。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング








にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村











プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2009年に夫を亡くし、現在は独身の長女と4にゃんズとの6人暮らし。 人生も残り三分の一となり、イマを精一杯生きている60代です。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 初めてのねこ 保護猫の正式譲渡…永年預かり制度?
  • 初めてのねこ 保護猫の正式譲渡…永年預かり制度?
  • ひとりっこの特権…男の子・女の子甘えん坊はどっち?
  • ひとりっこの特権…男の子・女の子甘えん坊はどっち?
  • 「死」と「新しい命」に対する感情 母の心は生きている
  • 「死」と「新しい命」に対する感情 母の心は生きている
  • 突然の訃報 母よりも若い人たちが先に逝く…
  • 突然の訃報 母よりも若い人たちが先に逝く…
  • 最愛のコ…忘れることなどない