にゃんズの母(しがらみと生きる)

「老猫、桐ちゃん20歳(2023.7.14没)、青(せい)くん18歳。琴ちゃん・常くん3歳」「わたし、お洒落大好き還暦過ぎたおんな」「母、90歳。認知症要介護5で、完全車椅子生活。地域密着型の特養に入所」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、愚痴満載(苦笑) 今生は一度だけ、前向きに生きるためのブログです。

2024年04月

睡眠不足と健康寿命。人生は楽しんだもの勝ち…?

2024.4.30(火)

認知症になる原因の一つに、睡眠時間の短かさがあげられている。

母美代さんは、睡眠不足になると頭痛や吐き気に襲われ苦しんでいた。
その症状がいつ頃から始まったのかはハッキリとは憶えていないが、寝込むほどの状態にまでなっていた。

美代さんの睡眠時間は、おおよそ8時間前後。
これくらいの時間を摂らないと、頭痛が始まってしまう。
そして何か小さな出来事が起きるとそれに悩まされ、更に寝られずに吐き気が誘導されていた。

DSC_1904

     孫のマナくんが唯一撫でられる青くん


わたしはどうなのだろうか。
普段から睡眠時間は6時間前後。

桐ちゃんが生きていた頃は一緒に寝ていた。
右腕の中にすっぽりと納まる桐ちゃんを気遣い、熟睡していた時間は短かったように思う。

17~18歳になる頃には、一緒に寝てくれる回数は減っていたけれど、夜中に何度も起こされることがあり、やはり睡眠不足は続いていた。


現在のわたしの就寝はシンデレラ時刻前後。
青くんを除いた3にゃんズの、早朝の運動会で目が覚めるのは4~5時。
美代さんの在宅介護が終了し、朝早く起きる必要もなくなっているので、この後は二度寝に入る。
二度寝と言っても熟睡することはなく、布団の中でうつらうつらしているだけ。それに、冬は暖房費も嵩むので、なるべく布団の中で過ごすようにしていた。


昔から頭痛持ちで、鎮痛剤は常備している。
昨年からの坐骨神経痛で、痛み止めは毎日の服用。
これにより頭痛が起きることはない…のではなく、たぶんだけれど抑えられているのだろうね。

睡眠不足により頭痛が引き起こされることは、ネットにも記してあった。
美代さんが認知症と診断を受けたのは、84歳の時。
わたしも、もしかしたら20年後には認知症になっているのだろうか。

人生100年時代と言われるけれど、健康寿命を考えるとあと15年くらいかな…。
まぁ、あまりクヨクヨしても生き辛くなるから、もう少しのほほんとしている方が善いのかもしれないね。

DSC_1906

           琴ちゃんと常くん

DSC_1907


    琴ちゃんが常くんにグルーミングを受けている


父が亡くなったのは79歳で、その時美代さんは76歳。
それ以前の、父が亡くなる前までの両親は、農作業も旅行もいつも一緒。

76歳からの美代さんは、話し相手(時には口ゲンカ相手)もなくなり、たぶんだけれど寂しい人生だったのかもしれない。

沢山おしゃべりをしよう。
沢山笑おう。
時には口ゲンカもいいじゃない。

今を慈しむ心を持って、おおらかに生きられたなら…そんなことを思う今日この頃ですヮ。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

命と向き合う覚悟…ある?

2024.4.29(月)

パートナー(今の所)のMさん。
わたしのねこ好きに触発されて、ねこを飼うという一大決心。
昨日、予約をしていた譲渡会へ参加。

人馴れしたコは姉妹猫。
元は飼い猫だったらしく、とてもフレンドリーで、抱っこもなでなでもOKなコたち。

譲渡決定には、出来得るならの条件が一つ。
とても仲の良いコたちなので、ふたり(二匹)一緒でと。
先に予約をしていた家族連れも、ねこ初心者でそこを気にしていた。

施設側の説明では、ねこ初心者の方でも後悔したという話は、これまでにはなかったと。
そして、譲渡には審査もあるけれど、基本早い者勝ち。
先のご家族は申込をする方向に気持ちが傾いているように見受けられた。

Mさんは迷っていた。
高齢の父親との二人暮らしで、お世話をするのも遊んであげたりも父親には難しい。そうなると自分ができる範囲となる。やはりひとりの方が無難。
一旦保留ということで、施設を後にした。


その後は別の保護猫施設へ。
過去に2回見学をしていたけれど、その時は決めかねていた。

今回、とても友好的?なコがふたり。
ひとりのコが、自ら膝の上に載ってくれた。
もう、この時点でMさんはメロメロ。(笑)

DSC_1902


Mさんの希望する年齢は、5歳~8歳くらい。
これは自分の健康年齢と猫生を考えてのこと。
写真のコは今年3歳になるキジトラの女のコで、ち~と若い。

写真はないけれど、もうひとり寄ってきてくれたコは8歳の三毛ちゃん。
年齢もバッチリで、Mさんは三毛ちゃんに決めようかな~と。
それでも決定はできずに、またもや保留。


動物を家族に迎え入れるということは、そのコの命を預かるということ。
簡単には決められないことは、十分に理解できる。

譲渡にはいくつかの規約がある。
こちらの施設には、お宅訪問が含まれていた。

過去に、ねこを飼っていませんと虚偽記載した人がいたそうで、多頭飼育崩壊に近い状態で譲渡を希望したらしい。(コワッ)
そのために、一度家庭環境を拝見させて頂くというこにしていると。

DSC_1981

        元気だった頃の桐ちゃん


Mさんがどちらを選ぶかは、Mさん次第。
ねこは20年以上生きることもある。
現に、わが家のねこ娘桐ちゃんも、20歳の大往生だった。

飼い主は、ねこの体調もだけれど、先ずは自分の体調管理をしっかりとしなければならない。
自分が寝込んでしまったら、誰がねこの世話をする?

ねこグッズは全て揃え、あとはお迎えするだけのMさん。
はてさて、どちらを選ぶのか。
でも、やはり早い者勝ちなことに変わりはない。

わたしは、写真のコに惹かれたけれどねヾ(=^▽^=)ノ


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

施設でコロナ発生…居室対応と面会不可

2024.4.27(土)

24日に、施設入居している母美代さんの面会に行ってます。

その晩、叔母ミッコさんから「そろそろ面会に行きたいから日程を組んでほしい」のような電話がありました。
今日行って来たばかりだと思いながらも、丁度会ってもらいと思っていたので、予約を取る約束をしました。

DSC_1888

       ひざ掛けを蹴って遊んでいる琴ちゃん


昨夕、施設ケアマネから着信が。
携帯の画面に施設の名前が表示されるとドキッとする。
美代さんに何かあったのではないか…そんな不安な気持ちで出てみた。

内容は、美代さんのユニットでコロナ感染者が出、それにより施設内での暮らしは居室対応になったと。

美代さんの体調は?
昨日の朝の時点では、具合が悪いと言い朝食は摂っていなかったらしい。
え?大丈夫なの?

熱は37度2分の微熱。
え?美代さんも感染したの…?

具合が悪かったのは昼頃までで、昼食は半分くらい摂取したらしく、その後に受けた抗原検査の結果は陰性。
暫くは、他入居者様との接触は控えることになり、面会についても収束するまでは中止に。

一旦は安心したけれど、電話を切った後で感染経路が気になった。
でも、施設側としても、たぶんだけれどハッキリとはわかっていないんじゃないかな。そう、やることは今できる対応や処置。それしかないものね。

面会可能になった際には、連絡しくださるようにお願いした。
そして、叔母にも事がことだけに納得してもらった。

4161919_s


季節性インフルエンザと同等になったとはいえ、高齢者…超高齢者の美代さんが感染したら、それこそ死を覚悟しなければならない。

在宅介護の頃「死にたぐね…オレのごど、死なねようにしてけろ」と言っていた美代さん。
死への恐怖心?
施設でも同じことを言っているのかな。

要介護5。完全車椅子。身のまわりに事は何一つできない。
それでも、生への執着は残っているのだろうね。

一日も早く、収束してほしい。
会いたい人に会わせてあげたい。

91歳。
100歳までは生きられると言われている、美代さんです。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

マーキング行動は収まらないけれど、妥協するしかない…

2024.4.26(金)

猫のフェロモン製品を設置して、今日で2週間。
相変わらず、マーキング悪魔?の連くん。

家中いたるところに粗相をしていたけれど、ある日から2ヶ所だけにするようになった。
その場所は洗面所にある勝手口と、ダイニングに据え付けてある棚。

連くんがこの2ヶ所をマーキング場所と認識したのかは、正直言ってわからないけれど、今の所はここ以外ではやらない。

「2ヶ所だけで他にはしていないのだから、これで妥協するしかないかぁ」


DSC_1881



DSC_1882


長女の妥協案。
夜鳴きや早朝(4時過ぎ)の大騒ぎはこれまで通りに続いている。これにより毎日の睡眠不足。でも、マーキング場所は増えていないのだから、もうこれ以上は高望みをせず、いつの日か改善されることを願うしかない。

手からおやつを食べてくれるまでになっている。
なんとな~くだけれど、傍で寝そべってくれる。
イカ耳・シャーッは時々出るけれど、特に悪さをするわけでもない。

池崎さんの預かり猫さんたちも、人馴れには時間が掛かっていた。
昨年10月に家族に迎え入れた琴ちゃんだって、やっと背中を撫でられるくらいの状態。

もう少し大人になったら、マーキングが収まる?
常くんのように、青くんのことを敬える日が来る?

DSC_1899

        雀の土浴びを見ている


各々が居心地の良い場所の、陣取り合戦は毎日のこと。
今の所、怪我をするまでの取っ組み合いには至っていない。
スイッチが入らなければ、仲良く外を眺めていることもある。


連くんにとっては、わが家がずっとのお家。

まぁ、ぼちぼちとやっていくしかないのかもね。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

98歳のゴミ出し。曜日確認…できている?

2024.4.25(木)

わたしが住んでいる地区の可燃ごみ収集日は、火・金。
朝8時前までに出すことになっている。

7時50分頃に、指定ゴミ袋を持っている老婦人の姿が見えた。
同じ班のKさん。

毎度まいど思うのは、なんて姿勢が良いのだろう。
背中にものさしでも入れているんじゃないかと想うほどの、背筋ピーン。

彼女は今年98歳になる。
子どもはおらず、夫様を亡くされてからは一人住まい。
デイサービス等を利用しているようにも見えない。

「ありゃ、小走りしてるよ。凄いよね~、なんであんなに元気なんだろう

道路を渡る際に、ちゃちゃっと小走り。
ホントに、驚きの98歳だヮ。

DSC_1886

          琴ちゃん、熟睡中


盗み見している訳ではないのです。
わたしの座っている席から、位置的に丁度真正面の辺りにゴミ置き場あるので、見るつもりが無くても目に入ってしまう。(苦笑)

で、思った。
今日は木曜日だよね…。
可燃ごみは明日だから、一日早いよね。

① わかっていて出したのか。
② 勘違いしていたのか。
⓷ 曜日感覚がなくなったのか。

収集時間前に出していたので時間は守っているけれど、曜日については何とも言えないかな。


と、この話には続きが。
Kさんの後に、もう一人ゴミ出しをしていた人が。
この方に関しては見たことがない人で、何方だったのか判らずじまいだったけれど、Kさんよりは若く見えた。

曜日に関しては、わたしも勘違いで出してしまったことがある。
集積所の戸を開けて、ゴミ袋が出ていことで「あ、今日じゃなかった…」と気付く。
日付や曜日が判る物がなかったら、今日が何月何日何曜日かなんて、たぶん判らないのかもしれない。

DSC_1884

        椅子の上で、常くんも熟睡


母美代さんが、認知症要介護1の頃。
美代さんの使用済み尿とりパッドは、美代さん自ら玄関に出すように頼んでいた。
部屋に、可燃ごみの曜日を大きく書いて張り紙にし、それを観て曜日確認ができるようにしていた。
介護度が2を飛び越え3になった頃には、日付も曜日もわからなくなっていた。


Kさんのことをどうこうとは言えない。
わたしも、へまをしているから。

世の中の一人住まいのお年寄りは、わたしなどよりもずっとしっかりとしていらっしゃる。
Kさんをみて、そんなことを思った。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 猫のフェロモン製品の効果は?う~ん、答えは…
  • 猫のフェロモン製品の効果は?う~ん、答えは…
  • ターコイズブルーの海へ、レッツゴー
  • ターコイズブルーの海へ、レッツゴー
  • ターコイズブルーの海へ、レッツゴー
  • ターコイズブルーの海へ、レッツゴー
  • ターコイズブルーの海へ、レッツゴー
  • ターコイズブルーの海へ、レッツゴー
  • ターコイズブルーの海へ、レッツゴー