にゃんズの母(しがらみと生きる)

「老猫、桐ちゃん20歳(2023.7.14没)、青(せい)くん18歳。琴ちゃん・常くん3歳」「わたし、お洒落大好き還暦過ぎたおんな」「母、90歳。認知症要介護5で、完全車椅子生活。地域密着型の特養に入所」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、愚痴満載(苦笑) 今生は一度だけ、前向きに生きるためのブログです。

2023年11月

年齢相応の美しさであれば十分…?

2023.11.30(木)

昨日から降り続いている雪で、辺り一面銀世界。

「見たくない景色だね~」

「ホントだよ!」


雪が珍しい地域の方々には、ある意味では幻想的に感じるのかもしれないけれど、住んでいる者にとってはとても厄介な雪。
寒いのも雪も、勘弁してよ~~~の季節が到来です(トホホ)

DSC_1382


ネットに、吉川十和子さんの現在のお顔が載っていました。
アラカンとは想えないほどの透き通ったお肌。当然、シミやシワもなく。
若い頃からお美しい方でしたが、年齢を重ねて更に磨きがかかった様な。

彼女は、ご自身が使っている化粧品の広告塔のようですね。
使用している化粧品の善さをアピールするためにも、綺麗で居なければならない…?
生まれ持ったものもあると思いますが、美しさをキープするにはそれなりに努力もなさっているのでしょうね。


美しく在らねばならないのは、誰のため?そして、なぜ美しく在らねばならないのか。

昔…はるか昔に流行った言葉。
美人は三日っで飽きるが、そうでない人は三日で慣れる。

これを基にすると、吉川さんは既に飽きられている?
まぁ、そんなことはないでしょうけれど、飽きられるほどの美人に生まれてみたかった…な~んて思ったこともあったヮよね~(笑)。

DSC_1383


わたしはお化粧が好き。
自分の顔をキャンバスにして、化粧を楽しんでいる。
化粧と言ってもベースとなるファンデーションを替えることはなく、楽しんでいるのはアイシャドウ。

年齢と共に窪んでくる瞼だけれど、ふっくらと見せるためには何色を載せるか、どんな載せ方にするかなどと、思いをめぐらせながら楽しんでいる('▽'*)ニパッ♪

ま~、結局は自己満足の世界で、若い頃には戻れないけれど、今を少しでも有意義に生きたいじゃない。

お化粧一つで気分も変わる。
スッピンに自信のない、還暦過ぎおんなの戯言かもしれないけれど、人生楽しんだ者勝ちだと想うのよね。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

本気のダイエットをするなら、食べない…?

2023.11.29(水)

ネット情報ですが。
ミュージシャンのガクトさんの話しです。

「痩せたいのなら、食べるな。甘い物を目の前にして、口に頬張っている状態で、痩せたいなどと言うのは違う」

みたいなことを。

まぁね~、そうなのよね~。
その通りでございます…なんだけれどね。

ガクトさんは、26年間?ご飯(米)を食べていないそうな。
加えて、一日一食なのだと。

意志の強さなのだろうね。
誘惑が溢れているこの世界で、何十年も続けてこられたのは、強い気持ちがあってこそなのだろうね。


朝食を豆乳コーヒーだけにしてから、そろそろ5年になるかぁ。
この間、コーヒー以外のものを口にしなかったと言ったらウソになる。
そう、どうしてもお腹が空いているときは、固形物を食べることはまぁまぁあった(T_T)

DSC_0200-2


ここ数か月間は、足の指がつるのはカリウム不足ではないかと、朝食にレーズンを加えている。
レーズンには糖分が多く含まれているので、食べ過ぎには注意が必要で、それは頑なに守っているけれど、そろそろやめなければと想ったりもしている。

今食べている袋が空になったらやめる…そんなことを想ってはいても、空になる前に補充するかもしれない。
それに、レーズンに加えてパンを食べたりすることもあるから、結局は自分次第で、痩せたいという気持ちがどれほど強いかなんだよね。

わたしの増量した3キロは、食べない生活スタイルに変えたとしたら、案外すぐに落ちるのかもしれない?

DSC_0610


有限不実行は、不言不実行よりもタチが悪い?
父の体質を譲り受け、太らない質だと思っていたけれど、な~んか違うような気がしてきた(苦笑)。

整体の先生が言うように、水(お湯も可)を3リットルも飲んだら、間食などできないくらいお腹いっぱいになるかもね。

DSC_0266


ダ~イエットは明日から~~♪
こんなことを繰り返しながら、毎日が過ぎていくのかしらね('A`|||)

わたし…ガンバレ~。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

食べ物の好みは一緒の方がいい?味はいいけれど臭いがね…

2023.11.28(火)

昨日作ったビーフシチュー。
じっくりと煮込んだお肉はホロッと崩れるほど軟らかく、味もシミシミで満足いく出来栄え。

「お肉、超軟らかい!美味しい~」

娘から、美味しいの言葉をもらえ、嬉しかった~。
石油ストーブ、様さまですヮ(笑)。

DSC_1379


右は柿とモツァレラチーズ。上に粒コショウをパラパラと。
ホントはマスカルポーネがほしかったけれど、残念なことにスーパーには置いておらず、モツァレラで代用。
柿とチーズと粒コショウ、娘と二人で「合うね~」(^∀^)

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

夫が存命中、モツ煮込みを作ってくれたことがあった。

岩手の旧玉山村にモツ煮込みが評判の店があり、夫はそこの常連だったらしい。
もう…30年近く前になるけれど、お店の名前は…玉山支所前食堂…?

夫は、お店で食べた味を家でも再現したかったらしく、生モツを仕入れ、一から作り始めた。
でもねぇ~、下処理をしていないモツの臭いはなんと言えば良いのやら…いやぁ~、言いようのない臭さョ(泣)
家中モツの臭いで、鼻どころか頭までクラクラしてくる始末。
結局、食べたのは作った本人の夫のみで、しばらくの間、家から臭いは消えなかった(苦笑)。

あれ以来、生はダメだということになり、次に買ってきたのは白モツ。
下処理が済み、蒸された状態。

この時の煮込みもわたしにすれば臭かったけれど、一緒に入っていたキャベツとお豆腐にも味が染み込み、スープの味に騙されて食べた感じ(笑)。

一人暮らしとなりモツ煮込みが食べたくなったときは、温めるだけの調理済みのものや、焼くだけのものを買って来て、キャベツとお豆腐、こんにゃくも加え自分流にアレンジしていた。

DSC_1380

     マット無しだとストーブ前に来る青くん


一緒に暮らす者同士の食の好みが同じならば、作る側としては料理も苦にはならないけれど、好みが正反対だとしたら、まぁまぁ大変よね…。

もしも、生きていてくれてたら、わたしが作るモツ煮込みを美味しいと言ってくれたかな。それとも、モツは俺の役目だと言い、ご馳走してくれたかな(苦笑)。


美味しいは魔法の言葉。
素直に美味しいと言える人で在りたいですヮ。

因みに、長女はモツ煮込みの臭いが苦手(まぁ、わかるけれどね)


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

いくつになっても、誕生日を祝ってもらえるのは嬉しい?

2023.11.27(月)

一人暮らしの頃、カレーやシチューなどの煮込み料理は、ほとんど作らなかった。何故って、材料費を考えると、一人分では割高になるからね。
食べたくなったときはレトルト。それで十分だった。

実家に戻ってからは長女と二人暮らしに。たまに作ることはあるけれど、それでもレトルトの方が安いし簡単(苦笑)。


世の中の家族は、生活費の食費に充てる金額は何%なのだろう。
節約をすることは悪いことだとは思わない。でもね、食べたいものも食べずに我慢の人生で、挙句にコロリでは身も蓋もないと想うのよ。

DSC_1375

青くんの炬燵の出入り口。中掛けは落ちないように安全ピンで留めている


テレビ東京のドラマ「きのう何食べた?」
主演は西島秀俊さんと内野聖陽さんで、ゲイカップルの食を通した日常が描かれている。(U-NEXTで観ている)

この主題歌の中に、人はいつかは逝ってしまうのだから、今日という日を大切にしよう…みたいな内容のフレーズがある。

そうだよね~、命は永遠ではなものね~。
そう、今日より若い日はないんだもの。


今夜のメニューはビーフシチュー。
レトルトではなくて、一からちゃんと作るのよ(笑)。

「何食べ」の中でのメニューで、作り方も親切に描かれていた。
煮込み調理はガス代がかかるけれど、わが家には石油ストーブがあるじゃない!牛肉をコトコトと煮込むには打って付けよ。

DSC_1378


何故にシチュー?
今日は長女の誕生日。

祝ってもらって嬉しい年齢かは別として、自分のために作ってもらえるって、それだけでも嬉しいことじゃない?

まぁ、普段から家事全般はわたしの役目で、料理もその通り。
それでもね、今日は長女の誕生日を祝うためのビーフシチュー。

そう言えば…何年ぶりで作るかな(笑)。


長女の性格は、超合理主義。
その中身は「面倒くさいかそうでないか」だけれど、いざとなった時には率先して動くコ。

これからも、ヨロシクね。


PS 冬は煮込み料理が美味しい季節。石油ストーブ、重宝します(⌒∇⌒)


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

若いオンナに翻弄されてみては?

2023.11.26(日)

昨日降った雪、昼過ぎには解けた。
これからは降雪の度に、これが寝雪になるのかなぁ…と思いながらの毎日になるのかも。


桐ちゃんと青くんの定位置となっていたストーブの前。
ボロボロになったマットだけれど、桐ちゃんの匂いがついているはずと、捨てずにいた。

このマットに琴ちゃんが座るようになってから、直には座らなくなった青くん。琴ちゃんを受け入れているように見えていたけれど、実のところはわからない(う~ん)。

DSC_1372


DSC_1373


琴ちゃんは、桐ちゃん・青くんの匂いを気にしてはいないけれど、青くんは違うのかな?
若いオンナの匂いは、おじいちゃんの青くんには刺激が強すぎるのかな。

炬燵を出してからは、青くんの定位置は炬燵の中。
ご飯とトイレ、水飲みのとき以外は籠りっきりで、ご飯のついでに「ちょっとだけヨ」みたいに寝そべったりするけれど…マットの上ではない。


桐ちゃんと同じように仲良くしてほしいと願うのは、人間の勝手な欲望?
と、かく言うわたしも、若いにゃんこと久しく接していないので、いくぶん戸惑い感はあるのです('A`|||)

じい様にゃんこの青くんには、女ざかりの琴ちゃんはちょ~っと荷が重い?
わたしも初老…?(笑)なので、琴ちゃんのペースに合わせるのは大変な部分もあるけれど、気まぐれなところは相通じるので(笑笑)仲良くやって行かなければね。

1700831951968

     上目づかいが悩ましい?笑笑


青くん。
若いオンナに翻弄されるのも、まんざらではないかもよ(笑)。
桐ちゃん以上に、長生きしようね。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 親の看取りを考える…家族でも意見は異なる
  • 親の看取りを考える…家族でも意見は異なる
  • 快適さよりも自由を選ぶ?下痢の原因はストレスかも…。
  • 快適さよりも自由を選ぶ?下痢の原因はストレスかも…。
  • 快適さよりも自由を選ぶ?下痢の原因はストレスかも…。
  • 夢のお告げ?潜在意識が影響する…?
  • 夢のお告げ?潜在意識が影響する…?
  • 夢のお告げ?潜在意識が影響する…?
  • 夢のお告げ?潜在意識が影響する…?