にゃんズの母(しがらみと生きる)

「老猫、桐ちゃん20歳(2023.7.14没)、青(せい)くん18歳。琴ちゃん・常くん3歳」「わたし、お洒落大好き還暦過ぎたおんな」「母、90歳。認知症要介護5で、完全車椅子生活。地域密着型の特養に入所」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、愚痴満載(苦笑) 今生は一度だけ、前向きに生きるためのブログです。

2023年06月

老猫の、生きることを諦めていない姿に奮起する。

2023.6.30(金)

昨日から今朝にかけて、とても嬉しいことと、とっても驚いたことが起きました。

トイレと水飲み場までは、何とか移動できていた桐ちゃんですが、昨夕は自分のテーブルまで歩てくれて、チョコンとお座り。
これはなにかを食べたいアピール。すぐに出さねばまた食べてくれなくなると思い、一番好なクリームを小皿に。

すると、ゆくっりではあるれどペロペロと舐め始め、なんと!お替りも。
小さじ山盛り一杯分くらいは食べてくれたかな・・・。
横で観ていたわたしは、もう嬉しくてうれしくて涙が溢れ鼻水もぐじゅぐじゅ(泣笑)

ずっと食べることを拒否し、シリンジでの食事も無理やりだったので、しばらくは何もせずに様子を観ようとしていた矢先の出来事に、なんだか感無量の気持ち。

DSC_0896


もうひとつの、とっても驚いたこととは。
今朝6時半頃のことです。
2階で寝ているわたしの部屋の襖には猫ドアを設けているのですが、そのドアがガタンと鳴る音が。
そうです、やせ細ったカラダで歩くこともやっとなのに、階段を上りわたしを起こしに来たのです。

元気な頃には、夜中に2度3度とわたしを起こしに来ていた桐ちゃんですが、目的はご飯のおねだり。
今朝もきっと違いないと思い、急いでクリームを小皿に。

キレイに完食してくれたので、これはもしかして療法食もイケるのではないかと、これまた急いで支度。
シリンジでの食事は嫌々の状態だったのですが、せっかく食べたいアピールをしているのだから、今がチャンスと、口の中へ「チューッ」。
たったの4㏄だったけど、これでも立派な食事。


桐ちゃんは生きることを諦めてはいない。
弱った脚腰で、必死に階段を上ったのは、食べたいがため。

食への強い気持ちがあることがわかったからには、わたしもシリンジ食への罪悪感などは捨て、少しずつでも量を増やせるように頑張って飲ませなければ。

但し、急ぐことはしない。
桐ちゃんの体調を観ながら、嫌がるときには無理をせず、ゆくっりと進めていこうと思う。

DSC_0897

      日中は静かに炬燵の中で寝ている


次に食べたいアピールをしてくれるのは何時なのか。
たとえそれが夜中の2時でも3時でも、わたしはひたすれそれを待つだけ。


桐ちゃんは、今日という日を諦めずに生きています。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

長期入所に移れますとの、施設からの連絡

2023.6.29(木)

月曜日だったかな。母美代さんがお世話になっている施設の相談員さんから電話があった。内容は、

「退去者が出たので、美代様が長期入所へ移れるようになりますが、ご家族様の意向をお伺いしたいと思いまして」

断る理由はないので、お願いしますと返答した。

長期入所=特養入所になるが、美代さんがお世話になっている施設は、地域密着型介護老人福祉施設といい、特養とは少し違い定員は29名と、かなりの狭き門。

年内は難しいだろうと思っていたので、正直なところこんなに早く・・・という印象。
退去者は長期での入院になられたか、お亡くなりになられたかのどちらかだろう。

契約後に入所という形になるが、これまで受診していた病院から紹介状を書いてもらってくださいと。
加須市にある特養に入所の際も同じことをしていたので、これについては昨日主治医と面談し、お願いしてきた。

美代さんの薬は錠剤だが、飲み込むことができないので全てを粉砕してもらっている。
このことを、注意書きとして添えて頂きたいと申し出た。
1週間くらいで出来上がるということだったけど、医師は忙しいのね。

26410953_s


ロングショートステイの形をとって、3~4ヶ月くらいになるかな・・・。
ショートの場合は利用者様の出入りがあり、色々な人たちとの出会いがあったはずだけど、今後は同じユニットで同じ顔ぶれで過ごすことになる。
でも、記憶が長続きしないので、もしかしたらショートでも長期入所でも変わりはないのかもしれないヮね。

契約は、遅くても再来週までにお願いしたいと言われた。
契約が済んだら、2階のユニットへの引越し。早めにお友達ができるといいな。

いつもニコニコで、穏やかな美代さん90歳。
新しいユニットでも、変わりなく過ごしてほしいと願います。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

命の灯と、人間の立ち入りの限界

2023.6.28(水)

もしもわたしが96歳まで生きられたとして、それまでは何とか元気に暮らせていたとして。
ある日を境にトイレに行くのがやっとになり、それまでは好きだった食べ物も食べられなくなり、食欲も全くなくなったとしたら、わたしは自分の死期を悟り、娘たちも、そろそろお迎えなのだと、気持ちの整理を付けられるのだろうか。


今日は受診はしていない。
昨日の抵抗で、桐ちゃんの病院通いは少し様子を観ることにした。

今日は、ずっと炬燵の中で過ごし、夕方になりやっと出てきた。
炬燵には、人間用の電気毛布を敷いている。
夏だけど、温度調節レバーは一番弱の設定に。
触ると、ジワーッと温かいかな・・・?くらいの温度だ。

ねこは狭くて暗い場所だと安心すると言われている。
炬燵の中で、脚を長め横になった状態で寝ている。

お水は飲んでくれるが、ご飯をねだっては来ない。
強制的に高カロリー食をシリンジで与えているが、桐ちゃんにしてみれば、無理やり口を開けられ流し込まれ、拷問のように感じているのかもしれない。

DSC_0860


わたしが桐ちゃんにやっていることは、桐ちゃんが望んでいることではないように思う。
20歳、人間年齢換算すると96歳。
昨年の12月に体調を崩し、もうダメかと思ったけれど頑張って持ち直してくれた。

今の状態は、あの頃とは比べられないほど弱っているけど、最後の記憶が、嫌なことだらけで終わるなんて悲しすぎる。

桐ちゃんの命の灯は、あとどれくらい残っているのだろう。
優しさの中で、優しさに包まれながら穏やかに。
それが、わたしたち家族の願い。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

病院通いがストレスに? 老猫の命と向き合うということ

2023.6.27(火)

昨日アップしたパソコンの先生の話ですが、ほんの少し雑談をしました。

にゃんズの姿を観て猫の話になり、先生のお宅には24歳になる猫がいるのだと。
桐ちゃんは20歳ですが、上には上がいるものですね(驚)

体重は1.5kgほどで、よたよたしながら歩いているそうですが、自発的にご飯を食べていると。
桐ちゃん同様に歯周病になった歯があったそうで、その歯がぐらぐら揺れていたと。なんと!先生がその歯を「エイッ」と抜いてしまったのだと(凄)

いやぁ、わたしにはできない。
でも、そのお陰で揺らつく歯から解放され、ご飯もちゃんと摂れているのだから、先生宅のねこちゃんはラッキーだったのかも。
でも、もしも細菌が入ってしまったら、その時はどうするつもりだったのだろう。

先生宅のねこちゃんの毛も、黒白で桐ちゃんタイプだと。
こういう柄は長生きするのかな・・・?て、おしゃっていましたが、さて、わたしには判りかねます(苦笑)


今日も点滴を受けてきたのですが、処置が終わり診察台から抱きかかえようとした際、「ギャ~~」と大きな声で鳴かれ、そのあと、わたしに向かい「シャァー」
オイオイ、母に向かってシャァーはないでしょ・・・。

わたしへのシャァーは初めてです。
ショックでしたが、桐ちゃんにしてみたら、病院通いや点滴が、もう嫌でいやでたまらなくなり、見境が付かなくなってしまった・・・そんな風にも想えなんだか可哀想になっています。

DSC_0874


母美代さんが食べられなくなったら、その時は胃瘻は受けずに自然の流れに任せると決めています。
桐ちゃんも自発的には食べられなくなり、シリンジで強制的に流し込まれている状態。これって、人間の胃瘻みたいなものかも・・・。


「病院へ行くのがストレスになっているのなら、逆効果になるんじゃない?」

長女に言われ、少し考えています。
人間がどこまで立ち入っていいものなのか。

結局は人間のエゴなのかもしれない。
そう、わたしの諦めが悪いせいで、桐ちゃんが苦しく辛い思いをしているのなら、この先は病院通いをしない方がいいのかもしれない。

答えはすぐには出ない。
悩んでみます。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

パソコンの操作方法がわからない・・・出張教室?

2023.6.26(月)

昨日、パソコンの操作方法でわからない表示が記され、どうしたものかとしばらく思案。
やり方については記されていたが、その内容を理解できない(泣)

う~ん、どうしよう・・・と、閃いた!
以前、広報誌に載っていた「パソコンが苦手な方のお手伝いいたします。」のチラシ部分を切り取っていたことを思い出した。

DSC_0891


早速電話してみると、運よくすぐにお伺いしますと。
教えてもらいたい人の自宅に出向いて教えるという、出張スタイルを取っているらしい。


操作してもらいたい画面を見ると「ふんふん」と言いながら、カチャカチャと手慣れた様子で勧めていく。
隣に座り、何とか操作方法を覚えようとしたが、ついていけない。
そして、ページが何枚も開かれていくが、わたしにはチンプンカンプン。

「この記載は、英語版を日本語に訳しているので、わからいにくいですからね」

この様に言われても、操作方法がわからないわたしには、正しい日本語に訳されていたとしても、たぶんできなかったと思う(泣)
これは諦めて全てをお願いするしかない。

「あの~・・今後もこういう事案が出た時には、またお願いしてもよろしいでしょうか?」

「憶えてもらう方が良いのですが、まぁこれくらいでしたらいつでもできますよ」

・・・あぁ~、いい人でよかった~・・・

年齢はわたしより少し上くらいかな?
お母様の都合で、40年ぶりに八幡平市に帰郷し、今はパソコンの講師をなさっているのだと。

これも何かのご縁?(勝手に)
今後、どうしてもわからない操作方法が出てきたときには、この先生に頼ることにしよう。

因みに操作方法が当たっているかいないかは、数日後に判るらしい。
当たっていても間違っていても、連絡は致しましょ。
それに、間違っていたら、やり直して頂きたいですものね(苦笑)

DSC_0509


Word、Excelの基本は習ったけれど、普段見たことのない表示が出るとパニック(泣)
それに、ブログ作業が中心になっているので、WordもExcelもすっかり忘れてしまった(トホホ)
たまには開いて、復習してみないとね。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 親の看取りを考える…家族でも意見は異なる
  • 親の看取りを考える…家族でも意見は異なる
  • 快適さよりも自由を選ぶ?下痢の原因はストレスかも…。
  • 快適さよりも自由を選ぶ?下痢の原因はストレスかも…。
  • 快適さよりも自由を選ぶ?下痢の原因はストレスかも…。
  • 夢のお告げ?潜在意識が影響する…?
  • 夢のお告げ?潜在意識が影響する…?
  • 夢のお告げ?潜在意識が影響する…?
  • 夢のお告げ?潜在意識が影響する…?