にゃんズの母(しがらみと生きる)

「老猫、桐ちゃん19歳、青(せい)くん17歳」「わたし、お洒落大好き還暦過ぎたおんな」「母、89歳。方言と訛り×認知症要介護3で、田んぼの観える特別養護老人ホームに入居していましたが、現在は在宅介護に戻し、日々奮闘中」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、愚痴満載(苦笑) 人生一度きり、前向きに生きるためのブログです。

2022年07月

在宅介護の実状「家に帰って来られて良かったね」?

2022.7.31(日)

「家に帰って来られて良かったね」

母美代さんには、ミサさんという姉妹同然として育った従妹がおります。
叔母たちには戻っていることを伝えていましたが、今日ミサさんにも伝えました。

ミサさんは、頭が切れて口達者・芸達者。
見た目も若々しく美代さんには憧れの存在です。


折角入所できた特養を退所するなんて・・・。
世間一般ではこのように想う方が大半ではないかと。
他人事なら、わたしも同じ様に想うと思います。

要介護度が高い方の介護経験がある方なら、在宅介護の現状をある程度は理解してもらえるはずですが、身の回りに認知症や介護が必要な人が居なければ、何を話しても暖簾に腕押しと感じてしまいます。

DSC_0037


DSC_0036

  大好きなチュールを、寝そべって食べる横着な青くん(笑)


家に帰って来られて良かったねは、遠く離れたところから帰って来られたことを指すのか。それとも特養を退所できたことを指すのか。

「孫だぢも美代が戻って来てくれで、嬉しいど言ってるべ?!」

これは社交辞令的なことでしょうかね?
娘たちは美代さんが戻ってきたことに対して、特に嬉しいという感想は持っていないようです。殆ど動けなくなった状態の祖母の、今後の家での介護を心配していました。

実家に戻ると決めたのはわたしで、美代さんを退所させると決めたのもわたし。長女は、言いました。

「おかぁって、何かを決めると一直線になって、他のやり方を考えないよね?」

帰宅後の数日間は美代さんの介護の大変さが身に染みたようで、あのまま特養に入れておいた方が良かったのではないか・・・面会が大変なら2ヶ月毎でも良かったのではないか・・・と。
こんなことを言いながらも、手が空いているときには手伝ってくれていますが(苦笑)

DSC_0039

ミサさんは顔を観に来てくれると言うので、デイサービス以外の土日にとお願いしました。
電話の相手がミサさんであることを理解した美代さんは、自分が使ったお茶碗くらいは自分で洗いたいと言い、思うように動けなくなった身体を嘆いていると話していました。

こういうことをちゃんと言えるのだから、まだまだしっかりとしているとミサさんは思ったようですが、この家が自分の家だと理解していないことを話すと、

「そがそが、それでも自分の家さ来たんだがら良がったんだ」

この先介護度が上がり、わたしの手に負えなくなった時には再度の特養入所を考えていますが、今日の電話ではその話は出しませんでした・・・出せませんでした。

在宅介護介の実状は、経験した人にしか分からない・・・そのように想ってしまいます。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

エアコン無しで熱中症の危機・・・?

2022.7.30(土)

ここ数日は真夏日になっている八幡平市です。
以前住んでいた古河市は、暑いと言葉にするのも嫌になるほどの酷暑でした。
古河に比べたら暑いなどと言うのが申し訳ないのですが、やはり暑いものは暑いのです(笑)

この暑さの中で、母美代さんは暑いとは言わない。
暑くないの?と訊くと、ちょうどいいと言う。

暑さを感じなくなっている老人が、エアコンがあるにもかかわらず使わずに熱中症になってしまうというニュースは良く耳にする。

美代さんは寒がりで特養の設定温度では寒く感じていたらしく、夏でも長袖肌着に長袖カットソーで過ごして居た。
在宅介護の頃も、あまりの暑さにエアコンをつけると「寒い」と言い出し、設定温度を上げることもあった。


DSC_0029

古河の借家住まいのとき、美代さんの部屋にはエアコンを設置していた。
この家に戻りエアコンを設置しようかと散々悩んだが、結局見合わせて様子観をすることに。

暑い?それとも寒い?と訊くと、ちょうどいいという返事。
室温が30℃を超えても、ちょうどいいと言う(゚∇゚ ;)エッ!?
古河に引っ越す前は扇風機も使わずに過ごして居たので、外から入る風と扇風機の風が心地よく感じるらしい。

夏の「暑い~」と言う時期はお盆辺りまでで、お盆を過ぎると朝晩の気温は急激に下がり「今朝は冷えるね」などと言ってしまうことが過去にはありました(苦笑)

エアコン取り付けは、来年以降に考えましょ(要らないような気も・・・)


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


料理好きは認知症になりにくい・・・?

2022.7.29(金)

八幡平市にあるショートステイとの契約ができました。

申し込んでも、先ずは常連様が優先されるとのことで、新参者の母美代さんは空いている日に入れてもらうしかないのかと思っていたのですが、運よく希望日に空きがあったので即申し込みました。
初回は、来月の中旬以降に二泊三日で入れました。


一昨日、美代さんの2番目の妹ヨッコさんから、久し振りに電話が入りました。
隠しておくこともなく、いずれは話そうと思っていたので、特養から退所したことを告げたのですが、慣れ親しんだ家に戻って来られたのだから良かったと言われました。
ヨッコさんに話したことで、叔母・叔父にも順次話さなければと思っていたところ、すぐ下の妹ミッコさんから、早速電話が入りました(ヨッコさんとはツーカーかも、笑)

コロナ禍なので、お互いの飲み物は自分で用意することにしようといわれ、願ったりかなったり。
わが家はお茶を飲む習慣がなく、飲み物は常にコーヒー。
夏なので冷蔵庫に麦茶は用意してあるが、持参すると言ってもらえたのは有難いですヮ。

ミッコさんは美代さんの2歳下なので、87歳。今でも毎日農作業に励んでいると。そう、食事の支度から洗濯掃除と、何でもこなしているのだと自慢していた。

「叔母ちゃんは元気だね~。美代さんはもう歩けなくなって、この家のことも忘れちゃったんだよ」

ミッコさんは情けないことだと嘆いていたが、舅姑さんは認知症にはなっていなかったようなので、認知症のことを理解できなくても致し方なし。
そして今更説明しても詮無いことと思い、詳しいことは話さなかった。

DSC_0007

美代さん、ミッコさん、ヨッコさん、ナッコさん。
同じ姉妹でも、ミッコさんとヨッコさんはずっと家事をしてきた。料理が得意で、自分なりに創作も取り入れていたと話していた。
末妹のナッコさんは73歳。若い頃からお水の仕事で生計を立てていたので、家事は叔父任せだった。
60代後半から認知症の症状が出たらしく、叔母のお金で暮らしてきた叔父は、毎日かいがいしくお世話をしているそうだ。

料理が嫌いだから・料理をしないから認知症になる訳ではないとは想うも、ミッコさんとヨッコさんを見ていると、やはり料理好きで在った方が良いのかな・・・そんな気もしている。

と、わたしはと言うと嫌いではない・・・が、大好きという訳でもない。
まぁ、必要に迫られて作っている。そんな感じかな・・・。

https://www.oyanokoto.net/column_page/id=1256

一人の時は何でも良かったが、家族の人数が増えるとそれなりに工夫もするようになり、娘や美代さんの食事を作ることが一つの楽しみにもなっている(苦笑)
で~も、咀嚼する力と飲み込む力が弱くなってきている美代さんに、何を作って食べさせようかと頭を抱えることも。
この、考えたり悩んだりすることが脳の活性化になると聞いたことがあるが、できることなら、わたしもミッコさん・ヨッコさんのお仲間で在りたい(苦笑)

1054019

さてさて、今夜の美代さんのおかずは何にしましょうか。
わたしの脳・・・ガンバレ~(笑)


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


生への執着?死なないようにしてほしい・・・

2022.7.28(木)Ⅱ

おっかね病の母美代さん。

あ、おっかね病と言う名前の病気は無いですが、二言目には「おっかね」を連呼するので、もう病気だということに(苦笑)
そして、そのおっかねを毎回言われているユカは、堪忍袋の緒が切れるかのように、

「あのさぁ、こっちは怖がらせている訳じゃないから、あんまり怖いって言うと、もう身体を触れなくなるよ」

そう、やっとわたしの気持ちに追いついたようです(苦笑)


わたしの腰を気遣ってくれているユカ。
自分がいるときは手伝うからと言ってくれます。
昨夜、美代さんをベッドに寝かせる際に、いやいや~これが本音かぁということが。
やっとこさ枕の位置まで引き上げ、これで良しとなった後に美代さんから一言。

「オレのごどは死なねようにしてけろな・・・」(わたしのことは死なないようにしてちょうだい)

まぁ勝手な言い草だこと!
動けない美代さんをお世話し、やっとのことで寝せているのに、おっかねおっかねを連呼した挙句の果てにはやめろと言い、終いには死なないようにしてほしいだと(T_T)
ユカと二人で「何言ってんの?!」と、顔を見合わせてしまった。

DSC_0028

認知症になると死への恐怖心が薄れていくと聞いていたけれど、こと美代さんに関してはまだまだ生への執着心が強いようです。

そう言えば、要介護1のときに言っていたのは「早くしにたい」死ぬ気もないのに、二言目には死にたい。
あんまり死にたいと言うので、ご飯を食べなければ弱って死ねるよ。外に出て車に轢かれれば死ねるよと、半分ヤケで言い放つと、

「だってよ、ご飯食べねば腹減るし、歩げねがらそどに出れね」


要介護3(もしかしたら4)の美代さんは、人の手を借りなければ生きられない。
そんな中で、死なないようにしてほしいと言ったのは、見捨てられると思ってのことなのか・・・。

わたしとユカの介護は、特養での行き届いた介護とは違い、美代さんとっては不安でしかないのかもしれない。
でもねぇ~、認知症が言わせているとはいえ、何だか虚しと思ったのが本音。

美代さんは内臓には心配がなく、100歳まで生きると言われていますが、生きていると言うよりは生かされている。
そのように想っています。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


尿意を感じない・・・シャワーでキレイにしたお尻が、うぅ~

2022.7.28(木)

またお休みさせていただきました。
なんで?
孫の子守りでしたが、小学校1年生の元気いっぱいな男の子は、62歳のわたしを遊び相手と認識しているようで、サッカーだバレーだとまぁ休むことなし。
夕方にはヘロヘロになり、パソコンに向かう気力が湧きませんでした(泣)

   ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

火曜日の午後、気温は30℃を超えていたので裸にしても寒くはないだろうと、長女と二人で美代さんにシャワーを浴びせてあげました。

391276_s

介護用の椅子は無いので、普通に食卓用の椅子で。
車椅子に座ったままで上半身を裸にし、お風呂場へ。

服を脱がす際のズボンとリハパンは、お尻を浮かすことができないので担当者会議で教わったことを見様見真似でやってみました。
ベッドの手摺を握らせ、ズボンのゴムの部分を力ずくで引き上げて、一瞬でしたが車椅子から立ち上がった隙に、何とか腿の位置まで下ろし、その後は座ったままで脱衣。
1週間ぶりのお風呂になる美代さん。
例の如く「おっかね」を連発していました、そんなことに構ってはいられないので、半強制的に。

ガーゼを使い優しく撫でるように洗ってあげましたが、問題は下。
お尻を洗うために濡れた身体をユカが抱きかかえ、お尻が浮いたほんの僅かな時間で洗い、お股の部分は前から洗ってあげました。
と、足の付け根から大量の垢がごそっと(驚)
キュッキュッと擦ると、くすぐったく感じたようで、やめろと言わんばかりに手を出してきた美代さん。

「だってね、こんなにも垢ちゃんが出てきたんだよ。全部美代さんの垢ちゃんだよ」

「あかちゃん・・・ククク、アハハハ」

垢ちゃんという言葉に反応した美代さんは、一人で大笑い。
何がそんなにおかしいのかと思いながらも、釣られてわたしたちも大笑い(苦笑)

入浴中は一事が万事「おっかね」の連発で大騒ぎでしたが、何とか終わらせることができ、ユカがボソッと、

「二人でなら何とかなるね」

DSC_0027

疲れているだろうと着替えはベッド上で。
上を着せ終わり、リハパンを穿かせようと足を持ち上げると、何だかプ~ンと臭いが。

「クサッ!美代さん、おならしたね!?」

顔を赤らめて笑う美代さんに、怒るに怒れず。
と、リハパンをお尻まで上げると敷いていたペットシートがオシッコでビショビショに。それに気づかずに、やっとこさ上げたまっさらのリハパンまでもが濡れてしまいました。
ペットシートから漏れたオシッコは、バスタオルまで浸透(泣)

「美代さん、おならと一緒にオシッコも出たんだ~」

リハパン1枚が没(それこそ勿体ないけど捨てるしかない)
シャワーでキレイになったお尻だったのに汚れてしまった・・・でも、もう一度シャワーを浴びせることなんて到底無理。
仕方がないのでお尻拭きで対処したけれど、わたしの手はオシッコまみれ(苦笑)

古河でお世話になったケアマネのTさんが言っていましたが、仕事だと思うとオシッコやウンチが手に付いても平気になると。
仕事でやっているわけではないわたしは、初めのうちはとても気になったけれど、最近は洗えばいいのだからという感覚に(笑)
どんなことでも、慣れていくものですね。


たま~に尿意を教えてくれることもありますが、ほとんどは無意識で出ているオシッコ。
赤ん坊と一緒なのかもしれません。


いつもお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけますと、励みにもなり嬉しいです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 自分の意思とは関係なく出るオシッコ え?ウンチも・・・
  • 自分の意思とは関係なく出るオシッコ え?ウンチも・・・
  • 年寄りには厳しい寒さ、乗り来るための秘策はあるの?
  • 笑いは細胞の活性化になる・認知症でも分るお笑いを希望
  • ミサイルが飛んで来たら、どこに逃げる?死を覚悟する?
  • 宿命からは逃れられない・親を選ぶことはできないのだから
  • 宿命からは逃れられない・親を選ぶことはできないのだから
  • しがらみを絶つ生き方・・・そろそろ考え時かも
  • 妄想や幻覚と上手に付き合う? そんなこと・・・できるの?