にゃんズの母(しがらみと生きる)

「老猫、桐ちゃん19歳、青(せい)くん17歳」「わたし、お洒落大好き還暦過ぎたおんな」「母、89歳。方言と訛り×認知症要介護3で、田んぼの観える特別養護老人ホームに入居していましたが、現在は在宅介護に戻し、日々奮闘中」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、愚痴満載(苦笑) 人生一度きり、前向きに生きるためのブログです。

2022年04月

DとT。発音が難しい・・・エッ、訛ってる?

2022.4.30(土)

今日も朝からコツコツと内職。

急ぎ仕事ではないのだからペースダウンしても良いはずなのに、ついつ夢中になってしまう。これって、性格の問題かしら・・・。


ところで、わたしはTVドラマをオンタイムで観ることはほとんどない。
以前は母美代さんの「今のは何のことを言うんだ?」攻撃で、説明をしている間に見落としてしまうことが多々あり、じっくり観るためには録画するしかなかった。
それが癖になり今でも録画で観ている。

でも、録画しておくと良いこともあるのよね。
車が通ったりして音がかき消されることがあるけど、そんな時は巻き戻してまた観ることができるし、気になったシーンやセリフを何度も観ることができるものね。
それに、CMカットできることも良い点?かも。

昨夜はドラマを観ながら居眠りしてしまい、目が覚めた時にやっていたのが栄養ドリンクのCM。
そう、ケインコスギさんがやっているCMだけど、わたしの耳のせいなのかリポビタンDのDの音が「デー」と聞こえた。

デー。間違ってはいないよね。
でも、たぶんだけれど、「ディー」と言う人が多いのでは?

DSC_1915


デーで、思い出したことが。
昔、岩手時代に勤めていた会社は工業用ミシンの代理店で、言葉の中にアルファベットがいきかっていた。
電話注文では、正しく伝えるためにわざと訛っているように発音していた。
そう、一番聴きずらかったのが「D」と「T」

「ディーですか?ティーですか?」

こんなやり取りでお客様をイラつかせてしまい、先輩事務員さんが取った行動が「訛ってもいいじゃない作戦」

お客様は「~~ディー」と言ってくる。それに対して「デーですね」と。

「何だ、訛っているな~」と笑われることがあったが、同じ様に「ティー」に対しては「テー」と答えていた。

MとNもそう。
今では当たり前になっている「日本のN」とか「盛岡のM」(岩手なので)も頭文字で確認していた。

CMを観ながら、あの頃を思い出し懐かしくなった。
因みに、先輩事務員は埼玉県出身で嫁いで15年以上と言っていたが、何気に盛岡弁が染みついていた(苦笑)
郷に入っては郷に従え・・・かな。


美代さんの在宅介護が始まると、美代語が沢山出てくるはず。
たまに、チンプンカンプンな言葉が出て、わたしでも分からないことがあるけれど、それも含めての介護になります。


お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援くだされば励みにもなり嬉しです。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


敗北宣言・・・負け組ですけど、これからに希望を

2022.4.29(金)

昭和の日。
わたしの年代では、昭和天皇の誕生日と言った方が分かりやすいのかも。

それにしても寒いです。
昼頃まではフリースを着て我慢していましたが、負けてしまいました。
そう、温風ヒーターに頼ることしました(泣)

ヒーター?と、想われました?
いつもなら石油反射ストーブを使うはずなのに、何でヒーター?
はい。
引っ越すことを決めたので、反射ストーブの灯油は使い切りました。少しでも残っていると、移動の車の中で漏れてしまう危険性があるから。
現に、ここに越してきた際に、ダンボールからしみだして他のものに臭いが移ってしまいました。
あの失敗はしたくないので、今回は空になるまで最後のさいごまで燃焼させました。

今回はダンボールに入れる前に、先に大判のゴミ袋に入れようと思っています。念のために底に新聞紙を敷き、その上に置こうかと。

で、ヒーターに残っていた灯油は、灯油缶に戻そうと思っていましたが、今日の寒さでそれをしなくて済みそうです。何なら足りなくなるかも・・・。

DSC_1914


ところで、勝ち組・負け組という言葉がありますね。
今回のわたしの引越しは、完全なる負け組・敗北のように思います。

金銭面もですが、コロナにも婚活にも負けました。
先ずコロナです。感染が怖くて極力外出を避け、巣籠状態。
友人が居たら、少しは出かけることを考えたかもしれませんが、それもなしで会話する相手もなし。

婚活は、お互いが帯に短したすきに長し状態で、話をするとピント外れ。
そう、会話が成り立たないのです。
一緒に居て疲れるくらいなら居ない方がマシ・・・そんな風に想ってしまい、結局先に繋がらない。
もう、婚活はしないことに。これからは、友活・恋活(笑)
茶飲み友達や、食事友達。運が善ければ旅行に連れて行ってくれる恋人を!な~んてね(強いね笑)

負け組のわたしのこの先は・・・【損して得取れ】に希望を持つしかないのかしら(苦笑)


世の中GWだけれど、今年の予定は皆無。
今朝の情報番組の中で、ハワイ旅行に行くというご夫婦がインタビューを受けていたけれど、その答えにほんの少しイラッ(*`Д')

「国内旅行は、コロナ中に全て行って来たので、もう行くところがない」

こういうお方もいらっしゃるのね・・・。


内職で得たお金を使わずにいたので、お一人様ランチをしてみようかと。
古河に居る間に、それくらいはしてもいいよね。

今のわたしの頭の中は、母美代さんの再度の在宅介護を思案中。
【失敗は成功の基】となるように・・・まぁ、ならなくてもそれはそれで善いか。


お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援くだされば嬉しいです。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


住めば都というけれど・・・慣れるまでが一苦労?

2022.4.28(木)

26日火曜日から通常モードの暮らしになりました。
そう、内職が始まり内職に追われています(笑)

追われていると言いつつ、納期は連休明けなので焦る必要はなく、これまでよりものんびりモードでもイケそうです。

今回の仕事が最後かな・・・と思っていましたが、何やら次の仕事が既に決まっているそうなので、その仕事を頂き最後にしたいと考えています。


【住めば都】や【置かれた場所で咲く】という言葉がありますね。

先月、帰省した際に遠野へ遊びに行って来たことを載せています。
わたしの実家もまぁまぁの田舎ですが、遠野までの道すがらの風景で「ここの子ども達はどこら辺の学校に通っているのだろう・・・?」そんな風に想えるほどの奥まった感じのところがありました。

TV番組の「ポツンと一軒家」をたまに観るのですが、こんな山奥でいったいどのような暮らしをしているのだろう。買い物はどのようにしているのだろう。
などと、要らぬお節介心で観たりします。

田舎で暮らしていたわたしは、東京のような都会に憧れを持ちましたが、逆に東京に住んでいる人は田舎暮らしをどのように感じるのでしょうね。

DSC_1910


長女の職場に、この春青山学院大学を卒業した若者が入社したそうです。
何もこんなド田舎に就職しなくたって・・・と、想うのは田舎に住んでいる者の考えで、その若者はどうしても就きたい仕事があり、それが八幡平市に在ったのだと。
交通の便が善くないので必然的に車を購入し、東京から車でやって来たそうです(遠いと感じただろうな・・・)

若者は、これから仕事を覚えるのと同時に、田舎言葉にも慣れなければ。
  • まかす・・・こぼす
  • 投げる・・・捨てる
  • しゃっこい・・・冷たい
  • あべ・・・行く
本の一例ですが、大人たちが普通に使っています。
若者も、いずれは岩手訛りの言葉でしゃべる日が来るのかも。
そう、大人たちに交じって普通に会話する日が来るのかもしれません。

でも、一番に慣れなければならないのは、冬の銀世界と極寒。
わたしも、若者と同じように慣れて行かなければ。

関東住まい21年。
雪のない暮らしに、どっぷりとハマってしまいました(苦笑)


お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっとしてしてくださると、励みにもなり嬉しいです。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


年齢相応のお洒落は・・・ハマり過ぎる?

2022.4.27(水)

リサイクルショップに問い合わせてみました。

今回持ち込みをしようと思っている物の中に、冬物コート2点があったのですが、今の時期では女性の冬物は取り扱っていないとのことで、残念ながらゴミ扱いになってしまいます。
但し、状態が善いのでリサイクル品のゴミとして出すことにします。


10年くらい前でしたか、服選びのことで長女からアドバイスをもらっています。

「おかぁの場合は、年齢相応の服を着るとドハマりして妙にオバサン臭くなってしまう。だから選ぶ際はマイナス5~10歳くらいでもいけると思うよ」


一人で買い物をするときはかなり悩んでしまい、店員さんや近くにいるお客さんに訊いてみたりしたこともあった。

「お似合いだと思いますよ

思いますよ・・・です。と言い切ってはくれない。

個人的な感情が入るだろうから、訊かれた人の好みの服でないこともあるのかもしれない。その場合は思いますよ・・・になるのだろうか。
もしも、その人も好きな服だったなら「お似合いですよ」と言ってくれるのだろうか。


長女に言われた通り、少し若めだと想われる服を買い帰省の際に見せたりするが、ことごとく却下されることが多い。
こういうこともアリで、わたしが服を買う際は殆どが帰省した時だった。


最近は、以前に比べ物欲が少なくなっている。
まるっきりほしくないとは言わないが、取り敢えず持っている服で十分かな・・・と。

タンスの中にある服は、かれこれ20年は経つであろう物だったり、娘たちのお下がりもある。
現在61歳だが、20年前だと40代。
その頃からの服を今でも着ていることになるが、果たして大丈夫?(苦笑)

DSC_1913


娘たちとお出かけする際は、必ずと言って良いほどファッションチェックが入る。
自分なりにはOKと想っても、一緒に歩く娘たちの気に入らない服であったりすると、まぁまぁの着せ替え人形状態。
服選びをしているその時間があれば、何か一つ仕事ができたよね?なんてことになることも(笑)

でも、わたしは娘たちに対して強くは言えない。
何故ならば、母美代さんに対しても同じようなことをしていたから。
そう、美代さんに至っては、汚れていなければ何でも良いという考えだったので、まぁ大変だった。

「七面倒くせ。何着ていだって裸でねんだがらいがべ」
(裸でなければ何を着てもいいだろ)

古河でデイサービスに通うようになり、他の利用者さんからお洒落だと言われたことがあったようで、娘が選んでくれたものだと答えたと。
娘たちには不評な服選びだが、美代さんの服選びは当たっていたような気がする。
子とは、親の服装が気になる生き物なのかも。


お洒落を楽しめるということは、ボケてはいないということよね。
これからも、娘たちからのチェックを受けながら、楽しんでいきましょ。


お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
励みにもなります。ポチっとしてくださいましたなら嬉しいです。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


断捨離・・・何度目? そして諦めてはいない婚活

2022.4.26(火)

断捨離を始めました。
引越しの度に断捨離をしてきたけれど、今回は思い切って寝具類も処分しようと思っています。

娘たちが泊りに来ることがあったので、2セット分は用意していましたが、実家には旅館をやれるのではないかと想えるほどの数があり、持ち帰っても押し入れに空きスペースはないのです。
まぁ、致し方なしね。

食器類も同じ。
少し欠けていた皿や、ずっと使わずにいた小鉢などがあったけど、それも実家に山ほど ・・・それこそ母美代さんが捨てられない症候群で後生大事に仕舞っているものがあるので、持ち帰る必要はない。

衣類もそう。
ここ何年も袖を通していないコートや、何を考えて買っていたのか穿きもしないスカートなどを、いつかはとの想いで仕舞っていた。
状態が善い物はリサイクルショップに持ち込んでみようと思っている。ブランド品ではないのでキロ単価になるような気もするが、ただよりはマシかも(苦笑)でも、引き取り不可の時は・・・捨てるしかないか。

a1a3b44546d329d73e9380909eff7692_s


今回が最後の引越しになるのかは、正直言ってわからない。
昨日お会いしたIさんの従妹さんは、最近60歳で再婚したそうだ。それも結構な玉の輿で(ウラヤマシイね)

わたしは婚活サイトに2年間お世話になっている。
6人の方とお見合いしたが、残念ながら交際に発展したことはない。
婚活をしていることは一言も口にはしなかったけど、Iさん曰く。

「人生まだまだですよ。探しているときは見つからないもので、何気ない偶然で出会うこともあると思いますよ。」

実家に戻ったら、知り合いに頼んで誰かを紹介してもらおうかしら(笑)

35fdb03721d25cdcd86b5d6c1347f5e6_s


実家にある寝具類の断捨離もと思っているが、ユカが面白いことを言っていた。

「そのまま突っ込んでおけばいいのよ。隙間風対策にはなるでしょ」

まぁねぇ、美代さんも農作業が忙しくて天日干しなどしていなかったみたいだから、怖ろしいけどたぶんカビが生えているはず('A`|||)
あ・・・カビは身体には善くないわよね。
美代さんに知られないように、少しずつ進めて行かなきゃ(苦笑)


やらなければならないことは、沢山ある。
婚活をする時間は・・・ないかも(泣)

それでも、これからを生きるために諦めたりは致しません(強いね・笑)
色いろと、頑張りましょ。


お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
ポチっと応援して頂けましたなら、嬉しいです(*゚▽゚*)


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 自然現象とはいうけれど、トイレの時間は地獄の時間
  • 自然現象とはいうけれど、トイレの時間は地獄の時間
  • 自然現象とはいうけれど、トイレの時間は地獄の時間
  • 人間のエゴ? それでもお祝い事なので・・・
  • 人間のエゴ? それでもお祝い事なので・・・
  • 人間のエゴ? それでもお祝い事なので・・・
  • 人間のエゴ? それでもお祝い事なので・・・
  • 人間のエゴ? それでもお祝い事なので・・・
  • 人間のエゴ? それでもお祝い事なので・・・