にゃんズの母(しがらみと生きる)

「老猫、桐ちゃん19歳、青(せい)くん16歳」「あたし、お洒落大好き還暦過ぎたおんな」「母、89歳。方言と訛り×認知症要介護3で、田んぼの観える特別養護老人ホームに入居」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして・・・なのですが、母が特養に入所しケンカ相手が居なくなり少々寂しくも感じています。 人生一度きり。前向きに生きるためのブログです。

2022年03月

話す相手が居るということ。たとえそれが幼児だとしても

2022.3.31(木)

26日に帰省し、毎朝晩娘と挨拶をしている。

挨拶、イコール言葉を交わすということ。
「おはよう・おやすみなさい」
たったこれだけでも、人と関わっていると実感する。

話しかけても返事をしてくれない、お仏壇の父と夫。
毎朝晩の挨拶を欠かしたことはないが、何を話しても当然ながら無言。

仕事の話・友人の話・世間話。
何でもいい。ちょっとした内容でも、話せる相手が居るということは有難い。

DSC_1852

昨日の保育園のお迎えの時、犬と猫とどちらが好きかと訊かれた。
6歳児に対して、動物の好き嫌いを言う必要があるのかを少し悩み、どちらも好きと答えたが、マナくんにはそれが不服らしく、どっちか一つとせがまれた。
となると、答えは当然ネコ。
ならば、マナくんはどっちが好きなのかと訊くと、

「前はどっちも好きだったけど、今はネコが好き」

その理由は、保育園の友達の家で飼っている犬に太ももを噛まれたそうで、それ以犬嫌いになってしまったと。

ネコは、小さな子どもを嫌がる。
その理由としては、予期せぬ動きをするからだと言われている。

わが家のにゃんズ・桐と青。
青は全くその通りで、マナくんが居る間はなるべく炬燵から出ようとしない。
が、桐の場合はそれとは関係なしに、温風ヒーターの前の座布団の取り合いをするほど仲が良い。
そんな人懐っこい桐をマナくんも解っているようで「桐ちゃん、かわいい」と言い、体や頭を撫でてくれる。

「桐ちゃんのこと、好き?」

「好きだよ」

こんな他愛もない会話が、わたしにはとても愛おしく感じる。


明日は、婿殿が帰宅する夕方6時頃までは、マナくんと二人だけ。
これまでは、せいぜい2~3時間の子守りで済んでいたが、明日は本格的に長時間一緒に居ることに。
娘たちとは違いワンクッション置いた、孫という存在。

お祖母ちゃんとしてのわたし。
会話の言葉選びも必要になるのかな?

お手柔らかにお願いしたいものですヮ(苦笑)


お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援をしていただけましたなら幸いです。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


自分らしく生きるって・・・らしくって、どんな自分?

2022.3.30(水)

らしく。
自分らしくとか、私らしくとか。

自分のことは自分が一番よく知っている。
と、言う人が多いが、らしいわたしって、どんなわたしなのだろう。



昨日の遠野郷八幡宮で、年神様のお参りもしてきた。
子年のわたし。
性格や、今後の生き方等が書かれていたが、微妙に違っていた。
酉年の母美代さんの性格に至っては、誰のこと?みたいな事が書かれていた。

占いは、当たるも八卦当たらぬも八卦で、信じる人は救われるようだが、わたしはあまり信じない。
でも、たまに想うのは、占いや運勢で示された通りの行動をしていたら、自分の人生はとても明るいものになっていたのだろうか。
次女に言われた。

「おかぁは、自分のことは自分で感が強く我が道を行くタイプだけど、たまには人を頼ってわがままを言ってもいいんじゃない」

言われてみて思ったのは、娘たちは悩んでいるときなどはわたしに意見を求めたりしてきたが、わたしは美代さんから意見をもらったことはない。と言うか、美代さんに相談ごとをした記憶があまりない。

娘たちが幼かった頃は、子守りを頼んだことはあったが、わたしがなにかを悩んでいたとしても、相談する気にはなれなかった。
美代さんはそういうことに疎く、気持ちの裏を読むということができない人だった。

DSC_1849

帰省する度に思う。
こんな大きな家に長女がひとり・・・もったいない。

美代さんとの母娘関係は良好ではなかったが、娘たちとはまぁまぁだと思っている。
でも、どんなに仲良し母娘でも、長く暮らしていくうちには些細なことで喧嘩になったりするのかもしれない。
美代さんのことは、離れているからこそ案じることもできた。

わたしは、らしく生きるためにはどこで暮らすのがよいのか。
わたしのらしくって、どんな生き方なのだろう。

暫くの間、悩みが続きそうです。


お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援をしていただけましたなら幸いです。



人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


遠野郷八幡宮 猫神社に参拝&遠野ジンギスカン

2022.3.29(火)

わたし・にゃんズの母は、現在岩手に帰省中。

孫のマナくんは、4月からピカピカの一年生。
いきなり学童保育に入れるのは不安だということで、入学後1週間ほどを頼みたいとの母親である次女からの依頼。

保育園の卒園式は25日でしたが、31日までは自由登園とのことで最後までお世話になる予定らしいです。

今日は保育園を休ませ、娘たち・マナくんの4人でお出かけ。
実は、長女のユカのマイブームは御朱印集めで、目的の場所は、長女が行きたがっていた「遠野郷八幡宮」

DSC_1845


遠野郷八幡宮には猫神社があります。
祀られているのはオトラサマ(幼名トラキチ)

https://www.tono8man.com/%E7%8C%AB%E7%A5%9E%E7%A4%BE/


DSC_1843


DSC_1844

真ん中に祀られているのがオトラサマ。
オトラサマ以外の猫たちも祀られていましたが、もしかしたらネコ好きさん達の気持ちなのかもしれません。

DSC_1848

わが家のにゃんズ桐と青は、御年19歳と16歳。
オトラサマのご利益を期待して、健康長寿を祈願してきました。


昼食はラム専門店の「遠野食肉センター」で、ジンギスカン。
わたしは知りませんでしたが、遠野はジンギスカンが有名らしいのです。

https://www.anbe.jp/sub12.htm


DSC_1847

軟らかい肉で、臭みもなくとても美味しく頂けました。

因みに、わたしが帰省した際には必ずと言ってよいほど盛岡冷麺を食べるのですが、今日食べたのは遠野冷麺。

DSC_1846

スープの味がフルーティーに感じられましたが、わたしは食べ慣れている盛岡冷麺の方が好きかも(苦笑)
でも、次女は「わたしは好きかも」と言っていたので、好みの問題ですね。


帰宅後、桐から「何処に行っていたの?寂しかったのョ」みたいな顔ですり寄られました。

「桐と青の、健康長寿を願ってきたんだよ。長生きしてね」


母美代さんとの母娘仲は、良好とは言えませんでしたが、娘たちとは何とな~く良好だと思っています。

にゃんズにとっては継母のわたし。
今まではもちろんですが、これからも良好であると信じたいです。


お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援をしていただけましたなら幸いです。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


夫の命日に、孫と交わした約束

2022.3.28(月)

夜中、何時頃からだったのかは判りませんが、外から雨音が。

今日は亡き夫の13回目の命日。
昨日のうちに花と線香・ロウソクを用意し、朝一でお墓参りをして来ました。
玄関を開けると、外は雨から雪に。
長女がボソッと、

「おとうの気紛れで、雪降らしてる・・・」

「あぁ、そんなところがあったね・・・」

墓参りは家族だけ。
娘たちと孫のマナくんの4人で。
線香が消えるまで居ようと思っていたのですが、あまりにも寒く「ごめん、また来るから」で早々にお墓を後に。
雪は、午前8時頃には上がり青空が見えてきましたが、風が強く寒い一日の始まりとなっていました。

DSC_1842

亡き夫は、死ぬことに恐怖はないと言っていました。
直接的な「死」よりも、死ぬときの苦しみからは逃れたい。そんなことを言う人でした。

おぎゃぁーと、この世に生を受けた日から人は死に向かい生きる。
誰しも必ず一度は死ぬ。それが早いか遅いかの違いで、死を恐れても仕方ないこと。そんな考え方でした。

人生に後悔はないが心残りはあると言い、それは孫の顔が観られないこと。
でも、こればかりはいくら夫が頑張ってもどうにかなる問題ではなく、心残りを解消する術はなし。

自由奔放に生きた夫でも子どもは大好きで、孫は男の子が欲しい。
生まれたら野球を教え、ベタな想いだがキャッチボールをしたい。
お酒を飲める年齢になったら、一緒に酒を酌み交わしたい。
こんな夢を持っていました。


「あーちゃんはお酒好きだよね」

「好きだよ。マナくんが大人になったら、あーちゃんと一緒にお酒を飲んでくれる?」

「ん~。いいよ」

6歳児と、61歳・祖母ちゃんの会話です(苦笑)


夫が出来なかったことを、わたしが代わりに。
キャッチボールは、マナくん次第。
もしかしたらサッカー少年になるかもしれないし、他のスポーツが好きになるかもしれない。

夫の希望を叶えられるのは、唯一お酒を酌み交わすこと。
でも、これもマナくんがお酒を飲めるようになるまでは分からないし、その前に、わたしが何歳までこの世に居られるかも分からない。

DSC_1834

わたしは夫ほど強くはない。
人生に後悔はないなどとは、間違っても言えない。
でも、過ぎたことをあれこれ悩んでも詮無いことと、ブロブ友様からも言われている。

人生は一度限り。
悩み、立ち止まりながらも、前を向いて進むしかないのでしょうね。


お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援をしていただけましたなら幸いです。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


住みかが代わっても、日常は変わらない

2022.3.27(日)

昨日の東北道は、雨で速度規制がありました。

50キロ・80キロ規制の中をビュンビュン飛ばす人や、わたしの様にこれでもかというくらいに守って走る人など、運転にはその人の個性というか性格が表れるのだと、実感しながら走っていました。

移動時間は途中休憩を入れて、7時間。
19歳と16歳の超高齢にゃんズ。
特に、最近の体重減少が顕著な桐の体調が心配でしたが、車中では、いつものように助手席でおとなしく寝ていてくれ、何ごともなく到着できました。

実家に着いてからのにゃんズ。
青くんは勝手知ったる的な感じですぐに炬燵の中へ。対して桐ちゃんは暫くの間探検。
ネコは知らないところに行くと頭に地図を描くために歩き回るそうです。
年3くらいのペースで帰省している実家は、桐にとっても実家で、勝手知ったる感はありながらも、習性的なことでの探検だったようです。

ネコは砂漠でも生きられるいきもの。
車に乗っていた時間は飲食なしでも平気ですが、着いてすぐに水をおねだり。


今朝は、お刺身・猫缶・クリームも食べてくれ、いつも通りのにゃんズ。
炬燵から出たり入ったりの青くんと、温風ヒーターの前でくつろぐ桐ちゃん。

DSC_1836



DSC_1835

来月半ばまでは、ここ岩手での暮らし。

にゃんズは、今日も穏やかに過ごしています。


お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援をしていただけましたなら幸いです。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 梅雨明け後の節電 我が家でできることって・・・
  • 梅雨明け後の節電 我が家でできることって・・・
  • ケアマネに求めるものは、事務的なことばかりではない
  • 頭を悩ます粗大ごみの処分 家族が減るとそれなりに
  • 頭を悩ます粗大ごみの処分 家族が減るとそれなりに
  • 塩ザクザクの梅干しも、腐らないとは言うけれど・・・
  • 塩ザクザクの梅干しも、腐らないとは言うけれど・・・
  • 15年前のはちみつ漬け 果たして食べられるの?
  • 15年前のはちみつ漬け 果たして食べられるの?