にゃんズの母(しがらみと生きる)

「老猫、桐ちゃん19歳、青(せい)くん16歳」「あたし、お洒落大好き還暦過ぎたおんな」「母、89歳。方言と訛り×認知症要介護3で、田んぼの観える特別養護老人ホームに入居」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして・・・なのですが、母が特養に入所しケンカ相手が居なくなり少々寂しくも感じています。 人生一度きり。前向きに生きるためのブログです。

2021年02月

使用済みマスクのポイ捨て あたし恨まれている・・・?

2021.2.24(水)Ⅱ

今朝、ゴミ出しをして戻って来て気が付いたこと。
わが家の塀の内側・玄関先にゴミが・・・。

DSC_1115

使い捨てられた?マスク。
この状態は、飛んできたと言うよりも意図的に捨てた・・・か。若しくは置いて行ったと、考えるべきよね。
そのまま触るのは怖かったので、ナイロン袋に入れてゴミ箱へ。

DSC_1116

このマスクだけではなく、タバコの吸い殻やレシートなどが落ちていることもあったけれど、それにしても、何故に平気でポイ捨てができるのかしら。
このマスクに関しては、明らかにここに置いた感。
捨てた(置いた)人は、替えのマスクを持っていたのでしょうね。だから外すことができたんでしょうね。

ウォーキングコースにも、たまにマスクが捨てられているのを見かけるけれど、今のコロナのご時世で、よくもまあ簡単に捨てられるものだと、ある意味感心してしまうヮ。

借家住まいは夫が存命中にも経験があるけれど、敷地内へのポイ捨てを見ることはなかった。
同じ古河市内でも、地域性というか、暮らしている人達の人間性のようなものが、あるのかしらね。
マナー違反という言葉を聞くけれど、ポイ捨ては、れっきとしたマナー違反だと想うのだけれどね。

3971487_s

年寄り女ふたりの暮らしで、コロナ自粛も含め他人様にご迷惑を掛けた覚えはないけれど、母を怒鳴る声は騒音かも。
デイサービスの車の停車と車庫入れするための停車は、他人様からは迷惑駐車にしか思えないのかも。
どこでどんな恨みを買っているかも判らずで、困ったものです。

【人の振り見て我が振り直せ】
ゴミはゴミ箱へ。
若しくは持ち帰りましょう。

でも、自分の知らないところでの恨みに関しては、あたしにはどうにもできないのです。


認知症と格闘 主演女優賞への道は遠い

2021.2.24(水)

昨日の朝、父と夫が亡くなっていることを理解していた美代さんですが、
その記憶はいつの間にか消えていました。

午後、2時頃だったかしら。
突然、父はどこに居るんだと訊いてきました。

・・・あぁ~、戻っちゃった・・・


で、助け舟を求め次女のサキへラインTEL。
サキへは、父は亡くなっていないことにしてほしことは、前もって話していましたが、突然の電話で心の準備ができていないこともあり、

「ここには居ないよ。どこに行ったのかは判らないよ!」

まぁ、致し方なし。
話の方向を変え、ひ孫のハヤブサくんとの会話で父のことは飛んでしまったようで、取り敢えず一件落着。
この後は父のことを口にすることはなく、あたしもひと安心。
へったくそな女優で、その都度切り抜けてはきたけれど、心は折れるのョ。

今朝のことです。
またまた言われました。

「じっちゃ、昨日は帰ってきたのが?」

・・・ありゃりゃ、朝一からその話かよ~・・・

で、あたしはここの所一番の女優をしましたヮ。

「じいちゃんね、ゆうべ遅くに帰って来たけど、仕事が忙しいから今朝早くにご飯を食べて出かけたよ。美代さん、寝ていたから起こすのが可哀想だって言って、そのまま出かけた。じいちゃん、優しいね」

「忙しいって・・・どごさ行ったんだがな・・・」

これ以上の追求にはあたしが保たないと思い、話の方向を朝ご飯の方へ。
余程の具合が悪くない限り朝食抜きは有り得ない美代さんは、食べることに集中してはいたけれど、あたしの心臓はドッキンコ。

DSC_0871

高齢者の婚活サイトの、ある方の日記に、物忘れは憶えていたことを忘れるから物忘れであって、認知症は記憶自体が失われてしまうので、物忘れではないと、専門書に在ったと載せていました。

確かにそうかも・・・。
美代さんの中では、父は亡くなってはいない。
どこかで生きているが、そのどこかが判らないから心配もし、悩んでも居る。

この心配を取り除いてあげれば、少しは落ち着くのでしょう。
その落ち着かせる役目が、一緒に暮らしているあたしなのでしょうけれど、役者になり切ることができずに自滅してしまうこともありで、主演女優賞への道はまだまだ遠いのですヮ。

父は、どこかで生きている。
クリアな人なら、電話してみよう・・・と、なりますが、美代さんには電話をしてみようという考えは浮かんでこないようです。
これだけは何としても死守しなければ。
それも、あたし次第なのでしょうね。

じいちゃん、たまには夢に出てあげてよ・・・。
美代さんを、安心させてあげて。

最近のあたしは、お迎えよりも上記の事を願う日が多くなっています。


読むことを苦手としている、老母の記憶

2021.2.23(火)

令和天皇誕生日ですね。

介護をしていると、休日も祝日も関係ありません。
今日火曜日は、美代さんはデイサのない日なので、朝からずっと一緒です。
でも、1時間ほど買い物に行ってきたし、夕方はウォーキングに行く予定なので、四六時中一緒という訳でもありませんが。

家に居ても何をすることもなく、ずっと座りっぱなしの美代さん。
あんなに大好きだった電話でのお喋りも、最近はコロナと一緒で自粛気味で、言いたいことが言葉にならず、何を話したらいいのかも判らないと言います。

そうそう、夢を見たそうです。
内容は、父とあたしの夫が亡くなっていることを誰かが教えてくれたと。
あたしには夫など居ないものと想っていたようですが、しっかりと名前を言えていました。
で、〇〇はおめのダンナだよな・・・?と。
この記憶は果たしていつまで保たれるのかは判りませんが、そうだよ、良く憶えていたね。と、褒めてあげましたヮ。

認知症の記憶って、不思議です。
誰かが言っていた。
家族の細かなことについては、他人様が判ろうはずもなく、当然あたしからの情報なのですが、あたし以外の誰かから言われた・・・と言うことが多いです。
それは、遠い昔に言われたと思っていたり、夢の中で言われたと思っていたりと、その日によって違うのですが、決まっているのは統一していないこと。
頭の中の回路・線が繋がって居ないのでしょうね。

DSC_0887

あたしは美代さんにずけずけと言います。

「あなたは頭が悪くなっているのよ。あたしも頭悪いけれど、あなたの頭はもっと悪くなっているのよ」

こう言われても美代さんは怒りません。逆に笑ったりします。
頭が悪いというのは、例えば国語算数理科社会のような、学力的なことと思っているようです。
小学校低学年までしか学べなかった美代さんは、頭の悪さを否定しません。
悪い・・・と言うより、学べなかったことで知識がないが近いのかもしれません。

世の中の情報を話してあげると「おめはあだまいいなぁ。なしてそったに知ってるんだ?」と、言われますが、頭が良いということではなく、知りたいと言う気持ちの違いなのだと想うのです。

定年退職後に、学ぶ気持ちがあればいくらでもあったはずです。
でも、それをしなかったのは本を読むことができなかったから。
それにも理由があって、漢字が・・・読める漢字が少なくて気持ちが萎えてしまったようなのです。
とにかく、読むということが苦手なようでした。

極めつけは、外孫のミホが(ソノコの子ども)3歳くらいの時に、本を持ってきて読んで欲しいとねだったそうです。
美代さんは、嫌々ながらもなんとかかんとか読んであげたらしいのですが、スラスラと読めずに何度も引っかかり、終いには「おばあちゃんは本が読めないんだね・・・」と言われ、哀しそうな顔をされたらしいのです。
幼い孫から言われたこの記憶は、美代さんにはとても衝撃的なことで、認知症となった今でもフッと思い出すようです。

【何かをすることに遅いということはない】
この様な考えを持っていますが、今いまのことを忘れてしまう美代さんには、言っても詮無いことです。
それでも、少しでも動いてほしいと願うのは、あたしのズルさゆえ。

今日も暖房無し。
午前中は暖かかったですが、午後から少し冷えて来ました。
美代さんは、いつものフリースを自分で着ました。
自発的に動いてくれることは、有難いことです。


話し相手が居ること・パートナーの大切さ

2021.2.22(月)Ⅱ

昨日以上に、ぽかぽかの古河です。室温は23℃。
それでも服装はヒートテックにコーデュロイシャツで、肌着をキャミにすることはできませんヮ。

今朝の美代さん、あんなに脱ぎたがらなかったフリースを着ませんでした。
暖かいって、いいですねぇ(笑)

DSC_1096

9時半過ぎに、美代さんの携帯のベルが鳴りました。
美代さんの携帯は、名前を登録すると「〇〇さんから電話です」という、着信音。
例えば叔母のヨッコさんは、家電と携帯を登録しているので、携帯からだと「ヨッコ携帯さんから電話です」と、こんな感じです。

今朝の着信音はそのヨッコさんではなくて、美代さんの従妹に充る83歳のミオさんでした。
どうしたんだろう・・・緊急かな?で、出てみると。
電話代が安く設定できるスマホに変えたのでかけてみたと。
美代さんはデイに行っているので居ないことを伝えると、話ができればいいのであたしでも良いというので、美代さんの現在の状態を伝えた。
するとミオさんは、

「娘に看でもらえるこどが一番幸せなんだ・・・怒鳴られでも、そごは母娘なんだがら、わだかまりもねんだぁ」(訛りは美代さんと一緒)

以前、ヨッコさんからは早めに施設に入れてもいいのではないか。と、言われていたけれど、ミオさんからは施設のしの字も出なかった。
下の世話・入歯の洗浄等、生活の全てをやるのは当然。
娘が親の介護をするのは当然!の様なことを言ってきた。

・・・あぁ~、何も解っていない・・・

あの年代の人達は、自分が舅・姑に仕えたので、嫁や娘が看るのは当然の考え。
美代さんは姑には仕えてはいないが、母親の看病をした経験があるので、考え方はミオさんと一緒。

DSC_1093

ミオさんの家族構成は、わが家と同じ。
娘がふたりで、長女に婿取りをさせている。
違うのは、ミオさんの夫も長女の夫も健在なこと。
夫・娘と、できたお婿さんに囲まれて、幸せに暮らしているようだ。

美代さんは大好きだった父に先立たれ、寂しさに耐え切れずに認知症になったのか・・・。
パートナーの存在は大きいと思う。

電話を切る前に、父が生きていると思い込んでいることを伝えた。
一瞬間が空き、「そだのが・・・」と。

年を取れば誰でも認知症になるの考えのミオさんだが、最後に、美代さんが居る世界が何処なのかを解ってもらえたのではないか・・・そうであって欲しいと思った。


長生きできるのは、環境が良いから・・・?

2021.2.22(月)

にゃんにゃんにゃん。
2月22日は、猫の日。なのだそうですねヾ(=^▽^=)ノ

わが家にもふたり居ります。
ねこ娘・御年18歳
ねこ息子・ 15歳
娘・息子というよりも、あたしの年齢からすると、孫の様なものかな。

18年前、当時住んでいたアパートで迷い猫状態だった桐。
アパートの住人さんがご飯を与え、皆で可愛がっていたけれど、ねこ好きのあたしは1月の寒さでは可哀想だろうと部屋の中へ。
その頃は先住猫のデンが居て、2匹は飼えないよな・・・で、デンを譲り受けた動物愛護団体へ預けることにした。

条件は、ワクチン接種と写真を撮ること。(ホームページに載せるために)
ワクチン接種は済ませたけれど、わが家にはデジカメがなく、写真を載せることができなかった。
そんなこんなで、夫は仔猫の桐に夢中になり、最初は反対していたあたしも情が移り結局は飼うことに。

子どもの頃からねこに親しんできたあたしだけれど、桐のかわいらしさはこれまでのねことは数段の違いで、もう、なにをやってもどんな仕草でもかわいく、夫もメロメロになっていた。
加えて、犬の様な従順さもありで、なくてはならない存在になっていた。

DSC_1114

青は、15年前工場勤務をしていたあたしの隣の工場で、半野良でご飯を与えてもらっていたコ。
ある日、駐車場に向かう際にあたしの足に絡みつき離れなかった。
隣の工場は閉っているし、このままにして交通事故に遭ったらと想うと、連れ帰らずにはおけなかった。デンと桐が居たけれど、まぁ一人増えても大丈夫だよな・・・そんな感じで家族に。

ねこの魅力はツンデレと言われる。
撫でて欲しくて近づき、優しく撫でてあげていると、いきなり爪を出したり噛んだり。そうかと思えば、もういいよ!と、言わんばかりにスーッといなくなったり。
人間には自分本位に写るかもしれないけれど、ねこ好きにはそれも堪らない魅力の一つ。

おばあちゃんニャンコの桐は、今でも毛糸や猫じゃらしで遊ぶけれど、青くんはその半分ほどの運動量で、遊び方にもそのコの個性が出る。
そう、爪とぎや毛繕いと同じね。

DSC_1112

青くんの脇の下の脱毛は、あんかに因る低温火傷です。
動物病院の医師からは、このままにしておいても、あんかを使わなくなれば生えてくるので大丈夫と、言われています。

以前、医師から言われたことがあります。

「長生きできるのは、環境が良いからでしょう」

桐と青。にゃんズは今日も元気です。


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 施設の老母 虚ろな目と心ここに非ず その理由は・・・?
  • 施設の老母 虚ろな目と心ここに非ず その理由は・・・?
  • エアコンなしで夏を乗り切る 熱中症には気を付けて
  • エアコンなしで夏を乗り切る 熱中症には気を付けて
  • 誰にも子どもの頃がある そしてネコも認知症に・・・?
  • 誰にも子どもの頃がある そしてネコも認知症に・・・?
  • 誰にも子どもの頃がある そしてネコも認知症に・・・?
  • 誰にも子どもの頃がある そしてネコも認知症に・・・?
  • 引越し先での病院探し お薬手帳が役に立つ・・・?