にゃんズの母

「老猫、桐ちゃん18歳、青(せい)くん16歳」「あたし、お洒落大好き還暦過ぎたおんな」「母、88歳。方言と訛り×認知症要介護3で、田んぼの観える特別養護老人ホームに入居」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして・・・なのですが、母が特養に入所しケンカ相手が居なくなり少々寂しくも感じています。 人生一度きり。前向きに生きるためのブログです。

2019年06月

睡眠時間を増やせと言うけれど、言うほど簡単ではない。

最近、頻繁に頭痛が起きる。

原因は解っている。
解決できない悩み事のせい・・・。
それによる睡眠不足。

元々、睡眠時間は長い方ではない。
4~5時間、寝られたら善いほうね。

専門家の話だと、
1日8時間がベスト、とか。最低6時間は必要、とか。
でも、みんながみんなベストな睡眠時間を摂れるとは思わないし、
人によっては寝すぎると頭痛が起きると言う人もいる。

2~30分のお昼寝が良いという考えもあるようだけど、眠くもないのに寝ようとすることで、逆に頭痛が起きたりすることもある。

子供の頃、
「いつまで起きてるの、早く寝なさい」と、言われ、
眠くもないのに強制的に布団行き。
羊が一匹・・・羊が二匹・・・羊が・・・百匹越えすることもあり、
余計に目がらんらんとしてしまっていた(笑)
今まにして思えば、「早く寝ろ」は、
電気代節約のためでもあったような。

スポンサーリンク


母美代さんは昔から睡眠不足に弱い。
現在も、夜9時前にはベッドに入る。
熟睡できていたら、10時間以上の睡眠時間になるけれど、
過活動膀胱・切迫性尿失禁があるので、夜中最低2回はトイレに起き、
12時前後のときは、居間に居るあたしに、
「まだおぎでるのが、はやぐ寝ろ」
親心?、の一言のあとにトイレに入る。

自分が寝不足に弱いから、あたしも同じだと思っている節があり、
何度も「あなたとは違う」と説明しても、親心が出てしまう。

睡眠時間が短い人は、
認知症になるリスクが高いと聞く。
https://mananavi.com/睡眠不足からアルツハイマー型認知症に?

このまま睡眠時間の短い生活を続けていたら、近い将来・・・それこそ若年性アルツハイマー型認知症になるのかしら?
悩んだところで、しょうがないことだけど・・・
やっぱり悩むわよね・・・。

認知症は、できることなら避けたい病気だけれど、
こればっかりは神のみぞ知る・・・。

DSC_0078

寝だめ食いだめは効かない
と言うけれど、
だとしたら何も変わらずの生活が続くわけで、
これまで通り、塩分・糖分控えめ、そしてウォーキング&ジョギングなどの適度な運動を続けていくのみね。

そうそう、予防サプリメントがあるらしいですね。
でも、これも人それぞれなので、自分に合ったものを選ぶには色々試してみなけりゃわからない。
と、言うことでしょうね。


スポンサーリンク

相手の都合は考えない、認知症になると電話魔になる・・・?

認知症のご家族のいらっしゃる方のブログを拝読させて頂くと、
「けっこうな頻度で電話をしている」とあります。

母美代さん。
暇さえあれば電話をしています。
父が他界し、お喋りの相手がいなくなったことも、
要因しているのかもしれません。

DSC_0612-2

先ほども、いつものヨッコさんに電話をしてました。
「暇で電話したども、なにしてら?」

ヨッコさんは何か忙しくしているようで、
2~3分で話が終わりましたが、その際、
「あ、わるわる。はりえこねくてよ。まだな」(張り合いがなくて)

あ~あ、可哀想に・・・
でも、相手にだって事情があるわよね~、
そう度々、長電話はできないわよね。

と、その10分後くらいでしょうか、またまた話し声がする。
・・・こんどは誰?・・・

スポンサーリンク


美代さんは、話を合わせることはできるのですが、
話の内容までは、詳しくは憶えていないようです。
それでも、どうしても気になることなどは、見事に頭に入っています。
毎日の入浴の手順は忘れるのに、どういうこと?みたいな感じなのです。

一時期、
登録している電話帳を開くこともできずに、相手からかかってくるのをひたすら待っている。こんなときもありましたが、最近は絶好調のようで、暇さえあれば電話の嵐(笑)
相手の都合を考えたりしないのかしら・・・?
ん~。
まぁ、してないからかけまくるのよね。
たまに、孫娘から得た、あたしの知らないような情報まで仕入れていることがあります。
いつの間に電話したの?てな感じです。

そもそも相手の都合を考えていたら電話などできませんが、
あたしなどは「今時間ある?話、してもいい?」などと確認してから本題に入るのですが、美代さんの場合は、先ず自分が寂しいから暇だから相手の都合など関係ない・・・ことが多く、出た相手に対して
「何してれはなすしたくて電話した」(してる、話)

まぁこんな感じで切り出し、特に用があるわけではないので、話の内容は相手次第。
いつでしたか、自分から掛けておいて「は、疲れだ。おめも疲れだべ?切るじゃ、まだな」と、話の途中で勝手に切る始末。
自由ね~。

fdb7e0ba98c0998ba21af3e011041e19_s

先日の脳梗塞の定期検診時、
「日付・曜日があやふやになり、5分前のことも忘れるようなことが増え、何度も繰り返すんです」
と、相談したのですが、
先生が仰るには、
「いいんですよ。そうです、何度も話しかけてやってください。話をすることが大事です」

・・・何度も話しかける・・・

ふ~、あたしじゃ無理ね。
ヨッコ叔母ちゃん、ありがと様です。


スポンサーリンク

今季のドラマ。ベストワン・オンリーワンは、どれ?

あたしはドラマ好き。
今季のドラマも、軒並み最終回を迎えていますね。

今回は沢山観させて頂きました。
月曜日 「ラジエーションハウス」
火曜日 「わたし定時で帰ります」
水曜日 「特捜9」
木曜日 「科捜研の女」「緊急取調室」「ストロベリーナイト・サーガ」
金曜日 「執事西園寺の名推理」「インハンド」「家政婦のミタゾノ」
    「きのう何食べた?」
土曜日 「俺のスカート、どこ行った?」
日曜日 「いだてん」


科捜研の女といだてんは、まだまだ続きますが、
わたし定時で帰ります。は、明日が最終回。
きのう何食べた?は、金曜日が最終回。

我が家は、オンタイムで観ることはありません。全て録画します。
1週遅れで観ることや、時に3週分をまとめて観たりすることもあります。

スポンサーリンク


中でも新しいと思ったのは「ラジエーションハウス」
医療系ドラマはこれまでにも沢山ありましたが、放射線技師を題材にしたドラマは初めて観た記憶です。
主演の窪田正孝さん演じる唯織の、秘めた情熱・患者さんに対する諦めない気持ちは、少し天然風なかわいらしさと真摯な姿との両面を兼ね備えている姿で「ホッ」とした気分にもしてもらえました。
今夜、スペシャル版が放送されますね。

「インハンド」
山下智久さん演じる、天才科学者で俺様キャラ満開の一風変わった性格の博士が、寄生虫などの「虫」をこよなく愛し、それをもって難病や治療法と闘い解決するという役どころ。
あの、美しい顔立ちで出てくる言葉は・・・(笑)
山Pだからこそできた役柄だったと思います。

きのう何食べた?
LGBTのゲイの世界を取り扱っていましたね。
少し前に、おっさんズラブが流行りましたが、内容は当然違います。
W主演の西島秀俊さんと内野聖陽さんの日常を描いているのですが、お二人の演技に毎回キュンキュンし、心が洗われるような想いで観ていました。
そして、西島さん演じるシロさんの作る「ごはん」の内容は、とくに難しいと言うのではなく、普通の一般家庭にある調味料や具材を使っての料理で、これなら家(うち)でも作れそう、と思えるものばかりでした。
夜中の時間帯のドラマでしたので、オンタイムで観ていた方々の中には、お腹の虫がグ~と鳴っていた?方もいらっしゃったのでは(笑)

俺のスカートどこ行った?
古田新太さん主演の女装家が癌を宣告され、やりたことをやると決め、高校教師として生徒一人ひとりと向き合う姿が印象的でした。
昔観ていた、金八先生を思い出しました。
特に最終回の卒業証書を渡す部分、あれ~?みたいな感じでしたね。
古田新太さんの足首の細さには驚きました。
ド派手な原色のブラウスやスカートは、誰もが着られるものではなく、
彼女(?)だから着こなせたのかも。
ああいう姿で堂々と闊歩する勇気は・・・ないかなぁ~。
男脳・女脳。
偏見のない目で生徒と接することの大切さは、
今の時代ならではでしょうか。

a16


執事西園寺の名推理。
執事が推理をし、事件を解決するという内容の今回はパートⅡ。
全世界で、執事と呼ばれる方々の数は驚くほど少ないと聞いとことがあります。
少々現実離れな内容でしたが、あたしは水戸黄門のような勧善懲悪な内容が好きなので、観ていて飽きませんでした。

c0b4f61b2f699fc67fd034fb8766addd_s

実はあたしにも執事がいたのですよ。
スマホの中の、執事の羊のメイちゃん。
ゴールデンウイークに機種変したのですが、その際キャラ変してしまい、少し寂しく感じています(笑)

失礼。
話がズレましたね。

他にも沢山ありましたが、
あたしが観ていたものをラインナップしてみました。

ベストワン・オンリーワンはどれ?
ん~、ごめんなさい。決められません。
だって、みんな好かったんですもの。

7月期からのドラマも、楽しみにしています。
取り敢えず、一話目を観・ま・しょ。


スポンサーリンク

トイレにスリッパが・・・ない! 抵抗ありますか?

一昨年の6月初めに神戸に住む(現・大阪在住)妹夫婦の所へ母美代さんと二人で遊びに行った。

灘区にある、通りに面した5~6階建てのマンション(階数はうる覚え)の、4階のエレベーターを降りてすぐの所が部屋。
2DKの間取りは夫婦二人の生活には丁度良いと感じた。

玄関の隣におトイレ。
自然現象には勝てない。

ドアを開けて入ると、一般的にはあるものがない。
そう、スリッパがないのだ。
・・・え?このまま入るの?・・・

ないものは仕方がない。
このまま入るしかないのだと思い取り敢えず済ました。

「ねぇ、トイレにスリッパがなかったから、そのまま入ったけど何でスリッパ置かないの?」

スポンサーリンク


妹は合理的考えの持ち主。そして、極度の神経質。
大宮に住んでいたときは、お隣の住人に聞き耳を立てられているようで怖いと言い、食事は部屋の真ん中に在るリビングテーブルでしていると、言っていた。
10年前、用事があり立ち寄った際には、普通に話す声がうるさいと注意されてしまった。
そのときのトイレには、まだスリッパがあったけど。

トイレが汚れるのは男性が立ってするから。
その際に、尿が周りに飛び散るから汚れる。
それを防ぐためには座って済ます他ない。
という考えで、夫・息子にも座って済ますように頼んだらしい。
(便座カバーもマットもない)

日頃から「パパちゃん・パパちゃん」と義弟に甘えている妹。
妹の神経質な性格を熟知している義弟は、
何の抵抗もなく受け入れてくれたようだ。
そして、更にはテッシュさえも使ってくれるらしい。
(なんか・・・すごいね。夫の鑑?)
でも、息子はどうだったの?
若い男の子がすんなりと受け入れてくれたの?
聞くと、
「ああ、〇〇はパパちゃんのこと尊敬しているから、パパちゃんのやることは何も言わずにやるのよ」

・・・はぁ~、そんなものか・・・

と、
思った!のですが、
これって案外良い考えね。
我が家(実家)にも男性がいる(次女サキの夫)そして怪獣くんもいる。
次女に話し、義息子にも実践してもらえないか相談してもらった。
ダメかな~・・・と思いきや、なんと!すんなりとOKしてくれた。
そう言えば、嵐のメンバー松潤も座って済ますと、聞いたことがある。
トイレが汚れないので、掃除も楽なようだ。

そうそう、
3歳になる怪獣くんも、ちゃんと座ってしてくれる。
保育園ではどうなの?と、思ったりもするけど、たぶん彼なりに使い分けしているんだと思う。
3歳児の脳は柔軟、何でも吸収する。

と、言うことで、
実家、そしてここにも、トイレにスリッパは置いていません。

d88a99cbdc7428ae5987a5cb9e36bd80_s


たまに、美代さんのお土産が床を汚していたりしますが、何も言わずに処理しています。
だって、本人には汚した記憶はなく、増してや視野が狭くて見えないのですから、仕方がありません。

清潔を保つのであれば、敢えてスリッパは無くても善いように思います。
が、これも男性次第でしょうか・・・。

妹の合理主義、様様です。


スポンサーリンク

人生の岐路。択ばなかった道はどんなだった?

事実は小説より奇なり

生きていたら、色いろなことがありますね。
10人居たら10人の。
100人居たら100人の人生がある。

0ecdc3f9fbebe9d8f073cf72421da05b_s

信長の時代は、人間50年。
今は80年と言われているけれど、既に100年の時代になりつつある。
科学の世界では、近い将来150年の時代になる。と言われているそうな。

80年の時代を生きているあたし。
既に、三分の二は過ぎている。

ときどき、自分の生きてきた過去を振り返ることがある。
人生の岐路・・・と言うか、
分かれ道は沢山あった。
あのとき、別の道を択んでいたなら、当然違う人生を歩んでいたはず。

宿命(さだめ、親は選べない)は変えられないけど、運命は変えられる。
これまでの人生で、受け入れてきた運命が果たして正解だったのか・・・

スポンサーリンク


あたしは変わり者であることは認識している。
大嫌いな母の「血」なのだろう。

一般常識は持ち合わせている・・・自分なりにはそう思う。
ただ、既成に囚われたくない・・・そんな風にも思っている。

変わり者であるあたしを、受け入れたくれた人たちには、感謝しかないけれど、それも自分で択んだ運命なのだろう。

好きな歌手・アジアの歌姫「テレサテン」
彼女の歌には秘愛(悲哀)が多いが、
主人公の女性には芯の強さを感じる。

ただ流されるのではなく、目標を持った生き方がしたい。
分かれ道の正しい選択をしたい。

人生の岐路は、そのときどきの運命の受け入れ方で違ってくる。

あたしの、
人生の残り三分の一を、後悔と言う言葉で過ごすことのないように。

(母との暮らしも、その一つのように思います)

プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 施設からの電話 オムツでお腹が擦れた・・・?
  • 根性と精神力で仕事をする?
  • 特養での面会を心待ちにしているのは、娘のほう?
  • 親が亡くなっても、仕事を優先・・・?
  • 介護の関り 祖母と孫娘 母親と娘  
  • ハロウィン用のカボチャ・・・でも、切ってみたら
  • 度重なる地震で想うこと・・・親を担ぐことはない
  • インフルエンザ予防接種・・・受ける?受けない?
  • 収納の達人から学ぶ・・・物は増やさないこと(自分流)