にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。86歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

2019年05月

親のためだけに、生きているわけではない。

あたし、にゃんズの母のブログでは、母美代さんの言葉についてはそのままで記しております。読みづらいかとは存じますが、何卒ご了承願います。

かぶときゅうりの漬け物、買ってきました。
母美代さんと同居する前は、結構な頻度で食べていた漬け物です。
美代さんの脳梗塞を機に、漬け物禁止にし塩分控えめの生活になったのが
一昨年の10月。
ず~っと、食べたいのを我慢してきました。

晩ご飯後、冷蔵庫を覗き、
「このかぶどきゅうりの漬け物、オレのために買ってきたのが?」

「はぁ?なんであなたのために買わなきゃならないの。あなた、あんなに沢山買ってきたでしょ。あたしが食べたくて買ったのよ」

「そったに沢山は買ってね・・・」

沢山買っていない・・・何々を買ったのかも、忘れていたようでしたけど。

そもそも、漬け物解禁はしておらず、何故美代さんが漬け物を買おうと思ったのか?
答え。
何も考えてはいなかったと。
そして、とにかく食べたかったと。

「昨日も言ったけど、今度また脳梗塞になっても、あたしは何もしてあげないよ。解ってるよね?」

「わがってる。沢山食べねばいいのだ」

沢山食べなければ大丈夫・・・。
そうかもしれない。
買ってきたことも忘れているのだから、ほっといてもいいのだとも思う反面、倒れたら世話をするのは結局あたし・・・。

スポンサーリンク


美代さんには、何を言っても訊く耳持たずの態度。
何故ダイエットが必要なのか。
何故塩分控えめなのか。
順を追っての説明も、右から左。
挙句は、持論の展開。


昔から空気読めずで、アドバイスを聞き入れるということができず、気遣いの無さは今に始まった訳ではなく、認知症に因るものなのかの判断も難しい。

この数日間、たこの糸が切れたように自由にしている母の姿を観て、思いました。
・・・いっそのこと太るだけ太って、動けなくなればいい・・・塩分の摂り過ぎで脳梗塞の再発。そして動けなくなればいい、そしたら施設に入れられるのに・・・
自分勝手な想いを抱く、恐ろしい自分に怖さを感じています。

次女に言われました。
「おかぁは離れていた時間が長かったからね。昔の祖母ちゃんと今の祖母ちゃんとのギャップが大きいのかも。昔からKYで理解力がなかった祖母ちゃんの言うことを、おかぁもあたしもいちいち真に受けるから。でも、それってヤバいかもよ、祖父ちゃんみたいに早くに認知症になるかもよ、お姉みたいに受け流すことができないんだよね・・・。でも祖母ちゃんは幸せだと思うよ。何だかだ言ったって、おかぁがやってあげてるんだもの」

在宅介護2年弱のあたし。
長く介護をされている方々から観たら、母の状態は正常値に近いでしょうから、あたしの想いなどは一蹴されるのでしょうけれど、それでも言いたくなるのです。

091ed8c559127fc7ce2d9a606162b879_s

「おめに怒鳴られでばがりいる」

決して怒鳴っているつもりはなく、ただ注意をし教えているだけ。
でも、その注意が母には怒鳴なられているように感じているのでしょう。
幼児(おさなご)であれば教え甲斐もありますが、今の母にはそれこそ
「右から左」
母にも、ストレスがあるのかもしれません。
(あるようには見えませんが・・・)


何が正解なのかが判りませんし、母のやることなすことを簡単に受入れ・受け流す余裕もありませんが、暫くは好きなようにさせます。

脳梗塞の再発で、一番苦労するのは母美代さん。
でも、介護をするのは・・・あ・た・し・・・。


スポンサーリンク

漬け物解禁?脳梗塞の再発は怖くないの?

ダイエット終了で、ご飯の量がこれまでの倍となった母美代さん。

冷凍ご飯はこれまで通りの量なのですが、お釜(炊飯ジャー)の中からよそうときは、てんこ盛り。(朝・昼食事)
これまでの我慢していた分の反動なのでしょうね。

沢山食べて、あっちが痛いこっちが痛い。
あれから散歩にも行かないので、昨日促してみました。
重い腰をあげ、渋々買い物へ。

出かけてから、2時間近くなっても帰って来ない。
・・・店内で、迷子にでもなったか?・・・

そんなことを思っていたら、携帯のベル。
「疲れだ・・・いづものどごろさいるがら、むがえさきてけろ」

(`・д・´) 
迷子にならなかっただけでもいっか。

背負っていたデイバッグの中身を確認。
おせんべい・ナス2袋・カニカマ、そしてらっきょう漬け・福神漬け・きゅうりの樽漬。
・・・つけもの・・・
レジ袋に移し替え、帰宅。

スポンサーリンク


確かにダイエットは止めましたが、漬け物の解禁をした覚えはないのです。
あたしも漬け物は大好き。
母と同居する前までは、普通に食べていました。
母の脳梗塞で、塩分控えめ生活となり、漬け物もテーブルから消え、食べないことが当たり前となっていたのに・・・。


漬け物は食欲をそそります。
ご飯がすすむ君になります。

美代さんは、平然と、
「しょっぺが、しょっぺぐねがは、自分でわがる。今までの味でわがるようになったがら、しょっぺのは食べね」

この言葉、信用できますか・・・。
母の身体を1番に考えてやってきたことも、母には一向に響いていなかったわけで、今後は何も言わないことにしましょ。(自信ないけど)

昨夜の晩ごはんのメニューは冷やしとろろ蕎麦。
簡単に流水麺を利用。
蕎麦の上にとろろを載せ、その真ん中に卵の黄身。
きざみのりを振りかけました。
彩に、かいわれを散らしたかかったのですが、買い忘れ(T_T)
仕方なしに、長ネギを利用。

ワンポイント( ̄∠  ̄ )ノ
卵の白身が残りますが、フライパンで白身だけの炒り卵を作ります。
それを、とろろの周りに散らしました。

美代さん、買ってきたきゅうりの漬け物とらっきょう漬けを自分の分だけ器に入れ、早々とテーブルに着いていました。
いつもは「ごはんです」と呼びかけないうちはテーブルに着かないのに、漬け物が食べたくて待ちきれなかったのでしょうね。
つまみ食いをしている姿を観て、これはご飯も必要か?

お蕎麦完食後、ご飯とけ漬け物でまたもや普通に完食。
さぞや美味しかったことでしょう(嫌味です)

食べ終わった後に疑問を言ってきました。
「蕎麦、どろどろしたっけども、何入ってたんだ?」

とろろが入っていたことに、気付かなかったようです。
それでいて、卵の白身が入っていたことは解っていた様子。

認知症・・・読めません。

1cb67841f239cd05d1529d6efb3a2d75_s

いつものように「美味しかった」の言葉が出ましたが、
お蕎麦・・・?それとも漬け物?

「今度また脳梗塞になっても、あたしは面倒見ないよ!」

この意味が解っているのかいないのか。
これまでの減塩生活の意味は何だったのか。

好きな物だけを食べて、好きなように生きる。

86歳の美代さん。



スポンサーリンク

ストレス・・・イライラ。見ない・聞かないができない性格。

ストレス。

イライラする。
母の、美代さんのやることなすことが目に付く。

何が嫌って、単発シャックリとゲップとおなら。
単発シャックリは仕方ないにしても、ゲップはどうしようもなく気になる。

むすめ達がミルク(あたし、母乳は出ませんでした泣)を飲んだ後に背中を「トントン」と軽くたたいてゲップを出させていました。
「ケホ」と、出ると「良かった」の気持ちでしたが、美代さんのゲップは正直汚く感じるのです。

出物腫物ところ選ばず・・・とは言いますが、
場所をわきまえず、人前でも平気で「ゲフッ
一緒に居るあたしが恥ずかしくなります。
そう、恥ずかしいと思わないの!
訊いてみました。

一言。
おならと同じで、生理現象だ・・・と。
出るものは仕方がない・・・と。

まぁね~、確かに生理現象には違いないとは思うけど、傍にいるあたしは気持ちの良いものではないのですよ。

スポンサーリンク


告白。
あたしもゲップ、出ます。
おならも出ます。
でも、極力人前では避けます。

むすめ達は言います。
「おかぁって、おなら・・・出ないの?おかぁのおなら、聞いたことないけど」

夫の前では勿論、むすめ達の前でもしたことがありません。

ゲップに関しては、
これも、人前では極力我慢します。
どうやって?・・・飲み込みます。
でも、どうしても出たときは、
ごめんなさい・失礼しました。と、必ず謝ります。

この話を友人に話すと、
「それって相手を信用していないんじゃない、本当に気心が知れているのなら平気なんじゃない!」

そういうものなのでしょうか?
美代さんは、親しい親しくないを意識しているの?
いいへ、しているはずがありません。
していたら、あんなに自由ではないでしょう。

親しき中にも礼儀あり・・・とも言いますが、
もしかしたら、あたしが極端なのでしょうね。

認知症だからということではありません。
だって、昔からでしたから。
亡き父に言われていましたもの。
「みっともね!」

dfd36cbd1935dc5537d130ed9f6a6923_s

認知症となり、尚更直る訳でもなく、これ以外のことにしても好きなようにさせていますが、あたしのストレスは増すばかり。

そう、ストレスと思われる症状が出始めました。
大らかな気持ちで居るって、簡単ではありません。

愚痴話にお付き合い頂き、ありがとうございました。


日傘をさしてのウォーキングは有りでしょうか?

運転中、ウォーキングをしている二人連れの女性を観た。(13時前)
パッと見、40歳代。
帽子を被り、手袋をはめ、そして片手には日傘
ん~。
何だか違和感。

今朝の情報番組でも、日傘をさすことで表面温度も低くなり、涼しく感じられると紹介されていたけど、
ウォーキングって、腕を振って早歩きすることに意味があるんじゃなかった?・・・違ったかしら?

傘を持つ方の腕は塞がれている状態なわけで、振るのは難しいと思われ・・・更には細い歩道を並んで歩いているのは、少し危険だって感じたのは、あたしだけなのかしら。

ウォーキングに適した時間は、夕方と憶えているけど、
あの二人には、夕方取れる時間がなかったのかも・・・ですね。
それにしても、日傘とは・・・。

7e6993a13c9fe6069c55b5ddeb3f2f75_s

今日の日差しはかなり強く、明日からは30度超えの予想。

UV対策・暑さ対策、しっかり致しましょ。


スポンサーリンク

田口淳之介さん・小嶺麗奈さん。人は学習できるのでは?

昨日のネットニュースを観て驚き。

詳しいことは書かれていなかったので、
今朝の情報番組を観ました。

5月3日。
春の藤原まつりで、義経役を好演なされた姿を観ていたので、
何だろう・・・不思議な違和感を覚えました。

長女とふたりで、
「じゅんの~」と大きな声を張り上げ、振り向いてもらったけど・・・。
あのときはもう、常習していたのでしょうね・・・。

1556876237279

最近では、俳優・ミュージシャンのピエール瀧さんも逮捕されていますが、
彼らは、どのような気持ちでいたのでしょうね。
薬物は依存性が高いようですので、解っていても止められなかったということでしょうか。

田口淳之介さん。
ニュースで報道されているように、元KTU-TUNのメンバーです。
爽やかな好青年の印象でした。
堺雅人さん主演のリーガルハイでの、調査員役がハマっていた記憶があります。

小嶺麗奈さん。
あたしの記憶の中では3年B組金八先生で、少し意地悪な役を好演されていたという印象です。

その後の芸能活動についてはよくは知りませんでしたが、いつの日からか田口さんとお付き合いをされ、小嶺さんのお母様とも同居されていたということを、以前に知りました。
仲良く暮らしているんだな・・・そんな風に思っていたのですが、彼女が、少し荒れた生活をしていたということは、今回初めて知りました。

元・・・良きにつけ悪しきにつけ、「元」が付いて回る。
辞めたから関係ないでは済まされないのが、あの世界のような気がします。

スポンサーリンク


人は、一人で生きている訳ではなく、
いろいろな方々と繋がっている、迷惑をお掛けする方が必ずいる。
忘れてはならないことだと思います。

我が家のにゃんズとて、学習します。
人間が学習できないのは何故?なのでしょうね。

落ちるところまで落ち、後がないと判ったら、その先は這い上がるのみ。
学習・・・したいものです。


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 親のためだけに、生きているわけではない。
  • 漬け物解禁?脳梗塞の再発は怖くないの?
  • ストレス・・・イライラ。見ない・聞かないができない性格。
  • 日傘をさしてのウォーキングは有りでしょうか?
  • 田口淳之介さん・小嶺麗奈さん。人は学習できるのでは?
  • 夫婦の価値観とは?その子どもの価値観は・・・。
  • 夫婦の価値観とは?その子どもの価値観は・・・。
  • 親の長生きを願う、子どもの気持ち。
  • 高血圧予防のジョギング。問題は脈拍にあり。