にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。86歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

2019年05月

記憶は、自分の都合の良いように書き換えられる

「今日は土曜日が?日曜日が?」

はいはい、いつもの曜日感覚ゼロの質問。

「今日が土曜日だったら、デイケア日だよね、なんで美代さんは家に居るの?」

「5月の土曜日は25で終わった」

・・・質問の答えになっていない・・・
「5月でも8月でも12月でも、土曜日はデイケア日なのよ。家に居るってことはデイケア日じゃないってこと、だから今日は土曜日ではないよ」

「だがら、教えろじゃ!」

「今日は、5月31日金曜日」

「そが」

この1分後にまた同じ質問。
「さっきの会話、憶えていないの?」

「さっき、何話したっけ・・・」

スポンサーリンク


認知症では、あるある会話。仕方のないことですね。
でも、思うのです。
本人が土曜日と思っているのなら、「はいはい土曜日よ」と、たとえ土曜日ではなくてもそのまま受け流す方が善いのかな?と。

美代さんは聞こえている、と言う。
聞こえているけど、聞いてはいない。頭に入っていない。
聞く気はある。でも、頭に入らない。

この繰り返しを日に何度もしていると、あたしが疲れ、
ついつい大声を出してしまう。
悪循環ですが、断ち切ることができないので、仕方のないこと。

そうそう、
午前中、美代さんの部屋から話し声が聞こえてきました。
いつものヨッコさん?と、思いきや、美代さんの次女・あたしの妹との電話だったと。
美代さんから、
「さっき、あれど話した。そっけねごど言われだ」

そっけない?どんな内容だったのかと訊いてみましたら、
自分のことをこれっぽちも心配してくれず、歩くことがリハビリなのだから、なるべく歩くようにと言われた。
高校生の頃、一度もお弁当を作ってもらわなかった。
何をするにも、じっちゃんから(父)してもらった。
結局何もできない・しないままで今に至っているんだ。

みたいなことを言われたと。

これらの内容を憶えており、自分が娘たちに何もしてあげなかった事実を改めて知り、情けないと一瞬涙を流していた。
常日頃からあたしに言われていることなのに、母の中では、ちゃんとやっていたと記憶が書き換えるられていたようです。

「今泣いたカラスがもう笑った」

母の涙は、ほんの一瞬です。
・・・泣きまね?・・・と思ってしまうくらいに。

DSC_0045

不思議ですよね~。
日付・時間をすぐに忘れるのに、電話で言われた内容は憶えている。
何なんでしょうね~。

「今日は日曜日だ。明日は月曜日だがらデイの日だ。今日は涼しい。買い物さ行ぐ」

行ってらっしゃいませ。


スポンサーリンク

愚か者の、ズルい娘の下した決断。

「母美代さんは、自由だ~」

あたしの宣言です。


好きな時間に起きて、好きな物を食べる母。
間食も、好きなだけしていいよ。

でもね、一つだけ言わせてね。
晩ご飯のおかずは、出されたものは完食してね。
残すのなら、おかずではなくてご飯にしてね。
それさえ守ってくれたら、食べ物に関してはあたしは何も言わないからね。

昨夜の晩ご飯時に、宣言しました。

突き放した様に感じたかしら?
でも、何事もなかったように、普通に完食した母。
(ご飯は残した。案外素直ね)
あたしの言った意味が通じていたのかしら?

スポンサーリンク


一を聞いて十を知る・・・は、無理。
一を聞いて五を知る・・・も、無理。
じゃぁ、いくつなら知ってもらえるの?(独り言・泣)
一を聞いて一を知る・・・なら、マシだけど、美代さんの場合はマイナスのことがあるから。

認知症故?
いいへ。
昔から順序だてが必要でした。

今頃になって分かったのかい?!(誰かのツッコミ)
ん~・・・、離れて暮らしているうちに、あたしの中で美代さんに対するイメージみたいなものが勝手に改善されていた?な、感じ。

一緒に暮らすようになって「認知症だから仕方ない」で、済ませていたけど、考えて観ると元々が元々で、今に始まった訳ではないのだから、躍起になっていた、あたしが愚か者に思えてきた。

もう、細かいことにとやかく言うのは止め。
この先、100歳までは普通に生きられると判断したあたし。
今から悩んでいては、正直あたしの身が持たない。

突き放した?
そう感じる方もいるかもね。
でも、美代さんが何も言ってこないのだから、それでいいのよ。

1cb67841f239cd05d1529d6efb3a2d75_s

悟りの境地。
な~んて、大袈裟なことではないけれど、
お互いの為には、同じ空間にいても、距離は必要だということ。

あとは~、美代さんに対してもう少し優しく接してあげられたならって思うんだけど・・・それは永遠の課題ね。


スポンサーリンク

川崎・無差別殺傷事件。真実が判らない悔しさ。

川崎で起きた、無差別殺傷事件。
犯人は、その場で自殺を図り途絶えた。

この事件を知ったのは、昨日の朝の情報番組の中で。
大まかな事件概要を知らせるアナウンサーの
「犯人は自殺した模様」の声に、
母美代さんは、
「いがったな」

人を殺したのだから、それ相当の報いを受けなければならない、その場で死んだことを単純に「よし」とした考えで言ったようだ。

違うでしょ・・・。
事件に巻き込まれた人たち、特にお亡くなりになられたご家族は、
何故うちの子が・・・
何故夫が・・・
さっきまで元気だったのに・・・
あたしならそう思う。

今日になって、犯人の人となり・何故事件が起きたのかについてを解き明かそうとする内容についてが、多く取り挙げられている。
識者と言われている方々の色々なご意見には、そうなのか・・・と思う反面、真実は誰にも分からずじまいに終わったことに、憤りを隠せない。

ご遺族は、事件に巻き込まれたご家族の気持ちは、
単に犯人の死亡だけで終わるとは思えない。

悔しさ・悲しさを誰にどこにぶつけたらいいの・・・。
あたしは心の狭い人間のようです。
どうしても、このように思ってしまいます。

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。
被害に遭われた方々の、子供たちの心身の傷が一日でも早く癒えることを願うばかりです。


スポンサーリンク

ねこは快適さを求めて移動する。

あたしと青くんの、「ザ★座椅子争奪戦」
毎日やってますよ(笑)

母美代さんが寝るまでは、居間の美代さん専用高座椅子は空きません。
座椅子を占領されているときは、仕方がないので床にクッションを敷いてその上に。

美代さんの高座椅子も、座り心地はまぁまぁだけど、やはり座り慣れている座椅子の方がすっきりくる。
ソファー経験もあるけれど、足が疲れてくるので座椅子で足を伸び伸びとさせる方が好き。

スポンサーリンク


青くんが何かの拍子に座椅子から離れることを願いつつ、TV視聴で待つ。
もぞもぞ・・・。
青くんの体制が変わった。
退くの?ねぇ・・・そこから退くの?

喉が渇いたようで、重い体をよっこらせと持ち上げて水場へ移動。
やった!
青くん、そこは元々母の場所だからね。
青くんがそこから離れたら、当然母の場所になるんだよ!
と、いうことであたしの座椅子、戻ってきました。

青くん、暫く床でゴロン・ゴロンしたそのあと。
あたしが座っているのを確認して、いつもの「チョンチョン」は・・・
せずに(しないのかい!)美代さんの高座椅子へ。
ぎこちないジャンプでシュワッチ!

椅子感触を確かめて巣を作りスヤスヤ・・・。
寝顔は天使(ハイハイ親バカです)

DSC_0044

ねこって、顔を隠して寝る仔がいるんだけど、青くんは正しくそのタイプ。
この写真は顔は出ているけど、普段は前脚で綺麗に隠してることが多い。

そう、前脚をクロスさせて「寝顔は見ないで~」みたいなポーズで寝てる。
どんな表情でも、可愛いくてたまらないのです。

青くんは、自他ともに認めるおデブちゃん。
(本ニャンに太っている自覚があるかは??失礼)
でも、顔はなかなかのイケメンなのです(またまた親バカ)

この体からは想像が付かないと思いますが、
鳴き声も、仔猫みたいに「ニャッ、ニャッ」と、か細い声。
来るものは拒み・去る者は追わない。(家族以外には姿をみせません)
これも、性格なのでしょうねヾ(=^▽^=)ノ

昨日までの暑さはどこへやら、今日の二人は朝からゆったりです。

二人が、いつもど~りで居てくれることが、
あたしの「しあわせ」なのです。


スポンサーリンク

空気を読まない・読めない人が認知症になったら・・・?

死ぬめなって、これほどおめに虐められるどは思わながった」(死ぬ前)

母美代さんから言われた。

二言目には死ぬ死ぬ。
死を目前とした人が、てんこ盛りのご飯を完食しますか!

美代さんは自由だ。
あたしの生活パターンやあたしの時間など、考えてもくれない。
自分がしたいようにする。

教えたくれたらできる・やる。
と言う。

ならばと教える。
が、結局できない。

できないために、あたしの手助けが必要になる。
そんなときのあたしは・・・たぶん般若の形相。
「自分でできる・やるって言ったよね!!できないじゃないの!できないのに何で簡単にできるって言うの?だから、あたしに注意されるんでしょ」

できなことは・・・解っている。
決して虐めている訳ではないけれど、苛立っていることは確か。

スポンサーリンク


母美代さんは天性のKY。
それゆえ、どこまでがクリアでどこからが認知症なのかの判断・線引きが難しい。

元々ファッションには疎い。
今日は暖かいからと言い、長袖シャツ(下着)の上に半袖カットソーを着る。
最近のファッションでは有りだとは思うけど、美代さんはファッションで着ている訳ではなく、たぶん何も考えていないから。
こういうときに、さてどっちだ?と、思ってしまう。

食後の後片付け(朝・昼食)にしても、
食べた終わった食器を、いつまでも洗いボウルの中に漬けたまま。
これも、農作業が忙しかったときの名残で、
帰ってきてから洗えばよい・・・の考え。
今は、農作業もなく何をしている訳でもない。
いい加減、洗うように言うと「忘れでだ」の返事。
これが、認知症の物忘れなのか、クリアで単に忘れていたのかの判断も付かない。

TVドラマでの、抱擁シーン。
「おめは、キスしたごどあるのが?あったごどして何がいいのよ?」
(あんなことして)
こういう質問、昔からでした(娘に聞きますか(゚∇゚ ;)エッ!?)
普通に観ていられないのでしょうかねぇ~?

188e521a69de03e2e8516589a138a9a0_s

今朝の朝食は、11時。
食器はボウルの中。

いつ、洗うのかなぁ~・・・。


プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 動物の本能・・・霊感、あるの?
  • 動物の本能・・・霊感、あるの?
  • 動物の本能・・・霊感、あるの?
  • 動物の本能・・・霊感、あるの?
  • 動物の本能・・・霊感、あるの?
  • 文句のオンパレード(できない言い訳)
  • 医師からの説明は、聞いても忘れるから人任せ
  • デイケアで、私物がなくなったら・・・認知症の母の判断は?
  • 24時間テレビ、マラソンランナー。今年は駅伝方式。