にゃんズの母(しがらみと生きる)

「老猫、桐ちゃん20歳(2023.7.14没)、青(せい)くん18歳。琴ちゃん・常くん3歳」「わたし、お洒落大好き還暦過ぎたおんな」「母、90歳。認知症要介護5で、完全車椅子生活。地域密着型の特養に入所」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、愚痴満載(苦笑) 今生は一度だけ、前向きに生きるためのブログです。

2019年04月

ドラマ、ラジエーションハウスを観て思い出した、古い記憶

今季のドラマ
窪田正孝さん主演の「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」
外科医・スーパードクター・・・ではなく、放射線技師にスポットを充てた医療ドラマ。

わが家ではオンタイムでドラマを観ることはない。
なぜなら、「今のは何だ?なんのごどだ?」美代さんの何だ?攻撃が始まり、説明している間に見逃してしまうから。

昨夜は録画しておいた#3回の放送分を観た。
内容は、乳がんについて。
内山理名さん演じる女性が、母親・祖母を癌で失くしているため、遺伝的なことを考え、早期発見のためにも検査を受け、あらゆる検査結果から、乳房温存術はできず全摘出となるというもの(超簡単ですみませぬ)

スポンサーリンク


思ったことは女性にとって、乳房(ちぶさ)とは象徴的なもの。
(大きい、小さいは関係なく)
その乳房を全摘するということに葛藤を憶えないはずはない。
が、それが命に関わるとなるとなれば、決断せざるを得ない。

むか~し、昔(毎度まいどで失礼)
そう、次女を出産後、
胸にしこりがあることに気付き「乳がん」を疑った。
命の危機も感じた。
このまま幼子を遺し死ぬのか・・・。
悩みに悩んだ末、外科を受診。

触診で、医師は、
「これは、おっぱいが袋状になり詰まっているものです。悪いものではありませんので、注射で抜き取りましょう」と。
ドキドキし、怯えながらの受診に、いとも簡単な応え。

受診前に夫に相談した際、
「おっぱいは、こどものためにあるものだろ。一つなくなっても、もう一つあるだろ」

こんなことを言っていた。
男とはそんな風に思うものなのか・・・。

結果的には単なる思い込みであったが、当の本人のあたしにしてみれば、死の恐怖を感じて過ごしていたわけで、その間は生きた心地がしなかったのも事実。

ドラマの中で、
内山さん演じるその女性は、7歳下の婚約者のことを想っていた。
がんにより乳房のなくなる自分ではなく、今後出逢うかもしれない若い女性との将来を考えた方が善いのではないか・・・と。

しかし、婚約者は、
「手術をすれば命は助かるんだよね・・・自分だって年とったらメタボになるかも・・・髪の毛もそのうち無くなるかも・・・見た目が変わるのなんてお互い様だよ」

と言い、手を差し伸べた。

このシーンで泣いた。
そして・・・昔の自分を思い出した・・・

2eec62656b03ebdffef58f9fe3084f17_s

乳がんは11人に1人がなる病気であり、珍しい病気ではないと。
そして、現在では、乳房再建手術がある。

夫はがんで亡くなっている。
むすめ達は夫の血を受け継いでいる。
がんには過敏になっている。

市の健康診査の案内が届いている。
ゴールデンウイーク明けには、予約を取ろうと思っている。


スポンサーリンク

褒めて伸ばす。まだらボケにも効くのかしら・・・。

褒めて伸ばす。
という指導方法で、有森裕子さん・高橋尚子さん・千葉真子さんなど、有名アスリートを育て上げた、名伯楽「小出義雄」さんがお亡くなりになられた。


人は、褒められて伸びるタイプとけなされて伸びるタイプの、二通りあると聞いたことがある。

良い所と悪い所、どちらを指摘されて伸びるのが善なのか。
でも、どうせならやはり褒められた方が気持ちが良いか。

母美代さんも褒められたいのか・・・?
あたしなら・・・そうだよねぇ・・・やっぱ褒められたいか・・・。

スポンサーリンク


昨日の晩ごはん後、
「明日はデイが?いや!今日は木曜日だがら明日はデイではね。ん?デイは土曜日だがら明日が?」

「明日は金曜日。あのねぇ、世界中どこでも金曜日の次は土曜日のはずだよ」

「あははは。おもしれごどひうな(面白いこと言うな)

この後でポツンと、
「なんだがなぁ、あだまのながおがしねのよ。ボ~と白ぐなってるみだいだ」(頭の中おかしいのよ)

自分の頭がおかしいという自覚はある。
認知症であるということも解っている。
(先がどの様な状態になるかまでは、解っていない)

物忘れが頻繁になってきていることを「ど忘れ」が多くなってきたと言う。
ど忘れなら、時間が経っても何気なく思い出すはず。でも、このごろの美代さんは、ず~っと忘れたまま。が、多くなってきている。

8e5fe980f34f2cba39ee594916a0960a_s

あたしの介護は辛口。
時間がかかっても、自分でできることが大事。を、実践している。
でも、美代さんにはそれが優しくないと感じているみたい。
「もう少し、優しぐしろ!」

この言葉は、SOSなのかな?
そろそろ「やってあげる」に切り替えた方がいいのかな?

親を褒める。
できたことを褒める。
「できたじゃん!やれたじゃん!ほら~、やればできるのよ~」

この言葉を言うためには、もう少し「自分でやる」を続けさせますわ。


デイケアでの誕生日スピーチは、上手くいったの・・・?

昨日は母美代さんの86歳の誕生日でした。

デイケアでの挨拶に、
どんなことを話したのかを1日楽しみにしていました。

4時少し前に帰宅。(いつも通り)
デイで使ったバスタオルなどを洗濯機に放り込み、居間に入ってきた美代さん。
お菓子の景品があり、母専用の高座椅子に座り、ポリポリ。

DSC_0670


美代さんはデイでその日あったこと、印象深かったことをあたしが訊く前に話してきます。(時に聞きたくないことまで)
待ちました。
が、いつになっても話してくれないので、あたしから、
「ねぇ、挨拶したんでしょ。何について話したの?」

「何もねがった(なかった)

「えっ?誕生日の紹介もなかったの?」

「ながった」

あんなに(途中で投げ出したけど・・・)練習したのに、何もなかった。
別の人達は誕生日当日がデイケア日でなかった場合、翌日になってでも発表させられている。と、美代さんから聞いていた。
「えぇ~、残念だったね・・・あんなに練習したのに」

「・・・そうでもね」

この後はデイでの話は一切出ず、ポリポリ。

スポンサーリンク


今朝、なかなか起きて来ない美代さん。
少し心配になり、ソ~ッとドアを開け覗き見ると、ベッドに座り手鏡を見ていた。
取り敢えず安心。

着替えが済み居間に入ってきたので、具合が悪くて起きられなかったのかと訊いてみた。
「安心したからだべ。ぐっすり気もぢよぐ眠れだ」

「なんで?何か気になることでもあった?」

昨日の挨拶のことが、ずっしりと心にのしかかり、それがなかった・・・なくなったことで安心して寝られたと。

まぁ、気持ちは解ります。
訛り全開・イントネーションも微妙な話し方は、聞き取る方も大変です。
それでも友達が欲しいと言っていたので、自分の言葉についてを少しでも理解してもらえるチャンスだったようにも思うのですが、美代さんはそのような考えに至ることはなく、唯々億劫なことが解決されたことの方が大きかったようです。

それにしても、デイでの対応はどのようになっているのか。
誕生日についてのスピーチは、美代さんの妄想だったのか。
いやいや、以前のスピーチをされた方の話の内容をしっかりと憶えているのだから、妄想ではないはず。

まだらボケの母美代さん。
昨日の件は、母の中では一件落着となったようでした。


スポンサーリンク

見た目年齢は、顔・服装・仕草、何で判断する?

見た目年齢は何で判断する?

むか~し、昔。
10年一昔と言うので、四昔前。40年前の話。
(最近は、5年一昔と言うそうな・・・)

高校3年生の夏休み、友人とふたりで、初めてバイトをした。
家族経営の近所のスーパーでの品出しのバイト。

初日に、顔に見覚えのある男子がひとり。
中学の時のクラスは違うが、同級生。
彼が高専に進学したことを、そのとき初めて知った。
3人で意気投合し、楽しくバイトに励んでいた。

何日目かに、後ろから声を掛けられた。
「ねぇ、おばさん」

振り向いてみると声を掛けてきたのは、幼稚園児?に観える男の子。
「えっ、あたし?」(おばさんと言われ振り向くあたしって・・・)

周りを観ると誰もいない。
おばさん・・・?あたしのこと?
何かを探していたらしく、あたしに声を掛けたようだった。

ショック!の一言。
後ろ姿で判らなかったのか・・・?それともその子にとってはおばさんにしか観えなかったのか。

あのときの男の子の顔や姿はもう忘れたが、言われた言葉「おばさん」だけは今でもハッキリと憶えている。
5~6歳児から観たら、高校生はおばさん的存在なのか?

あたしの若い頃・・・10~20代は特に老け顔で、年相応に観られたことはなかった。
あの男の子の目は正しかったのかもしれない・・・(後ろ姿なのに)

スポンサーリンク


街中・・・買い物時にヒューマンウオッチングをしている、あたし。
一人で、年齢当てクイズをしている。

いわゆる童顔の方もいるので、年齢は顔では判断が難しい。
化粧の濃い・薄いもある。
服装も、その方の好みもあるので、一概には言えない。
と、なると仕草か・・・。

綺麗にお化粧を施し、最新のファッションで身を包み、颯爽と歩いて・・・はおらず、猫背やガニ股で歩いているお若い女性が目につくのは、あたしが年を取ったからなのでしょうねぇ。

若いときは、その存在だけで美しいのに。
その美しさを、もっともっと発揮すればいいのに・・・。
もったいない!と、思ってしまう。

母美代さんは自分の脚を嫌う。
生まれながらのO脚だと嘆く。

あたしの脚も母譲りのO脚だ。
それでも、歩く際には背筋を伸ばし、なるべくお腹や膝に気を遣い歩いている。
年齢を重ねても、この気持ちだけは失いたくないと思っている。


5f4bec991b1f49502db5592dd07c8c08_s


間もなく平成が終わろうとしている。
昭和から平成にかけてのファッションリーダーは、正しく皇后美智子様。

美智子様の凛とした美しさ。
しなやかに伸びた背筋。
畏れ多いことではあるが、
そのお姿を少しでも参考にさせて頂きたいと思っている。

そして、
次なる令和での皇后となられる雅子様のお姿にも、心をお寄せしたいと思う。

人生、一度きり。
年齢は平等なのだから、そのとき、その年齢の美しさがあるはず。

一度の人生を有意義に・・・そんな風に思います。


スポンサーリンク

平成最後の4月24日。今日は、母の86歳の誕生日。

昨夜のことです。

母美代さんが寝たのは、NHKの歌番組「うたコン」が終わってからなので、9時くらいだったような。

平成で話題となった歌の特集のようで、「孫」を唄った大泉逸郎さんと、たぶん演歌の?若手歌手の方を見て、
「このわがいのは、この人の孫が?」(若い人)

「違うよ、歌手だよ。お孫さんは幼稚園教諭か保育士さんなんだって」

あたしも真剣に見ていたわけではないので、いつものように、強くは言えませんでした。
「いいなぁ~、このうだ(この歌)

スポンサーリンク


シンデレラ時刻近くに突然起きてきて、
「暑くて寝れね」

暑くて寝られないのなら、窓を少し開けて空気の入れ替えをするようにと言うも、美代さんが眠れないのは何か心配事や・悩み事があったときなどだ。
「オレの悩みごどだ・・・」

冷たいほうじ茶を飲んで、自室に戻ったが・・・。


今日はデイケア日。
そして、86歳の誕生日。

デイでは、誕生日には簡単な自己紹介や挨拶なのどスピーチをすることになっているらしい。
昨日の昼、言葉ついてを話すシミュレーションをしたが、結局まとまらなく「は、いい。簡単にする」と、途中で投げ出す始末。
口下手で、訛りの多い美代さんは特に億劫に感じていたようで、
昨夜の、暑くて寝られないは、気持ちが高ぶってのことだったようだ。

今朝の起床は珍しく7時前。
起きてくるなり、「今朝は寒いな・・・」と。
何故寒く感じたのかを訊くと、窓を開けたままで寝たからだと。
確かに空気の入れ替えをするようにと言った・・・。でも、真夏でもないのだから、まさか一晩中開けたままで寝るとは思わなかった。

今の母に対して、あたしはどこまでの気遣いが必要なのか・・・。
あたしの気持ちが追い付かない。

a5a0407feab94b2ee2151b81cefdea8c_s

今日の迎えの時間は少し遅くて9時15分頃と。
8時30分には準備を終えた美代さんは、時計を見ながら「今日はゆっくりだな」と言い、昨日買ったぶどうを食べながらTV鑑賞。

9時5分を回った辺りに、
「9時過ぎだのに、来ねな」

さて、
今日の自己紹介では、想い通りのことを言えるのか?
何を話すのか、とても楽しみ。

帰ってきたら訊いてみましょ。


スポンサーリンク
プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • マーキングと夜鳴き全開。ノラでいた方が幸せだった?
  • マーキングと夜鳴き全開。ノラでいた方が幸せだった?
  • マーキングと夜鳴き全開。ノラでいた方が幸せだった?
  • マーキングと夜鳴き全開。ノラでいた方が幸せだった?
  • マーキングと夜鳴き全開。ノラでいた方が幸せだった?
  • 満開の桜は心を洗ってくれる?
  • 満開の桜は心を洗ってくれる?
  • 満開の桜は心を洗ってくれる?
  • 満開の桜は心を洗ってくれる?