にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん16歳、青(せい)くん14歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。86歳、方言と訛り×認知症要介護1」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

2019年02月

まだらボケと聴覚。聞いている風だが、全ては聞こえていない。

母美代さん、そしてあたしも毎朝血圧測定をしています。

毎朝同じことをしているのです。(美代さんは、たまに忘れますが)
記入の仕方も同じです。
でも、忘れるのです。


DSC_0838


「アレッ、今日25だじゃな、書ぐどごまぢがえだのが?」

毎朝2回づつ測っていますが、記入場所が分からなくなり、脈拍数を2回目の最高値記入欄に書き、結果1個づつズレる。ということが多いのですが、今朝もそうでした。

写真は、消して書き直した数値です。
脈拍の数値が高いのは、間違えて書いたことによるドキドキの現れ。いつもの美代さんの平均値は65前後で、脈拍だけでいえばベストなのです。

「ねぇ、高い方がここで、低い方がここ。そして脈拍はここ。この書き方が変わることはないのよ」

「それはわがってるども、なしてだがわがらなぐなる・・・」

そうね、これが認知症なのだとあたしも解っているのですが、
「毎朝の事なのになんでわからなくなるの!」

ついつい大声を出してしまいます。


DSC_0839


そったに大声で言わなくても聞こえる!」
美代さんに、かなり前に言われました。それ以来自身の為に張り紙をし、なるべく声を抑えて話すように心掛けているのですが、
「は?なたて?なんて言った?」(なんだって)

そう、聞こえないのです。
結局大声で話すことになり、挙句には「うるさい」と言われる始末。

美代さんの耳は、断片的にしか聞こえないのだそうです。
耳鼻科で聴覚検査をしてもらい、聞こえに関しては補聴器は要らないが、聞こえていても言葉が繋がっておらず、とぎれとぎれに聞こえているとの診断を受けました。


詳しいことはこちらに記しておりますので、宜しかったらお入りください。
http://aya1205k.xyz/archives/12411188.html


スポンサーリンク



あたしはズルい娘なので、自分の時間を奪われることは嫌なのです。なので、全てをやってあげているわけではありません。
母自身が出来ることはなるべく自分でさせています。

この血圧の記入や、デイケアの連絡帳のレ点チェックも自分でさせています。
レ点チェックも、3回に1回は分からなくなることが多くなってきましたが、その都度記入の仕方を教えの繰り返し。
特に、排便・排尿の記入が難しいようです。
「オレは字読めねがら、よげいにまじがう・・・」

排便・・・うんち。
排尿・・・おしっこ。

認知症がなかったら、すんなりと憶える言葉でしょうけれど、元々漢字やその意味が苦手な美代さんにはなかなか判ってもらえないのです。

仕事を持っていながらの介護をされていらっしゃる方には、時間との戦いで難しいと思われますが、あたしは内職なので時間調整は何とでもできますゆえ。

たまに遊びに来る友人との会話中のできごと。
普通に話していると、美代さんからのツッコミ、
「今、何言った?オレのごど悪ぐ言ったのが?」

これっぽっちも言っていませんが、聞こえていないことで不安になるのでしょうね・・・。


認知症と聴覚異常?で、ゆっくり・ハッキリを心掛けてはいますが、ときどき無性に、
「いい加減にして!」と、声を張り上げたくなる。
言ってはいませんが・・・。

こういうこと、あたしだけ?・・・ではありませんよね・・・。


スポンサーリンク

骨折した指の股がゴソゴソする、もしかして皮膚病・・・?

昨日の夜。
母美代さんがいきなり、
「なぁ、指のまだゴソゴソする。なにが皮膚病でねがえが・・・?」
(股、ないかな)

骨折した左手ですが、1ヶ月間包帯を巻き続け、やっと取れました。
その間、入浴はしていましたが、痛みがあるということで、指の股を洗うことはしていませんでした。
包帯が取れ、マジマジと見ると指の股が白くごわついている。明らかに垢と分かったのですが、美代さんはそれが垢ではなく皮膚病と思い込みパニック状態。

「それは垢だよ。明日のお風呂でしっかり洗おうね」

「そだてが?あがでこったにゴソゴソするてが・・・?」


スポンサーリンク



そして、今夜。
先ずは石鹸で手全体洗い、その後にコシコシ・キュッキュッと擦ると垢がポロポロと出てくる。
「ほれ、あが出でくる。擦っても次がら次がらで出でくる」

「だから、垢だって言ったでしょ」

面白い程に出てきました。
包帯といえども、指をピッタリと付けた状態での1ヶ月でしたので、垢が溜まるんですね。
綺麗にに洗い取れたと思っていましたが、お風呂から上がって少しすると、まだ白くガサガサが残っている指があるらしく、明日のデイケアで洗うのが楽しみだと言っています。


指のリハビリ用に、100均でおもちゃのボールを買いました。


DSC_0832



以前、グリップも買ってありますが、左手には強すぎるようなのでウレタンボールにしてみました。


DSC_0836


クッションが効き触り心地も良く、そんなに力を入れずともムニュムニュします。
いくらかはリハビリになると思っているのですが、問題は美代さんの気持ち次第。
集中力が続かないので、取り敢えず握っているだけでもいいからと言っているのですが、なかなか持ってくれません。

今回も、小さな親切大きなお世話。になりそうです・・・。


発見、「ルマンド」アイス、カフェラテ。おいしゅうございます。

新し物好きのあたし「にゃんズ母」、今度はアイスです。

先日、某ベイシアのアイスコーナーで見つけました。
・・・へえ~、アイスのルマンドかぁ・・・
と、思った次の瞬間かごの中へ。

レジで、ビックリ。
金額を観ずにかごの中へ入れてしまい、まさかの値段。
(参考価格税別225円、150ml)


DSC_0833


DSC_0835


いつもは100円くらいのものしか買わないので、200円超はあたしにとっては高級。

でも、買って正解でした。
周りはモナカなので当然サクサク。
真ん中はルマンドキャラメルなんだけど、お菓子のルマンドがそのまま入っている感じ。
ま、アイス用なのでキャラメル加工にしているのでしょうけれど、食感は正しくルマンド。そしてクリーム部分の味はカフェラテ。

単刀直入に「美味しかった」です。
思ったほど甘くなく、ビター。大人の味かなぁ~。

そうそう買えませんんが、一度は食べてみる価値ありですよ。

話のネタになると思います、お試しくださいませ。




包帯が取れ「曲がらない指でグーは出来ない」意地になる認知症の母

昨夜の入浴時での事。

母美代さん。
湯船に浸かり自発的にグーパー運動をしていました。
ま、グーパーと言っても指先が少し動くくらいのものでしたが、それでも、医師から言われたことを忘れていなかったということで、黙って見ていました。

今朝、トイレに起きたのが6時半過ぎ。
そのまま着替えを始めたのですが、
「包帯取って寝だら、こごいだくて寝れねがった。デイさ、いがねねのが・・・」(来かなければならないのか)


スポンサーリンク



始まりました。
手首の内側に痛みがあったそうです。
包帯をしているうちは、衣類の着脱などの介助をしてもらっていた美代さん。包帯が取れたことで、利用者さんに治ったと思われ、何かを言われるのではないかと心配になったようです。

そして、昨夜は自らグーパー運動をしたのに、いきなりできないと言い出しました。右手はしっかりグーができるが、左手は指先だけ。これはグーではない!と。
まだ痛みがあり、少ししか動かない手で、いきなり使えと言われるのではないかと、また、急激な手のリハビリをさせられるのではないかと、勝手な強迫観念を持ったようです。

「行きたくないなら行かなきゃいいでしょ。休めば?」

負けず嫌いの美代さんには、こういう場合はあっさりと休むように言うのが一番。
開けたカーテンを閉め、丹前のみをかけていたので、布団をかけてあげ知らんふりを決めました。

20分ほどすると、デイ用の服に着替えて出てきました。
わざと、
「エッ、もう起きるの?デイの無い日は9時頃まで寝ているのに」

「行がね気したどもやっぱり行ぐじゃ。でもよ・・・グーはでぎね、指、曲がらね」

曲がらない指は気になるが休みたくはない。揺れ動く気持ちのようでしたが、行くと決めたようです。
あたし、絶対行くと思っていましたので、突き放す作戦は成功したようです(笑)


fc0073e38182556090c819346f8b6fc9_s


身支度を済ませ迎えの時間までの間、
「白ぐ見えでだの、骨って言ってだども、中指が?」

レントゲンに新しくできた骨が白く写っていました。
昨日の医師からの説明を、ちゃんと聞いていたと思っていたのですが、骨折部位ではなく、脱臼し腫れている中指が一番曲がりにくいので、そう思ったのでしょう。(たぶん)

骨折部位であること、骨は再生することなどを説明しましたが、
「指曲がらねのに、グーでぎね!」

あたしの話、ちゃんと聞いてる?
頭に来て少しキレ気味の再度の説明に、
「おぢづけ、オレはわがらねがら聞ぐのだ。そったにイライラするな」

落ち着け?イライラさせてるのはあなたでしょ!
いや~、参った。キレる認知症の方もいらっしゃるようですが、もしかしたらあたしがそのキレる認知症になるかも・・・。

そして、迎えに来て頂いたスタッフさんにも、
「指、曲がらね・・・。グー・・・でぎね。あぁ~おっかね・・・」

スタッフさん、
「今は曲がらないけど、少しづつ曲がるよになるからね」

聞いていたのか、聞こえていたのか美代さん。
「おっかねぇ・・・」

今日1日、無事に過ごせますように・・・。



スポンサーリンク

認知症の母。左手骨折から1ヶ月、包帯が取れ今後はリハビリ。

強風にあおられて転倒し、左手骨折をしてから、今日でちょうど1ヶ月。
午前中、病院へ行ってきた。

診察前にレントゲン撮影。
今日の技師はお若い女性。何となく母美代さんの安心な顔。

撮影後、包帯が外されていた。
「今日は包帯を外して撮りました」の技師の応えになぜ?と思いながらも「あ、そうですか」と流した。

ほどなくして、診察室へ。
レントゲンの結果を観た医師から、
「うん。新しい骨が出来始めていますね。このまま順調にきれいに付くと思いますよ」

2~3訊きたいことがあったので、質問、
「今更なのですが、入浴時は湯の中に入れても大丈夫なのでしょうか?それから、脱臼した中指の腫れはどのくらいで引けるのですか?あと、レントゲン撮影で包帯を外したようなので、巻いて頂きたいのですが」

これらを順序立てて説明して下さいました。
1、お湯の中に入れても大丈夫。温める方が善く、お湯の中で軽くグーパーをするようにと。
2、中指の腫れは、脱臼した部分の関節包にも損傷があるので、骨折部よりも更にひと月ほど長くかかると。
3、包帯については、もう必要なし。今後はグーパー運動を痛みがない程度に行うこと。手を付くときは力の入れすぎには注意し、くれぐれもねじることのないようにと。

スポンサーリンク



次はまた、3週間後の診察。

包帯が取れたことで、規制がなくなることになる。
今までも、冷や冷やする様な使い方をしていたが、今後はリハビリのためと思い、あまり口出しはしないようにしよう。
それこそ、自分の痛みは自分が一番わかると言っているので、ねじらないことだけを注意していこう。


DSC_0830


それにしても、「不幸中の幸い」左手で良かったと、つくづく思う。
「何であの日は長い距離を歩こうと思ったのか、疲れていたから余計に風に負けた・・・」と後悔を口にすることが多く、外に出ることを怖がっていた母だったが、レントゲンを観て、新しい骨が白く写っていることも確認し、「よがった」と安心の声。

おじいちゃんのように観える先生の診断は、全治1ヶ月。その後の若い先生の診断は2ヶ月。そして今日の先生は更に若い先生の診断で、3週間後の再診で良いと。

以前、医師によって診察(診断)内容が違うことをぼやいたが、セカンドオピニオンだと思えば気にならないのかも・・・。
順調に回復していることは確かなのだから、あとは時間の経過を待つだけ。

ま、良かったよかった。


スポンサーリンク
プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 学歴小学校2年生。認知症の母、掛け算九九で褒められる
  • 学歴小学校2年生。認知症の母、掛け算九九で褒められる
  • 令和天皇・皇后両陛下への、一国民の想い
  • 杖歩行。信じられるのは自分の足だけ・・・?
  • 猫の水虫。高齢になると完治は難しい・・・?
  • 猫の水虫。高齢になると完治は難しい・・・?
  • 麺の硬さ、スープの濃さを択べるラーメン店。母娘で外食
  • 麺の硬さ、スープの濃さを択べるラーメン店。母娘で外食
  • 認知症「これは誰だ?」若き日の自分を判断できない