にゃんズの母

「老猫。桐ちゃん15歳、青(せい)くん13歳」「あたし。お洒落大好きアラ還暦」「母。85歳、方言と訛り×軽度認知症」 ねこ、お洒落、母の認知症と日々のあれこれについてを綴っています。 泣いて笑って、ケンカして、人生一度きり。前向きに生きるためのブログ。

2018年10月

言って良いこと、悪いこと。気遣いの薦め。

朝食兼昼食で、久しぶりの外食。

ガッツリ食べたかったので、とんかつ店へ。
とても美味しいお店で何度か食べにきていたお店ですが、今回は1年ぶり。

母美代さんは総入れ歯。安定剤を使用していますが、硬い物は苦手。
メニューを確認し、一番軟らかそうなヒレ肉の梅肉巻きとチーズ巻きのセットを注文。
漬物・キャベツ・ご飯はお替り自由。


edf3c9854fbf9a53fa1b955b0f988f00_s

    (写真はイメージです)


脳梗塞後、漬物は封印していたので、久しぶりの漬物。加えて軟らかキャベツの千切りは、美代さんにとってはおごっそう。(漬物は浅漬け)

お米大好き美代さん。漬物とキャベツでご飯がすすむくん。
最後にカツが2切れ残りました。

「ご飯、ねぐなった。にぐ、飲み込めね」

でたでた。飲み込むご飯が無いのでカツを残したいという。
飲み込むためなら、みそ汁やお茶で流すように促すと、それはできないという。

デイケアでも指摘されています、ご飯をよりおかずを食べるようにと。
メインのカツを残し、ご飯は完食。

夕食時、

「かだくて、さほど美味しぐもね。ご飯よりにぐ食べろど言われでも、ご飯がすぎなのに食べれね。蕎麦どがご飯だば食べる。そでねがったらもう誘うな」


お店の名誉の為にも一言。
あたしはこちらのヒレカツが大好きです。
とても軟らかく、余裕でがお箸が入ります
今回は、母が食べやすいように通常カットを、更に小さくカットして頂きました。
お店の方々の態度も良く、何度でも行きたくなるお店です。

食べ物の好みは人それぞれ。
父はお店で食べた物を、自分流にアレンジして食卓に並べる人でした。
そして、出されたものは何でも食べてくれる人でした。

あたしは母が嫌い。母の、他の考えやアドバイスを受け入れない意固地な性格が嫌い。

85歳。今更改めろと言ったところで無駄なことは解っていますが、もう少し相手の気持ちを考え寄り添うことはできないのでしょうか。
元々気遣いはできない人です。それでも言い方とかがあるでしょう。

あたしは娘。他人様には決して言ってはいけない言葉。

「もう誘うな」

・・・二度と誘ってもらえなくなるのよ。それでもいいの?・・・

明日、自分が何を言ったのか、果たして母は覚えていますことか。


スポンサーリンク

ハロウィーン・・・なんだがよぐわがらね。

介護ネタ満載のある方のブログを見つけました。

介護を卑屈にならずに、時に楽しく、時に自虐的に記していらっしゃる。
あたしも見習いたい。とは思うのですが、そうそう簡単ではない。
母美代さんとの生活を、面白可笑しく綴られたらもっと気楽に生きられるのかな?
少しづつやってみましょうか。

デイケア(通所リハビリ)から帰ってきた美代さん。連絡バッグから書類を取り出し、ひと通り目を通すと、
「こんなものわだされだ。この前のやづらしい」

DSC_0570


先日のリハビリ計画会議での議事録です。
理解したのかしないのか、そのあとの言葉はなし。


DSC_0569


もう一つ。ハロウィンのお菓子のおみやげが入ってまして、チョコ菓子が苦手な美代さん。
「なんだがわがらねども、おがし貰った。こごにおぐがら食べろ」

きのこの山・たけのこの里・カントリーマアム・ハッピーターン。
ハイハイ、チョコ大好きです。ありがと様です。

なんだがわがらねども・・・そうです。あたしも詳しくは分かりません

【ハロウィン】
毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
「ジャック・オー・ランタン」あるいは「ジャック・オ・ランタン」は、「お化けカボチャ」「カボチャちょうちん」とも言えるもので、オレンジ色のカボチャをくりぬき、ナイフで目・鼻・口をつけ、内側に火のついたろうそくを立てるもので、最もハロウィンらしいシンボルである。ハロウィンを祝う家庭では、カボチャを刻んで怖い顔や滑稽な顔を作り、悪い霊を怖がらせて追い払うため、ハロウィンの晩、家の戸口の上り段に置く。
(参照:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

ハロウィンとは・・・
万聖節(キリスト教で毎年11月1日にあらゆる聖人を記念する祝日)の前夜祭。
秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭りです。
語源・・・
Hallow(神聖な)+een(even=evening)万聖節は AllHallow′sと言います。
その前日である事からAll Hallow'sEveと呼ばれていたのが、HallowE'enとなり、短縮されてHalloweenと呼ばれるようになったというのが有名な話です。
(引用:旧パソコン教室テキスト)

DSC_0571


最近の日本では、一大仮装イベントとして子供からシニア世代まで楽しまれている。
本来の意味を解って参加している?

我が家は曹洞宗。クリスマス・バレンタイン何でもあり。
ま、楽しめたらそれでよい。良くも悪くもそれが現代日本人。でしょうか。

来週31日(水)。母美代さんも園で仮装するのかしら?
楽しみに致しましょ。


スポンサーリンク

握力グリップ、購入。言葉の壁はなかなか壊れない。

今日土曜日は、通所リハビリで母はお出掛け。夕方、4時ころまでは解放される。(マジ安らげます)
今のところ、特に手がかかるわけではありませんが、それでも一緒の空間にいるのは正直疲れます。

母は認知症。しかし、元々の語彙力・読解力が乏しいこと、我が道を行くのスタイルを替えないので、どこまで理解してくれているのか分かりかねます。なので、余計に「くどい」と感じるのでしょう。
加えて、最近の美代さんからは「昔の人がへってだ言葉」が、ぽんぽん出ます。それこそ理解不能な言葉の連続。
これも、認知症の一つの症状なのでしょうけど、前後の会話からのつじつま合わせをするためには、毎回の質問が必要なのです。
介護者の立場であれば聞き流すのが善いのでしょうけれど、そうすることができない未熟なあたしです。

「昔の人がへってだ(言ってた)言葉」とあたしが普段使っている言葉。美代さんにとっては「昔の人」の方が使いやすいのでしょうね。

意思疎通ができない「言葉の壁」お互い様でしょうか。


デイケアでは、握力を付けるためにグリップを使っているそうです。
先日のリハビリ会議で美代さんの握力は、右13~15キロ 左3~7キロと報告を受けました。
家でもなるべく握らせるようにとのことでしたので、100均で購入。
5キロ、10キロ、20キロ、25キロと様々でしたが、母の握力では手始めに5キロからと致しました。


DSC_0559



DSC_0558


1,2・・・と、回数を数えて握っておりますが、いつまで続きどこで飽きますことか。
アドバイスや意見を聞くのが苦手、と言うより聞く耳を持たな人ですから(発症以前から)口にチャックの見守りです。
・・・言いたいことも言えない、我慢がまん・・・
    (いつまで保つか?自信なし)

「あぁー辛い。こっちの方が病気になりそう」

ブログに書き連ねることが、今のところ最大の発散法。
読みぐるしい場面が多々あるかとは存じますが、そこはご容赦願います。

母には内緒なのですが、はけ口があるってサイコー!です。


スポンサーリンク

「うるさい!」怒鳴る母。黙る娘。

母美代さん。認知症・要介護1(怪しい、ただの分からず屋)

介護者の接し方のポイントとして、
【詰問・しつけ口調で追い詰めない】
とあります。

あたし自身言っているつもりはないのですが、知らず知らずのうちに、詰問・しつけ口調になってしまうようです。
今日も午前中(病院へ行く前)実家についての事で侃々諤々。
段取りを踏んで順序立てての説明に、いきなり
「うるさい!」

怒鳴られました。
あたし、そのあとの言葉は発せず、唯々美代さんの訳の分からない(母自身は納得してる)話を聞いていました。

母はあたしの話し方を「くどい」と申します。
むかし、何かのCMで大滝秀治さんが「お前の話はくどい」というのがあったように記憶していますが、母も、あたしに対してこの様に思っていたようです。

a3


おしゃべりで、いつまでも話続けやっと終わったと思うと、
「疲れだ、は、いい。しゃべりてごどしゃべった」

・・・こんなにお喋りな人だったかしら・・・。


この1年で「うるさい」と言われたのは初めてですが、これは認知症の症状なのかそれとも単にうるさいと感じたから出たのか。
ケアマネさんは、母のどんな様子に「穏やか」と感じたのか。さっぱりわかりません。
何れにしろ、あたしは自分の行動・接し方を改めなくてはなりません。

体重増加で腰やひざに負担がきている状態ですが食事を減らそうとは思わないようです。
疲れるからと言い、散歩にも気が向いたときにしか行きません。
これらを指摘したところで「わがったじゃ」はそのときだけ。
挙句、くどい。
「イライラ」が募ります。

母の穏やかな生活は、あたし次第と言うのならあたしは一緒にいない方が善いのでは?
そんな風にも思ってしまいます。

暫くは口にチャックで過ごしましょ。


スポンサーリンク

肌年齢マイナス10歳。ホントかしら?

あたし、にゃんズの母。アメリカ独立記念日生まれ。只今58歳。

子供の頃からアレルギー性鼻炎持ちなので、2ヶ月ごとに耳鼻科受診。
いつもは車で行くのですが、ウォーキングも兼ね往復40分、歩いて行ってきました。
病院から出たのが丁度12時。そのまま帰るつもりでしたが、お昼時です・・・甘い誘惑が忍び寄ります。これと言って食べたい物があった訳ではないのですが、ついついスーパーへ。
パン・お弁当・お惣菜・お寿司etc.
一回りして結局パンを購入し、出入口へ。

スポンサーリンク


肌年齢の無料診断を行っています、どうぞ。と、パンフレットを手渡され。
無料?と、聞きブースへと移動。(ただには弱い女です)

名前と西暦生年月日を入力。左右どちらか気になる方の頬を選択。
器具を照射。
肌年齢と、5項目の総合100%から平均スコアの診断。

DSC_0567


肌年齢、なんと48歳。スコア94%。
美容部員さんに、「素晴らしいです」と褒められました。
が、これはシミ・しわは関係なく。また、メイクでの診断なので微妙に正確ではないと。

それでも褒められるのは嬉しいもので、気を良くしたのですが、商品購入の「」には乗るまいと思い予防線を張る。
「今日は手持ちがないので、買えないのです」

美容部員さん。
「購入はこのミニボトルをお使い後にお考え下さいませ。たった4日間分ではありますが、お手持ちの化粧水との違いを感じ頂けると思います」

見本品、SK-Ⅱ。朝晩4日分を頂き帰宅。

SK-Ⅱ化粧水(フェイシャルトリートメントエッセンス)
化粧水と謳っているが成分の80%は美容液とのこと。一番小さい75mlで8,500円(税抜き)
このサイズを20日~1ヶ月で使い切るのがベストなそうな。

初代CMを担当された桃井かおりさんは、何歳でしたっけ?
ずっとお使いになられたのでしょうか?スッピン・・・観てみたいですね。

あたしはお洒落が大好き。加えてメイクも怠りません。
若いときから、いろいろと使ってきましたが、スキンケアについては特に何もせず。
後ろ姿には自信があります(笑)でも、前から見たら年相応の
「ザ・オバサン」

この化粧水を使うことでしわが薄くなるのか尋ねましたが、個人差がありますので一概には言えません。とのお応えでした。
そんなものでしょうね。

タイムマシンがあったなら、肌年齢の48歳の頃に戻り
「もっと、しっかりとお肌の手入れをしないと、10年後には恐ろしいことになってるよ!」

と、伝えてあげたい。

さて、あたしはSK-Ⅱ購入に至るのでしょうか・・・。


スポンサーリンク
プロフィール
こんにちは、にゃんズの母と申します。 2001年、念願の実家脱出に成功。 2009年、最愛?の夫と死別。 以後、気ままな一人暮らし。 2017年、軽度認知症の母との生活が始まり、 介護と思しきバトルの日々でございます。 動物大好き、特に猫。 酒とお洒落を愛する、普通?の「おんな」でございます。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 性格の不一致。ケアマネさんさんからの提案。
  • 食べることが大好きなのに
  • 食べることが大好きなのに
  • 食べることが大好きなのに
  • 認知症?貧乏性?ズボラな性格?相変わらずの母
  • 男性の丸首シャツから思う(想う)こと
  • ズボン下と室内履き。身体は慣れる。
  • 100均で購入「ミニリース」
  • 100均で購入「ミニリース」