ねこの毛の種類。
色いろありますよね。

わが家のにゃんズ桐と青。
桐は黒と白。
青はグレートラ。

青くんのトラ柄は、サバトラでもキジトラでもなく、動物病院の医師曰く、「ドット柄」なのだそうです。
よ~く観ると水玉模様に見える。

DSC_0217

本人(本にゃん)にはどうでも良いこと・・・かも。

桐ちゃんは背中は黒、お腹は白。
顔はハチワレ(とても綺麗なハチワレです。親バカですがv( ̄∇ ̄)v)

黒が多いと黒白・白が多いと白黒。
と、言うそうです。

昨夜の桐ちゃん、キャットタワーで寛いでました。

DSC_0218


この角度では黒白猫なのですが、少し角度を変えると、

DSC_0219

そうです、黒猫に変身。

黒猫のタンゴ・タンゴ・タンゴ。猫の目のよ~に気まぐれよ(^^♪
むか~し昔に流行った歌ですね。(知ってる方は、そこそこのご年齢?)

ねこは気まぐれと言われることが多いですね。
でも、そんなところも含めての、ねこの魅力ではないでしょうか。

最近は「ツンデレ」の言葉で言い表しますよね。
じぶんが構ってほしいときは何が何でも離れず、そうでないときは近寄りもしない。
遊んでほしいときも、しつこいほどに気が済むまで遊ぶ。

時に、めんどうだわ~。
と、思うこともありますよ。
でも、しっかり遊んだ後の満足気な様子を観ると、あたしの方こそ、満足してくれてありがとね。の、気持ちになります。

スポンサーリンク


あるTV・・・本・・・だったかで知りましたが、
白猫は金運を招く。
黒猫は魔除けになる。

白猫は縁起が良いと聞いたことはありますが、黒猫は観ての通り黒く、カラス猫と呼ばれ毛嫌いされていた頃があったようです。
でも、その黒さゆえに逆に魔除けになる。と、言われるようになったそうです。

わが家の黒白猫の桐ちゃん。
魔除けの黒と、金運の白の両方をまとっている。

金運は・・・今の所宝くじに当たってはおらず。
魔除けは・・・まぁ、なんとか無事に生きている。

桐ちゃんにどれほどの力が備わっているのか、判りませんが、
そんなことは関係なく、一緒にいてくれる・傍にいてくれる。
それが、しあわせなのです。

一人でいることが苦にならないあたしは、ねこのツンデレが、性分に合っているようです。
もしかしたらあたしの方が、気まぐれ・・・なのかもしれません。


スポンサーリンク