わが家のにゃんズ、桐と青。

御年16歳と14歳。
桐は12月の誕生日で17歳になります。

ふたり共、わが家の一員となった頃は「ザ★仔猫」でしたが、愛情?いっぱいですくすく育ち、現在の体重は桐ちゃん3.8キロ・青くん6.2キロ。

避妊・去勢をすると、ホルモンバランスの影響で肥満になると言われていましたが、青くんの場合、見事にその通り。でも、極めて健康なおデブちゃん。

14歳の青くんは中年期
16歳の桐ちゃんは高齢期

ねこの睡眠時間は一般には12~16時間と言われているようですが、にゃんズのように高齢ねこの場合は、18時間以上のこともあるようです。
桐・青も、日中の寝ている時間が長くなりました。

肥満気味の青くんは、高い場所への移動は少なく、床・ベッド下・あたしの座椅子などがテリトリー。

DSC_0217

        今日は、居間の長座布団の上

桐ちゃんはと言うと、まだまだ元気でキャットタワーで寛ぐこともあり、テリトリーは青くんよりも多いようです。

DSC_0214

   炬燵テーブルを使い、飛び移ります

DSC_0201


とは言え、最近の桐ちゃんは「認知症?」と思えるような行動が出始めています。
徘徊・・・?
と、まではいかないのですが、「ニャ~・ニャ~オン」と、大声で鳴き、何かを・誰かを探し回るような動きをします。
攻撃的な行動・・・?
※日頃の恨みではないですが、寝ている青くんに対していきなり攻撃を仕掛けるというようなことが多く、青くんも「なに?」と、思うらしく「やめて!」という表情で応戦。
※ オスねこ特有の行動のようで、去勢済みではあるのですがメスに対しての欲求が出るようで、桐ちゃんの首の根を噛む行動をとります。
かかりつけ医は、本能なのである程度は仕方ないと仰っいます。

スポンサーリンク


ねこの認知症について検索してみると、18歳以降が多いとあり、15歳過ぎでも症状が出る子もいるとあります。
ただ、今のところは排泄の失敗や多食などもなく、名前を呼ぶと傍にやってきてコロン・撫でて~のポーズで甘えてきますし、夜の無駄鳴きもありません。(夜はあたしのベッドの足元・首元で寝ます)

桐も青も家族の一員であり、大切な子供(孫?)です。
言葉を発せない分、健康管理に関しても一層の配慮が必要となっています。

年に一度のワクチン接種。
2ヶ月毎のレボリューション&爪切り&健康チェック。
欠かさず受けてきました。
食事に関しては、サイエンスダイエット・14歳以上を使用。

自己満と言われたらそれまでですが、やれることはしっかりとやっておきたい。
そう、思っています。

今日もにゃんズは元気です。


スポンサーリンク