今年の24時間テレビのメインパーソナリティは、あたしの大好きな嵐です。
今回で5回目、6年ぶりとなるようですね。
安心して観ていられます。

42年前、あたしが17歳の時、テレビ界では初めての試みとして行われた24時間テレビ。
その時のメインパーソナリティは欽ちゃんこと、萩本欽一さん。
そして、チャリティーパーソナリティは女優の大竹しのぶさんでした。

若かったあたしは、頑張って夜中まで起きていましたが、内容に関しては残念ながらもう憶えていません。
生放送で24時間の放送は当時ではとっても画期的なことだったはずです。

マラソンランナー。
記憶の中で一番印象に残っているのは、間寛平さん。
彼は、第15・16・18回と、3回も走っています。
スレンダーながら、引き締まった身体とお笑い芸人という枠から飛び出した力強い走りに、感動を覚えました。

スポンサーリンク


日テレ、世界の果てまで行ってQで、
今年のマラソンランナーの発表がありました。
今年は、4人で駅伝方式での走りとなるようです。

今年のテーマは、
人と人 ~ともに新たな時代へ~

4人の内、今週発表されたのは二人。
芸人の、いとうあさこさん。
そしてもう一人は、同じく芸人のガンバレルーヤのよしこさん。
あとの二人は、随時発表とのことでしたが、
いとうあさこさんの、「力強い」のことばがありました。
さて、どなたに決まっているのでしょうか。

一度に発表しないのは、ちとズルい・・・ではないですか(笑)

DSC_0686


今年は、今の所は涼しい夏。
梅雨明けは、これまでの涼しさを分を取り戻すほどの暑さになるかもしれないと、ある気象予報士が仰っていました。
体調管理を万全にして、挑んでいただきたいです。

ところで、素朴な疑問。
ランナーを断ることはできるの?
断らないのは、プライド?それとも・・・。

走り切ったその先にあるものは・・・走った人でなければ分からない。
その様に思います。