ジャニーズ事務所。

老若男女を問わず、誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。

あたしは、嵐が好きです。
嵐の誰か一人が好きというのではなく、個々の持つ特性を含め、
5人が揃ったときの相乗効果が倍以上になる感覚が好きです。

長女のユカが好きだったのは、今はもう退所されているようですが、
小原裕貴君。
ジュニアの頃、まだ中学生だった頃のファンだったようです。
(一昨年、ぼくらの勇気 未満都市で、バス運転手としてゲスト出演されて
いました)

次女のサキはKATーTUNが好きです。
個人的には中丸雄一君のファンのようです。
次女が独身の頃には、長女と二人で何度か、仙台まで
コンサートに行っていました。

NEC_0083-2

古い写真なので、色あせしています

今回お亡くなりのなられた、ジャニー喜多川氏。
ご本名は、喜多川擴(ひろむ)
情報番組での写真で、初めてお顔を拝見しました。

いつも名前ばかりが先行し、実在しているの?
と、思ったこともありましたが、ご本人は徹底して裏方に徹して
いらっしゃったようですね。

氏は、男性版「宝塚」を作りたかったと、番組の中で紹介されていました。
男の子のあこがれ。
帝国・・・と称されているようですね。
ジャニーズ帝国。

あたしには男の子の孫がおります。
まだ、3歳なのですが、もう少し大きくなったらジャニーズ事務所に履歴書を送ってみようかしら・・・なんてことを、考えたこともございました。
娘からは、拒否されましたけど(笑)

スポンサーリンク


人と同じことをするのでは面白くない。
誰もやらなかったことをして、
皆がアッと驚くエンターテインメントの世界を築きたかった。

心底にあるのは、ご自身が経験した戦争を踏まえての「平和」への願い。
平和であるからこそ、エンターテインメントを楽しむことができる。

世界中、どこを観ても日本ほど平和な国はない。
その平和であることが、普通であると思ってはならない。
平和であることを、ずっと守り続けて行かなくてはならない。
だからこそ、自信が体験した戦争の悲惨さを、これからも後世に伝え続けなければならない。


その想いが強かったようです。

今日は、氏の子供達による家族葬が執り行われるとのこと。
ご冥福をお祈りいたします。


導く者がいなくなったとき、真価が問われると思います。
後継者と言われている、
タッキーこと滝沢秀明君が、このまま継承していくのか。
それとも、新たなジャニーズの形を作り上げるのか。
平和を掲げ、この先どの様に進化していくのか。

ファンとして、一個人として、
ジャニーズの今後の活躍に、更なる期待をさせて頂きたいと思っています。

※ オバサンだって、ジャニーズは好きなのよ。
  始まりは、郷ひろみでした。


スポンサーリンク