あたし「にゃんズの母」のブログでは、
母美代さんの会話文は濁音・訛りが多いです。
読みにくいかとは存じますが、
お付き合いのほど、何卒宜しくお願い致します。


車検を受けました。

景品としてタオルを頂きました。
何気に居間のテーブルに置きっパで、食材の買い物に出かけたのですが、帰ってくると封が開かれタオルが無造作においてありました。

DSC_0116

          入れ直しました

「え?なんで勝手に開けたの」

「オレにくれだふぐろがど思ったがら、あげだ」

美代さんがデイケアへ行く際には、私物(尿とりパッド・メガネケース・タオル・カーディガン等)を入れる袋を持ちます。
その袋は、何方かからのお土産が入っていたビニール袋で、
(お洒落な感じ)少し穴が開き応急処置としてガムテープで塞いでいました。

a18

雨に濡れても気にならないからと、重宝していたようですが、さすがにみすぼらしいので買ってきたあげると言いながら、忘れていました(ごめん)

美代さんは、それがタオルだとは思わず、自分用に買ってきてくれた袋だと、勝手に思い込み開けたようです。
それにしてもです、
あたしは何も言っていないのですから、一言「開けてもいいか?」くらいの断りがあってもいいはずなのに、美代さんはそれができない、と言うか気遣いができないのです。

認知症の人に、気遣いなどできない・・・の、かもしれませんが、
美代さんの場合は昔からなのです。

スポンサーリンク


手紙・ハガキがあれば、手に取りわざわざ差出人を確認し、
「これ、誰だ?」と、聞いてくる。

あなたには関係ないでしょ!そもそもどうして自分に届いた訳でもない郵便物を、勝手に観るの?
と、思うのですが、美代さんにすれば「そこにあったから観た。自分に関係のない差出人でも気になるから訊いた」と、自分本位の理屈で、人の物を勝手に観たという行為が無いものとなってしまいます。

まぁねぇ、気にはなりますよね。
それでも、そこは大人の対応と言うか・・・まぁ、できないか・・・。

「ねぇ、お願いだから勝手に観たり開けたりしないで。一言断りを入れて」

「わがってらども、みらさった。これがらは気をつける」

そう、「判っていた」
この言葉、これまでにも何度も聞いてきました。
そして、直りません。それこそ、解っています。

美代さんのしていることを「あ~あ、又見てるよ・・・」くらいで無視をする。それだけでいいのに、ついついムキになってしまう。

学習していないのは、あたしの方かもしれません。


スポンサーリンク