昨日のウォーキング中のことです。
信号のないT字路で、横断しようとしていました。

スカートを履き自転車に乗ったお若い女性が、ス~ッとあたしを追い越し、左に横断しました。
そして、あたしと同様に向こう側へと横断しようとしていたのですが、右側からは車が4~5台来るのが観えましたので、通過するのを待つことに。

と、1台目のワゴン車(運転手は男性)が彼女の前で止まったのです。
当然、後続車も止まる。
a17


絵が下手でごめんなさい。オレンジがあたし、ピンクが若い女性。

同じように横断歩道の前にいたあたしは無視され、彼女の前でピタッ!
・・・アッラ~・・・
彼女とあたしの違いは何?!
はい!分かっておりますとも、当然年齢の違いでしょう(笑)
どう観てもオバサンのあたしより、スカートを履いたお若い女性の方が
ひいきされても仕方がない。
解ってはいるのです。
解ってはいても、ああもあからさまにやられると、心が折れます(笑)
世の男性は、今も昔もお若い女性がお好き。ということのようで・・・。

スポンサーリンク


ところで、
横断歩道の前に人がいた場合は、車は一時停止しなければならないそうです。
けっこう無視されることが多いのですけれど、怠った場合は安全運転義務違反となるらしいですね。

因みに、
以前、やはり信号のない横断歩道の前に人がいたので一時停止したのですが、後続車にクラクションを鳴らされたことがありました。
たぶん・・・なんで止まるんだ?早く行け!の催促だったのでしょう。

人の振り見て我が振り直せ
ではないですが、あたしも気をつけたいと思います。