一昨年の6月初めに神戸に住む(現・大阪在住)妹夫婦の所へ母美代さんと二人で遊びに行った。

灘区にある、通りに面した5~6階建てのマンション(階数はうる覚え)の、4階のエレベーターを降りてすぐの所が部屋。
2DKの間取りは夫婦二人の生活には丁度良いと感じた。

玄関の隣におトイレ。
自然現象には勝てない。

ドアを開けて入ると、一般的にはあるものがない。
そう、スリッパがないのだ。
・・・え?このまま入るの?・・・

ないものは仕方がない。
このまま入るしかないのだと思い取り敢えず済ました。

「ねぇ、トイレにスリッパがなかったから、そのまま入ったけど何でスリッパ置かないの?」

スポンサーリンク


妹は合理的考えの持ち主。そして、極度の神経質。
大宮に住んでいたときは、お隣の住人に聞き耳を立てられているようで怖いと言い、食事は部屋の真ん中に在るリビングテーブルでしていると、言っていた。
10年前、用事があり立ち寄った際には、普通に話す声がうるさいと注意されてしまった。
そのときのトイレには、まだスリッパがあったけど。

トイレが汚れるのは男性が立ってするから。
その際に、尿が周りに飛び散るから汚れる。
それを防ぐためには座って済ます他ない。
という考えで、夫・息子にも座って済ますように頼んだらしい。
(便座カバーもマットもない)

日頃から「パパちゃん・パパちゃん」と義弟に甘えている妹。
妹の神経質な性格を熟知している義弟は、
何の抵抗もなく受け入れてくれたようだ。
そして、更にはテッシュさえも使ってくれるらしい。
(なんか・・・すごいね。夫の鑑?)
でも、息子はどうだったの?
若い男の子がすんなりと受け入れてくれたの?
聞くと、
「ああ、〇〇はパパちゃんのこと尊敬しているから、パパちゃんのやることは何も言わずにやるのよ」

・・・はぁ~、そんなものか・・・

と、
思った!のですが、
これって案外良い考えね。
我が家(実家)にも男性がいる(次女サキの夫)そして怪獣くんもいる。
次女に話し、義息子にも実践してもらえないか相談してもらった。
ダメかな~・・・と思いきや、なんと!すんなりとOKしてくれた。
そう言えば、嵐のメンバー松潤も座って済ますと、聞いたことがある。
トイレが汚れないので、掃除も楽なようだ。

そうそう、
3歳になる怪獣くんも、ちゃんと座ってしてくれる。
保育園ではどうなの?と、思ったりもするけど、たぶん彼なりに使い分けしているんだと思う。
3歳児の脳は柔軟、何でも吸収する。

と、言うことで、
実家、そしてここにも、トイレにスリッパは置いていません。

d88a99cbdc7428ae5987a5cb9e36bd80_s


たまに、美代さんのお土産が床を汚していたりしますが、何も言わずに処理しています。
だって、本人には汚した記憶はなく、増してや視野が狭くて見えないのですから、仕方がありません。

清潔を保つのであれば、敢えてスリッパは無くても善いように思います。
が、これも男性次第でしょうか・・・。

妹の合理主義、様様です。


スポンサーリンク