昨夜。
ねぷて、おやすみなさい」(眠い)

(わが家は、朝晩の挨拶はたとえ親子でも、
おはようございます・おやすみなさい)

9時前にベッドインした母美代さん。
それから少しして部屋から話し声。
・・・寝たんじゃなかったんだ・・・

小一時間ほど話していたんじゃないかな。
話が弾むと眠気も覚めるし喉も渇くようで、その後2~3回ほど冷蔵庫参り。
そのお陰でトイレの回数も増え、今朝までに3~4回の立てこもり。

美代さんのトイレ時間は長い。
ま、動作も緩慢になり仕方ないよね。
トイレがかち合った際は、ひたすら待つのみ。
・・・うぅ~・・・早く出て~・・・

スポンサーリンク


午前中、パソコンに向かっているあたしに声を掛けてきた。
「今は、入院すればおがねもらえるって?」

生命保険のことのよう。
入院保障の付いている保険は昔からあり、そういう保険に医加入しているのであれば下りるということを教えた。美代さんは、若い頃から生命保険に加入したことがなく、補償内容についてはそれこそチンプンカンプンなので、「そが・・・」のひとこと。

「その入院代ほしくて、いづまでも病院さいるみだいてよ(みたいだよ)

先日ブログに記した、義妹のタッコさんのことらしい。
・・・ハハ~ン、昨夜の電話で仕入れた情報ね・・・

一昨年の夏、腰の骨折で入院しているタッコさん。
今回の入院も、その腰の痛みが悪化してのことらしく、お見舞いに行った
兄嫁からの情報がヨッコさんに入り~の美代さんに入った。という具合。

入院が長引けば費用もかさむが、入院保障が付いているのであれば、そこは病院側との折衝で入院日数を延ばすことも可能?と聞いたことがある。
ニコニコ顔で歩いている姿を観た兄嫁が「お金欲しさ」の入院ではないかと、勝手に言ってきたようで、それを真に受けたヨッコさんも同じように美代さんに伝えてきた。

「お金がない・お金がない」
口癖のように言うタッコさんを、周りの人間(兄弟姉妹)は疎ましく感じているようで、認知症のあるトスさんの面倒を看なければならなくなった兄嫁の、鬱憤もあるように思う。

497b975d3923dc889c217395e3c0680e_s

美代さんの妹たち、ミッコさん・ヨッコさんは、今回のお見舞いは品物だけにすると決めたようです。
「なぁヨッコ・・・年取ればどごもかしこもいだぐなるんだ・・・見舞いもそごそごでいいんでねが」
(どこもかしこも痛く、そこそこ)

まだらボケの美代さんですが、ヨッコさんからの情報はしっかりと頭の中に入っているようです。


スポンサーリンク