昨日土曜日はデイケア日で、いつものように過ごしてきたようでした。

お土産が、連絡バッグの中に入っており、出してみるとねこ模様のポーチ。
今日が母の日ということでの、プレゼントのようでした。

DSC_0014

ねこ好きのあたしは、アラッ、かわいい~と思いながら写真に。

母美代さん。
「これは何だ?何に使うんだ?」

「防水仕様になっているから、化粧品でも旅行時の洗面用具入れでもいいし、あなたの尿とりパッド入れにしてもいいんじゃない」

布のポシェットは沢山持っている母ですが、こういうポーチを使ったことはなく、イマイチ嬉しさが観えない。
「必要なかったら、仕舞って置けば?」

「・・・そうする」

と、言うことでこのポーチのが日に眼に当たる日が来ることがあるのかしら。

スポンサーリンク


そうそう、帰省開けの8日水曜日が令和最初の出勤日(母にとってのデイケアはお金を払ってのお仕事感覚)
この日は、先月の86歳の誕生日プレゼントを頂いてきました。
瀬戸物のカップ。

DSC_0004


あまり大きくなく可愛いな。と思ったのですが、母曰く、
おもで。オレはいっつものやづでいい(重い、いつものでいい)

脳梗塞発症後、左手の握力がなくなり、母の食器は全てプラスチック製にしているので、このカップもポーチ同様にクローゼットの中へ。
何を頂いても、母が気に入るということにはならず、難しいものです。
と、言うか、何だろう・・・本気のプレゼントならその方に適したものを選ぶはず。
全ての利用者さんに当たり障りなくでは、仕方がないのでしょうね。

本題。
17時過ぎ、疲れたと言い夕寝。
19時に晩ごはんの用意ができたので、声を掛けると、
「まだ眠て、も少し寝る」

リハビリで疲れて帰ってくることがあるので、あたしだけ先に頂きましたが、20時過ぎに「おはようございます」と、起きてきたのです。
・・・ああ、寝ぼけてるな・・・

「朝なのに、暗いな。おめ、ごはん食べだのが?」

「美代さん、今は夜の8時だよ。夕方疲れて寝ちゃったでしょ」

自分が、何故パジャマを着ていないのか、何故入歯のまま寝たのかを、不思議に思っていたようです。
晩ごはんを食べるか訊いたのですが、眠気には勝てずそのまま寝ると。
美代さんが食事を摂らないとは、よほど眠かったのでしょう。
まぁ、こんな日もあるか。

ところで、あたしも美代さんと同居する以前には夕寝をするときがあり、起きてみて「アレッ、今何時?朝・・・夜?」と思ったことがあるのですが、今回の美代さんの件は、単なる寝ぼけなのか、それとも認知症に因るものなのか、正直判断がつきません。

こういうこと、徐々に増えてくるのでしょうね。

はぁ~、悩んでも仕方のないことだけれど、あたしの気持ちが追い付かず、ため息も増すばかりです。



スポンサーリンク