「ねぇ美代さん。こっちに来たこと後悔していない?」

「いいよ」

え~と、何がいいのか?再度の質問で、後悔していないと。

難しい言葉を使わない。極力簡単な言葉を使う。
ケアマネさんからのアドバイスでしたが、「後悔」ではなく「帰ってきて良かった?」と、訊くべきだったのでしょうね。
でも、後悔に対して「いいよ」の返事は「後悔」の意味を解っているから出たと思うのです。

確かに語彙力はなくなっているけど、美代さんの場合は元々が難しい言葉を知らない訳で、普段何気なく使っている言葉の何が解らず、何が解るのか。
ここのところの判断が難しいです。

スポンサーリンク


以前「鉄塔て、何だ?」と訊かれたことがあり、窓から観える鉄塔を指差し教えたことがあったけど、その鉄塔、マンションが建ち今は観えなくなってしまった。
今度訊かれたら、あたしの語彙力が試されることになる?
それも、美代さんが解るように簡単な言葉と説明で・・・。

でも・・・思うに、簡単な言葉を使うことも案外難しいのですよ。
それ・あれ、を使い続けると明らかに言葉を忘れると思うし、あたしの頭に浮かんだ言葉を、美代さんが解るような言葉に変えて説明する。
た~いへん。
ま、これもあたし用の認知症予防策になると思えばいいのかしらね。

昔々。
そう、あたしが生まれて間もない頃、美代さんは父親の遺言で田んぼを譲り受ける際、裁判所で手続きをしたそうな。
美代さんのウル覚えで聞いたことなので、詳しいことは解らないが、裁判所の係員から、「あなたはこれを放棄しますか?」と、問われ、「放棄」の意味も解らずに「はい」と、答えたと。
その後、放棄の意味を確認し慌てて取り消したらしい。

放棄・・・要らないですか?と、問われたら、
要ります。とか、欲しいです。と答えたのかもしれない。
あのとき放棄したままでいたら、田んぼは弟の物になっていたと。
言葉を知らないということは、怖いことだとつくづく実感したと言っていた。
でも・・・貧乏人の子沢山農家で、学歴は小学校2年生までの美代さんは、働き詰めの人生で、勉強する暇などなかったと。
何だろう・・・あたしが思うに、本当に覚える気が合ったのなら、新聞を読んでもいい訳で、読むこと自体が苦手だったという美代さんは、勉強とは無縁だったのかもしれない。

あたしも皆様のブログを拝読させて頂き、
この字は何て読むの?
どういう意味なの?
と思うときがあり、まだまだ知らないことだらけ。

f2218bd6101b142d657baac430efe581_s

美代さんは、今更勉強をしたいとは思わないと。
のんびりと日々を過ごせればそれで良いと。

あたしは・・・まだまだ勉強が必要です。


スポンサーリンク