入浴時の順序を忘れる。

「次は何?」と何度も訊いて来るようになりました。

昨夜は、下着シャツを着たまま入ろうとし、気づくのを待っていましたが、自分で気づいてくれたのでよかったぁとは思うも、今後はこのようなことが増えるのでしょうね・・・。

スポンサーリンク


母が入浴中、あたしは母の後ろに控えています。

できるところまでは自分で洗わせ、手が届かない背中やお尻、シャンプーはあたしの仕事。
掛け湯も、桶を持つ手が胸より上に上げることができないので、あたしの仕事。
全てを洗い、上がり湯として浴槽に浸かり終了なのですが、上がり湯の前のことが飛んでいるようで、浴槽から出てからの一言が、
「次、何するのだ?」

「美代さん身体洗ったよね?自分では洗っていないと思ってるの?身体を拭くんだよ」

「洗ったけが・・・?」

このようなことが、毎回起きています。

皆さんも同じだと思うのですが、入浴中の順番はだいたいが同じで、今日はこのやり方・明日はこのやり方。などと変わるものではないと思うのです。

でも、認知症となると、そのいつもしていることができなくなるのです。
その都度、次は何するんだ?の連続です

「ホントに憶えていないの?」

「おべでね・・・年取ればおめもこうなるんだ・・・」

年を取ればあたしも母のようになる・・・。
う~ん・・・できればなりたくない!

身体が温まり気持ちいい~、となると、記憶もホンワカしてしまうのでしょうかねぇ。


c4b429899104946ae463f24e999365ae_s

今朝の迎えの時間は9時10分頃との連絡。
いつものように、しっかりと母に伝えました。

9時を少し回った頃にチャイム音。
母美代さん、
「お、予定通りの時間だな!」

10分の差は大きいと思うのですが、母には予定通りの感覚・・・。
いいえ、聞いた時間が9時と置き換えられたか、聞いたことさえ忘れたか。

迎えのスタッフさん、
「少し早く着いてしまいましたが、大丈夫ですか?」

聞いているのかいないのか、
「おはようございます、行ってきます」

そう言えば、いつも出る言葉「おっかね」が、出ませんでした。
今日の体調は良好のようです。