何度か記していますが、母美代さんは持病と言いますか・・・若い頃から単なる寝不足、そして悩み事に因る寝不足などで、眩暈(めまい)や吐き気に襲われ寝込むことがあります。

それは年に3~4回ほどあり、食べた物全てを嘔吐し、静かに休んでいれば自然に治まるので、あたしにすれば「また・・・」のようなもので、特に心配することもなく騒ぎもしません。

土曜日、元気にデイケアへ出かけた美代さんですが、午後1時過ぎ辺りにデイより、昼食後眩暈を起こし、ブルブル震えが止まらず嘔吐しているとの電話連絡が入りました。

・・・ああ、いつものだ・・・
「大丈夫です、吐き気が収まり少し休んでいれば治りますから」


「でも、全身震えて熱も出てきているようで、とても辛そうです。お迎えをお願いできますか」

母の持病?、についてを事前連絡していなかったあたしのミスではありますが、それにしても大袈裟な・・・と、思いながらも迎えに行きました。

スポンサーリンク


ベッドに横向きで寝ている母の顔の横には、嘔吐物が入った洗面器とティッシュ箱。
確かに震えが酷く苦しそうで、寒いと言っていましたが、いつものように、深い深呼吸をさせ、落ち着くように言い聞かせました。

この日は、看護師であるスタッフリーダーが休みの日で、自分たちもどの様にしてよいのか判らないと仰り、少しして、隣接する老人介護施設の看護師さんにお声がかかったようで、看に来てくれたのですが、
「震えは嘔吐に因るもので、血圧も安定しているので大丈夫でしょう。何度も吐くのであれば、かかりつけ医で一度胃の検査をすることをお勧めしますよ」

その言葉を聴いていた病院嫌いな母、
「何ともね。胃など悪ぐね!かがりつけなど、ね!」(無い)

強い口調に、看護師さんは苦笑い。
あたしは「申し訳ありません」と頭を下げ、いつものことなので、暫く安静にしていれば落ち着くことを申し伝え、看護師は納得して出て行かれた。

大騒ぎとなってしまったことを平謝りし、帰宅。


土曜日の夜は、ウイダーインゼリーを飲ませ嘔吐が無いことを確認。
そして、昨日は朝食・昼食も完食。
昼食が4時と遅かったので、晩ご飯は食べずに8時前に就寝。

今朝は、休むのかな~と思いきや、
「こごにいでも、何もするごどもね。行ってまだおがしぐなったらベッドで休めるがら行ぐ」

しっかりと朝食を済ませ、出かけて行きました。

自己中な考えですが、確かにデイの無い日は高座椅子に座り通しで、何もしない日が多いので、あたしとしては行ってくれた方が助かります。

DSC_0670


若い頃から睡眠不足に弱かった母。
過活動膀胱・切迫性尿失禁で、夜中のトイレは2~3回。
加えて、何かの悩みが起きるともう眠れない。
その悩みは、は?と思えるような悩みなのですが、本人にすれば大事(おおごと)のようで、くよくよ悩み、これも考えの足りなさからきているようです。まぁ、性格ですね・・・。

真っ青になり、ゲーゲー吐き出し全身の震えが止まらない状態。
知らない人が観たら「何事か!」と思うのは当たり前だとは思いますが、家族としては毎度毎度のことなので「また・・・」と思ってしまいます。

夜中のトイレ問題については、以前に記した一晩中安心な大容量吸水の尿とりパッドを使えば、朝までぐっすりなのですが、病人でもないのだからと、あれ以来使用を拒む母。

そして、小さな?大きな?悩み事。
こればかりは、あたしにはどうすることもできません。
そんな悩み?と言えども、悩み事は人それぞれなので、悩むな!と言っても無理でしょうね。

ビビりで頑固な性格は、85年の長きにわたるもの故、改善は難しいのでしょうねぇ。


スポンサーリンク