昨日1日は、新元号に列島がフィーバーとなったようですね。

「令和」
あたしは呼びやすいと思います。
昭和時代を生きてきている方には、馴染みやすく感じると、あるコメンテイターの言葉ですが、あたしも同感です。

母美代さんは、「平成の方がいい」と、ボソッと言っていましたが、こっちがいいとか嫌だとか言うことではなく、時期に慣れていくのですよ。

少し調べてみたのですが、「元号を」使っているのは日本だけのようですね。
ただ、元号と同じようは意味を持つ言葉を使っている国もあるようですが。

個人的な意見として、
あたしは西暦派です。
たとえば、今年86歳になる母美代さん。
86年前は、昭和何年?
西暦派のあたしは、2019マイナス86イコール1933年。の方が楽ですけれど・・・。

美代さんは、父が亡くなった年を平成何年と、憶えていました。
最近は亡くなって何年になるかを忘れてしまっているので、簡単には出てきませんが。

スポンサーリンク


今朝の美代さん。
自室でガタゴト音がする。
20~30分ほど続いたような・・・そして、
「オレの、前に買ったなんちゃら、かんちゃら・・・」

長くなるので、かいつまんで説明します。
以前買った吸水量の少ない尿とりパッドを探したのだが、どこをどう探しても見つけられない。捨てた記憶はないが、もしかしたらお前が(あたし)捨てたのか?

え~と、捨ててはいません。
クローゼットの棚に、まんまで置いてあります。

先入観でしょうか、「ここ」と思ったところしか見えないのでしょうね・・・。そして、同じところだけをガソゴソガサゴソ。

45ccのパッドのことなのです。
このパッドを買った経緯は以前に記しておりますので省略しますが、何度か使ってみて、過活動膀胱・切迫性尿失禁の美代さんにとっては、少なすぎる吸水量である事を自分で納得し、仕舞いこんだのです。
まぁ、忘れていましたが・・・。

DSC_0887

今朝は、いつものリハパンではなく、布ショーツを穿いたと、そして、以前買った45ccのパッドを使いたくなったと。
こういう心境があたしには解かりかねるのです。
尿漏れが頻繁になった故に270ccにまでになっているのに、なぜ今更少ない物に戻る?それもかなりの少なめ。
45ccは、たぶん症状の軽い方が使用する量だと思うのですよ。

45ccを買ったことを忘れていないことは立派ですが、使用後に失敗したことを忘れてしまっているようなので、そのことを憶えているのか尋ねると、本人曰く、
「ああ、そんなこともあったな・・・」(ホントに憶えてる?)

そんなこともあったのに、敢えてまた使う。
チャレンジャーですわ。
そして、日に何度もトイレに駆け込み、ドアは開けっ放し。

過活動膀胱・切迫性尿失禁の薬のベタニスを止めて2週間になりますが、使用時と変わりがないので効き目がなかった・・・ということのようです。

美代さんは、放尿時おしっこを止めることができません。
そう、お腹とおしりの穴に力を入れることで、止めることができるのですが、美代さんはできないと、やったこともないと言います。

このこと、以前にアドバイスしたことがありますが、右から左のようでした。
ひとの意見に耳を貸さないことは、昔から得意でしたから。

年を重ねると頑固になるといいますが、美代さんの頑固はそれとは違うように思います。


スポンサーリンク